文字サイズ小で上手く表示されると思います


 カカオ から繋がったかもしれないSSです

 

 


 あたしには、それは苦痛じゃなかったの。

 


 自分の上に圧し掛かるキョンの体重や匂い、汗ばんだ肌も切なげな吐息も……
その何もかもが愛しくてしかたがない。
 この部屋はあたし達だけの物、誰の邪魔も入らない。
「ハルヒ……ハルヒ」
 大丈夫、あたしはここに居るから。ね?
 彷徨っていたキョンの手を掴んであげると、その手の震えはすぐに止まった。
 ほら、大丈夫。

 


 あたしと付き合い始めてから、キョンはまるで人が変わってしまったみたいに
家に篭りがちになってしまった。
 それまでの穏やかな性格を思い出せないくらいに荒んでしまって、一時期はS
OS団のみんなや家族まで近づけない程だったわ。
 あたしはそんなキョンを放っておけなくて、2人で同棲したいとキョンの両親
に頼んでみたの。まともに会話をできるのはあたしだけだったし、時期が時期だ
ったからキョンがそうなってしまった責任は自分にあるのかもしれないって思っ
たから。
 状況がよくなるのであれば、そう条件をつけた上で疲れきった顔をしていたキ
ョンの両親は同棲を納得してくれたわ。

 

 
 それからすぐに、古泉君の紹介で入れた格安のマンションであたしとキョンは
同棲を始めたの。
 2人っきりの生活が始まって、キョンの様態は目に見えて回復していったわ。
 家族はもちろん、SOS団のみんなとも普通に話せるようになったし、気分が
いい時は外へ出かけたり、一緒に部屋で映画を見たりもできるようになったの。
 ただ……私以外の誰かが来た時は、決まってキョンは大人しかった。
 一見すれば、まるで以前と同じように戻った様に見えてしまう位に。
 そして今日も――
「キョン君、また部室で会いましょうね」
「新しいゲームを準備してお待ちしています」
「また、明日」
 ……ほらキョン、みんながあんたの返事を待ってるわよ?
 玄関口で頼りなさそうに笑うキョンは頭をかきながら、
「ああ、またな」
 そう恥ずかしそうに呟いた。
 ゆっくりと扉が閉められ、みんなの足音が遠ざかっていく。
 この後に起きる事がわかっていたあたしは、そこから動こうとはしなかった。
「ハルヒ」
 ただあたしの名前を呼びながら、キョンの手があたしの体を乱暴に掴む。
 抵抗すればキョンは悲しそうな顔をする事を知っていたあたしは、されるがま
ま床に押し倒されていた。
 みんなが部屋に来た日は、キョンはいつもこうしてあたしを求めてきた。
 されるがままでいるあたしの顔を、キョンの切なそうな顔が見ている。
 キョンの顔は、あたしの言葉を待っていた。
 ……いいよ。あたしには、何をしてもいいの。
 あたしのその言葉を引き金にして、キョンはまたあたしに溺れていった。

 


 まるで誰も居ないみたいに静かな部室の中、私達は涼宮さんとキョン君が戻っ
てくるのをずっと待っています。
 誰も座って居ないキョン君と涼宮さんの席を見ていると、まるで2人とはもう
会えない様な気がして、私はわざとその場所を見ない様にしていました。
 大丈夫……涼宮さんがついてるんだから、きっと良くなるはず。
 2人が同棲を始めて数日が過ぎると、涼宮さんは私達に部屋に来ないように言
ってきました。その方が、キョン君の回復が早いから……だそうです。
 涼宮さんはお医者さんじゃないけど、彼女が信じてればきっとそうなるんだと
信じて、私達はそれに従いました。
 ――それから電話、メールと次々と連絡手段が禁止されていって……キョン君
の情報が途絶えてしまった頃、古泉君は部室に来なくなりました。
 ……きっと何か忙しいんですよね。
 放課後、長門さんと2人の部室は静かだったけど、今の私にはそれでよかった
んです。
「……」
 口を開いたら、不安な言葉しか出てこなかっただろうから。
 人が少なくなって、殆ど汚れなくなった部室を掃除する事が私の今の日課です。
 いつかみんなが戻ってきて、
『みくるちゃん久しぶり! あ、部室が綺麗なままだなんて流石みくるちゃんね!
団員の鏡よ!』
『ったく、お前もたまには手伝ってやれよ。……ご心配掛けました、朝比奈さん』
『これはこれは、久しぶりに勢ぞろいですね』
 きっとみんな喜んでくれるますよね?
 ……そう信じなければ、私は壊れてしまいそうでした。
 雑巾を絞っていたはずの私の手に、何故か上から冷たい雫が落ちていました。
 おかしいなぁ……なんでだろう?

