※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

俺はさっき死んだ。

今日は久しぶりの不思議探索の日だった。
めずらしくペアになった俺とハルヒは、たまたま工事現場の横を通りかかった。
それが運の尽きだった。まさか角材が落ちてくるなんてな。
ハルヒに当たる筈だった角材はかばった俺の頭に直撃。そりゃもう相当痛かったな。泣き叫ぶハルヒの声と救急車のサイレンの音がぐるぐるまわり、俺は意識を失った。
そして救急車の中で俺は死んだ。
だから、手術室へは行かず病院の個室に運ばれた。
俺の顔には白い布がかぶせられてる。
俺は今体はないが、意識はある状態だ。
部屋の片隅でふわふわ浮いてみんなと自分の亡骸を見ている。
こういうのを幽霊っていうのか?
虚ろな目でなにかボソボソ呟いてるハルヒ。
長門は俺の亡骸を見つめて動かなくなっていた
ひたすら泣きつづける朝比奈さん
古泉も親父もオフクロも妹も泣いていた。

なんだが悲しくなってきた。
ここにいるのは耐えられない
俺は部屋の壁を通りぬけると、近くのベンチに座ろうとした。座れない。
俺は死んだんだ。改めて死を実感した俺だったが、何故かやけに落ちついていた。

サッサッサッ・・・・
床とスリッパがこすれる音がする。
誰か来る。俺は何故か隠れようとした。
ああ、そんな必要はない誰にも見えないんだから。

・・・・・・長門だった。

長門は俺の姿を見据えると動かなくなった。

「俺がわかるのか?」
コクリと頷いて見せる。
俺は嬉しかった。
「あなたは13時22分34秒に死亡した」
「ああ。自分が死んだのはよくわかってる。さっき亡骸も見たしな」
「そう」

しばしの沈黙

「涼宮ハルヒはまもなくこの世界を終わらせる」
ハルヒが世界を終わらせる?俺が死んだからか?
「そう。涼宮ハルヒはあなたの死を受け入れる事ができていない」
「世界が終わるのはどうやっても防げないのか?」
「情報統合思念体は決断をした。今回の事故を一切なかったことにすることに」
そんなことができるのか?俺は生きかえれるのか?
「あなたの死は紛れもない事実覆す事はできない」
そうか。やっぱりな。じゃあなかったことにはできないんじゃないのか?
「あなたのニセモノをつくりだす」

「ニセモノ?」

「そう。あなたがとるであろう言動、行動を予測しその通りに動く
いわゆるロボットをつくりだす。」

ほお。それが俺と人生のバトンタッチをするわけだ。
いいじゃないか。それなら誰も悲しむ事もない。
俺はもう自分のために人が悲しんでる姿なんて見たくないからな。
「私は賛成しない」
何故だ?これで大団円とまではいかないが俺以外の全ての人物は今まで通り生活できるわけなんだろ。
「理由はわからない。だけどなにか間違ってるような気がする」
間違ってなんてあるか。どっちにしろ世界が終わるよりマシだろ。
――俺はこの時気づいてなかった。
「早く情報操作をしないと世界がおわっちまうぞ」
「後悔しない?」
「ああ」
「あと十秒で開始する」

10、9、8、7、6、5、4、3、2、1

長門の目から一筋の涙が零れ落ちた。

「な、長門?」
「情報操作を開始する」
地面が基盤を失ったようにぐにゃぐにゃと曲がり始めた。
強烈な吐き気とめまいにおそわれた俺は気を失った。

目を覚ました俺はじぶんがどこにいるのかすぐに分かった。自分の部屋だ。
朝出たばかりなのに、ひどく懐かしく感じる。
ベッドには偽キョンが寝ていた。
どこからどうみても俺だった。
どうやらあの事故はなかったことにされ、俺もハルヒも無事に家に着いた事になってるようだ。
俺はハルヒの無事を確認しに行こうとも考えたが、
それは確実だし相当疲れてたので今日は寝ることにした。幽霊も寝るんだな


俺が起きる頃には既に偽キョンは学校に行っていた。
急いで俺も学校に向かう。誰にも見えないんだから昨日の普段着のままでいいか。
どうせ制服も偽キョンが着ていってるんだし。俺が階段を降りるといつもどおりのオフクロがいた。
俺には気づいてない。あたりまえか。いつもどおり友達と長電話している。
俺は少し寂しくなったが、世界のためだ。軽く自分の両頬をパチンと叩いて家を出た。

