「遅い!」


朝飯を食い、ナツキが来るのを待っていたのだが、なぜか時間になって迎えに来ない。1秒でも早く学校に行って確かめたいってのに、間の悪い奴だ。こんな風に、1年に数回ナツキが寝坊する日がたまにあるんだよな。仕方ない、迎えに行くか。
 

 家の隣にあるナツキの家に行き、チャイムを押したわけだが……、何度押しても反応がない。
 

「こりゃ、本格的に寝坊しているな」
 

 こんなこともあろうかと、俺達はそれぞれの家の鍵を持っている。この時代に、ここまでの近所付き合いができるなんて、全くたいしたもんだ。
 

 鍵を開けて中に入ったが、なぜかおばさんはいない。というか、どういうことだ?物がほとんどない。殺風景すぎて、人が住んでいる気配がないぞ。どうしたんだろう?

 

 2階に上がってナツキの部屋まで行き、ドアをノックしたが、またまた返事がない。さて、入るべきか入らざるべきか。最近ナツキの部屋に入ってないからな。たしか中学1年以来か?女の子の部屋に入るってのは抵抗あるが、致し方ない非常事態ってやつだ。気合いを入れるか。
 

「入るぞー」
 

声をかけ、ドアを開けて中に入ると、想定外のとんでもない光景が目に映った。
 

「うーん……、キョン……君……」


 数秒固まってしまった後、思考が動き始め最初に思ったのは
 

(キョン羨ましすぎるぜ!)
 

ってことだ。

 

 そして、あまりの悩ましさと微笑ましさに、思わず頬が緩んでしまう。いかんぞ、気を引き締めろ!

 

「あ、朝比奈さん、起きてください」
 

全く理解できないが、ナツキの部屋のベッドに寝ていたのは、どういうわけか我らがエンジェル朝比奈さんだった。
 

 朝比奈さんは、俺の呼びかけを全く無視し、白雪姫のようなかわいらしい寝顔で優しい吐息をたてている。呼び掛けても反応がないので、これまた非常事態だ。少しだけ身体に触らせてくださいよー。一応言っておくが、やましい気持ちなんて全くないぞ。たぶん。


 身体を揺すりながら何度も名前を呼ぶと、朝比奈さんはゆっくりと瞼を開けた。
 

「はにゃ?」
 

第一声がこれだよ。思わず天を仰いだね。あー、寝ぼけている姿もかわいい。おっと、いかんいかん。このままだと顔が緩みきってしまい、変態と罵られかねない。朝比奈さん、とにかく起きて下さい。

 

次へ


|