「ただっいまー!」
彼が仕事から帰ってきた。
赤ちゃんから長い間目を離すことができなくなったから、最近はもう玄関で出迎えていない。
「…おかえ……」
「霙ちゃーんっ!」
彼はリビングにいた私に何も言わずに霙の元に駆け寄った。
「ただいまー、パパだよー!」
ぶんぶんと手を振り回す霙の手に自分の指を掴ませて遊んでいる。
 
…。
 
「…おかえりなさいませ。」
「あ、ああ。ただいまっ!」
こちらを向いてニコッと笑ってみせると、またすぐ霙のほうに戻った。
 
「うーん、かわいいなぁ…霙は…。」
 
…。
 
「…夕食はいかがなさいますか?…先に入浴されますか?」
「先にご飯食べようかな。…ところで何?その口調。」
「…別に。」
私にもよくわからない。
 
「アレか?ちょっと前に流行ったメイドさんってやつか?あはははは…!」
彼は笑いながら食卓に着いた。
…なんだろう、すごく胸がもやもやする。
 
ほぎゃあ、ほぎゃあ…!
 
…多分、あの泣き方はお腹が空いたんだ。
「…よしよし…。」
霙をあやしながら抱き上げて、母乳を飲ませる。
彼の方を見ると…育児の本を必死に読んでいる。
 
…。
 
「今日、霙はどうだった?」
「…自分でやったげっぷに自分で驚いてた。」
「ウヒヒヒ、かわいいな!俺も見たかったよ!」
 
…。
 
 
その日、私は原因不明の暗雲を胸に抱いたまま眠りについた。
 
翌朝、彼を見送った後、ゴミ出しに表に出た。
「あらぁ、有希さん、おはよう。」
隣家の勝木さんだ。
「お宅の霙ちゃん、静かねぇ。夜泣きしないなんて。」
「…私も驚いてます。」
「旦那さん、昨日スキップしながらお家に帰ってるの見ましたわよ。よっぽど嬉しいんでしょうねぇ」
彼女はオホホホ、と笑った。
「…。」
「…あら、どうしたの?」
…勝木さんは出産祝いにと、紙オムツをたくさんくれたいい人。
(なんでもそういう会社に勤めてるかららしいけど、やっぱり嬉しかった。)
彼女になら話してもいいかもしれない。
「…何故か、気分が優れなくて。」
「あらぁ、育児疲れ?」
「…多分…違うかと…。」
霙の世話はとても楽しい。疲れだなんて、とんでもない。
「…それじゃあ…」
彼女はニヤリと笑って…
「あんまり旦那さんと上手くいってないんじゃない?」
「………。」
「例えばぁ…あんまり育児に関心がない、もしくはありすぎてあなたをないがしろにしてるとか。」
「………っ。」
「あらぁ、図星?もしかして今気付いた?オホホホ、じゃああなた、霙ちゃんに嫉妬してるのね!」
…嫉妬?
「だってそうよぉ、霙ちゃんに旦那さん取られて、いじけちゃってるのよぉ!かわいらしいのねあなたって!」
そしてまたオホホホと笑った。
 
…私が、嫉妬…。
 
「…どうすれば?」
「あらぁ、奪回作戦?オホホ…そうねぇ…。」
 
オギャー!
 
「あらら、霙ちゃんよ。早く行ってあげなきゃ。」
…残念。
「…失礼します。」
ドアに手をかけると後ろから声をかけられた。
「…後で霙ちゃん連れてうちにいらっしゃい!」
「…ありがとうございます。」
一礼をしてから家に戻った。
 
「…はい、お茶。」
「…ありがとうございます。」
ずずず…と茶を啜る音だけが部屋に響く。
 
「…さて、どうしましょうかね…!」
彼女はニヤニヤしてる。
…なにか、恥ずかしい。
「…どうしましょうか。」
「そうね…王道を行くなら……『たけやーさおだけー』……でしょ?」
「…なるほど。…他には?」
「私がやったのは……『…毎度おなじみちり紙交換ですっ!…』……かしらね?」
「…おぉ…。」
「その後……『磯野ー!野球やろうぜー!』……で完璧よぉ!」
 