学校にはすぐに着いた。幽霊って移動距離半端じゃないな。
教室に入った時には既に4時間目の終わる寸前だった。
俺はハルヒをまず見つけた。いつも通りのハルヒだ。
安堵した俺は次にすぐ前の偽キョンを見る。しかしよくできてるな

授業終了の合図でハルヒが教室を猛スピードで出る。
ハルヒが俺の体があるであろう位置を通りぬける。
ハルヒが自分を通りぬけた瞬間ふと朝も感じた寂しさが涌き出てきた。
俺は一体なんでここにいるんだろう。
普通あの世とかにいくんじゃないのか?
なんで俺はここにいなくちゃいけないんだ?あんまりだ

「それはあなたがなにか未練があるから」
いつのまにか後ろにいた長門がいった。
おい、長門それじゃひとりごといってる様だぞ。
みんなが見てるじゃないか。

「俺がこの世に未練をもっている?」
「そう」
さあ、なんだろうな。一昨日買ったゲームか?
「それは自分で気づくしかい」
そう言い残して長門は行ってしまった。


放課後は部室に足を運んでみる事にした。
ドアを通りぬけようとした所で朝比奈さんが着替えをしてたらまずいということに気がついた。
俺はノックなんてできないから、誰か他の部員が来るのを待つことにした。

・・・・・・10分後
ニヤケながら古泉がやってきた。
「遅いぞ、古泉。何やってたん・・・」
古泉が道を遮る俺を通りぬける。
そうだ。俺は死んでるんだ。
古泉がノックをすると、はぁいと可憐なボイスが聞こえた。
古泉と一緒に中に入る。
「ちょっと待っててくださいね。すぐにお茶入れますから」
「涼宮さんと彼がまだ来てないみたいですが・・・」
「そうですねぇ。どうしたんでしょう」
朝比奈さんがお茶をいれてもってくる。
えーっと俺のは・・・朝比奈さん俺のが無いんですけど。
あ、そうか。いいんだ、いいんだ。
「おっ待たせー!」

勢いよくハルヒとそれに引っ張られながら偽キョンが入ってきた。
「HRがながびいちゃってね。岡部の奴相変わらず話が長いんだから・・・みくるちゃんお茶!」
「はい!ただいま・・・」
朝比奈さんがお茶を入れにパタパタ動き回る。
偽キョン「朝比奈さん、そんなに急がなくたって大丈夫ですよ。ハルヒよ、たまには自分でいれたらどうだ?」
「大丈夫ですよ。これが私の仕事ですから」
「ほらみなさい!みくるちゃんもそういってるでしょ。あんたは黙ってホームページ更新してればいいのよ!」
偽キョン「やれやれ」
思いやりのある点から肩のすくめかたまで俺そのものじゃないか。

どこでこんなロボットが手に入るんだ?

「涼宮さん、今日の予定はなんでしょうか」
「ないわ。みんないつもどおりやって頂戴」

そしてみんないつもどおりの活動を始めた。
長門は読書、偽キョンと古泉でボードゲーム、朝比奈さんは今日は編物か。可愛らしい。
偽キョン「ほら王手だ」
「おや、これはもう打つ手がありませんね」
偽キョン「お前は進歩と言うものを知らんのか?」
前と同じ負け方だぞ。古泉
「いいんですよ。勝ちまけなんて。楽しめればそれで結果オーライです」
偽キョン「それはそうだが勝ちばっかりや負けばっかりだとつまらないだろ」
そうだ、そうだ。

「ところでみんな!今週末予定あるひと!」
俺は手を挙げる。今週末はテスト勉強で・・・。
「いないわね!じゃあ不思議探索をするからね!楽しみにしておきなさい!」
見えてないか。
偽キョン「俺はテスト勉強がしたいんだが・・・」
「そんなの次の日にやりなさい!」
偽キョン「やれやれ・・・」
やれやれ・・・だな。

