反転世界の運命恋歌Ⅱ


 そう言えば、あたしと古泉一樹がペアを組んだのが午後の部だってことを言ってなかったわね。
 そうね。あたしがこの世界に来てから今日の午前の部までのことを少し話しましょうか。
 結構、不思議な気分に包まれたから。それと涼宮ハルヒが妙なことを聞いてきたことを紹介するのもいいでしょう。


 …… …… ……
 …… ……
 ……


 唐突だけど、まず、この状況を表現するにはぴったりの言葉はこれね。
 あたしは眼前の光景に絶句した。


 まあ、これは仕方がないことなのよ。誰だってあたしの立場になれば絶対に言葉を失くす。断言してもいい。
 目が覚めたら、見知った部屋で、どこか既視感を感じようがあたしにも馴染みの北高のカーディガンつきセーラー服を着ていても、絶対に今日初めて遭った女の子が目の前に現れたんじゃ、こうなるわよ。
 しかも自室に居たはずが全然違う場所に居れば間違いなく愕然とする。
「あなたは別世界で情報連結を解除され、この世界で再構築された。それを感知したわたしはあなたの自室ではなく、この部屋で再構築できるよう移動させた」
「……」
「なぜなら、この世界はあなたの知る世界ではない。また、あなたの自室はこの世界の『あなた』が主。余計な混乱を招くことを回避するにはわたしの行動はベターであった」
「……」
「あなたがこの世界で情報連結を再構築するためには同様の存在が媒介となる必要がある。なぜなら世界に『自分』という同時限同位体の存在は一人しかいない。『自分』が二人になることは世界構成には矛盾する。よって、こちらの世界の『あなた』とあなたが入れ替わった。これがあなたがここに居る理由」
 この子の淡々とした思いっきり常識枠外の説明があたしの頭の中を少しは冷静にしたらしい。まあ、まだ混乱は収まってはいないけど。
「待って。正直に言う。さっぱり解らない」
 と声が出ただけでも進展かな。
「信じて」
 何か一年くらい前に同じやり取りをしたなぁ。
 まあ、今のあたしは大概のことは信じてしまうくらい超常異常現象に出くわしまくったから、この子が敵でないと理解できた以上、ちょっとは整理してみましょうか。
 今、この子は『この世界』と表現した。
 てことはだ。あたしは今、少なくとも普段いる世界とは別の世界に来てしまったってことで間違いないわけね。それと、どうやらこの世界にも『あたし』が居ることは確かだ。んで、その『あたし』はあたしと入れ替わりであたしが普段いる世界に行ってしまっているとのこと、か。
 なるほど。あたしは今、SFなんかでよく出てくる並行世界、パラレルワールドに居るってわけか。
「解った。あなたの言うことを信じましょう」
 なんとなく自棄っぱちな言い回しになっていることは自覚しているわよ。どっちにしろ非常識な話なんだから。なんだってあたしは普段でさえ、こんな十二分に非常識な目に合っているというのに、加えて文字通り非日常の世界に放り込まれなきゃならないんだろ? よっぽど前世のあたしは悪いことをしていたのか?
「感謝する」
 目の前の、あたしの心の葛藤を知る由もない北高女子生徒が無表情に頷いている。
「で、聞いておきたいことがあるんだけどいい?」
「何?」
「あなたの名前と正体は?」
 いや、もちろん分かっているわよ。この子が何者なのかをね。単にこの世界がどういう世界かを確認したかっただけ。
 そしてあたしの予想が寸分の狂いもないことをこの子は答えてくれた。


「わたしの名前は長門有希(ながとゆき)。涼宮ハルヒを観察するために、銀河を統括する情報統合思念体によって生み出された対有機生命体コンタクト用ヒューマノイド・インターフェース」


