長門の言葉をどこまで聞いていたのかというと最初の二文字だけだった。
長門の了解イコールGOサインだと勘違いしたこのときの俺を一体誰が責められよう。
そのおかげで俺はこっぴどい目にあっちまったんだが、まあこれは俺が今までため込んできた罪業への購いとでもしておく。
自称及び他称最低野郎の物語はようやく中盤にさしかかり、起承転結で言うとちょうど『転』に当たる部分へと移行していくのであった。
俺はとにかく走った。そりゃもう全力で走った。
ここでハルヒを見失う、それ即ちジ・エンドだと思っていたからな。
だが、そんな俺のばく進劇も程なくして終わる運命にあった。
なぜならば、ハルヒは意外にもすぐ見つかったからだ。
部室棟から出ると中庭に棒立ちするハルヒの後ろ姿が俺の視界に飛び込んできた。
……待ってたんだよな。
俺は息を整えつつ表情を読み取ることができないハルヒの後頭部に声をかける。
「おいハルヒ」
「……」
返事はない。
さて、どうしたものかね。追いかけて呼び止めるまでは考えていたんだが、肝心要の言い訳、もとい状況説明にまでは頭が回らなかった。
いや、頭の隅を掠めるくらいはしていたんだが、いかんせん時間的余裕がなかった。
そんな沈思黙考する俺と無言を貫くハルヒのおかげで中庭は静まり返っている。
だが、その静寂もどうやら一時的なものに過ぎなかったらしい。
それはあっさりと打ち砕かれた。俺ではなく涼宮ハルヒによって。
「聞きたくない」
「へ?」
「聞きたくないって言ってんのよ!」
俺の間の抜けた返事はPardon?のほうではなくWhat dose it mean?のほうの意味合いだったんだが、そんなことはどうでもいい。
ハルヒは俺に背を向けながらそう叫んだ。一体何が聞きたくないのやら。俺はまだ「おいハルヒ」としか言ってないぞ。もしかして、俺の声が聞きたくないってのか?
……いや、ここは普通に切り返そう。
「いきなり何だ?」
素直に問う俺。
「いいわ、もう分かったから」
切り捨てるハルヒ。
「だから何が分かったって?」
食い下がる俺。
「……」
だんまりか。
ハルヒは依然として俺に背を向けておりその表情は全くわからない。
だが、主語も目的語もないハルヒの言葉から推測するに、どうやらハルヒは何かを悟ったらしい。
おそらく誤解であろうが。
しばらくの沈黙の後、ハルヒは俺の疑問に答えるべく細々とした声色で言葉を紡ぎ始めた。
「……どうせ……どうせあんたは……有希のことが」
ほらね、やっぱり誤解だ。だが、どう弁解すればいいのか。
とりあえず、
「確かに、長門のことは嫌いじゃないがそういう意味合いじゃない。同じSOS団の仲間としてだ」
否定する。
「……じゃあさっきのは何なのよ?」
「さっきのは……何だろうな。俺にもよく分からん」
ナノマシンを摂取しようとしていたなんて口が裂けても言えん。
「……じゃあ今朝のあれは何だったのよ」
「あの時は従姉妹が意識不明の重体でだな」
俺の締まり無くまだ途中である言葉にハルヒの諦観したそれが続いた。
「そんな嘘……もういいわ」
一瞬ビクッとしたね。
「嘘じゃない」
俺はとっさに否定する。
「いいえ、嘘よ。あたし今朝妹ちゃんに聞いたもの。『今日の朝何かあったの?』って。妹ちゃんは『何にも無かった』って言ってたわ」
急に饒舌になったハルヒが一気にまくし立ててきた。
「いや、妹は」
「もう聞きたくない! ……キョンの嘘も……言い訳も」
どうやら弁明する機会も与えられないらしい。
ハルヒは全てを悟ったのか?いや待て、よく考えたらハルヒの説は前提からして間違ってるんだ。
だとしたら、ここは無理にでも言葉を続けなければならんだろ。
などと俺が考えているとハルヒの口から衝撃的な言葉が俺に向かって飛んできた。
「キョンなんか&&いなくなっちゃえばいい」
俺は内心かなり焦った。
おいおいマジか? ここにきていきなりそれかよ。いくらハルヒでも短絡的すぎるんじゃないか?
しかし、そんな俺の焦燥とは裏腹に俺の体はいくら待っても消えることはなかった。
どうやらまだ幕は閉じていないらしい。
俺は必死の説得を試みることにした。説得というか弁解だなこりゃ。
「ハルヒ、お前が考えていることは全部誤解だ。俺と長門は別にそんな関係でも何でもない。
それに、俺はお前を裏切って他の女の所にふらつくようなことは決してしない」
「……それだけ?」
「あーいや、嘘をついたことは謝る。だけど全部が全部嘘ってわけじゃないんだ。まあとりあえず、謝る。すまなかった」
「……」
ハルヒは沈黙状態。
「ハルヒ? ……!! うおっ!?」
急に視界が反転した。今、俺の眼前には透き通る様な青空がある。
何があったのかと言うと、ハルヒの奴、振り返ったかと思うといきなり俺に足をかけてきて馬乗りになりやがった。
「ハ、ハルヒさん?いきなり何をしやがるんですかね?」
「……」
マウントポジションを維持しつつハルヒは無言を貫く。
こいつは一体何を考えてんだ?表情から読みとろうとするも、逆光のおかげでよく分からん。
「……キスして」
「へ?」
「キス」
ああキスねって何だそりゃ!?
どういうこった、ハルヒ?
「簡単なことでしょ。あたしにキスをして証明してみせて、あんたの誓約を」
こいつはマズいんじゃないのか、おい。
「いや、ハルヒ、何もこんなところでする必要はないんじゃないか」
「ダメ、今ここでしなさい」
この状態でいるだけでも精神的かつ客観的衛生上よろしくないと言うのに、そこにキスだって?
いや恥ずかしいことこの上ないのも山々なんだが、それ以上にマズいことがあるだろ?
「ダメ、絶対?」
「ダメ、絶対」
こうなったら会話を繋げて繋げて繋げきって昼休み終了を待つしか&&いや、ハルヒのことだ。もはや授業のことなどきれいさっぱりかもしれん。
「いや、そもそもお前がそんな体勢でいる限り俺からキスするなんて不可能だ、ろ?」
言いながら気がついた。
「ていうことは……あたしからキスするしかないみたい、ね?」
眼前に広がっていた青空がハルヒの顔と取って代わる。
そのハルヒの顔には、複雑な表情が広がっていた。
「……何で……そんな顔してるんだ?」
自然と口から漏れてしまうというのはこういうことを言うんだろう。
ハルヒは、ほんの一瞬だけ表情を曇らせ、そして目を瞑った。
おいおいちょっと待て、何だそれは? もうやっちまうのか?
ハルヒの顔が――その唇がゆっくりと近づいてくる。
これはマジでヤバい。いや、ヤバいなんてもんじゃない。絶体絶命のピンチだ。
何も世間体を気にしてそう言っているわけではない。
俺の自己防衛機能がそう叫ぶんだ。
何故かって?
俺はまだ長門特製のナノマシンとやらを摂取していないからだ。
この条件下でハルヒとキスをするということは俺の精神が改竄されることと同義。
そうなるとあっちの世界にハルヒを連れて帰るとかそういう問題じゃなくなっちまう。
つまり――俺が俺でなくなる。
 
