www25.atwiki.jp/haruhi_vip/pages/6519.html の続きから 



佐々木「こ、この包み紙……僕はなんてことを」

キョン「ん?どうした?」

佐々木「……!」

きゅんっ

佐々木「ふぁっ……」

キョン「?」

佐々木「(だめだ……切ないよ……)」

キョン「なんかまた具合が悪そうだな、病院寄っていくか?」

佐々木「……いや、もう少しこうしていようよ」

佐々木「(だめだ、もうキョンと別れて帰らないと、でないと……)」

キョン「そうか?」

佐々木「(僕は……本当に……)」

----


佐々木「ねえ、キョン」

キョン「ん?」

佐々木「さっきの話なんだけれど」

キョン「ああ」

佐々木「君は、僕の居心地のいい居場所を、なるべく残したいって言ってくれた」

キョン「そうだな」

佐々木「ただ、僕らがいくら親友だと言ったからって、いつまでもこんな毎日が続くワケじゃない」

キョン「そうとも」

佐々木「僕らだって大人になって、周りを取り巻く環境だって、大きく変わっていくんだ」

キョン「うむ」

佐々木「でも、でもね」

キョン「?」

佐々木「(だめ……やめて……)」

佐々木「僕は……僕は……」

佐々木「ずっと、君とこうしていたいって思うよ」
 

----


キョン「ん?ああ、そ、そうか」

佐々木「そのために、僕はどうすればいいのか、ってずっと考えていたんだ」

キョン「……」

佐々木「時間が流れて、僕らの周りの景色が変わっていくなら」

佐々木「僕らも、変わらなきゃいけないって、そう思った」

キョン「あいかわらず小難しい話が好きだな」

佐々木「キョン」

キョン「おう」

佐々木「(言わないで……お願い……)」

佐々木「僕はさ、ずっと恋愛は心の病だって言ってきただろう?」

佐々木「でも、気がついたら、僕は君のことばっかり考えているんだ」

佐々木「これって、心の病なんだよ」

佐々木「ねえ、もし僕みたいなのが、その……あの

佐々木「き、きき、君の彼女になりたい、なんて言ったらさ……ええと」

佐々木「キョンは、どう思うのかな……」
 

----


キョン「……」

佐々木「……」

佐々木「(すごく胸が苦しい……こんな気持ちなんだな、人を好きになるっていうのは)」

キョン「あー、その、なんだ」

佐々木「……」

キョン「笑っちまうだろうな、そんなこと言われたら」

佐々木「え……」

キョン「だって、佐々木が、だろ?想像もつかんわ」

佐々木「そ、そうだよね、僕みたいなのが……」

佐々木「(わかってたのに……こうなるってことくらい、大切なモノが壊れちゃうってことくらい……)」

佐々木「っく……ひっく……はは、変だな……なんで僕は、泣いて……ううっ」
 

----


キョン「お、おい!」

佐々木「ごめん、キョン……やっぱり僕は疲れてるみたいだ……ぐすっ」

佐々木「もう、帰るよ」

佐々木「(このアメのせいだ……こんなもののせいで、僕は大切な居場所を失ったんだ……)」

佐々木「(さよなら、キョン)」

キョン「……ちょっと待て」

ぎゅっ

佐々木「ふぁ!?」

キョン「いいか、人の話は最後まで聞くもんだ」

佐々木「きょ、キョン!?」

キョン「なあ、佐々木。いくら鈍感な俺でも今のはわかるぞ」

キョン「お前は、勇気を振り絞って俺に好意を伝えてくれたんだろう」

佐々木「だ、だからなんなのさ、関係ないだろう!僕なんか!僕なんか!」

キョン「お前から問いかけてきたんだから、最後までこっちの答えを聞けと言うとるんだ」

佐々木「いらないよ!もう十分だ!」

----

 

キョン「もし、お前が俺の彼女になりたいって言ったら?」

キョン「そんなもん、笑いがとまらんにきまっとるだろうが」

佐々木「ううっ……ひどいよ……」

キョン「だってな、そんな幸せなことってあるか?」

佐々木「え……?」

キョン「なあ、佐々木。俺はな、今まで生きててこんなに笑いがとまらんことはなかったぞ」

佐々木「あ、あの、え?いや、じょ、状況が……」

キョン「お前は頭はいいが、肝心な所が抜けてるから、わかりやすく言うぞ」

キョン「もし、お前が俺の彼女になりたい、なんて言ったらな」

佐々木「は、はい」

キョン「俺は全力を尽くして、お前のこと幸せにしてやるから覚悟しとけ!」

ぎゅぅぅ

佐々木「あ……あ……」

佐々木「ひっく……ひっく……うう……うわああああああああん」
 


~~~~


キョン「なあ、いいかげん泣きやんでくれよ」

佐々木「す、すまない……でも、なんだか止まらなくて……ぐすっ」

キョン「なんだか端から見たら俺が悪者みたいじゃないか」

佐々木「で、でもっ……ひっく、その、ほんと……うれしくって……うう」

キョン「あーもう、ズルいなお前は」

ちゅっ

佐々木「んんっ!?……んっ……ちゅ」

キョン「はあ」

佐々木「……」

キョン「あ……すまん、つい」

佐々木「ず、ずるいのはどっちさ……こんなことされたら……んん」

キョン「!?」

佐々木「んちゅ……はむ……んっ……んちゅぅ」

佐々木「(もう、なんにも我慢できなくなっちゃうじゃないか……ばか)」

----

 

キョン「ぷぁっ……さ、佐々木!ストップ!タイム!」

佐々木「キョンが悪いんだぞ……まだ、もっと」

キョン「んっ……んんっ……!」

佐々木「ん……ちゅっ……んむ……」

佐々木「ふにゃ……」

すりすり

キョン「……ゴクリ」

佐々木「……もっと」

キョン「……ちくしょう」

佐々木「んちゅ……んん……はむ」

佐々木「んん……もっと」

キョン「……ぐぐ」

佐々木「……♥」
 

----


佐々木「ねえ、キョン。ぎゅーってしておくれ」

キョン「あ、ああ」

ぎゅー

佐々木「ん……これで、ここはずっと僕の居場所になったかな」

キョン「そうだな」

佐々木「くっくっ、そういえば、さっき僕が言っただろう?『周りの景色が変わるなら、僕らも変わらなきゃ』って」

キョン「あー、言ってたな」

佐々木「僕はね、あの時思っていたのさ。何かを得るために、大切なモノを失う覚悟が必要なんだって」

キョン「ん?」

佐々木「キョンという親友を失うかわりに、恋人になれたら、ってね」

佐々木「でもね、違ったんだ」

佐々木「君は、昔も、今も、そしてこれからも、ずっと僕の隣にいるって、そう言ってくれたんだ」

佐々木「だからね、親友だったキョンも、これからの、その、こ、恋人のキョンも、ずっと僕と一緒に歩いてくれる」

----

 

佐々木「それはね、すごく素敵なことだと思うんだよ」

キョン「そうだな」

佐々木「ねえキョン、これからもひとつ、よろしく頼むよ」

キョン「ああ」






おしまい

 


 

 まとめページ www25.atwiki.jp/haruhi_vip/pages/6521.html へ戻る 

 


|