※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

北国人+整備士2+名整備士+整備の神様


継承アイドレス 北国人+整備士+整備士+名整備士
要点を満たすべきアイドレス 整備の神様
要点 帽子・部下・ツナギ・手袋
周辺環境 クレーン


設定文章

 ジェントルラットという国は、I=Dの技術に絶対の自信を持っている。
 それは、1に培われた経験であり、2に他国では持ち得ない「2国に跨る技術」
である。
 ジェントルラット藩国はその経緯から、わんわん、そしてにゃんにゃん両方のI
=D技術を保有している。
 ベテラン整備士の中にはにゃんにゃん共和国に所属していながらわんわん帝国の
I=Dを整備出来るという、ある意味全てのI=Dを扱える整備士が存在する事に
なった。
 I=Dの弱点を知り尽くし、それを補う事の出来る応用力、整備技術に加え、若
い整備員を叱咤し技術力の伝達も行なう。
そういったベテラン整備士は、藩国にそう多くは無い。いや、にゃんにゃん共和国
全体を見てもそう数は居ないだろう。
 故に彼等は高い尊敬を得ている。若い整備士や人によっては、藩王や宰相よりも
尊敬を得ている場合さえあるという。

 だが、当の本人達はカリスマ性を求めた事などただの一度も無く、戦場で戦い壊
れたI=Dを見る度に深い溜息を吐いた。
 わんわん、にゃんにゃん両方の機体を保有するジェントルラットでは、重量の違
う機体を汎用的に整備する必要がある為、クレーンは巨大であった。
 通常のI=D工場に設置されている物より、2廻り以上巨大なクレーンが、損耗
した機体をゆっくりと運んでいく光景は日常である。
それを眺めている整備士には、時に笑い、時に涙が見て取れる。いや、涙は見て取
れない。そんな時整備士は、被っている帽子を深く被り直し、目元を覆い隠して作
業に取り掛かる。

 勝ち戦による損耗はパイロットを怒鳴りつける。もっと上手く乗れと。それは機
体が大事なのもあるが、未熟なパイロットに死んで欲しく無い為。
 負け戦による損耗は部下達を怒鳴りつける。もっと機体を生かしてやれと。それ
は全ての機体を自身が整備できない現状への憤り。
 パイロットが死んだ時、誰一人怒鳴りつけはしない。何を言っても、死んだ人間
は帰ってこないのだから。

 彼等の涙は速乾性である。使い込まれすぎた手袋はよく水分を吸収し、整備場で
跳ねた油は水を弾くからだ。
 それに習うように、彼等の魂は強い。
 彼等は直す者である。作り出す者ではない。故に、自身が一生懸命仕事をして
も、0に戻るだけで1にはならないのだ。
 ある意味不毛とも言える絶対必須の作業。一箇所のミスも許されないという厳し
い業務内容。
 それらをこなすだけの胆力と、そしてそれをこなす者を纏め上げる力を併せ持つ。
 それは長い年月、濃密な時間を戦場という場所でI=Dと共に過ごしてきた彼等
だけが持ち得る誇りだった。

 駆動音を聞いただけでI=Dの不具合を察知し、動かない機体を見ただけでパイ
ロットの癖を読み取る。
状況に合わせて的確な指示を出し、時には神業とも呼べる自身の技術を駆使して整
備を行なう。

 ツナギと手袋の中に技術を。帽子の下に知識を持つ、整備工場内において絶対不
落の存在。
 故に彼等は、整備の神様と呼ばれている。

(絵:深山ゆみ 文:NOIS)