その後も奪回作戦&育児方法について色々話し合った。
外の音がたまにうるさかったけど、私はちゃんと聞こえてたから、別にいい。
「…そろそろ。」
「あら、もうこんな時間。買い物行かなくちゃ!じゃあ、またね!明日報告よろしくっ!」
「…失礼します。」
 
…早速、今夜試してみよう。
 
 
 
「ただーいまー!」
「…おかえりなさい。」
作戦その1…決行中。
「おやぁ、霙ちゃんはママに抱かれてご機嫌かな?よしよし、かわいいなぁ!」
「…『ご機嫌です』(裏声)」
「うっひゃー、かわいい、かわいい!」
…作戦、効果なし。むしろ逆効果。
 
まだまだ…夕食後がある…。
作戦その2、開始。
「…ねぇ…あなた。霙を…お風呂に…。」
「お?任せろ任せろ!」
「…それで、私も「はーい、パパと入ろうねー!」
 
――――脳内議会
 
A『…作戦中止?』
B『…やむを得ない。』
V『…諦めるにはまだ早い。』
V2『…そう。私も一緒に入ればいい。』
V3(会長)『賛成。他に意見がないようなら多数決を取ります。』
 
…満場一致。
ワアアアアア…!!パチパチパチ…!!
――――
 
脱衣所にすっ飛んで行った彼を追いかける。
「…私も、一緒に…。」
「んー?霙が出たらすぐ拭いてあげたりしないとだろ?」
「…そう。」
 
…脳内議会の会長には辞任してもらおう。
 
作戦その3。れでぃ…。
 
「有希、寝ようぜ。」
 
ごー。
 
「…霙に、おっぱいあげないと。」
「ん、そうか。先にベッド入ってるぞ。」
…想定の範囲内。
霙を抱き上げて、母乳をあげる。
この時、いつもなら片方の乳房は隠すけど、あえて出しておく。
「…有希、おっぱい見えてるぞ。」
「…あなたも、飲まない?」
「…っ!」
彼は両目を見開いた。
…かかる。餌は目の前。
「あ、ああ…。」
 
計 算 通 「あ、いや…。」
「…?」
「やっぱ、やめとくわ。」
「…っ。…そう。」
 
…削除、削除、削除…。
 
…凄く虚しい。
うなだれながらベッドに入る。
…彼には背中を向けて寝よう。
 
「…なぁ、有希。」
「…何?」
「…久しぶりに…どうだ?」
彼が私の肩に触れてくる。
「…触らないで。」
「…な、なに怒ってるんだよ。」
「………。」
…完全にいじけている。
ムキになっている。
誘った時に来ないで、後から来る態度に素直に喜べない。
なんで私がこんな態度を取るかきっとわかってないのだろう。
 
…ぎゅう
 
「…ごめんな。」
「…触らな「…しばらく、有希の相手してあげてなかったな。」
 
………ッ!
彼の方へ振り向く。
「…ごめんな。」
そう言って私の頭をゆっくり撫でてくれた。
「…有希のこと、ちゃんと見てあげてなかったな。…寂しかったよな。…ごめんな。」
 
「………っ。」
頬を熱いものが伝う。
 
「お、おい、泣くかよっ。…ま、参ったな…そこまで寂しい思いさせてたか…。」
 
ふるふる
 
「…違うのか?」
 
…コクリ
 
「………???」
「…気付いてくれて…嬉しくて…。」
「…っ!…あ、あはは…。…なぁ…有希?」
 
………………ちゅ。
 
「…で、昨日はどうだったの?」
「…あ……う…。」
「あらぁ、顔赤らめちゃって!その様子だと上手くいったのね。肌も潤ってるものねー!」
…頷く。顔が真っ赤な気がする。声が思うように出せない。
「でも、あんまり旦那さんを独り占めしてたら霙ちゃんかわいそうよ?あんまりやり過ぎないようにね。」
 
…大丈夫。
彼は何も言わなくても気付いてくれたから。
…私のアクションが足りなかっただけ。
 
 
彼は…きっと私と…霙と。二人をちゃんと愛してくれる。
 
 
確か、彼…私が初めての恋人。
 
…そんな彼に、二股が…ちゃんとできるだろうか…
 
彼を取り合う私と霙
 
…でも、私は…母親だから
 
少しくらいはあなたに譲ってあげる
 
 
 
…4:6……くらいで…
 


|