 


 プルルルル――プルルルル――プルルルル――ピ
「もしもし」
 七日振りに聞いたその声は、わざと抑えた様な声だった。
 お久しぶりです、涼宮さん。
「みくるちゃん、どうかしたの?」
 どうしたんだろう、涼宮さん……怒ってるみたい。
 えっと、キョン君の様態はどうかな……って。
「キョンは大丈夫。今は元気にしてるし、その内に学校にも行けると思うわ。み
んなにもそう伝えておいて」
 あ、あの!
「何?」
 涼宮さんの声は、早く電話を切りたそうだった。
 ……あの。涼宮さんは休まなくて大丈夫ですか? キョン君のお世話は大変だ
ろうし。
「……ありがとう。でもあたしは全然大丈夫だから心配しないで」
 今度の言葉は少しだけ優しくて、私はその言葉を信じたかったんです。
 はい。それじゃあ。
 彼女に電話を切られてしまうのが怖くて、私は自分で電話を切った。

 


 今の俺にはタバコや酒を止められない奴の気持ちがよく分かる。
 それはもう自分の体の一部みたいな物で、それが無いって事は自分が欠けてい
るのと同義なんだよ。
 それを依存症と言うのならばまさしく依存症だな、今の俺にはハルヒ無しの生
活なんて考えられやしない。
 俺は自分の隣で寝ているハルヒの体を、起こしてしまわない様にそっと抱きし
めた。ハルヒの傍に居る事で感じるこの安堵感はいったいなんなんだろう?
 これが愛って奴だとしたら、まさしく世界でもなんでも救えそうな気がするぜ。
 時折、俺は今の生活を不安に思うことがある。
 学校にも行かず、家族やみんなとも会わないでずっと部屋に篭っていていいの
かってな。
 しかし、今までどおりに過ごそうといくら努力しても、何故か体はそれを否定
するのだった。
 これは精神病か何かなのかわからんが……ハルヒによれば、人間誰しもそんな
状態になる事はあるんだそうだ。
「あたしも、以前そんな状態になってたからわかるのよ。だからキョンは何も心
配しなくていいの」
 医者でも専門科でもないあいつの言葉は、俺にとってまるで魔法だった。
 その言葉を聞けば、憂鬱な思いも未来への不安も何もかもが色あせて、俺には
ハルヒしか見えなくなる。
「……眠れないの?」
 ん、ああ悪い。起こしちまったか。
「いいの。あたしも、まだ起きてたかったから」
 シーツの下で、ハルヒの腕が俺の肌の上を優しく撫でる。
 その瞬間、俺の思考はいつもの様に急に姿を消し、迷う事無く俺の体はハルヒ
を求めていたのだった。

 


