SS暫定まとめwiki~みんなでSSを作ろうぜ~バキスレ 【ギガゾンビの逆襲】(カイカイさま)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

鎮静ルームは、いよいよ狂気の坩堝と化していた。
先ず、安藤の負債残高と回収見込み残高が一人の収容者の持つ電子書籍リーダーに転送されてきた。
負債残高、なんと1300万円!
そして、回収見込み残高が200万円だ。この、哀しい現実。
安藤は、あんな体形でただでさえ作業能率は悪い。
また、土木作業に適した体にするためのレーシック代もかかっている。
だが、改造はそこまで。さすがの地下労働者とて、脂肪熔解エステまではついていないのだ。
それに、安藤を標準の範疇へ戻すのに現代科学で強引な方法を選ぶと、安藤の肉体が崩壊してしまう。
8畳間の和室に詰め込まれた20人余りもの収容者たちは、一人頭10万円以上でいつまでに安藤が食卓に上るのかを思案していた。
そこへ、一石を投じるのは村上直樹だ。
モノを動かすよりお金や権利を動かした方が儲かる、この信条から彼は旧大蔵省時代から貸付資金系を動かしてきた。
「オレは昔、山崎と言う変態に嵌められて似たような目に遭ったことがあります<中略>
出口の見えない今の状況で、目先の食糧のためにお金を積むという考え、それはやばい」。
「だからって、腹は減るぞ!」。ヤミキンの丑島が怒鳴る。
そう、シェルターへ殺到した人間の中でも、人口増加率よりも増加人数が最も多い階層。それが、低級居住権層。
食糧の供給、実は兵藤たちの次に兵士や労働者が準最優先される。その次が、中堅以下のセレブ層だ。
だから、帝都新聞の経営陣とかが「質を落してでも、量を増やしてくれよ」などとほざいてもダメなんだ。
労働者対象の勤労奨励システムで、サービスランチが供給停止になって久しい。
もちろん、低級居住権層でさえめしの量が減っているのだから本来の対象者でない者にまで回らないのだ。
居住権者から餓○者が出るまで、現状はかわらないだろう。

「そこまでカネを出せるなら、安藤なんかほっといて旨いめしを食べませんか?」
「そうだな、Tボーンステーキは腹持ちがいいぞ」。
「ダメだ」。「競り合いになる」。「それこそ、村上さんのドキュメンタリー映画みたいになるぞ」。
神威三兄弟の、滝の水みたいな連携に皆が静まり返る。居住ランクも、鎮静ルームでは最上層の3人だ。
その連携の素晴らしさも然る事ながら、やはり絶対量のことが気になるのだ。
「食材だけ、買えませんか?バターやチーズさえ手に入れたら、あとは電子レンジや鍋だ」。
空気清浄税をケチるジャッカル、薄暗い和室で電子葉巻を吸いながら続ける。「要は、貧者の肉を食えばいいんだ」。
さしものジャッカルも、思考が錯綜し始めている。洋食では定番の乳製品、だがこの喩えはよくない。
再び、安藤を食べる気運が高まったからだ。
「確かに、人件費を省ける」。そうと決まれば、安藤へ皆の注意が向く前に算段をつけねば。
スネツグは言うが早いか、便所へ続く襖を引き、スリッパをペタつかせながら鎮静ルームを出る。
見張りの黒服に、レストラン部門へ問い合わせをしておいてもらうのだ。
そして、誰が言うともなしに規定人数の3人ずつ襖を出入りし、トイレ休憩や冷水機の水で時間を潰した。
午後3時前。少ない昼食には空腹が堪える時間帯になって、黒服は痛ましい伝言を鎮静ルームに向けて発表した。
皆、ガックリとうなだれてしまった…。だが次の瞬間!
「事態は、最終段階へと移った。この『安藤』という奴を買い取って、余すとこなく食いモンにするぞ」。
さっそく、猿1頭を丸ごと中華フルコースに調理できる料理人が呼び寄せられた。
それと同時に、労働部門へ安藤の買取交渉が開始される。
ほどなくして秋山醤、味沢匠が鎮静ルームの框で革靴を脱ぐ。異様な熱気に、遅れて到着した安藤はギョッとする。
先ず、調理の手順として食材のコンディションを確かめる。安藤の体臭がムッと漂い始める頃、鎮静ルームは動き出した。
秋山は調理室へ行ってタマネギと香辛料を検分し、味沢は肥満者救済の按摩と称して肉付きを最終確認する。
ジャッカルは安藤の周辺関係を最終確認するため、安藤の生体情報としての指紋を特製の電子書籍リーダーに斯ける。
すると、画面の安藤のプロフィールが消えて野比のび太のそれが現れてしまった。

「どういうことなんだ……?」
プロフィールを安藤のものに戻して調べ直すが、どうしても安藤と野比の指紋一致だけが覆せない。
もっとも、安藤の登録情報に関しては最初から不審な点はインプットされていないのだが。
「指紋の一致も、数兆分の1とかで必ずしもゼロではないようなのですが・・・」。
ジャッカルは野比のプロフィールを調べ始めた。そして、驚愕の事実を鎮静ルームは回覧することになる。
薄暗い和室にクッキリと明滅する画面には、「帝愛との関係:台湾方面本部長・龍書文の朋友」とあった。
「この偶然は奇跡的です。しかし、彼と野比に何ら因果関係はないものと思われます」。
「思われます、じゃ不充分だ…。相手は、あのロンだぞ。ロン。おい安藤、どうよ」?
何の事前情報も与えずに、それでいて馴れ馴れしく「どうよ?」とくる。
安藤、体の嵩だけなら意外にもジャッカルとはタメ同士なのだ。
「あの、ぼく実は野比のび太でーす」。誰も、笑わない。静まり返る。
さては、安藤は自分の運命を悟りそれに抗い始めたのか?
それとも・・・・・・・。

※「安藤」は、カイジの安藤です。決してアンドレもどきのバキキャラじゃないのでよろしく。