※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

『ハルヒ…ちょっといいか?』

 

アタシは、部室に行く前にキョンに呼び止められた。

 

『ふん…。団長を呼び止めるなんていい度胸してるわね?いいわ…何の用?』

 

言葉では素直な気持ちを言えなかったけど…アタシはキョンに呼ばれてうれしかった。

キョンに…恋心を抱いていたから。

 

 

…… 

『ハルヒ…好きだ。ずっと好きだった。』

 

しばしの沈黙。

だんだんとキョンの顔が赤くなってきた。

…かわいい。

 

 

『えっと…ハルヒは…どうだ…?』

 

 

アタシはキョンが好き。大好き。

高校に入って…一番最初に話しかけてくれて…一目ぼれだった。

髪型を毎日変えていたことも…気がついてくれた。 

もっと…アタシを見てくれるように…ずっと伸ばしていた髪の毛も切った。

その事も気がついてくれた。

アタシのSOS団設立にも手伝ってくれた。映画撮影も…。わがままにも…。

そう。アタシは…

 

『キョン…アタシは…』

 

キョンの顔が不安そうな…うれしそうな顔をした。

 

『アタシは…』

 

ふと…アタシはある日の夢を思い出した。

キョンとアタシだけの空間。アタシは“このままがいい…”って思ったっけ?

夢の中だけだけど…キョンにキスされてうれしくて…その日は寝れなかったっけ?

その時…アタシは気がついた。“キョンが好き”と…。

キスされたときにキョンに言われた言葉。

その言葉で…返事を返してあげよう。

 

アタシはキョンに一番の笑顔で答えてあげた。

 

 

 

 

『キョン…アタシは…これからも…キョンにポニーテールを見せてあげるからね。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|