※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

小学校


L:小学校 = {
 t:名称 = 小学校(施設)
 t:要点 = 校庭、子供、先生
 t:周辺環境 = 学校
 t:評価 = なし
 t:特殊 = {
  *小学校の施設カテゴリ = ,,,国家施設。
  *小学校の位置づけ = ,,,{建築物,生産施設,教育機関}。
  *小学校の面積 = ,,,1000m2。
  *小学校の犬士/猫士生産 = ,,,(生産フェイズごとに){犬士,猫士}+2匹、食料-6万t。
 }
 t:→次のアイドレス = 集会所?(施設),秘密警察?(組織),八重咲桜子(ACE),知恵者(ACE)

教育の始まる日
 余りに甚大な被害をもたらした、夢の剣事件。この痛ましい事件はかつて小国でありながら整備において名を馳せたジェントルにも大きな痛手を与えたのである。

 だが、すべてが死に絶えたわけでもなければ、技術が途絶えたわけでもない。半数が死に至ったとはいえ、技術を担う人間全てが死に絶える確率は万が一にもありえない。それほどまでにジェントルにおける整備人口というものは大きかった。

 だが、失われたものは余りにも大きい。卓越した技術者と言う者は一朝一夕に出来上がるものではないのだ。だからこそこの国は基礎を大切にするために小学校を設立することにしたのである。

HOKE財団
 HOKE財団という建築業界を母体とした教育支援を幅広くやっている組織がある。この組織は様々な地域の学校設立に携わってきており、そのノウハウは計り知れないほどである。ジェントルラット藩国摂政、たららは代表であるサウド氏に手紙を送ったりをしているほどにこの教育を推し進める気持ちは大きかった。

 保育園を出たら、次は小学校である。つまりはそれがしっかり整備されていると言うことはすなわち教育の基本となる部分が出来ていると言うことでもある。ここでHOKE財団より学んだノウハウが大いに役立っている。

設備
 ジェントルラットにおける標準的な学校設備は一般におけるそれとほぼ変わらない。子供達が遊べる校庭があって、校舎がある。そして体育館やプールなどもある。
 安心して教育を受けられるように、これらの敷地は関係者以外立入禁止となっている。子供達の安全を守る為には仕方ないのであろう。
 また、小学校は得てしてそのコミュニティにおいて避難場所にも用いられる。これは体育館や校庭などの広いスペースを持ち、非常災害の際に集合しやすいからだ。
 これによって命が救われることや、災害で行方のわからなくなった家族が集合できた例も多い。

先生
 小学校の先生は専門の教育をうけており、ジェントルラットの未来を担う子供達を教える熱意を持った者が選ばれる。ここではしっかりと面談を行い、背景に問題がないかどうかをしっかりとチェックすることにしているのだ。

子供たち
 ジェントルラットの未来を担う彼ら、彼女らは保育園で学んできた社会性をより発展させ、すべての基礎となる初等教育を受けることになる。
特に算数や理科など技術系の基礎になるものに興味を持てるように教えることで、将来的な技術の発展に繋がるのだろう。
何はともあれ子供は元気が一番。今日も校庭を走り回る子供たちの姿が見ることができるならば、それは僥倖である。