私達は友達を一人一人その人のための呼び名で呼びかけます。名前ではなく愛称で呼びかける事もありますし、みんなに呼びかける時は使わない事もありますが、個を認められる関係なら他の子たちと区別する、特別にするためのものがあります。
 例えば私はまだボールズ達をうまく見分ける事が出来ずにいますが、呼びかける名前があれば名札を作ったりして少しずつでも個として接する事が出来ると思いました。
 私や私が直接相談出来る人達だけでは私達が呼びかける時に使う名前がない子達みんなに名前を贈る事は難しいと思いますが、私達が先駆けとなればいつか名前を望む誰もが代名詞だけではなく、固有名詞で読んでもらえるようになる日も夢じゃないと思います。
もちろん贈るのは一方的であってはいけません。必要としない子達もいるでしょうし、ない事を悪用するのでなければ尊重すべきです。
ですから私も相談して色々と思いを込めた名前を考えたけれど、名前を欲してくれる子がいるならば受け取って欲しいとだけ伝えます。
これを機にお互いより良好な関係を築いていける事を願います。


橋架:きょうか
離れた所にいる土地と土地を結ぶ橋のように、接する事のない者同士を結び付けれるようになって欲しいと言う思いをこめました。 

雪解:ゆきげ
冬の終わりを伝える雪解野のように、暖かな日々の訪れを感じさせるようになった欲しいという思いを込めました。

蘖:ひこばえ
終わった命から再び生まれ来る蘖のように、どんな苦難に陥っても何度でも生まれ変われるような強い子になって欲しいという思いを込めました。

姫紫:ひめむらさき
勿忘草とも言われる花から取りました。大切な誰かに忘れられないという思いを込めて。

飛梅:とびうめ
主人を慕って飛んで追いかけた梅のように、出来ないはずの事でもやり遂げるくらい強く思える者に出会えるようにという願いを込めました。

青嶺:あおね
多くの命を支える生き生きとした子になって欲しいという思いを込めました。

夏嶺:なつね
多くの命を支える生き生きとした子になって欲しいという思いを込めました。

忘れ音:わすれね
自分達が持っている可能性を超えて、自分の可能性に挑んで欲しいと言う思いを生きる季節を越えても鳴く虫の音に托してつけました。

末枯:すがる
自分達が持っている可能性を超えて、自分の可能性に挑んで欲しいと言う思いを生きる季節を越えても鳴く虫に托してつけました。

天鼓:てんこ
世を鎮める鼓のように、世を鎮め、子ども達が家族と暮らせる日々を創る助けをして欲しいという願いを込めました。

虹架:こか
人々を憧れさせる虹のような物を生み出せる子になって欲しいという願いを込めました。

木蓮:もくれん
自然への愛、持続性

萩:はぎ
柔軟な精神、思案、思い

木槿:むくげ
信念、尊敬、柔和、デリケートな美

木賊:とくさ
子ども達の素質を磨く存在なって欲しいという思いを込めました。

春雨:はるさめ
この雨ならば濡れて帰るのも良いものだと思わせるような雨のように、人に受け入れられるようになって欲しい。そんな雨がこれからも振ることが出来るように守って欲しいという思いを込めました。