 はい。あたしはこの紹介でこの世界がどういった世界かを完全に理解したぞ。


 てことで、長門とこういうやり取りがあったのは夜が明けた土曜日の朝。
 あたしは、裏設定はそのままで性別だけが逆転している世界で一日を過ごす羽目になった訳だけど諦めて受け入れることにした。なんせどうにもならないし。
「で、これからあたしたちはどこに向かっているの?」
 分かってはいるけど、隣に居る長門に聞いてみる。
 ちなみにあたしは長門に北高のセーラー服を借りた。まさか外出するのに寝巻代わりのスウェットを着ているわけにいかないし、かと言って着替えなんて持ってきているわけがない。という訳で長門に借りるしかないってこと。
 でもって、この長門も私服なるものを持っているわけがない。てな訳で北高のセーラー服と、なぜか強引に進められた茶色のカーディガンを借りて身に付けている。
 ちなみに胸部が少し窮屈だったことに優越感を抱いたことは長門には内緒。
「光陽園駅北口」
 長門がどこか棒読み口調で、しかし何とも綺麗な落ち着いた声で答えてくれる。
「こっちの世界の『ハルヒコ』も市内パトロールが趣味なんだね」
「そう」
「ところで、何であたしが参加しなきゃいけないの? さすがにこの世界のSOS団に義理はないはずなんだけど……」
「あなたが居ることにより、彼のパトロール欠席が決定した。しかし、それは涼宮ハルヒが望まないこと。そして我々も望まないこと。なぜなら彼女は彼と供に居ることを望み、この企画を設けている。故に彼が居ない事態は回避しなければならない」
「それでもあたしが付いていく理由にはならないよね? あたしにそいつの代わりなんて無理だし」
「確かにあなたの立場からすればそう。しかし、涼宮ハルヒの精神状態を安定させるためにはあなたが必要」
「あたしに同性愛趣味はない」
「承知している。そして、涼宮ハルヒにもそのような思考は存在しない。その点は安心して構わない。よって、わたしはあなたが彼の代わりに今回の市内パトロールに参加したことにする。ついてはあなたを彼の従姉妹という設定にしたい。許可を」
「分かった。何にでもして」
 自慢のポニーテールを包み込むように頭の後ろで手を組んで、あたしはやれやれと嘆息しつつ、苦笑で受け入れた。
 とと、何? 長門が急にあたしに視線を向けたじゃない。
「あなたと彼はよく似ている」
「そうなの?」
 などと会話を交わしていると、目の前にはいつも見慣れた光景が、しかし、そこに居る面々は似て非なる者たちがズラリと勢揃いしていたのである。


「ふうん。なるほどね」
「そう。どうしても外せない急用ができたとのこと。しかし彼もあなたに悪いと思った。だから従姉妹で自分に結構似ていると思っている彼女を代役に立てた」
 あたしたちが到着して、長門の事情説明を聴いた第一声がいきなり「なんですって!? キョンが今日来ることができなくなった!?」と、とんでもない剣幕で叫んだ、こっちのハルヒコ=涼宮ハルヒは、さらに続けた長門の、涼宮ハルヒは気付いているかどうかは分かんないけど、こっちの『あたし』を強調するような言葉に不承不承みたいでも、どうやら納得してくれたようね。
 うん。やっぱカチューシャは女の子の方が似合うわ。リボンも可愛いし。
 てか、ハルヒコが女の子になったらこうなんだ。どことなく違うなぁ。や、確かに想像できなかったけど、ちょっと童顔の美少女はイメージになかったかな? どっちかていうと切れ味鋭そうな野性味溢れる女の子って感じがしないでもなかったし。
 あと、こっちの世界でもあたしのあだ名は『キョン』なんだ。
 などと諦観しているあたしが居る。
 もっとも涼宮ハルヒは、なぜだかあたしに胡散臭い視線を向けているけど。
 ま、知らない人間だからでしょう。去年の入学したての頃のハルヒコを思えば涼宮ハルヒがこういう態度を見せるのは当然ね。
 しかし何というか、不審がる視線に二つの感情が入り混じっている気がするのはどうして?
「でも、何でそれをあたしに直接言わないで有希に言ったのよ?」
 なるほどそこか。はてさて、この長門にとって、涼宮ハルヒのこの質問に対する答えは用意してあるのかな?
 つか、無さそうだし。無表情なことは無表情だけど、向こうの世界で長門のことをよく知ってしまったあたしだから理解できるレベルで、なんだか縋るような視線をあたしに向けてるし。
 てことは、長門は涼宮ハルヒがさらに聞いてくるとは思っていなかったってことね。普段はよっぽどあっさり引き下がるのかも。
「まあ、勘弁してやってよ。あなたに直接言えば、断り辛くなるとでも思ったんじゃない? ならワンクッション置きたいって考えが働くのは仕方ないってもんよ」
 あたしは苦笑を浮かべてお手上げポーズで声をかける。
「そ、そう……」
 ん? なんだか少しこの子の表情が曇ったような……
「うん! なら仕方ないわね! そうね! キョンの代役だからあなたのことをキョン子と呼ぶことにするわ! どうせ、本名を知ったところで次いつ会うか分かんないしそれでいいでしょ! 今日はよろしくね!」
 気のせいか。
 やっぱりハイテンションで声を大にした涼宮ハルヒはあたしに右手を差し出してきた。まあ、この子に『キョン子』と呼ばれたところで別になんとも思わないけど。
 この子がハルヒコなら、こういう性格で当然だもん。いちいち腹を立てるのも馬鹿らしい。それに何より、あたしはこの世界に今日だけしかいられないんだ。だったら本名を覚えてもらう意味もない。というか逆に本名を名乗ればこの子を混乱させそうだし、こっちの朝比奈先輩、長門、古泉くんが狼狽してしまいそうだからやめておこう。
「こちらこそ」
 あたしは差し出された手を、少し自嘲の笑みを浮かべて握った。