誰もが俺を存在しないものとしている。

こんな悲しみは初めて味わった。

こんなんだったら地獄へ行った方がましだった。

おい、ハルヒいつものように俺をこき使ってくれよ。

ねえ、朝比奈さん俺にいつもの微笑みをください

なぁ、古泉お前のワケのわからん話は俺がまた聞いてやるから

みんな・・・俺に気づいてくれよ・・・。

俺はいつのまにか涙を流していた。

パタン

長門が本を閉じる音がした。
「あらもうこんな時間ね。今日は解散!」
ハルヒは扉の前で泣いている俺を通りぬけて行った。
続いて朝比奈さん、古泉が俺の体をすりぬける。
通りぬけることができるなんて便利でもなんでもない
屈辱だ。通り抜けられる度に自分がいないことを実感させられる。
長門はまだ部室に残っていた。

「耐えられる?」
長門が俺の涙に気づかないフリをしながら言った。
「正直キツイな。でもしょうがない。頑張るぜ」
「ひとつ言っておく」
窓の外を眺めてた長門が振り向いて言った。
「私はあなたの存在を理解している」
俺はその言葉が嬉しかった。
長門は俺の肩を抱いて言った。
「無理しなくていい。私はあなたの指示通りに動く。やめたい?」
「いや頑張る。おかげで勇気が出たよありがとう」
「そう」
その日は長門がずっと手をつないでいてくれた。

次の日もいたって平穏な日だった。
授業中にハルヒが偽キョンをじーと見つめてたのが気になったが
それ以外は別に昨日と変わり映えしない1日だった。

水曜日もまた平穏無事に終わるだろうと思ってた。
しかし、そうはいかなかった。
ハルヒが偽キョンを非常階段に引っ張ってゆく
俺は急いで後をつけた。
「あんた最近おかしいわよ」
偽キョン「おかしい?なにがおかしいってんだ」
「なんか・・・とにかく変よ!あんたキョンになりすませた偽者じゃないでしょう
ね?」
俺は驚きながらも嬉しかった。
「そんなわけねぇだろが」
「・・・そうよね。なんでもないわ。早く教室に戻って」
「お前自分で呼んでおいて・・・」
「いいから早く帰れ!」
ハルヒは偽キョンをおっぱらうとうずくまって頭を抱えた。

なんとなくその場に居辛くなった俺は朝比奈さんの教室に行った。

そこでは深刻な顔をした朝比奈さんと鶴屋さんがいた。
「最近、キョン君変なの」
「キョン君が?気のせいじゃないのかい?」
「ううん。涼宮さんも古泉君も言ってたの。」
「へぇーどんな風に変なんだい?」
「なんかキョン君だけどキョン君じゃないみたいな・・。」
驚いた。朝比奈さんや古泉まで俺の異変に気づいてくれてたとは。
俺は急いで長門がいるであろう部室ヘ向かった。

俺は長門にハルヒ達が異変に気づいてる事を伝えた。
「知っている。昨日の帰りに話してた」
「何でばれたんだろうな」
「仲間だから」
長門の意外な発言に驚いていると長門は言った。
「私は昨日一晩考えた。これで良かったのか」
「よかったもなにもやむをえないじゃないか」
「私の話を聞いて。ニセモノのあなたをつくりだして
彼らを騙してるのは良い事なのだろうか」
「それは涼宮ハルヒらにとって幸せなのだろうか。
なによりあなたが幸せなのか」
「そして私は気づいた。涼宮ハルヒはあなたの死を受け入れるべきだと」
「しかしそれが失敗すれば・・・」
「リスクを侵してでも伝えなきゃいけないことはある。死は受け入れなきゃいけないこと」
「そしてあなたの未練がわかった。それは涼宮ハルヒへの告白。」
俺は決心した。ホントの事を伝えよう
ありがとう長門おまえのおかげだ。

「有希、話って何?」
SOS団が部室に揃った。俺が2人いるがな
「話があるのは彼」
長門は俺のほうを指差したが、当然見えてないわけで。
「誰もいないじゃない」
長門がブツブツとなにかを唱えると俺の体が具現化して行く。
呆然としていたハルヒは俺の顔が見えるようになってから愕然とした。
「キョン!キョンが2人?!・・・アレ、もとから居たキョンは?」
古泉も朝比奈さんも酷く驚いているようだ。なにが起こっているか分からない様だ
「こ、こっちにいた彼は今現れた彼が現れた瞬間に消えました・・。」
古泉のニヤケ顔は既に消えていた。

