※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

T14ジェントルラット施政方針表明

今ターンにおけるジェントルラットの施政方針を以下の通り表明します。

【第七世界人の人口問題について】
ご存知の通りジェントルラット藩国は第七世界人人口が非常に少なく、これを原因とした各種政治作業の遅れにより国民の皆様には大変にご迷惑をおかけしております。
まず始めに、こちらの不甲斐なさにより国民の皆様にご迷惑ご心配をお掛けしていますことを、お詫び申し上げます。


【土場藩国との合併について】
上記の通り第七世界人の不足により、合併作業が遅れ、時期が延び延びとなっておりましたが、先日土場藩国より転藩して頂いたFAREの協力により、徐々にではありますが作業が進行しております。
今ターン中には合併終了する見込みです。

また、この遅れを利用して、なるべく慎重に合併を行うつもりです。
他の合併した藩国を参考に、問題を起こさないよう取り計らう予定です。


【今ターンの聯合先藩国について】
今ターンではFEG様、土場藩国様と聯合を締結する予定です。
特に土場藩国との聯合は合併の準備期間を兼ねて行います。
この準備期間を利用し、相互理解を進める予定ですのでご協力をお願いします。


【整備に関する全体方針】
ジェントルラット藩国の整備方針としては、現段階では戦場での現地整備に重点は置いておらず、後方でのメーカー整備のようなものを目指しています。
酷使しようと壊れようと後方までもって帰ってくれば必ず直す、を当面の目標にしていくつもりです。


【整備能力の拡充について】
ジェントルラット藩国は整備特化の藩国でありますので、経済的な事情としても整備士としての意地としても、他国の追随を許さない整備能力の獲得、維持を行いたいと考えています。
このために我々最大の特徴である、「派遣整備士による様々な場所での様々な機体の整備という仕事」を通じて、蓄積されたノウハウを生かし、勉強会の開催などを通して国内で整備技術を共有し、整備能力の拡充を図りたいと考えています。
もちろんそれぞれの守秘義務に反しない範囲での共有となりますが、それでも十分な効果が見込めると考えています。
このための予算を計上し、勉強会開催の支援を行う予定です。


【児童福祉及び小学校の建設について】
当藩国の主要産業である整備士は、派遣されるという都合上、家庭を離れることが多くなっているかと思います。
こういった状況での子育てへの支援として「保育園」と「小学校」の取得を行う予定です。
また、教育に関するノウハウなどの不足を考え、HOKE様へ協力の依頼を行う予定です。
#通常の取得に加えて追加予算も検討中。
#追加予算の運用もHOKEに依頼したいと考えています。


【寮の建設】
すでに完成しておりますが、寮を建設いたしました。
これは独身者の整備士と犬士への福利厚生と、犬士の確保を目的としたものです。
当藩国では犬士の増加はそのまま整備力の増強となりますので、かなり有効なアイドレスと考えております。


【造船所の建設】
長らく時間がかかっておりますが、近々造船所が完成予定となっています。
これは艦船の建造が主目的ではなく、その艦船の整備能力を生かし、他国の艦船整備を引き受けることを主目的としています。
採算については正直微妙ではありますが、将来を考えた場合手を出す価値があると考えての取得です。


以上が概ねの今ターンの予定となっております。
もちろん情勢の変化があればそれに合わせて変更されることになります。
藩国民の皆様には、ご理解とご協力をお願いいたします。


責任者 摂政たらら