 で、こっちの世界でも、週末の休日、定期的に市内不思議探索パトロールなんぞをやっているとのことで、馴染みの、しかし何ともどこかが違和感を感じる喫茶店で、クジによる班分けなんかもしてたりする。
 結果、あたしは午前の部は涼宮ハルヒとペアになった。
 しかし何だ。普通はこの場に男子は、こっちの世界の古泉一姫=古泉一樹しかいないわけだから健全な女子としては彼と組む方が嬉しいと思うんだけど、どういう訳か、涼宮ハルヒはあたしと組むことにいささかも不満を感じていないらしい。
 なんたって、
「よろしくねキョン子! 道案内はあたしがしてあげるからあなたは不思議を探しなさい!」
 などと意気揚々と輝かんばかりの笑顔を振りまきながら嬉々としてあたしの肩に腕を回してきたんだもん。
 ま、仲の良い友達同士ならよくあることだし、向こうの世界で古泉の押し付け詰め寄り攻撃に慣れてしまっているあたしだから、これくらいなんとも思わない。でも、密着しているから意図せずだろうけど触れる物体はやっぱり、あたしより大きいか……
 あたしはやれやれと嘆息するのであった。


 でもね。
 あたしが想像したことは何一つ起こらなかった。
 当初は、上機嫌の涼宮ハルヒがあたしを引きずるように連れ回すものだと思っていたんだけど、時間が経つにつれてこの子はどんどんテンションを下げていったんだ。


 いや、テンションを下げていった、という表現は違うかもしれない。
 何と言うか、どんどん思い詰めていったって言うか――そんな感じ。
 そうね、何かをあたしに聞きたくて、でも、それを聞く勇気が持てない、と言ったところかしら。
 あたしたちは今、向こうの世界で、朝比奈先輩が伏字だらけの告白をしてくださった、あのベンチに腰かけている。
 ちょっと相談したいことがある。
 そう言って、ここに座ることを提案したのは涼宮ハルヒなんだけど。
 ところが、座ったっきり、この子は手を組み膝に肘を乗せ、組んだ手の甲を額に付けたまま黙りこくっている。
「相談って?」
 仕方なく、あたしから切り出した。
「う、うん……」
 と、答えてくれたのに再び沈黙。時折、周りの樹木から風で吹かれた葉が川面を何枚も撫でている。
 どれくらいの枚数を見たかなぁ。たぶん、十は超えたような……
 てことで、あたしがしびれを切らす寸前、
「ねえ……あなたはキョンのことをよく知ってるの……?」
 なんて聞いてきた。
 キョン、ねえ……こっちの世界の『あたし』なんだろうけど……
 つっても、あたしは『あたし』に会ったことがない。
 長門はあたしのことを『あたし』の従姉妹って設定にしたわけだけど見たことも会ったこともない人間のことを聞かれても、ねぇ?
「どうして、そんなことを知りたがるの?」
 まあ、こう問い返すしかない。質問に質問で答えるってのは良くないことだと解っているけど、今回ばかりは勘弁してよ。「知っている」と嘘をつくのは簡単でも、それで根掘り葉掘り聞かれてしまえば間違いなくボロが出る。なら、まずはこの子の質問の意図を知っておく方がいい。それによって、答えられない訳じゃないし。
「そ、それはね……ほら、今日、キョンの奴、あなたを代役に立てたでしょ? どうして代役を立てて今日は欠席したのかの理由を知りたくて……」
「何それ? さっきの長門……って人の『急用ができた』って話に納得したんじゃなかった?」
「それは! あの時は納得したけど、やっぱ気になるわよ! それにその……団長として団員に弱気なところを見せられないし……」
 あたしはいいの?
「あなたは、今日だけの臨時で部外者だから……あ、言っておくけど、あたしは別にキョンがいないからって面白くないわけじゃないからね! ただ単に団長として団員の心配をしているだけなんだからね! か、勘違いしないでよね!」
 じゃあ何焦ってんのよ。ツンデレってジャンルがあるのは知ってたけど、現実にお目見えするとは思わなかったわ。
 などと、心の中でツッコミを入れるあたしはなんとも困った笑顔を浮かべていた。
 何と言うか……どう対応すればいいのかしら?
「てことは何? あいつが今日の団活に来なかったから不安だ、と、そいうこと?」
「そ、そうよ! 理解が早くて助かるわ!」
 我が意を得たりという笑顔を涼宮ハルヒはあたしに向けた。で、悪いけど、その笑顔を見たらあなたが、正確にはあたしが知っている向こうの世界のあなたならこう思っている、ってことをあたしは判ってしまうわ。


