※ このページはタグ検索では引っ掛からないと思われます。なんらかの規制?がかかっているのでしょうか? ページ容量もさほど大きくないはずですが、なぜそのような表示となるか私には分りません。
孫正義〔言葉で検索〕 / ソフトバンク


● 孫正義〔Wikipedia〕
● 孫正義の名言 格言 「名言DB|仕事で使える名言集」より



■ 孫正義への警告 「J-cia(2016.10.29)」より
(※-有料課金記事)
/
ついに、地雷を踏んでしまったのか、という予感がしています。現在はともかく、今後2年から3年の間に、ソフトバンクは、というよりはその経営者である孫正義氏は、「危なくなる」のではないでしょうか。「危なくなる」というのは、経済的な意味に限定されません。
 ソフトバンクが、決して良好な状況にあるわけではないことは、よくご存じの方も多いでしょう。しかし、自転車操業の果てに「危なくなる」のであれば、何のための拡大路線だったのかと言うことになります。
 今回は、経済的な側面だけでなく、その他の面からも巨大ファンド問題の本質を分析しました。

1. ハイブリッド債の問題点
2. どうしても“赤”が消えない
3. 日本政府の援助はあるのか
4. 10兆円ファンドの闇
5. 孫正義は・・・・


■ ソフトバンク孫正義に株価操縦の疑いで証券取引等監視委と検察当局が内偵調査。SB株を担保にした借金&買収の錬金術、遂に崩壊か 「スロウ忍ブログ(2015.10.9)」より
/
ビジネスジャーナルによると、ソフトバンクの孫正義社長がニケシュ・アローラ副社長の名義を使い自社株を買い付け、ソフトバンク株の株価操作を行っているのではないかという疑惑が浮上し、証券取引等監視委員会や検察などの関係当局が内偵調査を始めているとのことである。

同誌が指摘する通り、もし孫正義社長が海外企業の買収資金の担保としてソフトバンク株を差し出しているのだとすれば、同社株が値下がりし担保割れするような事態となれば、彼の借金と買収を繰り返す錬金術は一気に破綻するだろう。それを避けるため孫正義は自社株買いを装い株価操縦を行ったのではないか、というのが同誌の見立てである。

(※mono.--中略、詳細はブログ記事で)

/
ただ、ソフトバンクは日経平均株価への寄与度の高い銘柄であり、日本経済へのインパクトを考えれば、ソフトバンク社内部の反日勢力を排除して軟着陸させるか、早々に何か理由を付けて日経平均株価の構成銘柄から排除するなどの対策が必要だろう。後者の対策を選択するなら、序に反日企業のファーストリテイリング(同じく日経平均株価への寄与度が異常に高い)も同株価指数から排除することが望ましい。反日企業を日本を代表する大企業として扱うのは適切ではない。


■ ソフトバンクは「本業が不明」だから強い? 孫正義が勝ち続けるたったひとつの理由 「東洋経済(2015.6.23)」より
/
孫正義氏は経営の天才であると同時に、交渉の達人でもある。創業当初から世界の名だたる企業家を口説き落とし、事業パートナーになることで、ソフトバンクの成長を牽引してきた。同社の社長室長を務め、『世界のトップを10秒で納得させる資料の法則』(弊社刊)など孫正義氏の仕事術に関連する著作がある三木雄信氏が、相手の「Yes」を引き出すその交渉の戦略や手法について語った。

(※mono.--以下略、詳細はサイト記事で)


■ 孫正義さんが喰らう三段論法 「やまもといちろうBLOG(2014.8.11)」より
/
 ソフトバンクが米Tモバイル買収断念のニュースが伝わってきておりましたが、競争状態を維持するためには四社体制が維持されているべきであるという当局の考え方も同時に伝わってきて、むべなるかなの印象です。

T-Mobile US買収を中断したソフトバンク、Sprint売却もあるか?
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/278383/080700004/