……決してそんなつもりはなかった。
頭では理解しているつもりだった。
ハルヒが故意に俺を変えようとしているわけではないことくらい。
祈りにも似た感情所以の能力行使をしていたことくらい。
俺のことが――。
ハルヒは立ち上がり、気に食わない奴が馴れ馴れしく触ってきた所を払うかのように制服についた汚れを払っている。
「ハルヒ……」
制服に合わせていた焦点を俺に合わせる。
「ハルヒ……すまなk」
「何のつもり? 今さら謝ろうっていうわけ?」
「いやそんなんj」
「あんたの気持ちは良く分かったわ」
ハルヒは冷徹な口調でそう吐き捨て、とどめの一撃を俺に放った。
 
「長門有希さんとお幸せに」
「待て! ハルヒ!」
ハルヒは今にも走りだそうとしていた。
もちろん、ハルヒが待てと言われて待つような奴でないことくらい分かっている。
だが、最早それしか手段は残されていないんだ。
体を張って止めればいいじゃないかだって?
さっきまでの位置関係なら叶ったかもしれないが、今となっては無理難題だ。
走るハルヒに追いつけるとは思えないし、俺の腕は年中路上格闘しているインド人みたいに何メートルも伸びたりしない。
そもそも、あんなことをしといて俺の存在が消失していないだけでも暁光だ。
……そろそろ吐いちまおう。
『あんな』という指示語の指し示す内容とは。
 
俺が俺でなくなる。
そう思った瞬間、言いようのない感情が襲ってきた。
不安?恐怖?そのどちらか、あるいは両方か、それとも全く別のものだったのか。
押し寄せるそれに負けた俺は――ハルヒを突き飛ばしていた。
 
今の状況はその行為を為した所以のものだ。
もちろん非は全て俺にあるのだろう。
そしてこの後、俺はさらに失態を重ねることになる。
 
地べたに寝転がったままでいる俺の元から離れて行こうとするハルヒを見て、俺は何を思ったのか。
使っちまった。
何を?
紀伝体上なら一度、編年体上ならまだ使ったことがないことになるものを。
つまり、俺が持つ唯一の切り札を。
 
