※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 
なんでこんなことになっちまったのか、今はもうわからない。わかりたくもない。
 
ハルヒはこういった。
「面白そうだから」
 
古泉はこういった。
「涼宮さんがそう望んだので」
 
長門はこういった。
「私はこの件に介入しない。だからあなたを助けることもしない」
 
朝比奈さんはこういった。
「私の観察対象はあくまで涼宮さんです」
 
鶴屋さんも谷口も国木田も…家族でさえもはや俺にとっちゃ敵だった。
四面楚歌の意味の本質を初めて理解し、同時にハルヒの力の怖さもよくわかった。
まさかこんなことになるなんて、初めは誰も思っちゃいなかっただろう。
気づいたらそうなってて、それはやり直しがきかないことだった。それだけのことだ。
仮にやり直しがきくならば、前の俺はそのために動いたことだろう。
だが今の俺はそんなことは望んじゃいない。そんなことはもうどうでもいいことだ。
頭に浮かぶのは復讐、復讐、復讐…それだけだった。
奴らに地獄の苦しみを与えてやりたい、それだけを望んだ。
味方が誰一人いない恐怖、そんな境地にたたされたやつは沈んでいくしかないのだろう。
 
だがそんなことは絶対に認めない。
口から出て行く煙草の煙を見つめながら俺は決めたんだ、好きに生きてやると。
そう決めたとき、俺は友達という掛け替えのないものを失い…強さを得た。
 
 

|