「つまり、あいつが、もう団活に来ないんじゃないか、って不安を持っているってことね」


 あたしのかなり冷静な一言に涼宮ハルヒは絶句した。
 って、あの……そう結論付けれることに気付かなかったの? すっごく分かりやすい反応を見せてくれたってのに?
「ねえ、そういう意味になるでしょ?
 言っとくけど、あたしは集合場所で、あなたがあいつが来れないって聞いた時の剣幕と、その後のあたしとのやり取りで一瞬、顔を曇らせたところを見ているのよ。
 それにあなた自身が『あいつがいないからと言って面白くないわけじゃない』って言いながら、『不安だ』って言葉に同意した。てことはあいつがSOS団を抜ける可能性があることに危惧を覚えた以外の答えは存在しないと思うんだけど」
 あたしのストレートな解説を聞いて、涼宮ハルヒは視線を逸らして伏せ目になる。
 なんともその丸くなった背中は寂しいな。ちょっと、あたしも真っ正直に言い過ぎたかしら?
「……そういう不安を持っていない、と言ったらウソになる……」
 どうして?
「だって……あたしは自分のことを自分勝手で独りよがりで周りの迷惑顧みない性格だってことは理解してるもん……でもね、性癖ってやつはどうしても治らなくて……」
 へぇ、ちゃんと自己分析できてるんだ。ひょっとしてハルヒコも同じことを思っているのかな。
 などというあたしの感心をよそに涼宮ハルヒはさらに続ける。
「中学を卒業するまではそれでもいいと思ってた……別に周りから避けられようがあたしにはあたしの生き方がある、それを他の誰かに邪魔される云われはない……本気でそう思ってた……でも……キョンに出会ってあたしは自分の中で何かが変わった気がしてる……」
「……」
「あいつは……あいつだけは、あたしのままのあたしを受け入れてくれて、それでもいいと思ってくれている……」
 なんとなくあたしの思考に似ているぞ。こっちのあたし。
「確かにぶちぶち文句を言ってくるけど、それでもいつもあたしの横に居てくれるんだ……何喰わない顔で……だからあたしは……」
 それは諦観ってやつじゃないかな。しかしまあ、もしこっちのあたしがあたしと同じなら、この子がどうあれ、ずっと一緒に居てやれると思うよ。
 こういう子だからこそ面倒を見てやれるのはあたしだけだ、なんて気持ちになっているはずだから。あたしがハルヒコを放っておけないように、こっちの世界のあたしも涼宮ハルヒを放っておけないんだ。
「だからあたしは……キョンに愛想付かれてしまうことだけは正直言って怖い! キョンのおかげで、あたしは孤独の寂しさを思い知らされた! もう独りになりたくない! キョンがあたしから離れていってしまえばあたしはまた独りになっちゃう! それがたまらなく恐怖を感じるのよ!」
 って、そこで頭を掻き毟るなって。
 だいたい、今は独りじゃないはずよ。朝比奈さんや長門や古泉くんだっている。
「違うのよ! みくるちゃんたちと一緒に居ることだって楽しいわよ! でもね! それはキョンが一緒にいるからなの! SOS団を結成したのは放課後や休日もキョンと一緒に居られるからなんだから!」
 う、ううん……これは参ったな。この子は今、思いっきり本音で喋っているわね。でもまあ、明日になればあいつは戻ってくるんだけど。
 さて、この場合はいったいどう言えばいいんだろ?
 って、待って。別に深く考える必要はないか。
 今のこの子の話を聞いている限り、こっちのあたしとあたしはまったく同じ思考の持ち主だ。
 てことは、あたしはあたしが思っている通りに話せばいいんじゃないかな? たぶん、いや間違いなくこっちのあたしもこう言うだろうから。
「心配いらないわよ。あいつはあなたに愛想尽かしたりはしない。あいつだって好きであなたの傍に居るんだから。嫌ならとっくの前に離れているわよ」