 そんな逆風で頭髪が乱れまくっている孫正義さんですが、次のような与太記事も誘爆しており興味津々です。
+ 続き

■ 「北朝鮮の暗殺部隊に狙われている」ソフトバンクの孫正義社長が、米国の豪邸に身を潜めて帰国できない 「板垣 英憲(2014.4.11)」より
/
◆ソフトバンクの孫正義社長が、米国に行ったまま帰国する気配が窺えないことに、日本最大の金融商品取引所である株式会社東京証券取引所(東京都中央区日本橋兜町2-1 東京証券取引所ビル、略称「東証」)界隈のとくに証券業界では、「トップである孫正義社長が不在で、ソフトバンクの経営は一体どうなるのか。経営陣や幹部社員は、どうしていいか相当困っている。すでにソフトバンク株が売られ始めている。それにもかかわらず、孫正義社長は、何の手も打てないでいる。IT銘柄の代表的銘柄であるソフトバンク株が暴落すれば、子会社のヤフーはもとより、日経平均株価まで連動して暴落しかねない」と憂慮する声が、日々強まってきているという。
 孫正義社長が、なかなか帰国しないワケについて、兜町の大物証券マンが、驚くべき情報を「全国マスコミ研究会」に寄せている。
 「孫正義社長がいま、米国にいて日本に帰国できないでいる。米国ニューヨーク市のセントラルパークに高級マンションを持っており、西海岸のシリコンバレーには、豪邸がある。現在、シリコンバレーの豪邸に身を潜めて、ボディガード10人を雇い、守ってもらっている。日本に帰国できないのは、命を狙われているからだ。銃社会の米国では、銃を持っているボディガードに身を守ってもらえる。銃社会でない日本に帰国すると、守ってもらえない。なぜ、命を狙われているのかと言えば、餃子の王将の大東隆行社長が、何者かに銃で殺された事件が起きたが、『次は孫正義だ』と噂されていた。このため、孫正義社長は、同じ相手か組織に暗殺されると恐れているといわれている。孫正義社長は、北朝鮮の張成沢国防副委員長と親しくしていたのが、命を狙われる理由ではないか」
(※ 以下略、詳細はブログ記事で)

日露関係
■ 日本を喰らう孫正義の暗躍 ロシアから電力輸入構想 ソフトバンクや三井物産 「日本の将来(2013.2.27)」より
(※ 前後略。詳細はブログ記事で。)
/
政治的な影響力の低下を危惧し制裁の意味をこめてウクライナのガスを止めるロシア、そしてウクライナは欧州諸国向けのガスも抜き取り、迷惑をかけられるEU諸国。
このような国から電気を買うこと、国家の屋台骨であるインフラを握られることはとても危険である。

原発のほとんどを止められている日本では、エネルギーの輸入は現在、ガス・石油などほとんどを他国に依存しており輸入先の分散が必要だという意見もあるが、ロシアからの輸入が何かあったときの非常手段てはならないし、するべきではないだろう。
また日本のような離れた島国で電力輸入は割高となり、日本向けに発電所や送電網建設には莫大な費用がかかる。

なんとしても日本のインフラに食い込みたいソフトバンク。
日本は犯罪国家になったとソウルで世界に発言したのは、このようにじわじわと日本のインフラを牛耳って弱体化を目指す目的があったからだろう。


■ 韓国に「日本の原発産業を奪え」とけしかける孫社長と売国ミンス 「二階堂ドットコム(2012.11.28)」より
バ韓前首相には「あと10年は総理を続けて欲しい」、ミョンバカ大統領には「安全に運営されている韓国の原発を高く評価している」と持ち上げた孫社長はやはり半島の手先だったのでした。

