文字サイズ小で上手く表示されると思います


 甘甘 より

 

 

 部屋のドアを閉めた時、あたしはやっと逃げ切れた気がした。
 力なくベットへと歩いていき……そのまま倒れこむ様に布団に飛び込む。
 あたしの下敷きになった抱き枕が苦そうだけど……ごめんね、今は体をずらすだけの力が出ないのよ。
 落ち着いてくるにつれて浮かんでくる、ついさっきの事。
 ――今日のお前、可愛かったぞ。
 思い出したその言葉に、布団で隠れていない耳が赤くなるのがわかる。
『焼き芋のお礼』そんなこじつけでしかない理由で、今日のあたしは素直になれた。
 いつもは恥ずかしくて出来ない事もできて、言えなかった言葉も言えたわ……。キョンはなんだかく
すぐったそうだったけど、絶対気に入ってくれたはずよ。
 ――当たり前、だろ?
 いつもより優しい顔をして、キョンはあたしに言ってくれた。
 凄く、嬉しくて。
 凄く、どきどきして。
 キョンの腕の中から離れたくない、本気で思った。
 その時の事を思い出すように、そっと抱き枕を抱きしめる。それ以上先は思い出したくなくて……あ、
でもやっぱり思い出したいような……思い出したくないような。
 ――なあ、ハルヒ。
 今までで一番近くから聞こえてきたキョンの声。
 その声に顔をあげたあたしの目を見つめて、キョンはそっと呟いた。
 ――俺達、付き合わないか?
 ……あまりにも普通に告げられたその言葉が、夢の中でしか聞いた事が無かったキョンの告白だって
気づいた時……。
 ベットの上にいる自分の体が震えだす。
 思い出したくない、でも忘れる事もできそうにない。
 あたしは……キョンの腕を……ふ、振り払っ……て……。

 


 ――パァン!!!
 通りに響き渡っていくまるで教科書が水平を保ったまま床に落ちたかのような音、そして何故か顔から
横に飛んでいくキョンの姿。
 ……なんでキョンが倒れたのか? あたしが平手打ちをしたからよね、わかってるわよ。
 歩道の脇に倒れたキョンに向かってあたしは……あたしは……。
 ば、ばかキョン!!! ――
 

 あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”ーーーーー!!!!
 今更ベットの上で転がってもどうにもならないけど、転がるしかないでしょ?!
 きょとんとした顔のキョンをバカ呼ばわりしたあたしは、逃げるように帰ってきてしまった。
 バカは誰? ええ、聞くまでも無いわ、あたしよ。告白されて張り倒してバカって……な、何を考えて
るのよっ?
 腕の中で耐久度の限界を告げる悲鳴をあげていた抱き枕を放り出し、あたしは携帯電話に飛びついた。
 電話帳……キ……で、電話できる訳ないじゃないの!
 被害者第二号。
 あたしの携帯電話は布団の上で跳ねて壁にぶつかり、ベットの裏へと消えていった。

 


 カカオ

 


