※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

長門VSみくる
-----------------------------------
部室のドアをノックする。
返事はないが声が聞こえる、言い争っている。
あわてて部室に入る、
入った瞬間に硬直する、思いもよらない光景がそこにあった。

「…どういうつもり」
「こ、これが、最適解なんですぅ」

長門と朝比奈さんが言い争っていた、
いや、長門が朝比奈さんに詰め寄っていたという方が正確か。
俺が部室に入った事をまったく気付いていない、二人にとってそんな事はどうでもいいようだ。
朝比奈さんはいつに無く真剣な眼差しで長門を見据えている、
長門は冷たく無機質な瞳で朝比奈さんを射抜く。
長門の右腕が変形し剣のように伸び鋭くなる、そして朝比奈さんに切りつける。
あっと思った瞬間、朝比奈さんはいなくなった、消えた、いや、長門の後ろに立っていた。
朝比奈さんは、えい! と言いながら長門を突き飛ばし、
長門はバランスを崩しつつも、鋭利な刃物と化した右腕を朝比奈さんにふるう。
朝比奈さんは又消え、次に現れた場所は長門の頭上だった。
そのまま長門に体当たりしマウントポジションをとる。

長門の上に乗った朝比奈さんは、長門の頭を抱え唸り(うなり)はじめる。
力が抜けたようになる長門。

その時部室のドアが開き、
「そこまでよ、朝比奈みくる。」
突然の声、そこには喜緑江美里。

朝比奈さんはあきらめたような表情をし、長門を放し、
喜緑さんを見つめる。いつもの表情じゃない、厳しく睨み付けている、

「私をみくびらないでくださぁい!
 長門さんでも喜緑さんでも、よ よ 容赦はしません!
 心中します!かかって来て下さぁい!」

にらみ合い対峙する、朝比奈さんと長門&喜緑さん。

やばい、そう思った俺はなんとかしようと、声をかける
なんでもいい、この場をなんとかしなければ。

「長門、女の子がお転婆しちゃだめだ、椅子に座れ。
喜緑さん、なにかご依頼でしょうか、、、まあ、お茶でもどうぞ。
朝比奈さん、お茶いただけませんか?」

やっと、俺の存在にづいた三人は、急に表情をやわらげ、
「…迂闊」と言いつつ席に座り本を読み、
「実は、今彼の会長が、元彼が部長をやっていたコンピ研を。。。」
「はい! 玉露のいいのをこの間買ってきたんで淹れますね!!」

やれやれ
-----------------------------------
|