国木田「先生、ちょっと…」
岡部「なんだ?」
国木田「実は…先生に、後ろの…」
岡部「フヒヒ、任せろ!」
国木田「先生早いアッー」

ガラッ
谷口「忘れ物……!!!!!11」
岡部「おう、谷口ケツかせ」
谷口「アッー!」

キョン「ちょ、お前ら、何やってんだ!!」
古泉「おやおや、大変な事になってますね。キョンたん」
キョン「アナルだけは!アナルだけは!」

長門「ユニーク」



国木田「谷口って本当に馬鹿だよねー。こうやってサンたてることしかできないんだから。」国木田は谷口の元気な息子を足裏でぐりぐりこねまわす。
谷口「あうっ…しっ…しかたないだろっ!///」
古泉「低脳はいうこときいてればよいんですよ^^そろそろ後ろいきましょうかね」

岡部「なにやってるんだお前ら!」
国木田・古泉・谷口「やばっ!」
岡部「指導者がいないとプレーは楽しめないだろ!俺がエースだ!さあ谷口っ!穴をかせ!」
谷口「アッー!」



古泉「知っていますか?キョンたん。強い力を伝えるには狭い面積に強い力を伝える方が広い面積に強い力をつたえるよりも圧力がかかるんです。だから一点の貫通力が高くなります。今はその実験をしているのですよ。」
キョン「俺のアナルにいれることとは関係ないだろう。」
古泉「バレちゃいましたかマッガーレ!」キョン「アッー!」
岡部「俺もエースを狙うぞお!古泉穴をかせっ!」
国木田「僕もやりたいな。岡部先生穴借りますよ」
谷口「国木田!お前の穴に忘れものしたから息子にとりにいかせるわ!かせっ!」
一同「できたっ!秘技サークルセックル!」
ハルヒ「忘れものしちゃったわーって!゜д゜」



古泉「新しい部活を作りました!その名はSOS団!」
Sセックルを
O男共でお尻でする
Sサークル



S 親交を深めるため
O 男共が尻で
S セックルをする




キョン「最近ずっと古泉にアナルを狙われてるんだが、なんとかする方法は無いだろうか」
国木田「穴が有るからいけないんだよ。塞げば良いじゃん。大根なんかピッタリじゃないかな。僕が塞いであげるよ」
キョン「アナルだけは!アナルだけは!」
谷口「さすがドS」



キョン「昼休み終わったら起こしてくれ」
長門「………コクリ」
キョン「zzZ」
長門「…」

ガチャ

古泉「あれ、キョンたん寝てるんですか?」
キョン「zzZ」
古泉「……キョンたーん」
キョン「zzZ(うぜぇ帰れ。お前がいたら長門のリアクションが楽しめないだろ!)」
古泉「………キ、キョンたんのうなじ(首筋を舐めてる)ハァハァ」
キョン「zzZ(な、何してんだよお前!!長門、長門こいつを止めてくれ!)」
長門「…お邪魔虫」

とてとてとて、ガチャ
キョン「zzZ(っ!? ま、待て行くな!行かないでくれ長門ー!)」
古泉「ハァハァ…キョンたんのほっぺた………グリグリ(チンコを押し付けている)……うっ! ドピュピュ」
キョン「zzZ(ひいいいいいいいいいいいいぃ!!!)」

長門「じー(刺激的)」



朝比奈「なんで私の出番がないんですかあ~」
キョン「みんな801が好きなんじゃないんですかねぇ」
朝比奈「・・・・・・・・・・・・」



朝比奈「キョン君!見てください!」
キョン「何ですか?」
朝比奈「男にはなれませんがチンコを生やしてみました!」
キョン「ちょwwwwwwwwwwwwwwww」
朝比奈「さぁキョン君、お尻出して!」
キョン「アナルだけは!アナルだけは!」
キョン(でも・・・・・・悪くないな・・・・・・)