「どうも、呼び出してしまって申し訳ありません」
 遅くなっちゃってごめんなさい。
「いえ僕も今来た所ですから」
 すっかり氷が解けたアイスコーヒーを前に、古泉君はそんな気の使い方をして
くれます。
 その日、私は古泉君に駅前の喫茶店に呼び出されて居ました。
 お久しぶりです。あ、あの。どこか体の調子が悪いんですか?
 そう聞かずにはいられない程、久しぶりに見た古泉君の表情は暗いものです。
「いえ、お気遣いなく。最近はバイトの方もご無沙汰ですからね」
 彼が言う通り、キョン君達が同棲を始めてからというもの世界はとても安定し
ています。
 小規模な閉鎖空間すら発生しませんし、時空振も一度も観測されていません。
「さて……今日、貴女を呼んだ理由なんですが……」
 私から視線を逸らしながら、古泉君は言葉を選んでいるみたい。
 ……なんだろう、何か怖い気がする。
 やがて意を決したように、彼は口を開きました。
「正直、僕は貴女には事実を伝えるべきではないと思っています。ですがこのま
ま、貴女をあの部室に行かせ続ける事になるのは……耐えられないんです、これ
まで一緒に過ごしてきた仲間として」
 え……? それって、どういう……。
「結論から言います。涼宮さんと彼は、もう二度と学校に来る事も部室に来る事
もありません」
 その言葉の意味も、何故か悲しそうな古泉君の顔も、私には何の事なのかわか
りませんでした。
「事の始まりは、言うなれば僕なのでしょう。御2人の関係を進展させる事を望
んでいたのは僕だけのようでしたからね。その後2人はお互いを意識しあう様に
なり、結果恋人同士となった。2人の関係が上手く行くようにサポートすれば世
界は安泰、そう考えていたんです」
 古泉君の口調は、まるで罪の告白の様に重いものでした。
「しかし、涼宮さんは彼と恋人同士になった事でそれまでになかった感情を持つ
ようになってしまった。手に入れた物を失いたくない、今までよりもより強い絆
が欲しい。いわゆる独占欲と呼ばれる物です。涼宮さんは自分の独占欲を満たす
為に自分が彼を求める以上に、彼に自分を求めて欲しかった。その強い思いはす
ぐに形になって現れました。……もう、おわかりですね」
 じゃあ……キョン君が急に変わってしまったのは……。
 私の言葉に古泉君は頷き、
「涼宮さんの力による物です」
 悲しそうにそう答えてくれました。
 

 

 それは俺にとって大事な物だったはずだった。
 携帯電話、アドレス帳、映画を撮った撮影データ、旅先での写真。
 みんなとの繋がりであるはずのそれらを、俺は順番に処分してしまった。
 そうする事でよりハルヒの傍に居られる気がして……俺には、ハルヒしか居な
いって事をわかって欲しかったんだよ。
 過去を1つ処分するたびにハルヒは困ったような顔をして、その後でとても優
しくしてくれる。
 まるでご褒美をねだる犬だ。
 ばらばらになった写真が散らばる部屋で、俺はハルヒの笑顔を待っている。
 最後まで残していたみんなとの写真もこれで終わりだな。
 残り一枚になった写真の中では、みんなが楽しそうに笑っている。朝比奈さん、
長門、古泉、鶴谷さん……さよなら。
 俺は何の抵抗もなく、ハルヒ以外の部分に鋏を入れた。

 


 喫茶店からの帰り道の事は、よく覚えていません。
 古泉君は機関の方針に疑問を感じて抗議してくれていたそうですけど、安全な
状態を確保できた以上、涼宮さんを刺激するような事はできないと言われたそう
です。
 古泉君の目的は……そうですよね、世界崩壊の危機を救う事なんです。
 そう考えてみれば、今の状態は悪くなんかないんですよね。
 ……それでも……それでも、本当にそれでいいんですか?
 私が言いたい事は古泉君にも分かっているみたいで、結局無言のまま彼は帰っ
ていってしまいました。
 このままじゃ……このままじゃキョン君が……。
「朝比奈みくる」
 え?
 暗い歩道を歩いていた時、急に背後から聞こえてきたのは、
「……」
 いつの間にかそこに立っていた、長門さんの声でした。
 あの、どうしたんですか?
 まさか涼宮さんに何かが……。
 静かに長門さんの言葉を待っていた私に告げられたのは、
「お別れを言いに来た」
 そんな一言でした。

 


 街灯で所々照らされた歩道に、私の走る音が響いていく。
 お願いです、今だけでいいですから早く足が動いてください!
 ――任務が終了した為、私に帰還命令が出ている。
 い、急がないと……急がないと!
 ――涼宮ハルヒに今後変化は訪れない。統合思念体はそう判断した。 
 2人の住んでいるマンションまで……もう少し。
 ――私としても、この結果は残念でしかない。
 涼宮さんやキョン君ならきっと止められる、そうですよね?
 ――貴方達と過ごした時間は、私という固体にとって最も大事な時間だった。
 エレベーターの降りてくる時間すら待ち遠しい。
 ――……さようなら。
 602号室……この部屋に。
 キョン君! 長門さんが! 長門さんが!
 そう叫びながら私はドアを必死に叩いたけど、何故かドアを叩く音はしなくて、
私の声を聞いて部屋から出てくる人も居ませんでした。
 ど、どうして?
 考えてみると不思議なんです、町にはまだ人通りがあったのにこのマンション
に入ってからは誰の姿も見ていません。それと、今は夜なのにマンションのどの
部屋にも電気がついていないんです。
 ……いったい、何が?
 この場所が静か過ぎる事に気がついて私が脅えていた時、その足音は聞こえて
きました。
 階段の方から聞こえてくるその足音は、まっすぐ私が居るほうに近づいてきて
いるみたいです。
 誰だろう……もしかして……キョン君?
 そんな期待と共にその場で待っていた私が見たのは……。
 容易には信じられはしない。
 でも、間違えるはずもない。
 呆然と見守る私の前に現れたのは……
「こんばんわ。はじめまして……よね」

