|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

じゃがいも


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

じゃがいも♂(jaga☆innmou)


僕達は気付けなかった
いや本当は気付いていた
でも認めたくなかった
彼の愛らしさを・・・  リスナー談




DJ紹介
ご飯と一緒にたけのこを食うと好きな人のことを思い出すらしい
歌声が可愛い
散々英語が苦手とか言っておいて実は小学生の頃に日常会話程度ならこなせる程度の資格を取っていた(toeicレベルC程度と思われる)それを自板で突っ込まれた際に「使える使えないじゃなくて、なんか苦手」と言っていた



放送紹介
2009年4月2日
「手の届かない2次元の世界に走るくらいなら同性でもいい」
「精液は下ネタじゃない ドイツ語のザーメンはローマ字読みでシーマンと読む ンッフッフ トリビアです」
sex=性別
「中一の頃ヤマザキ君に辞書のsexの項目にピンクの蛍光ペンでラインを入れられた」
「この世にハッピーエンドなんかない」
「俺は目に見えるものしか信じない だから愛なんていう物に気持ちを揺さ振られたりしない」
「恋は一時の気の迷い・・・」
2009年7月12日
田舎に帰省した時の話と共に一つの恋が終わったことをスレ住民に告げる
放送内容はネガティブな発言ばかりでまだ女性に対する未練が伺えたが
その身勝手で一方通行の思いには今時珍しい愛が伺え放送後にじゃがいもの言葉に共感した生きる活力を渇望する中年男性からの凸(凸者曰く「周波数が一致した」)を受け、
新たな恋人を見つけるという目標(じゃがいも曰く「ヒカリ」)を二人で見つけ、明日(ミライ)を見出す
2009年12月18日
久々の元気なじゃがいも
2013年2月14日
男色愛好会の企画としてメンバーの画像を女装風に加工して誰が一番可愛いかリスナーに投票してもらう女装コンテストを開催



全盛期ののなめ
スカートめくり
女性教師に浣腸
学校帰りに近所の河川敷でえっちな本を拾って帰る
同級生の男の子に二回浣腸したことがある

付き合いたい異性のタイプは子供っぽいんだけど時折大人の女性の顔を覗かせるような人じゃがいも曰く「一緒に居て癒されたり、安心出来るような人」
じゃがいもと付き合うとじゃがいもと一緒にランチをした際にデザートも食べていいよって言ってもらえる