 翌朝、あたしはいつもよりも早く学校へ向かった。
 何故って? もしもキョンが先に学校にきてたら、どんな顔をして教室に入っていいかわからないんだ
もの。
 予想通り無人だった教室に入り、自分の席に座る。
 目の前にあるキョンの席を眺めながら……あたしは大きな溜息をついた。
 せっかく静かなんだから作戦を練らないと、机に突っ伏したあたしは目を閉じて真剣に考え始めた。
 キョンになんて話しかけよう? ま、まずは謝るべきよね。
「うぃーす。……なんだ涼宮だけか」
 なんか谷口の声が聞こえたけど無視無視。
 えっと……叩いてごめんね! ……全然謝ってないわね、これ。
 ごめ~ん許して! ってそんなキャラじゃないし……。
 昨日はごめんなさい。うん、これね。シンプルな方がいいわ。……というより、それよりももっと大変
な事があるのよ。
「あ、涼宮さんおはよう。今日は早いんだね」
 今度は国木田君か、悪いけど今は忙しいの。
「おいやめとけって。何だか知らんが今日はいつもに増して機嫌が悪いみたいだ。触らぬ何とかに祟り
無しって言うだろ」
 言い返さないと思って好き勝手に言ってくれるじゃない、後で覚えてなさいよ。……って、そんな事
はどうでもいいのよ! 問題は……。
 急に顔が熱くなるのがわかる。そうよね、熱くもなるに決まってるじゃない。
 問題なのは、キョンの告白に何て言って答えればいいのか? って事。
 それからしばらくの間、答えが出ない問題にあたしが唸っていると
「おはよう」
 不意に頭上から聞こえた何気ない声。
「あれ、どうしたのキョン、その顔。風邪?」
 遠くから聞こえる驚いた国木田君の声。
「ん、まあ色々あってな」
 ゆっくりと顔を上げた先にあったのは。
「よう」
 左の頬を真っ赤に腫らしたキョンの顔だった。
 な、なんでこんな早い時間に? まだキョンが来る様な時間じゃ?
 驚いて時計を見ようとすると、時間を見る以前に教室の中はクラスメイトの姿で溢れかえっていた。
 考え事をしている間にいつの間にか時間が過ぎてたなんて……どうしよう、あたしまだ何て言えばいい
のか思いついてないのに?!
 自分の机に辿り着いたキョンは鞄を置いて、すぐにあたしの方へ振り返った。
「……ハルヒ。その、昨日の事だけどな」
 ま、待って! まだ何て言えばいいのか思いついてないのよ?
 慌てて手を振るあたしに、キョンは戸惑っている。
 えっと、とにかくまずは謝るしかないわ!
 落ち着く為に深く息を吸って、そっと吐き出す。
 うん……大丈夫。
 頷いたあたしを見て、キョンは聞く準備ができたと思ったのよね……。
「お前と付き合いたいって」ごめんなさい!
 ………………えっ?
 頭を机にくっつくくらいに下げて謝ったあたしは、その勢いのままに顔を上げた。
 目の前にあるのは悲しい笑顔を浮かべたキョンの顔。ついでにクラスメイト達の視線。
 ま……待っ「おおおおおおおお!! キョン! お前もついに俺の仲間入りかよ?!」
 あたしの声は、無駄に元気よく走ってくる谷口の声で掻き消された。
「しかも俺より最短記録とは恐れ入ったぜ! 2秒か? いや、1.3秒って所だったな。まさか涼宮の
告白撃墜記録が更新されるとはな~しかも一生更新されない最高記録だ!」
 違うの! って言いたいけど、キョンの悲しそうな顔の前にあたしは何も言えなかった。
「おい国木田! 今日はキョンと席を替わってやれ!」
「なんでさ」
「お前には傷心の友人を思いやる気持ちってのが無いのかよ?」
 うるさい! ばか! だまれ谷口! 声に出せないあたしは心の中で叫ぶ。
「って話だけど、キョン。どうする? 僕は代わってもいいよ」
 国木田君の言葉に、キョンは迷う様な顔をした後にあたしの顔を見た。
 行かないで! ……たったそれだけの言葉が今はどうしても出てこない。
 手を伸ばしていつもみたいに無理やり掴んで引き止めたいのに……今はキョンが、何だか遠く感じる。
 自分で、遠ざけてしまった。
 何も言えなかったあたしに文句を言う権利なんてない。
「……代わってくれ」
 そっとあたしから視線を外して、キョンはそう呟いた。

 


「ん? 国木田、何で今日は席が違うんだ」
 授業開始直後の岡部の質問に、挙手をして
「キョンが失恋中なんです」
 数秒の沈黙、そして
「そうか、じゃあ仕方ないな」
 あっさりと納得する教師にも腹がたったけど……それ以前に自分がどうにかなりそうだったわ。
 なんなの? せっかくのチャンスで……また、また断わるって?!
 物理的に遠くなってしまった席に座るキョンは、疲れた顔で黒板とノートを見比べている。
 あたしの席からはちょうどキョンの腫れた頬が丸見えで、叩いたあたしが泣きそうになってしまった。
 なんであたしはあんな事をしてしまったの?
 ――悔やんでも、どうにもならない。
 どうして、素直に頷けなかったの?
 ――電話する事も、家に行くこともできない。
 あたしって……あたしってこんなに弱かったの?
 泣きそうになったあたしの視線にキョンは気づいて……ばか……ばかぁ!
 キョンは口の動きで「わるかった」と伝えて来たのだった。

 


