SS暫定まとめwiki~みんなでSSを作ろうぜ~バキスレ やさぐれ獅子 ~二十二日目~  53-1


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 昼飯の最中に来客があった。
 口の中に入れたばかりの果肉を吐き捨て、向き直る加藤。
「変なタイミングで来やがって……さっさと終わらせてやる」
「安心しな。嫌でも短期決戦にならァ」
「……なに?」
 来客は明るい金髪にラフな格好をした未成年らしき少年だった。指には輪が、首には鎖
が、口にはガムが当たり前のように装備されている。
「勝負は必ず十発で決まる。今日はそういうルールだ」
「十発?」
「アンタ、テレビゲームとかやる? ……やりそうもねェな。あれってライフがゼロにな
れば、トドメがなんであろうと死ぬわけよ。今回の試練もあれに近い。最後の攻撃が何で
あろうと、決められたライフが全部なくなったら死ぬ」
「おい、ゲームとかじゃ全然分からねぇよ。もっとストレートに話せや」
「オーケー、オーケー。いいか、今日は先に十発もらった方が“死ぬ”」
「……死ぬ?」
「ただし武器使用はなしだ。あくま徒手による攻撃でなけりゃカウントされねぇ。あとは、
ある程度の水準をクリアした威力でないとダメ。軽い平手打ちみたいなのはこれまたノー
カウントだ」
「……おいちょっと待てよ」
 ルールは把握したが、基準が余りにも曖昧すぎる。まして突然十発で死ぬといわれても
納得できるわけがない。──が。
 少年の口からガムが発射された。加藤の右目めがけて。
「くっ!」とっさに右手でかばうが、その隙を突かれボディに一撃入れられていた。「ぐ
おっ!」
 痛いには痛いが、大した打撃ではない。昨日の老人とは比較にならない弱さだ。
「へへへ、“これくらいなら何十発でも耐えられる”ってツラだな。だがな、アンタあと
九発で死ぬんだぜ?」
 少年は楽しんでいた。玩具を与えられた少年の無邪気さと、獲物を目の当たりにした狩
人の高揚感。この二つを内包した笑みを浮かべていた。
 ──あと九発喰らったら死ぬ。たとえそれがどんな攻撃であろうとも。
「信じられねぇ」唐突に設定された訳の分からないルール。あと九発で死ぬといわれても
受け入れられるわけがない。しかし、加藤にはもう分かっていた。「だが、死ぬんだろう
な。きっと」
 いい加減に認めねばならない。武神によって連れてこられたこの世界では何が起こって
もおかしくないという、あまりに非現実な現実を。どんなに荒唐無稽な事象でも全て受け
切り、粉砕しなければ元の世界には戻れない。
「てめぇは残り十発、俺は九ってことだな? ──やってやるぜ、小僧ッ!」
 気迫を発散させ、加藤が吼えた。
 いきなりの上段蹴り。クリーンヒットすれば卒倒必至の大技だが、少年はこれをくぐり
抜け、左右のワンツーを無難にヒットさせる。
「セイッ!」
 返しのフックはバックスウェーでかわされ、またもボディに拳がめり込んだ。
 加藤の被弾数はこれで四発。あと六発受ければ、どんなに体力があり余っていても強制
的な死が訪れる。
 軽くフットワークを踏みながら、少年は計算を進めていた。
(どいつもこいつも最初は一気に決めちまおうと、牛みたいな特攻に出る。雑な攻撃は命
取りとも知らずにな。こいつも同じだ。面白いほどセオリー通りに動いてくれる)
 加藤を見据える。
(だが威勢がいいのは最初だけ。残りライフが半ばになると、打って変わって慎重になる。
回避だけを考え、逃げ腰になる。──そして)
 ──死ぬ。
 攻めにも守りにも徹しきれぬ半端な性根が、致命的な隙を作るためだ。
(さァ、早く怯えろ。そろそろ後悔し始めただろう。開始一分で四発も喰らってしまった
己の浅はかさを!)
