※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

組織的整備術


L:組織的整備術 = {
 t:名称 = 組織的整備術(技術)
 t:要点 = 整備士,協力,分担
 t:周辺環境 = ジェントルラット

組織的整備術とは

 ジェントルラットでは効率のよい整備を行うために、スリーマンセルで整備班を作る。これはそれぞれの分野を分担し、各班ごとに連携をとりながら進めることでより効率的な整備を行うことができるものである。例えば人型戦車1台に3人の整備士がついたりする。これもこの組織的な整備術の一環として行われている。
 個々の技術を向上させることも当然ながら重要ではあるが、銀整会という整備専門の請負機関を持つ以上、連携して大規模な整備を行えるようにすることはとても重要となる。なんといっても個人の力量は国にいる職業以上のものは持てないがゆえに、連携によって相乗効果を発揮できるようにすることで、より多くの国の整備をカバーできる可能性があるのである。

 また、戦場での整備の上でもこの連携は重要である。戦闘中での整備は危険を伴うがゆえに効率的に行わないと、整備側にも被害がでることになるのである。もちろん盾になってもらうことは考えているが、それでも少しでも晒される時間は短い方がいいのである。


/*/


「と、いうことだ。質問があるものはいるか?」
 整備に関する勉強会は藩国主催で行われていたりする。ホワイトボードに書き連ねられた整備に関する理論と技術。講師の言葉に活発に質疑が交わされていった。
 この時教壇に立つ講師は様々な整備のエキスパートである。たまに整備ではなくコミュニケーションのエキスパートも呼ばれたりする。これは連携を行う上ではコミュニケーションが欠かせないからである。
 もちろん整備主任クラスや整備の神様と呼ばれる整備のエキスパートも当然教壇に立つ。こうして、ジェントルラット一丸で整備を行う土壌は養われていくのであった。