ハルヒ「SOS団で映画を撮るわよ!
今回の主演は古泉君とキョン!」
古泉「キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!」
キョン「ハルヒ、どんな映画を撮るつもりなんだ?」
ハルヒ「男と男が体を触れ合う映画よ」
古泉「流石涼宮さん、わかってらっしゃる」キョン「(´・ω・`)」



古泉「キョンターン、助けに着たよぉぉぉぉ」

朝倉「何故、入ってこれたの!!」

長門「1つ1つのプログラムが甘い、天井部分の空間閉鎖も、情報封鎖も甘いだから私に気づかれる。スレにカキコを許す。私の801世界化は誰にも邪魔させない」

朝倉「嫌だといったら?」

長門「情報結合を解除する」

バトルシーンカット

朝倉「侵入する前に古泉を仕込んでおいたのね。道理で、貴方が強すぎると思った。あーあ残念所詮私はバックアップだったかあ。このすれのうほっ状態をどうにかするいいチャンスだと思ったのにな。」
朝倉は俺のほうを向いてこういった
朝倉「残念ね、また古泉達に掘られる日々が続くわね。貴方の事好きだったんだけどな。じゃあね」

朝倉涼子と言う女子生徒はこの学校から存在ごと消滅した。

古泉「さ、邪魔者も消えたことだし、キョンタンアナルギアしましょ~(はぁと」
キョン「アナルだけは!アナルだけは!」

長門「・・・ユニーク」

こうして俺の変わらない地獄が続くのであった



キョン「なあ古泉」

古泉「なんですか僕のキョンタン?」

キョン「うわっ顔ちか!うざ!少し離れろ!
あのな、たまには俺にも掘らせろよ。
いつも俺ばっかり痛い目みるのは不公平だろ?」

古泉「ふむ…そうですね。
僕はタチ専なんですが、キョンタンの方からそのような申し出をしていただいたら断れません。
いいでしょう、僕のアナルを使ってください」

キョン「ふふふ…ビリビリ谷口「かかったな小物め!」

古泉「谷口だけは!谷口だけは!」



キョン「うへへへへへへへ一樹たーんのアーニャルゥー!」
古泉「いやぁ!やめて…やめて下さい!キャアアアア!助けて、助けてぇ!」
みくる「へへへ、おい見ろよ、あいつ俺達に助け求め求めてやがる!」
長門「うっひゃっひゃっひゃっひゃ!バッカじゃねーのw無駄無駄!むしろ逆効果だね!」
ハルヒ「おいキョン!俺らも混ざらせろよーw」
キョン「いいぜーこいよ!なぁ一樹ちゃん?お前も人数多い方が嬉しいよね?」
古泉「いや…いや…寄らないで!嬉しくない…嬉しく…いやぁあぁぁぁああ!!」



キョン「長門はいつも無表情だからな、驚かせてやろうぜ、クックック」
みくる「いーなーそれ、あいつの顔は見飽きたからな」
キョン「いまだ!!長門のアナル処女ゲット」
長門「アナルいいのーーーーもっとちょうだーい」



朝の五時。
じーさんやらばーさんやらが公園で体操したり、どうせ健康に気を使うのなら間食やめたほうが経済的にもよくないか?と言いたくなるような立派な贅肉を携えた中年が歩き回っているこの時間。
俺は小鳥たちのさえずりを聴きながら近所を散歩していた。

勘違いしてもらうと困るので言っておくと、これは日課ではない。
どういうわけか夜明けとともに目が覚めてしまい、二度寝しようにも寝れなかったのだ。
家にいてもやることがないので、たまには体を動かすことにした結果が散歩である。
夏とはいえまだこの時間は空気も涼しく、俺は軽快な気分で歩みを進めていた。

しばらくすると見覚えのある人影に出くわした。

「………」

その人物はいつもの表情の無い表情でこちらを見ていた。
いや、注意深く観察すると少し驚いているようであった。

「よお長門。朝、早いんだな」

俺も少しは驚いてはいたが、長門有希がこの時間に活動しているというのは不思議なようであり、当然のことのようにも思えた。
だって相手はあの長門だ。
どんな時間にどんな場所で遭遇しても、こいつならなんとなくいそうな気になるだろ?

