184年2月 黄巾の乱


シナリオ解析

勢力図

image plugin error : 画像URLまたは画像ファイル名を指定してください。
400年の栄華を誇った漢王朝にも衰退の兆しが表れた。
宦官や外威は政を顧みず、地方では官吏による収奪が横行し、民は疲弊していた。
そこに救世主として登場したのが太平道の教祖・張角である。
張角は信者を組織化し、漢王朝に対して蜂起させた。
世に言う『黄巾の乱』である。こののち、100年に及ぶ動乱の時代の幕開けであった。

勢力一覧


外交関係


各勢力分析