特技


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

特技は内政や戦闘、一騎討ちなどのさまざまな局面でゲームを有利に進められる特殊な能力。
最初から持っている特技に加えて、絆を結んだ武将からの「伝授特技」などで新たに獲得することも可能。
9段階のレベルが用意されており、他の武将からの「伝授特技」や「師事」によってレベルアップさせることもでき、レベルが高い特技は通常より大きな効果が得られるようになる。


特技名 効果 備考
商業 「市場」任務における実行方針効果上昇。レベルの上昇で、追加成果量増加。 追加成果+(レベル+1)x10%
農業 「農地」任務における実行方針効果上昇。レベルの上昇で、追加成果量増加。 追加成果+(レベル+1)x10%
文化 「学舎」任務における実行方針効果上昇。レベルの上昇で、追加成果量増加。 追加成果+(レベル+1)x10%
訓練 「兵舎」任務における実行方針効果上昇。レベルの上昇で、追加成果量増加。 追加成果+(レベル+1)x10%
巡察 「巡察」任務における実行方針効果上昇。レベルの上昇で、追加成果量増加。 追加成果+(レベル+1)x10%
説破 懐柔コマンド「説破」を実行可能。「説破」を集落に対して実行すると一定時間が経つと舌戦が発生し、これに勝利すると集落を自勢力の都市に従属させることができる。
レベルの上昇で、舌戦までの説破期間が短縮。
舌戦までの説破期間はレベルによって変わらない模様
交渉 外交での交渉時に、交渉開始時点の交渉率が増加する。レベルの上昇で、交渉率の増加量が強化。
弁舌 舌戦での与ダメージと初期才気が増加する。レベルの上昇で、与ダメージ量が強化。
人徳 面識がない武将に紹介状不要で面会できる。レベルの上昇で、訪問時の登用成功率が強化。
威風 戦闘で指揮できる兵力が増加する。レベルの上昇で、兵力の増加量が強化。 指揮兵力+(レベル+3)x500
神速 陸上戦のみ、自部隊の機動力が上昇する。レベルの上昇で、機動力の上昇量が強化。 軍勢移動速度には影響しない。戦法効果の後に適用。豪胆猛進はレベル3~4あたりに相当
奮戦 兵力一定以下で所属部隊の攻撃・防御が上昇する。レベルの上昇で、攻撃・防御上昇量が強化。 兵力4分の1以下で、攻撃+35+レベルx5、防御+18+レベルx2
連戦 敵部隊の撃破により士気が回復する。レベルの上昇で、士気の回復量が強化。
攻城 城門、陣、兵器への与ダメージが増加する。レベルの上昇で、与ダメージ増加量が強化。 与ダメージ+(レベル+2)x5%?
兵器 床弩が連弩に変化。組み立てた兵器の耐久が増加する。レベルの上昇で、兵器の耐久増加量が強化。 兵器の耐久+(レベル+1)x20%
堅守 陣や城壁上での部隊の防御が上昇する。レベルの上昇で、防御の上昇量が強化。
水練 水上での士気低下と水流の影響を無効化する。レベルの上昇で、連撃(兵撃が2回発生すること)の発生率が上昇。
一騎 一騎討ちでの与ダメージと初期闘志が増加する。レベルの上昇で、与ダメージ増加量が強化。
豪傑 兵撃が同兵科にも発動可能になる。レベルの上昇で、兵撃の威力が強化。
鬼謀 兵撃を受けた際、一定確率で回避することがある。レベルの上昇で、兵撃を回避する確率が上昇。