 脱原発をゴリ押ししているのは太陽光エネルギーの高値買い取りで私腹を肥やすだけではなくて、 大勢の原発技術者を韓国に輸出するためだったのですね 。日本の半導体や液晶、高機能鋼板の製造技術を盗んだサムスンやポスコが栄えているタイムマシン経営を今度は日本の産業の根幹を揺るがすエネルギー政策にまで持ち込もうとしている孫社長は骨の髄まで腐りきった売国奴&政商です。

(※ 中略)

孫正義社長、安全な韓国の原発を評価…「脱原発」は日本の話

2011/06/21(火) 17:54 サーチナ


 訪韓したソフトバンクの孫正義社長は20日、青瓦台(大統領府)を表敬訪問し、李明博(イ・ミョンバク)大統領と会談した。 孫社長は席上、「脱原発は日本の話。韓国は地震が多い日本とは明らかに異なる」とし、「安全に運営されている韓国の原発を高く評価している」と話した。 複数の韓国メディアが報じた。


★■ 米携帯大手に戦いを挑んだ孫正義氏 「WSJ日本版(2012.11.26)」より / 記事保護
 日本では、孫正義氏はインターネットで財を成し、電気通信業界の勢力図を一変させた風変りな億万長者として知られている。その孫氏が米国で、金も勝ち目もないのにAT&Tとベライゾン・ワイヤレスという2大企業にケンカを売った男として知られようとしている。

 貧しい家の子どもが金持ちの子どもとケンカをするようなものだ―。孫氏は先日、米大手2社との対決についてこう語った。貧しい家の子どものほうが苦しい戦いに挑むガッツがある、と孫氏は言う。

(※ 大幅中略)
 ソフトバンクのスプリント買収について、AT&Tのジョン・スティーブンス最高財務責任者(CFO)は、米国の携帯電話業界に新規参入する企業は大きな困難を突き付けられると述べ、その理由としてネットワークでカバーしなければならない地域が広いことと、急増しているデータ通信の利用に対応するためネットワークを常に強化する必要があることを挙げた。ベライゾン・ワイヤレスはコメントを差し控えた。

 スプリントの第3四半期決算は純損益が7億6700万ドルの赤字で、契約者数は45万6000人減少した。同社は複雑で費用のかかるネットワークの整備が遅れていることを認めた。これに対して、AT&Tの第3四半期の純損益は36億4000万ドルの黒字、ベライゾンも15億9000万ドルの黒字だった。契約者数は両社ともに増加した。

 10月初旬にソフトバンクのスプリント買収のニュースが漏れ伝わると、ソフトバンクの株価は数日間で20%以上下落した。現在、株価は持ち直し、現在はニュースが伝わる以前と比較して9%高い水準で推移している。

 孫氏はスプリントの業務に加え、料金プラン、販売する端末、広告の詳細についての決定に大いにかかわっていくと話している。テレビ会議を通じて週に1度はスプリントと連絡をとり、月に1度は訪米するつもりだ。孫氏は大阪より米国に行った回数のほうが既に多い、と冗談めかして言った。

 自分の成功に200億ドルをかけている、と孫氏は言った。


(※ 詳細はWSJ記事を。)

ーーーーーーーーーーーーーーー
★■ スプリントを買った孫正義の資金とエゴ 「ニューズウィーク日本版(2012.11.21)」より
 一見すると日米の負け組同士の統合だ。買収計画が明らかになるとソフトバンク株は20%下落した。しかし統合後、同社は契約者数で日本最大手NTTドコモを抑えて1位に躍り出る。

 こうしたインフラ市場は独占に陥りやすい。全国的なLTE網を最初に構築した企業は、巨額投資と引き換えに市場を独占し、独占価格を設定できる。LTE市場参入が2番手なら費用負担は同じく巨額だが、シェアは半分で価格設定も低くなる。3番手は費用負担は同じで、シェアも価格もさらに低下する。

 アメリカの利用者にとって最良の筋書きはソフトバンクが日本国内で利益を出し、米3番手のLTE網構築という賭けに資金を投じること。展開が楽しみだ。 失敗はほぼ確実だろうが








.