 まあ、あたしがそうなんだもん。なんだかんだ言ったってあたしはハルヒコの横に居ることが好き。自分が嫌なことを続ける奴なんていない。そもそも続くってことは好きだから続くんだ。嫌なことだけじゃなくて関心がないことだって続かない。続くわけがない。それにどっちかと言えば、『ただの人間には興味ありません』と公言しているハルヒコなんだから、ハルヒコの方が『ただの人間』であるあたしに愛想尽かす方が早い気がする。
 ……それは何か嫌だけど。
「本当……?」
 ん? 何で茫然としてるんだろ?
「当たり前でしょ。そもそもSOS団にさえ、あなたの他にも女の子は居るのよ。しかも二人ともあいつにはあなた以上に優しく接してくれているんじゃない? なら、あなたのわがままぶりに疲れてしまって朝比奈さんや長門に寄ってしまっても不思議はないと思うわよ。今のあなたの自己分析から判断させてもらえばね。それなのにあなたの横に居ることを選んでいるってことはあたしの言った通りだと確信できると思うんだけど」
 あたしはどこか気分よく演説させてもらったわけだが、あら? 涼宮ハルヒは中断しなかったわね。最後まで聞いてくれたし。
「そっか……そうよね……」
 で、ついでに納得してくれている。ただ、よく分かんないのはその表情の硬さが完全にほぐれたのはどうしてなんだろ?
「ありがとキョン子。なんか本当にあいつがそう言っているみたいであなたの言葉に妙な説得力を感じた」
 そりゃそうだ。あたしとこっちの『あたし』は同一人物なんだから。この子があたしに『あたし』を感じても不思議はない。
 ま、納得しくれたならそれでOKか。
「あいつも明日戻ってくる。不安なら明日にでも連絡を取ったらどう? 今日はどうやったって繋がらないもん。携帯の圏外に居るはずから」
「うん! そうする!」
 そう言う涼宮ハルヒの笑顔は勝気満面な色一色に染まっていた。
 しかし何ともその笑顔にどこかあたしと違う思惑が透けて見えるのはどうして? あたし、何か妙なことでも言った?


 で、それからというもの、あたしたちは町をとにかくぶらついた。
 しかも不思議探しなんてしていない。
 ちなみに何をしていたかと言うとだな。
「で、その時、キョンの奴はね――」
 涼宮ハルヒは上機嫌な笑顔で話を続けている。しかもずっと同じ話題を延々と。
 はっきり言って、こっちが小っ恥ずかしくなるような、それでいて砂を吐きそうになるくらいの、この子にとっては単なる思い出話のつもりなのかもしれないけど、傍から聞いていれば百歩譲ろうが千歩譲ろうが、どう聞いても惚気話にしか聞こえない『こっちのあたしとの邂逅』話を散々聞かされ続けているんだ。
 これ何て羞恥プレイ?
 言ってる本人は自覚がないんだろうけど聞かされる方は周りからの視線も相俟って耐えられるものじゃないのよ?
 こんなもん聞かされた日にゃ、拷問尋問を受けるのと同様、耐えて黙り込むか逃げ出すかの二択しかなるくなる訳で、実際、あたしは逃げ出そうとした。
 逃げて、先に集合場所に行こうかと思った。ちゃんと言い訳に「いやぁ、迷ってふらふら歩いていたらここに偶然着いてしまったのよ。かと言ってあなたを探しに行こうにもあたしはここに初めて来たし、また迷っても困るからここで待っていた」というセリフを用意して。
 でも、そうは問屋は卸されなくて、涼宮ハルヒはあたしが「ちょっとトイレ」とか「何か飲み物を」とかのセリフを聞いたときに、「こっちよ! 案内してあげる!」と言ってすべて付いてきたんだもん。
 従ってあたしには黙って聞くしかできなかった。
 うぅ……時間よ……早く過ぎ去って……
 ふと上を見上げてみれば、町の店の時計が見えた。
 時刻は――


