※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

北国人+名整備士+整備の神様+生産工場員

継承アイドレス 北国人 整備の神様
要点を満たすべきアイドレス 名整備士+生産工場員
要点 帽子,部下,倍増,張り出されたノルマ,生産
周辺環境 クレーン,ジェントルラット

ジェントルラットにおける生産工場員について

-ジェントルラット藩国-

「じゃあ今月のノルマを発表するぞ!」
 詰め所に集まった工場職員の前に【帽子】を前後ろにかぶったリーダーが姿を現す。
 その手に持つ紙の束が【部下】達の手により水が高きから低きへと流れるかのように遅滞なく掲示されていった。

 順に各部署の【壁に掲示されたノルマ】を見に集まるが、皆の態度は慣れたものだ。
このノルマ制度がしかれて以降、優秀部署に対する給与査定への優遇などの恩典により、生産高、売り上げ共に【倍増】に近い成績を残せるようになった。
やはり、生産部門や営業部門においてはこのノルマというものは重要なのだろう。

生産工場員と生産方式

  • ライン生産方式
 ライン生産方式というのは単一の製品を大量生産するための方法でで、製品の組立工程、作業員の配置をライン化し、自動的に流れてくる機械に部品の取り付けや小加工を行うことで生産する方式のことである。
 この方式の場合作業員一人ひとりの仕事は多くとも数点の部品の組み付けとなり、職人的な技量は求められず、全くの素人でも数時間のOJTにより作業が可能となる。
 作業員の熟度に応じてラインスピードの向上を図れば生産性はより高まるだろう。
 ただしこれらは需要量が予測可能な製品であり、かつ専用工程としても経済的に見合うだけの需要があって、その生産期間が比較的長期に渡るものに限られるのである。
 この方法は業務が単調になりがちなため、就業意欲の面で欠点もあるが、素人からでも就業可能なために少品種大量生産につかわれた。
 【ジェントルラット】においては昔ながらの部品レベルの関連生産について使われることが多い。 大きなものになると次に述べるセル生産方式に取って代わられるからだ。

  • セル生産方式
 セル生産方式というのは1人または少数の作業者チームで一つの製品の組み立てるものである。多品種少量生産するものについては
 こちらの方式がとられることが多い。コの字型に作業台が囲む様子を細胞に見立ててこの名称がついている。 一人ひとりの受け持ち範囲が広いため
 比較的習熟を必要とされ、それに伴い作業者の責任感や就業意欲についてもやりがいがあるために高く保つことができた。
 また、あまりにも大量に生産する場合には向かないが多少の生産ボリュームが変動したとしても容易に対応できるのもこの方式の特徴である。
 在庫についても少なくてすむため、無駄を減らすことができた。
 ちなみにジェントルラットにおいては、整備の技術力を生かすために、こちらの方式をとることが多い。

FARE’sレポート


 かつての技術国には様々な事件の影響が大きく影を落としていた。だが、こうしてまだ頑張っている人々がこの国にはいる。
 人は人の努力によって前に進むことができるのである。だからこそ少しではあろうとも芽はあるのだろう。

 【クレーン】が動かされて次々と出荷されていく。
 かつての光景に比べれば寂しい光景かもしれない。

 それでもいつか、かつての姿をとりもどし、更なる飛躍をするために戦い続けるのだろう。彼らはそうやっていつでも生き抜いてきたのだから。
 そう、かつて世界樹に埋め尽くされた時においても彼らは逆に我々を心配してくれていた。

 生産工場に人を増員することで少しでもそれに報いることができればいいと思う。