「ハルヒ! 三年前の七夕を覚えているか?」
ハルヒの反応はない。俺はすぐに次を叫ぶ。
「俺はジョン・スミスだ!」
ハルヒは立ち止まった。ギリギリ本館に入る一歩手前だった。
「世界を大いに盛り上げるためのジョン・スミスをよろしく」
ハルヒは振り返りこっちを見る。その表情は驚愕の色を隠し得ないといった感じだ。
「何であんたがその名前をs」
「だから言ったろ? 俺はジョン・スミスだ」
ハルヒは何を言っているのか分からないと言った感じの視線を俺に送っていたが、
「っ!!」
急に頭を抑えてその場にうずくまった。
俺は体勢を整えてハルヒに駆け寄る。
「どうしたハルヒ!?」
「……して……は……」
ハルヒは何か呟いているようだったが、全然聞き取れない。
「おいハルヒ! 大丈夫か!?」
俺はハルヒの肩に手を添えつつ訊く。
「……分かったわ、全部」
「へ? ……うぉあっ!?」
ハルヒはいきなり立ち上がったかと思うとこれまたいきなり俺を蹴り飛ばした。
無様に尻餅をつきつつ、
「ってえな! いきなり何しやがる!」
そんな俺の言葉を完全に無視して、
「あんた……あたしのキョンじゃないのね」
「はあ? お前何言っt」
俺の言葉を遮り、
「ここはあたしが元居た世界じゃない」
「なっ!? 何言っt」
「図星みたいね」
ハルヒは汚い物でも見るかのように俺を睥睨する。
「……ああそうさ。ここは元の世界じゃない」
「ここってあたしが創った世界なんでしょ?」
「そうだ」
「あたしには望みを叶える力がある。あんたがあの時話した話も全部本当のことだった。話っていうのは有希たちの正体のことね。違う?」
「違わないさ」
ハルヒは一つ一つ確認するように訊いてくる。
「それで……」
ハルヒはここで一呼吸入れ、話の核心について訊いてきた。
「あんたはどうしてあたしにこのことを気づかせたの?」
やっぱりそこまで気づいてたか。
「……お前を連れ戻すためだ」
俺は素直にそう言った。
「それで? 他に言うことはないの?」
「……戻ろうハルヒ。あっちの世界でみんなが待ってる」
「それで?」
「お前の体は無傷だ。だから痛みとかは全然ない」
「だから?」
「俺と一緒に戻ろう」
「……それで終わり?」
「ああ。終わりだ」
俺の返答に対しハルヒは終始無表情を維持していたがここにきてその表情を変え、
「そっか」
と、微笑んだ。
俺はその微笑から作戦の成功を見いだしたのだが、現実ってのは意外と厳しい。
俺を満たしたのは達成感による安堵ではなく、またもや頭痛だった。
「っ!!!?」
俺は頭を抑えその場に転がる。
「どうしたの? 大丈夫?」
はっきり聞こえるぜ、ハルヒの棒読み口調の台詞が。
こいつの仕業か。
……まあ仕方ないと言えば仕方ないかもしれん。
だが、俺が諦めの境地へとたどり着く前に頭の痛みは消えた。
その代わり、腕になにやら甘噛みされているような感触を覚える。
「あら、あんたの彼女が来たわよ。お熱いわね、こんな真っ昼間から」
「……長門か、すまん助かった」
「いい。こちらの不手際」
長門はその静謐な眼でハルヒを睨みつけながらそう言った。
「でも残念だったわね、長門さん。そいつに何か仕込もうとしたんでしょうけどそれは無駄に終わったわ」
「どういうことだ?」
訊いたのは俺だ。
『こういうことだ』
「!?」
後ろを振り返ってみたが誰もいない。
戻りざま長門と目があった。
いつも冷静なその眼にはあからさまな動揺が見て取れた。
「どうした長門?」
もちろん俺はその訳を訊く。
「あなたの中に侵食性の偽情報を確認」
「何だそりゃ?」
侵食性の偽情報?俺が始めの三文字に甚だ不安を覚えていると、
『俺のことに決まってんだろ』
と、また声がした。
「この声のことか?」
「そう」
「長門にも聞こえているのか?」
「私には聞こえない。それに、」
俺の気のせいでなければ、長門は明らかに悔しさを多分に含む声色で言った。
「防ぐこともできない」
「それってどういう……っ!!?」
『こういうことだって何度言えば分かるんだ? お前は』
頭痛の再発に伴い俺の頭の中で声が響いた。
……お前は……もしかして……あの時の……。
『ああそうだったな。ハルヒが事故った時に一度だけ会ってたっけ』
……お前の……目的は何だ……。
『そんくらい分かってるんだろ』
……俺を……消すのか……。
『なんだよ分かってるじゃないか』
……そうか……この声……お前は……。
『お前は?』
……お前は……俺か……。
そこで俺の意識は途切れた。
 

|