 予想に反し、迷いのないまっすぐな打撃が飛び込んできた。
 人中狙いの一本拳。これを手の甲で弾き、すかさず裏拳を顎にぶつける。それでも加藤
は止まらない。
「この……ッ!」到底ルールを理解しているとは思えない加藤の猛攻に、少年は怒りの右
ストレートを放った。「少しは学べッ!」
 ぐしゃっ。
 拳が潰れた。
 渾身の打拳を、加藤は額で受け止めていた。
「うおお……ッ! 指がッ!」
「よう、今のはどっちにカウントされんだ? どっちにもだとしたら、これで俺は残り四
発、てめぇは九発だな」
 少年は耳を貸さず、すかさず距離を取り痛めた拳を確認する。
(危ねぇ……折れてはいない。それにしてもこいつ──)
「どうしたよ。まだまだてめぇのが優勢だってのに、ずいぶん顔色が悪いじゃねぇか」
「ナメるな!」
 打ち合いが再開される。
 互いに三発ずつもらう。実力は五分だが、このルールでは──。
「はぁ……はぁ……。だがアンタ、とうとう残り一発になっちまったなァ。崖っぷちに立
たされた今の心境はどうだい?」
「別にどうもしねぇさ」
「……ふん。死を恐れないその姿勢は立派なもんだ。今までの奴らは大抵及び腰になった
り、俺に背を向けたところにトドメを喰らって死んでいった。ひどい奴になると命乞いま
でしやがった。ありゃ惨めを通り越して滑稽だったな」
 少年は加藤を指差す。
「だがよ、アンタはそいつら以下だよ。武とは生き延びてナンボだ。死にたくねぇから創
意工夫し、武術は発展してきたんだ。アンタ、武道家としては下の下だ。武神のおっしゃ
った通り、武の為にもここで処刑されるべき人種だ」
 最後の一撃を加えんと、ここにきてようやく少年が武神直属のエリートとしての表情を
見せる。
「加藤清澄。武神の名に懸けて貴様を処刑する」
 明らかに気配を変えた敵に対しても、加藤は怯む様子を見せない。
「おまえ、空手に伝わる迷信を知ってるか?」
「なんだ? 今さら口八丁でやり過ごそうってハラか?」
「そうじゃねぇ。これからこのゲームでの必勝法を教えてやろうってんだ」
 必勝法という単語に気を取られつつも、少年はやや前傾気味に構える。最短最速の一撃
にて、このゲームに終止符を打つために。
 砂を舞い上げるスタートダッシュ。百メートル十秒を切る速度で試練が迫る。
「空手に伝わる迷信。それは」加藤が全殺気を開放した。「一撃必殺」
 一瞬、少年は目を疑った。
 加藤を中心に、闇が渦巻いている。おぞましい引力を率いた暗黒の大渦(ブラックホー
ル)が少年を招いている。
(な、なんだ……ッ この不安──悪寒はッ!)
 しかし止まらない。驚異的な初速を生み出した両足は疾走を止めない。大渦に吸い寄せ
られるように止まってくれない。
 いつの間にか加藤は渦の中心から消えていた。代わりに立っていたのは、
「──オワッ!」
 魔獣。

 胸を貫く禍々しい衝撃。
 しばらく地面と平行に飛んだ後、少年は背中から不時着した。
「ガハァッ! こ、れが必勝法、“一撃必殺”か……」
「おうよ。ルールを聞いた瞬間に分かったぜ。このゲームは避けて当てるのが上手い奴が
勝つんじゃねぇ、十発当てる前に敵を行動不能にできる一撃を持つ奴が勝つってな」
「初めか、ら、狙ってた……ってわけ、か。どうりで、ビビら……なかった、わけだ」
 正拳たった一発が決着を導いた。
 残り五発を叩き込みゲームを終わらせるため、加藤は下段突きの体勢に入る。
 再び一人となった海岸にて、加藤は深く息を吐いた。
「……今日も死なずに済んだな」