 自分を責めるだけの授業時間が終わり――放課後。あたしは1人、部室へと走った。
「あ、涼宮さん」
「……」
 部室に居たみくるちゃんと有希の視線を気にしつつ、あたしは自分の席に座る。
 ……昨日は、キョンが座っていた自分の席に。
 俯いたあたしの隣でみくるちゃんはおろおろしている。
 ねえ、みくるちゃん。
「はい」
 いつもと同じ、優しい笑顔のみくるちゃんに聞いてみた。
 どうしたらいいと思う?
「え? あの、その」
 ……質問になってないから、答えられないわよね。でも、何が問題なのか言う事もできない。
 自分ではわかっているの。
 一番の問題は、素直じゃないあたしだって事。
 素直に謝れない。
 素直に好きだと言えない。
 恋愛感情なんて気の迷いだってあたしはずっと思ってきた、でも……今は違う。
 街を歩くカップルの誰もが、こんなに苦しくて、こんなに切ない思いを乗り越えて恋愛をし
てきたんだと思うと尊敬すらできるわ。
 ……でもね、あたしにとっては昨日のあれが限界なのよ。
 適当な言葉で自分を誤魔化さなければ、相手に素直な気持ちを伝える事すらできない。
 自分への素直な好意に、うんって言えない。
 ねえ、どうしたらいいのよ……。
 机に塞ぎこんでいたあたしに聞こえてきた扉を開ける音、そして
「遅れてすみません」
「どうも」
 古泉君と……力の無い、キョンの声。
「わっ。……キョン君、その顔どうしたんですか?」
 驚くみくるちゃんに、
「風邪とかじゃないので心配しないで下さい」
 よくわからない返答をするキョン。
 どう考えても悪いのはあたし、なのに……。
 言えばいいじゃないの!
 できるのなら自分を張り倒してあげたい、立ち上がったあたしはキョンにそう怒鳴っていた。
 威勢のいい事を言ってるけど机の影で自分の足が震えてるのがわかる。
「何をだ」
 無茶苦茶な事を言われてキョンが怒るのは当たり前、なのに自分の口は止まってくれない。
 あたしに張り倒されたからそうなったって言えばいいじゃない!
 ――誰か……どんな方法でもいいからこのバカを止めてよ。
 しばらくの沈黙、やがて
「おやおや、早くも痴話喧嘩ですか?」
 場を取り成そうとしてくれているのか、古泉君がそう言ってくれたけど。
「痴話喧嘩も何も、俺とハルヒは付き合ってない。昨日のはハルヒの演技だったんだよ」
 言い返すキョンの声は怒ってなかった。
 ただ、悲しそうだった。
 キョンの視線が、ゆっくりと3人の顔を見回していく。そして、
「ハルヒ」
 あたしの顔を見て告げられた声。
 優しい、声。
 何。
 突き放すようなあたしの声に、キョンは小さく笑った。
「お前の気持ちを知ってて、ここに顔を出して悪かったよ」
 あたしの気持ちって……なによ。
「……安心しろ」
 キョンはそっと目を閉じて、
「もう、ここには来ない。今までありがとうな」
 視界が急にぼやけて、何かが頬を濡らして――あたしの中で、何かが弾けた。
 ダンッ!
 あたしの体は団長椅子を踏み台にして机の上に飛び上がり、そのまま長テーブルの上へと
飛び移る。
「す、涼宮さん?!」
 長テーブルの上から更に飛び上がり、扉に手をかけたまま固まっているキョンの目の前に
着地した。
 あたしを見る驚いたキョンの顔、痛そうな頬。
 その顔があっという間に近づいて……そっと唇が重なる。
 キョンのネクタイを掴んだあたしは、無理やりキスを奪っていた。
 目を開いたままのあたしに見えるのは、驚いたキョンの顔だけ。
 その顔を見るだけで、あたしは――自分が満たされていくのを感じる。
 認めるしかない、あたしはこいつに惚れてるのよ。……本当、どうっしようもないくらいにね。
 キョンのネクタイから手を離した時、自分がキスをする為に爪先立ちをしていた事によう
やく気づいた。 
 ついに見つかった……宇宙人、未来人、超能力者よりもあたしが欲しい人。
 あたしだけの、特別な存在。
 ねえキョン。さっきあたしの気持ちを知ってるって言ったわよね? だったら、あたしの
質問にイエスって言いなさい。
 泣き顔の癖に、いつもの様に胸を張っているあたしにキョンは微笑んでくれる。
 今なら言えるわ――これがあたしの気持ちなのよ。
 キョン、あたしと付き合いなさい。 

 


 カカオ ~終わり~ 続きます

 

 その他の作品


|