「(コクン)」

長門はかすかな首の動きで肯定の意を表すと、こちらに近づいてきた。
すると。
がばっ

「残念でした!中身は僕だよキョンた~~~~~ん!!!!」
「朝からアナルだけは!朝からアナルだけは!」



……こんな時間に目が覚めてしまった。5時25分、まだ起きるのには早すぎる。
昨日もハルヒに精神力を激しく貪られ、学校から帰ってきたら直ぐ布団の中に潜り込み、
3時間少々寝てしまったのだが…それがいけなかったのか?
二度寝しようにも、頭は冴えきって居る。寝起きでこんな爽やかな目覚めを迎えるのは数えるくらいしかない。
俺はベッドから起き出すと、ンーっとその場で伸びをした。まぁ起きてしまった物はしょうがない。
早起きは三文の得と言うし、不都合な事はないだろう。昼になって眠くならないかが少し心配だが、まぁその時はその時だ。
首筋のむず痒い部分を人差し指でカリカリしながら自分の部屋を出た。
喉が渇いていた。水を体が欲している。って言うか俺が飲みたい。
廊下に出てみると、ヒンヤリ…ではなく、むわっ…とした熱気が漂っていた。
うへぇ、と思いながらまだ暗い廊下を進む。俺の部屋も大概暑いが、廊下はもっと体に纏わりつくような暑さだ。
それに雨でも降ったのか、外から聞こえてくるカエルの声が俺の体感温度を上昇させた。
これじゃあ爽やかな目覚めが台無しじゃないか。あー蒸し蒸ししやがる。
パタパタとTシャツを捲って体を冷やそうと頑張って見るが、あんまり効果はなかった。
…まぁ水に氷プラスして呑めば解決するよな。
俺は台所に入りイソイソとコップの中に氷をたっぷり詰め、小さな氷の欠片を口の中に放り込んだ。
口の中がヒヤリと素晴らしく心地よい感じになっていく。小さな欠片は直ぐに溶けてなくなった。
小さく鼻歌なんか歌いながらフンフンーと凍りたっぷりコップの中に浄水器にかけてある水を注いだ。
パキッパキン!と氷に亀裂が入る音が台所に響いた。カランカラン…とコップを揺らして中の氷を回す。
コップが十分に冷えて来た所で、一気に喉に押し流した。喉の渇きがスーっと引いて行く。
美味い、朝比奈さんが入れてくれたお茶ぐらい美味ーい。
「そんなに一気に飲んでしまわれては、頭がキーンっと痛んでしまいますよ。」
このままいっきに…と思ったが、それもそうだな、言われてみればチクリと頭が疼いたような気がする。
っあー…とおっさんくさい声を出して一旦口を離す。数回に分けてコップの中身を飲み干した。
「そうそう、キョンたんの可愛らしい顔が歪んでしまっては元も甲もないですからね。」
少し縮んだ氷を一つ口に含んで転がしながらコップを流しの上に置いた。
さぁて、やる事もないし…これから近所を散歩でもするかな。
「お供しますよ、キョンたん。朝日に照らされる貴方のアナルも素晴らしく魅力的なのでしょうね。」
俺はさっきより少し明るくなった廊下を自室に向けて歩き出した。下がトランクス一枚では朝でもマズイだろう。
「僕としてはそのままで居てくれた方が手間が省けて目の保養にもなって良いんですが…。」
後ろから付いて来る者に絶対に突っ込まないぞ、突っ込まれないぞ、と思いながら。



色んなネタ書く人が集まったしようやくウホッ専属に戻れると思ったらもうタイムオーバーだよorz
古泉、すまんが俺は行ってくるよ。
古泉「そんな事が許されると思ってるんですか?」
な、古泉!
いつのまに後ろに!
古泉「キョンタンでないのは残念ですが、あなたでよしとしましょう。ふふふ、さぁ懺悔の時間ですよ」
うわあああああああああアナルだけは!アナルだけは!



キョン「今日こそやつの思い通りにはならないぞ。さしもの古泉と言えども人前で襲ってくるはずはない。なるべく人のいる場所を通ろう」
古泉「あまーい!水飴をガムシロップで溶かした液体よりも甘いよキョンタン」
キョン「な!これはどういう…何故道行く人々が俺をはがい締めにするんだ!?」
古泉「フフフ、この人たちはすべて組織の末端です。すなわち僕と同じ人たち。この意味はわかりますね?」
キョン「まさか・・・」
古泉「さあ、キョンタンが何人目まで耐えられるか見物ですね」
キョン「輪姦だけは!輪姦だけは!」



古泉「おや?僕のテドドンが起っています・・・これは有効利用しないと」
 ガチャ
キョン「古泉だけかーって何してる?!!!」

古泉「え?、ええこれは自慰というんですよ、知りませんか?」
キョン「やってることの説明はいい、なんでここでそんなことしてるんだ?!!」

古泉「安心してください、自慰しながら考えてるのは貴方のことですよ」

キョン「そんなことはどうでもいい、早くしまえ!!」
古泉「いえ・・それは・・・ウッ」ドピュ

古泉「やっとおさまりました・・・おや?今度はキョンタンのテドドンが起っていますね」

キョン「もうがまんできん、やらせろーー」

古泉「アナルだけは!!アナルだけは!!」



キョン「うわああああああああああ」
ハルヒ「キョンーーーーー!!!!!」
古泉「ファーッハッハッハ!世界のアナルはすべて僕がいただきましたよ!」




西暦200X年
世界は、アナル地獄に包まれた!!

だが!SOS団は死滅していなかった!!!!!!!!



ハルヒ「やらないか」
キョン「うほっ!ってあれ・・・?ハルヒ、お前の股間に付いてるそれ・・・」
ハルヒ「一々細かいこと気にしなーい!」
キョン「アナルだけはry」


古泉「・・・こういう能力の使い方もあるんですね。羨ましい限りです(ムラムラ)」



長門「…属性情報をブースト変更」
キョン「なにそれ?」
長門「ボーイズラブモード」
(上の続きを他の人が書いた)

長門「…ホーミングモード」
キョン「なにそれ?」
長門「あなたのソレは起ちっぱなし」

キョン「!!」
古泉「これでずっとヤれるねーキョンターン」
キョン「アナルだけは!!アナルだけは!!」


古泉「ハァハァ……」
キョン「何やってんだ古泉」
古泉「こうやってスイカの汁を体中に塗るとアリがね、よってくるんですよ。ハァハァ……」
キョン「……まぁなんだ、がんばれ」
古泉「キョンたんも……ハァハァ……」
キョン「寄るな! 気色悪い!」
古泉「キョンたんハァハァ……」
キョン「ちょ、古泉! 寄るn──」

古泉「ハァハァ……」
キョン「ハァハァ……」



古泉「そういえばキョンタンはバイトって何かしてますか?」
キョン「なんだキョンタンって。いやバイトはしてないぞ?」

古泉「そうですか、なら1万円で僕と・・・どうですか?」

キョン「やめろ近寄るな、アナルだけは!!アナルだけは!!」

古泉「あとで1万円渡しますよ・・・・・ウッ」


谷口「へへ……もう逃がさないぞ………」
国木田「…古泉くんなんかに独り占めさせとくわけには行かないしね……」

キョン「うっ…………うわあああああああ!!!!!誰か!誰か助けて!!」


古泉「キョンたん!助けに来たよ!」



(上の続き)
古泉「僕も一緒に………キョンたん、僕と一緒なら怖くないでしょ?」

キョン「うぎゃああああ!状況悪化!状況悪化!」
谷口「やべ、初めてで4Pって……レベル高すぎ(汗)いきなりだが挿入れるぞ」

キョン「いだあーっ!」

国木田「キョンきゅん見て~!僕のアナルこんなに、キョンきゅんのおちんちん見てるだけでこんなにキョンキョンしちゃったのおぉ!!」

キョン「ひぃっ!き、気持良いいのが嫌だぁ…(ビクビク)」

古泉「キョンたん……アナルは取られちゃったから今日は鼻の穴に挑戦しようね……うほっほーいっ!」

キョン「肉体改造だけは!肉体改造だけは!」

岡部「こんなところにハンドボールがwwww(グイグイ)」

キョン「あんたどこから湧い、いだだだっ玉玉取れちゃうー!」

中河「トラーイっ!」
キョン「あばばばばばばばばばばばばばばば」



古泉「ぼくのキョンた~~~ん!、涼宮さん・・・やはりここにいましたか」
キョン「古泉、お前どうしたんだ?」
古泉「あなたたちのことが気になりましてね・・・特にぼくのキョンた~~~ん!」
キョン「なんだよ」


古泉「キョンたんキョンたーん」
キョン「ああ、待ってたぞ古泉」
古泉「キョンたんもやっとわかってくれたんだね!」
キョン「まあ落ち着け古泉、今日はおまえにプレゼントをもってきたんだ」
「ほらよ」
水野晴郎「いやーアナルって、本当にいいですよね」
古泉「アナルだけはっ!あなるだけはっ!」



国木田「お客さんだよ、キョンに」
キョン「おおサンキュって、どこだ?」
国木田「こっち来て」
キョン「なんだここは?男子トイレじゃねえか」
国木田「実は僕がキョンに用があるんだよ」
キョン「早く言え」
国木田「僕はキョンが好きだ!!返事はわかってる。キョンには涼宮さんが居るもんね」
キョン「お前・・・・・本気か?」
国木田「じゃあ・・・・さよなら!!」タッタッタ
キョン「待て!!実は俺も男に興味があるんだ・・・・や ら な い か ?」

国木田「ウホッ」



古泉「キョン君、起きてください」
キョン「まだ11時じゃないか・・・・・・
まだ寝かせ・・・・・・
古泉!?」
古泉「さぁキョンタン、アナルギアをしますよ」






キョン「しかし今日の俺は違う!カモン!」
サントス・柳沢・ジーコ・ジダン・雷電「ただいま参上しました。」
古泉「何っ!」
サントス「ココハ僕達ガクイトメルヨ!」
ジーコ「キョン!早くにげるんだ!」
キョン「言われなくても、スタコラサッサだぜぃ」
古泉「うわあああああああああん
キョンターーーーーン」



思い出せ。朝比奈さんはなんと言ったか。
長門が最後に俺に伝えたメッセージ。



「山川純一って知ってます?」

YUKI.N> technique KUSOMISO



なんてベタだベタすぎるぜ、朝比奈さん、そして長門。
そんなアホっぽい展開は認めたくない。

キョン「ハルヒ、実は俺」
(以下略)







ハルヒ「アナルだけは!アナルだけは!」



気をつけろ
そこにはクレイモア地雷がセットされている



ハルヒ『と、言うわけだから、キョン!気を付けなさいよね!』

キョン「はいはい、ったく。
楽しい事を望んでるんなら、
自分が潜入すればいいのに・・・・・・」
ハルヒ『何か言った!?』
キョン「いえいえ何にも」
ハルヒ『じゃあ・・・・・・必ず・・・・・・
帰ってきなさいよね!』
キョン「へいへい」

おっ、金属探知機が反応してる。
クレイモアか?
古泉「かかったな小物め!クレイモアと見せかけて僕だ!」
キョン「アナ(ry




   KYON IS FUCKED


ハルヒ『キョン!応答して!キョン!キョ――――――――ン!!』



多丸兄 「実は僕の会社が新しいバイブを開発してね、これのおかげで別荘が建ったんだよ」

キョン「アナルだけhs!!アナルだけは!!」



|