藩王/王犬紹介



藩王:藻女(爵位:騎士)

 わが国では犬よりも狐らしさが強いものが権力を持った地位につく傾向があるが、その中でも最高の地位である宗教国家・神聖巫連盟の全権を任されている。外に遊びに行くのに顔がばれていたらすぐに捕まるというので、普段はお面をかぶっている。が、本人以外のほとんどの者はそのことを知っている。
 宗派を分け隔てることなくをまとめる必要から寛容さを重視して育てられているので包容力がある。姫巫女、または巫女姫と呼ばれている。 (画:雹)

王犬:珠

 霊獣と呼ばれる白い犬。イヌにも見えるというだけで実際のところ犬かどうかはわからない。
 ただ慣習的にイヌと呼ばれているのだが藩王はイヌが苦手なので別の呼び方をしている。藻女がたまに油揚げを分けてあげているが彼女は特別油揚げが好きなわけではない。
 ただ、油揚げに込められた思いがわかるので無碍に断れないで居る。 (画:(不明))