 …… 
 …… ……
 …… …… ……


「あの……随分、お疲れのようですがどうされました……?」
 とと、あたしはいつの間にか、足を止めていたのか。
 どこか少し眉毛と瞳をハの字にして心配げな表情を浮かべた古泉一樹があたしを覗きこんでいる。
「あ、ごめん……ちょっと午前中のことをモノローグしてたら……」
「午前中、というと涼宮さんと話されたことについてですか?」
「まあね」
 応えてあたしは再び歩き始めた。古泉一樹はあたしの歩くペースに合わせてくれる。
 これは正直言って嬉しかった。だってハルヒコはいつもあたしを自分のペースに巻き込むんだから。男の子なんだから女の子の歩くペースに合わせてって何度も言ってんだけど、聞いてくれた試しがない。
「なんせ、背中が痒くなって、血が出るまで掻いてもまだ痒くなる話を延々と聞かされたんだもん。それを思い出せば疲れるって」
 というあたしの本当にげっそりした表情をとらえた彼にぷっと吹き出した笑みが浮かぶ。
 ちょっと?
「いえ失礼。深い意味はありません。それでですね、あなたが聞かされた話と言うのは、きっと、こちらの世界のあなたとの話なのでしょう。彼女がずっと話し続けるときって決まって彼の話ですから」
 解るってことはもしかして……
「ええ、僕もよく聞かされます」
 そりゃご苦労なこって。
「そうですか? 僕はその話を聞かされると逆にホッとしますけど。おそらく長門さんも朝比奈さんも同じではないかと」
「あ、そうか。そうね、あなたたちの立場からすればそうなるよね。上機嫌なあの子が何よりもあなたたちが望むものだもの」
「その通りです。ですが、彼が羨ましくもなりますね。それだけ彼女に想い慕われている裏返しにもなりますから。残念ながら僕たちはその域に達していません。もし、今日、彼ではなく、朝比奈さん、長門さん、僕の誰かが休んだとしても、午前中、あなたに話されたような態度は見せないことでしょう」
「……ええっと……あなたが所属している機関も涼宮ハルヒのストーカーをやってるの……?」
 どうやら彼は涼宮ハルヒがあたしに悩み相談をしていたことはご存知のようだ。
「似たようなものですね。否定はしません。あ、断っておきますけど僕はしていませんよ。午前中は朝比奈さんと長門さんに――とと、これは禁則事項にさせてもらいましょうか」
 自嘲の笑みを浮かべる古泉一樹の表情にどこか癒されるあたし。向こうの世界の朝比奈先輩がよく使うフレーズだけど、この『古泉くん』が使うのも様になるわね。
 まあ、これは悲しい女のサガってやつよ。午前中にうんざりする話を延々聞かされたんだからカッコいい男の子の爽やかな笑顔は何にも勝る良薬ってやつね。
 ちなみに、この会話の間もずっとあたしたちは手を繋いでいる。
 見た目の割には力強く、あたしを包み込む温かいぬくもり。それに何より、彼から『この手を離したくない』という切実な思いが伝わってくる。
「んじゃあ、午前の話はここまで! 今度は二人でどこか遊びに行くんでしょ? 団長公認で。てことで、しっかりエスコートしてね!」
「ええ、もちろん!」
 明朗活発に返事してくれた古泉一樹の笑顔はとてつもなく眩しかった。

 

 

反転世界の運命恋歌Ⅲ


|