 


 「私」でした。

 


 今の私よりも背が高くて、顔つきも大人びているけれど……間違えるはずない
んです。
 だって……それは自分なんだから。
 異時間同位体との接触、それは私達の様に時間を移動する存在にとって、最も
犯してはならない禁則事項。
 それなのに、こうして未来の自分が目の前に居るのに、私の体は強制送還され
る事もなくこの場に存在し続けています。
「驚いてるわよね……。というよりも、私はここで驚いたんだから間違えるはず
はない、か」
 寂しそうに笑う「私」は、そっと近づいてきて私の体を抱きしめてくれる。
 ……その暖かさも、匂いも。何もかもが一緒でした。
 彼女は私の体を抱きしめて、顔は見ないままで静かに話しはじめました。
「あの時わたしが聞いた言葉を伝えます。涼宮ハルヒと鍵である彼の居るこの部
屋の時間を、私が凍結させました」
 ……私……が。2人を閉じ込めたんですか?
 キョン君と涼宮さんを?
「そう。未来の貴女である私がね。……貴女が少し前に聞いた古泉君達と同じ判
断を、私達も選んだの」
 古泉君達と同じって……。
「彼らは、2人をこの場所に閉じ込めておく事が最も安全であると判断した。で
も、2人は人間である以上いずれ時間の経過で不安要素が生まれてくる。だから
機関は我々と取引きしたの」
 と、取引き?
「機関の出した条件は涼宮ハルヒに関わる全ての情報と記録を差し出す事。代わ
りにこちらに望んだのは、この部屋の時間を凍結させる事」
 そんな! そんな事の為に2人を!
「聞いて!」
 離してください!
 逃げ出そうともがく私の体を捕まえたまま、彼女は続ける。
「機関が条件として出した情報なんて、本当はどうでもよかったの。私達が望ん
だのは未来の安定、それだけなのよ」
 あんまりです! もっと酷いです? だって、自分達の為に2人を犠牲にする
なんて許されないです。そんなの……そんなの。
 泣きながら私は……心のどこかでわかっていました。
 これはもう、私が泣いてもどうにもならない事なんだって。
「……これは言い訳でしかないけれど。私達の技術レベルでは長門さんの様な完
全な時間凍結はできないの。だから2人の時間はほんの少しづつだけど進んでい
て、2人には何の変化も感じられていないはずよ」
 じゃ、じゃあ。いつか2人はまた自由に。
 静かに体を離した彼女は、私の顔を見て……首を横に振りました。
「今はまだ、貴女は何も考えなくていいの。近い未来、貴女は数分前に私がした
様にこの部屋の時間を止めに来ます」
 そんな事絶対にしません! 2人を閉じ込めるような……そんな事、絶対にし
ません!
 泣きながら叫ぶ私を見て、彼女もまた泣いていました。
 彼女が何故泣いていたのか? その時の私には……わかりませんでした。

 


 静かな部屋で、2人は身を寄せ合うように眠っていた。
 壊れてしまっても翌日になれば何故か元通りになっている家具も、いつまで経
っても無くならない冷蔵庫の中身も気にならない。
 不自然な程変化の無い日常の中で、ただ求め合うだけの毎日。
 ――誰も彼の心を奪わない。
 ――誰も私達を邪魔しない。
 ――そしてキョンは、あたしが居ないと生きていけない。
 そう、こんな時間が永遠に続けばいいのよ。

 


 現実とは異なる世界で、少女の願いは叶ったのでした。

 

 

 これもまた、1つのハッピーエンド ~終わり~
 

 お題「ヤンデレキョン」カプ指定キョン×ハルヒ

 

 その他の作品


|