夏雨:かう
夏の暑さの中一時の涼をくれる雨のように苦しんでいる人を助けれるようになって欲しいという思いを込めました。

科戸:しなと
罪や汚れを払う風のように清める事が出来る存在になって欲しいという思いを込めました。

牡丹:ぼたん
美しい花を咲かせるために菰を纏って寒さに耐える牡丹のように、目的のための忍耐を知る事が出来るようになってほしいという思いを込めました。

雷:いかづち
私はかみなりを空が大地に伸ばす腕と見ています。離れた二人を結びつける雷のように架け橋となって欲しいという思いを込めました。

鳴神:なるかみ
私はかみなりを空が大地に伸ばす腕と見ています。離れた二人を結びつける雷のように架け橋となって欲しいという思いを込めました。

水曲:みわ
曲がりくねって流れる川のように、結末に早く辿り着く事を求めるのではなく、ゆったりと過程を楽しんで欲しいと思いを込めました。

百重:ももえ
幾重にも重なって押し寄せる波が大地を削っていくように、一人では届かなくてもみんなで立ち向かえる協調性を持って欲しいという思いを込めました。

五百重:いおえ
幾重にも重なって押し寄せる波が大地を削っていくように、一人では届かなくてもみんなで立ち向かえる協調性を持って欲しいという思いを込めました。

千重:ちえ
幾重にも重なって押し寄せる波が大地を削っていくように、一人では届かなくてもみんなで立ち向かえる協調性を持って欲しいという思いを込めました。

青雲:せいうん
人からなんと言われようと自分のための自分だけの穢れない高い目標を抱ける事を願いました。

円架:まどか
欠ける事無く人と人との架け橋となる事を願いました。

環:たまき
人の輪生み出し、育てていくことを願いつけました。

和希:かずき
人の輪生み出し、育てていくことを願いつけました。

一灯:かずひ
誰か一人でも、心を照らす灯りになれる事を願いました。

萌黄:もえぎ
萌黄色から。萌え出た若葉のような瑞々しい感じがいいと思いました。

青竹:あおたけ
青竹色から。成長した青竹の色の清清しさがいいと思いました。

和人:かずと
みんなに和をもたらせるような人になって欲しいという思いから名づけました

流河:るか
どれだけ曲がっても海へ向かって流れ続ける川のように、どんな道を歩むとしても自分を見失う事無く生きて欲しいと重い名づけました。

寧々:ねね
平安に育って欲しい、落ち着いた日々を送って欲しいという思いを込めました。

奏:かなで
色んな歌を歌ったり音楽を奏で響かせて世界を楽しくできますようにという思いを込めました。

歌:うた
色んな歌を歌ったり音楽を奏で響かせて世界を楽しくできますようにという思いを込めました。 

響:ひびき
色んな歌を歌ったり音楽を奏で響かせて世界を楽しくできますようにという思いを込めました。

錦:にしき
完成した姿を描き一本一本近づいていく錦織のように、夢を描いて一歩ずつ歩んでいける子になって欲しいという思いを込めました。

紬:つむぎ
たとえ劣った扱いをされていても長く、そして広く活躍する紬のように、多くの人に長く愛される子になって欲しいという思いを込めました。

真綿:まゆ
繊維から一本のしっかりとした糸に紡いでいくように、自分の意図をしっかりと持てるようになって欲しいという思いを込めました。一人称を複数形だけではなく単数形でも使えるように自分だけの意図を紡げる人生を送って欲しいと思います。

麻:あさ
繊維から一本のしっかりとした糸に紡いでいくように、自分の意図をしっかりと持てるようになって欲しいという思いを込めました。一人称を複数形だけではなく単数形でも使えるように自分だけの意図を紡げる人生を送って欲しいと思います。

亜麻:あま
繊維から一本のしっかりとした糸に紡いでいくように、自分の意図をしっかりと持てるようになって欲しいという思いを込めました。一人称を複数形だけではなく単数形でも使えるように自分だけの意図を紡げる人生を送って欲しいと思います。

絹:きぬ
繊維から一本のしっかりとした糸に紡いでいくように、自分の意図をしっかりと持てるようになって欲しいという思いを込めました。一人称を複数形だけではなく単数形でも使えるように自分だけの意図を紡げる人生を送って欲しいと思います。

風:ふう
たとえ自分は動けなくても遠くの事を教えてくれる風のように、外を走り回れない子の代わりに外の匂いを空気を運べる子になって欲しいという思いを込めました。

春陽:はるひ
春の日差しのように暖かな優しい心を持った子に育って欲しいという思いを込めました。

夏夜:かよ
蛍の幽かな灯りや夜空の星々を綺麗に写すキャンバスになる夏の夜のように、自分が輝かずとも引き立てる事で自分らしさを作れる子に育って欲しいという思いを込めました。

秋音:しおん
秋の虫の合唱のように自分のためにやる事で人を幸せに出来るような人になって欲しいという思いを込めました。

冬雪:ふゆき
つらつらと降り積もって大地を真白に染める雪のように、淀んだ心を再び綺麗にしてあげれる子になって欲しいという思いを込めました。

海大:みひろ
海のように広く大きな心を持って欲しいという思いを込めました。

龍笛:りゅうてき
天と地の間を泳ぐ龍の声を表すとも言われる龍笛のように、隔たれた同士を結ぶ存在となれますようにという思いを込めました。

篳篥:ひちりき
地に在る人の声を表すと言われ、その演奏を持って人を救う伝承も残る篳篥のように、人を理解し、音楽を持って人を助けてあげて欲しいと思い名づけました。

笙:しょう
天から差し込む光を表すとも言われる笙に、閉じた心に光を投げかける事が出来る子になれるようにという思いを託しました。

ゆう
いつまでも友と胸を張って呼べる私達でいる事の誓いをこの名前にこめて贈ります。

愛恵:かなえ
愛に恵まれる子に育つ事を願ってつけました。

大空:そら
大空のように広がる想像力を持って欲しいという思いをこめました。

波:なみ
いつもやってきてはいい事も悪い事も色んな物を届けてくれる波のように、争ったりしてもまた一緒に寄り添って暮らしていける関係を続けていける事を願いつけました。

倖:こう
幸いを願いつけました。

幸:さち
幸いを願いつけました。

紅葉:もみじ
彩りのある人生を送れる事を願いつけました。


発表日:2013/02/08
消費額根拠URL:なし
36:神聖巫連盟:なし



修正履歴: