※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ジェントルラット大隊 攻撃

イラスト


(深山ゆみ)

(わんちょぺ)

作戦

  • 希望号は射撃武器を捨て、身軽になる。
  • ターキッシュバンは離れて見学し、希望号から見えにくい情報などを伝達する。
  • オペレーターと相互に情報交換を行わせ、敵部隊の対応情報などを相互に補完しあう。
  • 情報の交換は行うが、最終的に有利な行動の判断は希望号に任せる。
  • 体さばきや、陣地転換などは情報を渡したあとは希望号のAIに任せる。
  • ターキッシュに装備された、アンテナ:中波からサブミリ波までの電波を受信できるパッシブセンサー、頭部光学センサー:CCDイメージセンサーを搭載し遠赤外線領域を検知するサーモグラフィーを利用して観察と通信を行う

  • 隠蔽や防御に使える地形があればその位置情報を集積しておく
  • フェイントを狙い射撃するかのような動作をターキッシュが取る
(たらら)

SSなど


『粗雑』とは、それがいくつもの無駄を持っていて研ぎ澄まされていないもののこ
とを言う。
研磨されていない宝石はただの汚い石にしか過ぎない、汚い石にも汚い石の美しさ
や趣があることにはあるが、
それはあくまで粗雑さの持つ独自のステータスであり、研磨された宝石とは別のも
のである。

『完全な美しさ』を持つものは『粗雑』の逆位置に存在する。
つまり、完璧に研ぎ澄まされ、あらゆる方法で、どの方向から、何処を見ようとも
無駄を何一つとも見つけることの出来ない。
それは研磨された宝石の中でも最上の最上、神的な美しさを持つ究極の宝玉とでも
言うべき存在である。
そう、究極的な美しさを持つものは神的なものと見られる。美しさによって人々を
圧倒し、畏怖させる力を持つのだ。

なるほど、確かにその通りだった。
目の前で繰り広げられる壮大な巨人の踊りは、その場に居合わせたあらゆる人々を
圧倒させ、畏怖させるほどに美しかった。
この光景は一生心に刻まれる事は間違いなく、この踊りがいつかそのうちに終わる
ことを考えるだけで恐怖を覚える。
瞬きすれば酷い後悔の念に襲われ、自分の瞼を心に呪ってしまう。
この踊りこそが究極の宝玉、最上の最上、神的な美しさなのだ。

昔々の人々は完全な意味での円や完全な意味での球を最も美しいの形体と考えたと
いう。
豊富な自然観察から研ぎ澄まされたものは決して角張らない事にも気づいていたの
かもしれない。
完全なる形体は角を一つも持たないのだ。その形体は全てが滑らかで、全てが形体
として纏まり、かつどこにも掴みどころも存在しない。
故にその論理の元に何処にも全く無駄が存在しない円や球を、完全な美しさを持つ
形体と考えたのだろう。

それは間違いではなかった。
巨人の踊りは磨きぬかれ、あらゆる動きに無駄が無く、全てが滑らかで、どこにも
掴みどころが存在しない、円や球のような完全な踊りだった。
「美のイデアそのものが此処にあるのだ」と言われればここに居る誰もが頷くだろ
う。
正しくそれは神の所業だった。宗教を持たない者でもこれを見れば信仰心を芽生え
るだろう。

実のところ巨人の踊る踊りは研ぎ澄まされた白兵戦闘である。
研ぎ澄まされた白兵戦闘は、無駄が無く、滑らかで、不規則かつ調和的でどこにも
掴みどころが無い。
それは完全に美しい踊りと等価なのだ、ここにいる誰もが「巨人は戦っているの
だ」と言われても、
たとえ頭でそれが分かっていても、それを否定して「巨人は踊っているのだ、踊っ
て敵を倒しているのだ」と言うだろう。

巨人のステップが踏まれるたびに敵軍に対して的確な破壊が起こる。
踊る巨人を見た者は皆、自軍の勝利を信じた。
(雨中正人)

RPなど


名前:
コメント: