※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

恋の病・恋の熱

また、あいつと違うグループかぁ……。
今日は土曜日。
毎週お馴染みの探索の日。
あたしは午前はみくるちゃんと二人で、そして今引いた午後の探索は、古泉くんと二人になった。
なんで、こんなに離れちゃうんだろ……。
「…ず……さん?…涼宮さん?」
「あ、え?ど、どしたの?古泉くん。」
「どうしたも何も……涼宮さんがいきなり立ち止まったのでしょう?」
あれ?あたし…いつの間に?
「あ、あはは。ごめんね、ちょっと考えごとしちゃった!さ、行きましょう!!」

あたしは古泉くんと一緒に北側の探索を始めた。


時間は流れて、集合時間まではあと1時間。
あたしは古泉くんが話があると言うから、今、公園のベンチに座っている。
「ウーロン茶でよろしかったでしょうか?」
「あ……ありがと。お金…」
「僕からの話ですからお金は結構ですよ。」
古泉くんが優しい笑顔を見せながら気遣う言葉、あいつもこれくらいの優しさを見せないかしら。
「ふふふ、涼宮さん。よろしかったら先程の《考えごと》とやらの相談に乗りますよ?」
「へっ?い、いや!い~のよ!なんでもない事だから!」
「大丈夫ですよ、僕は涼宮さんの味方ですから。……彼のことでしょう?」
古泉くんは、なんでもわかってるみたい。
……たまには頼っても…いいよね…。
「うん……。最近、キョンと一緒にいない時、なんかこう……胸が締め付けられるの。それで、あいつのこと考えると…胸がドキドキして……切なくなるのよ。」
古泉くんは、少し苦笑して答える。
「なるほど。それで今日も浮かない顔だったんですね。それにしても、こんなに正直に答えてくれるなんて…。」
あんたが言わせたんでしょっ!!……とは言えないわね、相談してる身だし。

「ほんと、困ってるのよ。なんか……考え出すと止まらないの。」
「……僕が思うに、《恋の病》と言うものでしょう。彼の事を思うと、何にも手につかなくなるという症状ですね。」
え?恋愛って精神病よね?
あたし、キョンのことを……?
ただ、キョンといた方が楽しいだけ、じゃないの?
あたしが考えていると、古泉くんが声をかけて来た。
「あなたも、彼に負けず劣らず鈍いですね。僕はここで待っていますから、《涼宮さんにとっての彼》がどの様な存在か、しっかり考えて下さい。」

あたしにとってのキョン?
SOS団の団員その1で……一緒に居て楽しい奴。
それだけ?…ほんとに?
わからない。頭が痛い。
あ、ダメだ。クラクラする……。


気がつくと、あたしはそのベンチに横たわっていた。
みんなの姿が見える、……キョンもいる。
「ハルヒっ!大丈夫か!?」
キョンが心配してくれる、嬉しい……のかな?
それより、あたしはどうしたんだろう。頭が痛い。
「いきなりぶっ倒れたって聞いて、こっちに来たら…凄い熱だぞ、お前。」
さっきまで、なんともなかったのに…。
今は喋るのも辛い。

「みんな、ハルヒは俺がチャリで家まで送るから、今日は解散してくれ。それでいいな?ハルヒ。」
あ、今日のキョンはなんかかっこいい。
男っぽくて、頼りになる。
あたしは、キョンに向かって小さく頷き、そのままキョンに体を預けた。


あたしは、キョンに連れられて、家の前に来た。
自転車の上では、何もわからずに気がつくと家の前にいた。
キョンがインターホンを鳴らす。
あ、ダメよ。今日は親がいないの。
まだ鳴らし続けるキョンに、あたしは声をかけた。
「きょ………親、いない…の。鍵……カバンにある、から…。」
喉が渇いてるのか、声が上手く出せない。
キョンの前で……恥ずかしい、格好悪い。
「わかった。無理に喋るなよ、部屋まで連れてくから。」
やっぱり、今日のキョンは優しい。
……今日くらい、甘えてもいいよね?
あたしは、キョンに抱かれて家の中、あたしの部屋まで連れて行かれた。
「キョ…ン……水…ちょう、だい。」
たぶん、水さえ飲めば話が出来る。
キョンと話がしたい。
「水だな?わかった、コップは勝手に使うぞ?」
と言うと、キョンはすぐに台所に向かった。
あたしは、キョンが持ってきた水をすぐに飲み干した。

