第9話「ウホタケ」


キョン「あー、いい天気だ…今日は空き地で日向ぼっこでもするに限るn…」
ハルヒ「キョン!暇だからなんかするわよ!」
キョン「俺に拒否権はないのか…」
みくる「キョン君こんにちはぁ♪」
キョン「朝比奈さん!?こんにちは、どうしたんですか?」
みくる「ちょっと涼宮さんに誘われて…」
キョン「あぁ、なるほど…」
●「キョンたん!こんにちは♪」
キョン「(無視)さてハルヒ、今日は何するんだ?」
●「冷たいキョンたんもカワイイですよ♪」
キョン「顔が近い」

ハルヒ「そうね、古泉君また何か面白い道具出してよ!」
みくる「ふぇ?なんですかぁ?面白い道具って?」
ハルヒ「あぁ、みくるちゃんは知らないだろうけど古泉君は未来の国からやってきた

    のよ!」
みくる「???」
キョン「実際に見てみればわかりますよ…」
みくる「なんでキョン君が暗くなるんですかぁ?」
キョン「…」
ハルヒ「さぁ!今日は何!?」
●「そうですね、こんなのはいかがでしょう…」
たららたったた~♪
●『ウホタケ』

みくる「ふぇぇぇ!?」
キョン「なんだ?竹馬の一本だけみたいだな」
●「まぁ竹馬に似たようなものですよ、フフフ…」
ハルヒ「さっそく遊びましょ、さぁキョン!早く!」
キョン「やるわけねぇだろ!これまで何度散々な目に遭ってきたことか!」
みくる「それじゃあ私がやってみても良いですか?」
キョン「!?朝比奈さん!?」
ハルヒ「よく言ったわ!みくるちゃん!さぁ行きなさい!!」
みくる「せーの…よいしょ!」
ウホタケ「ウホーン!!」
キ・ハ・み「「「!!!???」」」
みくる「ふえぇぇぇ!!なんなんですか一体ぃぃ!!!」
●「このウホタケは生きてるんですよ、ですから自分の意思というものを持って

 いるんです」
キョン「危なくないのか?」
●「まぁこれで死亡したという話は聞いたことがないので大丈夫でしょう」
キョン「ホントかよ…」
ハルヒ「みくるちゃん!!しっかりつかまるのよ!!」
みくる「ふえぇぇぇ!!!(ギュッとつかまる)」

ウホタケ「ウホォーォオ ウホォーォオ アッアアアッアッアッー!」
キョン「なんだ!?」
●「目覚めましたね」
みくる「ふぇ~キョン君、たすけてぇ~!!」
キョン「うわぁこっちにウホタケの顔を向けたら俺に向かってきますよ!!

    うわぁーー!!(逃げる)」
みくる「待って~」
キョン「うわぁ(こける)or2 イテテ…」
ウホタケ「!?!?ウホォーォオ ウホォーォオ アッアアアッアッアッー!!」
みくる「え!?ウホタケがキョン君のおしりに向かって…」
キョン「アッー!やっぱりこういうことになるのか!!!!」
ハルヒ「いい道具ね!」
●「ありがとうございます、ところで朝比奈さんの様子が…」
ハルヒ「え?」
みくる「……ふふふ……フヒヒヒヒヒヒ、やれ!もっと掘れぇ!!
    ヒャハハハ最高だぜこの道具はよ!!いい声で鳴いてるじゃねぇか!」
キョン「アッー!!アナルだけは!アナルだけは!!らめぇぇぇ!!」
みくる「フヒヒヒ」
ハルヒ・●「「(゜д゜)」」

みくる覚醒!!

 

 


|