「よお、久しぶりだな」
「何いってんの・・?さっきまで一緒にいたじゃないの・・!」

俺は今までのことを全て説明した。
説明を聞いてたハルヒはだんだん涙目になっていき、ついにはしゃくりあげ始めた。


「そういうことだ」
俺は話を終えた。
「何がそういうことだ!」
ハルヒは泣いていた。泣きながら怒っていた。
「キョン君がぁ・・・キョン君がぁ・・」
朝比奈さんは泣き崩れた。
「これは驚きましたね」
古泉もニヤケ面はとっくに消えていた。

「キョン!あんたボケっとしてるからそうなるのよ・・えぐ」
俺は少し事実を曲げて伝えていた。ハルヒを助けるために死んだって部分をだ。
「彼はあなたを助けるために、身代わりになった」
長門が少し強めの口調で言い出した。

「彼は身をていしてあなたを守った。」
「おい長門・・・」
「黙ってて」
長門は珍しく強い口調だった。
「あなたは彼の死を受け入れなければいけない」
「無理よ・・・だってあたしはキョンが・・」
「ハルヒ、俺の話を聞いてくれ」

「お前は本当に傍若無人で、人を困らせる事ばっかりして・・・特に専らおれだったがな」
「何がいいたいのよ!」
「自分の決めた事は必ず曲げない身勝手な女でもあったな」
「・・・何よ」
「しかもワガママで無理強いはするし嫉妬深いと来た。
性格のテストがあるなら赤点だな絶対」
「キョン君ちょっといいすぎ・・」
「でも俺はそんなお前が好きなんだ!」
「キョン・・・」
「理由なんてわからねぇ。恋に理由なんてないっていうからな」
「なによ・・・かっこつけちゃって」

ハルヒは顔を真っ赤にして言った。
「あ・・あたしも好きよ。だから、だからいかないで!」
俺の体が透けてきた。
「ハルヒー、俺もうダメみたいだ」
俺の目からも涙が零れ落ちていた。

死にたくねぇよ。あれほど落ちついていたのが嘘

のように怖くなってきた。
「さよならだな。ハルヒ・・・」
「行かないでよぉ。わたしを置いていかないで!」
ハルヒの目からポロポロと涙が落ちる。
「あんた怖いんでしょ?あたしに隠そうたって無駄よ」
「ああ、怖いさ」
ハルヒは泣きながら俺を抱きしめた。
「離れないで!すきっていったんだから責任とりなさいよ!」
「ハルヒ、大丈夫だ。大丈夫なんだぜ」
「だからなにが大丈夫なのよ!」
「大丈夫」

 

「きっとまた会えるから」

俺の体はもう上半身だけになっていた。
「・・・分かったわ」
ハルヒは涙を拭うといつものハイビスカスのような笑顔を見せてくれた。
「あたしがそっちにいくまでまってなさいよ!女でもつくったら承知しないからね」
「ああ、ひぐっ待ってるさ。何十年も何百年もな」

「お前に1ついや、3つ頼みがある」
「いいわ!いってみなさい」
「まず、これからもSOS団を続けてくれないか?」
「当たり前じゃない!永遠にSOS団はSOS団よ」
そうか。よかった 俺もずっとSOS団でいたかったなぁ
「言っておくけど、あんたもずっとSOS団だからね」
「・・・・そうか!」
俺はもう涙をこらえる事が出来なくなっていた
「2つめだ。お前は俺以外の大切な人をみつけろ。あと何年もお前は生きれるんだ
。ひとりじゃ抱えきれない事も必ずある」
「そんな時は僕達が支えますよ」
古泉が言った。古泉の顔も涙でぐちゃぐちゃになっていた。
「はい。そうですよう、絶対涼宮さんから離れません!」
朝比奈さんはもう涙腺が異常をきたしてるようだ。
「安心して私が守る」
長門の目にははっきりと決意の意思が溢れていた。
そうか・・・。俺にはこんなに最高の仲間がいたんだな
「だから2個目はお断りね」
「そうか。最後にに3つめだ」


「幸せになれよ」

俺はハルヒと唇を合わせた。

そして俺は霧の様に消えて行った。

|