うん、喋れそう。
「キョン……ありがと。」
ダメ、お礼だけでもドキドキしちゃう。
……あたし、ほんとに惚れたみたい。
「よかった…、声は出せるようになったか。少しは楽になったか?」
「うん、だいぶ楽になったわ。」
「そうか、熱は……っと。」
キョンがあたしの額に手を当ててきた。
そんなに近付いたら、あたしの胸の音、聞こえちゃうかも…。
「うん、熱も少しは引いたみたいだな。」
もう…ダメかも。
二人になるチャンスなんて無いかもしれない。
自分の気持ち、今伝えないと後悔する。
「ねぇ、キョン……。」
ドキドキする。鼓動が早くなるのがわかる。
「どうした?また、水か?」
ふふふ、キョンらしい返事だわ。
「違うの。……今日、熱出した理由、あたしわかっちゃった。」
「は?……大丈夫か?薄着したとかか?」
やっぱり、優しい。あたしが弱ってるとキョンは心配してくれるんだ。
「…あんたのせいよ。あんたが、あたしの頭の中、独占しちゃったせいで考え過ぎて熱が出ちゃったの。」
「……ハルヒ、そんな考えはお前らしくないんじゃないか?そもそも、恋愛は精神病の一種じゃなかったのか?気の迷いだったか?」

やっぱり、言われると思った。……でも、退けない。
「……しょうがないじゃない、気付いたんだもん。あたしは、あんたが好き。気の迷いでも、なんでもない。……ほんとに好きなの。」
「……………………。」
キョンが、黙る。
怖い、返事を聞くのが怖い。
やっぱり、言わなきゃよかった。今までの日常を無くすのが、怖いよ……。
「あっ……痛い。頭が…。」
「ハルヒ!?大丈夫か?」
ごめん、嘘。
こう言えば、キョンなら近くに来てくれるから。

チュッ。

あたしは、キョンにキスをした。もう、心臓が破裂しそう。
「ハ、ハルヒ……?」
ごめん、キョン。ごめん…
「帰って?ごめん、ありがと。だけど……帰って。」
ほんと、あたしはダメな女だ。
「お願い…ごめん……。」
あたしは、気がつくと涙を流していた。
キョンは、何も言わずに部屋を後にしてくれた。…ありがとう。


今日で三日も、学校を休んでる。
熱は、とっくに引いてるけど足や、心が学校に行こうとしてくれない。
たぶん、あたしはキョンに会うのが怖いんだ。
キョンに『ごめん』って言われるのが、怖いんだ。

お母さんは、何も言わずに接してくれてる。迷惑かけてるのに、ありがとう。
今日も何をするでもなく、ベッドに寝たままテレビを見ていると、メールの着信音。
キョンからだ。
『今日、お前ん家に行くからな。』
キョンらしく、余計な物のない文。少し、笑っちゃう。
そういえば、今は昼休みの時間だっけ?
まぁいいわ、どうせ放課後まで時間はあるんだし……少し、眠ろう……。


ん……頭、撫でられてる?
誰かな…お母さん?
「いつから俺はお前の母さんになったんだよ。」
「……っ!?キョンっ!?」
びっくりした。なんで、キョンが…?
あ、もう5時半か……。
「ったく、大声出すなよ。体調は…どうだ?」
こんな無防備な姿、見られちゃった。…恥ずかしいよ。
「まあまあ……よ。」
なんとも無いの、わかってるのかな。
「そうか、なんとも無いのか。そりゃよかった。」
……やっぱりわかってた。少し、嬉しいかも。
「……それで、何しに来たのよ。」
返事なら……いらない。キョンが来てくれただけで嬉しいから。
「ハルヒ………ごめん。」
今……『ごめん』って?
やだ、やだ、やだ。その言葉だけは聞きたくなかった。

キョンに嫌われるくらいなら、いっその事、あんなこと言わなきゃよかった…。
あたしは、気がつくと泣いていた。
涙が止まらない。
「最後まで聞け!!」
キョンが怒鳴る。怖いよ……聞きたくない。
でも、声は聞こえてくる。
「ハルヒ…ごめんな。俺、お前が好きだった。ずっと好きだったけど、誤魔化して、逃げてた。」
……え?今、好きって言ったのかな…耳ふさいでて、聞こえなかった。
「今……ひくっ、今、なんて言ったの?」
「耳塞いでるからだ。…もう一度だけ言うぞ。大好きだ、ハルヒ。」
嬉しい。さっきまでの不安が、どっか行ったみたい。
「ありがと……ありがと、キョン。」
あたしはキョンに抱き付いた。キョンも、あたしを受け止めてくれた。
キョンが優しい間に、あたしが元気を出す前に、最後に甘えよう。
「ね、キョン。……キスして?」
あたしは目を瞑る。キョンがどんな顔をしてるかはわからない。
それでも、キョンはちゃんと口付けてくれた。
ドキドキする。……良い意味で。

キョンは部室に行ってあたしが元気だったと伝えるらしく、帰り支度をして、部屋を出る。
あたしが玄関まで送って行った時、不意にキョンが口を開いた。
「結局、お前の病気って何だったんだよ。」
何かしら?……ここは古泉くんの言葉を借りとこう。
「ん~……恋の病よ!」
あたしはそう言って、キョンにウインクをした。

終わり
|