更新ヘッドライン 」について

今は停止した『最近のお勧め記事』の代わりと言っては何ですが、短い更新案内をサイト表紙に掲載することにしました。
4月からの繁忙期を前に、なるべく負担にならない更新方法を探してます。短いヘッドラインだけなら何とかなるかなぁ、という感じです。記事の左上の項目ページに入ると、記事関連の全貌がわかるようにしました。


※ サイト管理人「monosepia」よりお知らせ。 2012.2.13


2008年の12月下旬から『最近のお勧め記事』として、個人的な備忘録の域を超えて気になるネットブロガーの記事を拾い集めてきました。
ページ数も4500を超え、閲覧するにもクリックからページが開くまで相当の時間がかかるようになってきました。
@Wikiさんも迷惑しているかも知れませんね。
なので、そろそろ潮時。
何事も三年ほどが丁度いいサイクル。仕事も学びも。
次へ行きたいと思います。

このサイト自体の更新は細々と続けるつもりでいます。

個人的な備忘録の範囲で個別記事の更新はされているものと思います。
【2012.2.16 追記】
と思ったのですが、今のところサイト更新は毎日のように続けています。
MONOSEPIA(ブログ版) を更新目次がわりに使用しています。

実は、「最近のお勧め記事」ページと日付別のページ、そして項目別のページの三種類を作成するのが大変で、更新を停止した次第です。更新停止してすぐに考えたのは、ブログを目次として使えば両方の更新が適度に進む!と。まぁ、それでも二つは書くわけですが、作業の方はかなり楽になりました。なにせ、ブログはWiki言語を使わなくていいのですから。

そんなわけで、ブログを観ていただければ、記事の更新がわかるようにしました。

  • 情報を自ら持たない管理人(私)の情報収集のための備忘録的サイト。
  • ただ、このサイトにも訪問閲覧者がいる。当然にその方々のためにもなるべく情報を 右であれ左であれ、いろいろな角度から集めたい と思っています。
  • 管理人が閲覧したブログなどの記事を引用して記している訳ですが、なるべく短い引用にとどめています。転載ページを作ることもありますが、それは記事URLの無い場合か、消える恐れがある場合です。
  • 短い引用にとどめているのは、この私のサイトが情報を発信しているわけではなく、私が閲覧したサイトが発信地であるので、 発信元をぜひ読んで もらいたくて、そのようにしています。
  • できるだけ「 気をもたせた引用 」をして、「発信元を読みたい」気になっていただけるように気を配っていますw
  • ニュースサイト(新聞社や通信社などの報道機関)の記事はなるべく「 記事保護 」として併記していますが、面倒なときがあり、 添付ファイル (ページの下)としてのみ保護することの方が多いです。
  • 政治的な立ち位置に関係なく、右にも左にも好きなブロガーがいます。逆に私と同じような考え方をしているのに好きにはなれないブロガーもいます。好きなブロガーの記事をひとつ引用したら、ひとつは好きにはなれないブロガーからも記事を引用するように努めていますが、なかなか難しいです。
  • ただ、好き嫌いは時の経過と共に流動するのが私ですw
(2010.11.11)

【管理人 - monosepia より】
(2011.2.25記)
2011年の繁忙期(4月~11月)は、新しい仕事の関係で頻繁な更新は出来ないと思われます。
このサイトには今現在で3782ページあります。自分でも何があるのか分からない状態です。全くリンクされていない、つまり繋がっているところがないので、どこからも行けないページも中にはあるはずです。

検索窓を使ってみてください。何かがひっかかるかも知れません。

なお、いくつかはメンバーしか閲覧出来ないページがあります。まだ誰もメンバーさんはいませんが・・・w

2010年の繁忙期(4月~11月)は、『最近のお勧め記事』ページは緩やかな更新になるはずだったのですが、仕事の方が順調に進んでおり更新する時間的余裕があるため、継続してこのまま更新を続ける予定です。なお、日中の更新は仕事の都合上緩やかとなっています。
このページの更新を続けてきたことで見えてきたものがあり、その詳細をここで敢えて書くつもりはありませんが、ひとつ言えることは表のマスコミ情報に比べるとネット情報は探し方次第ではなかなかの物語性を有しており、左右に拘り無くニュースを見る側からすると、退屈することがないです。
『20世紀のファースト』の中で鬼塚英昭氏は、17世紀のフランスの箴言家、フランソワ・ラ・ロシュフコーの言葉を引用しています。
すなわち、
世に語られる歴史はほとんど嘘である

 ●  メンバーになると閲覧可能なページの作成について
メンバー入り口 ・・・只今準備中です。2011.2.18


.