※オリキャラ宮沢美緒がでてきます!

 そして無駄に__がおおいです!

 誤字、脱字があるかもしれません。

 あったら、すみません・・・!

 

 

_序章_
僕の名前は古泉一樹。
どこにでもいるような高校生。
ただ一つを除けば、ですけどね。
そう、僕は、「神人」という化け物を倒さななければいけない。
なぜかって?それは僕が「超能力者」だからですよ。
ここにいるのは全て涼宮さんのおかげ。
ふりまわされるのに迷惑だなんて思ったことなんて一度もない。
でも、今から起こることを、もし、知っていれば「彼」とこんなに
のんびりとゲームをしてはいない。
結論から言っておきましょうか?
____僕に出来ることを精一杯やったつもりだ____

 

 

_全ての始まり_
今日も、いつもと変わらない日だった。
「彼」と僕はゲームをし、長門さんはいつもの席でハードカバーを開いている。
朝比奈さんはお茶を入れ、涼宮さんはパソコンとにらめっこしている。
なにか考えているようだ。
ここは、「副団長」の「古泉一樹」として聞いておいた方が良さそうだ。
「涼宮さん、何を考えているのです?」
涼宮さんは途端に目を輝かせ
「よくぞ聞いてくれたわ!さっすが私の選んだ「副団長」ね!」
「お褒めにあずかり光栄です。」
「いつ気づいてくれるかと・・・まあ良いわ古泉君が気づいてくれた事だし!みんなこれを見て頂戴。」
そう言って涼宮さんがみせたのは・・・何かのサイトだろうか?
どうやら、二次創作が置いてあるサイトのようだ。
「ん?なになに?美少女が連れ去られた!この少女を
助けるには誰かが身代わりにならないといけない。
美少女は?仲間は?だってよ。」
彼が朗読してくれた。
「ひょえええ!こ、怖いですう!」
・・・美少女、ですか。
「そう、美少女!ここ重要ね!SOS団でいえばみくるちゃんかしら。
有希の捨てがたいんだけど。それはさておき、みくるちゃん!」
「はっはい・・!」
「というわけで、みくるちゃんさらわれなさい!」
「ひっひえ!?」
すぐさまここで「彼」が反応する。
「なにが、というわけだ!朝比奈さんが怖がっているだろ?
だったらお前がさらわれれば良い。」
・・・始まってしまった。
「なっ何よ・・・キョンはいつもみくるちゃんを庇って・・・もういい・・帰る。」
「な、おいハルヒ!」
涼宮さんは帰ってしまった。
また・・・ですか。でも僕は
「今回ばかりは、あなたも、朝比奈さんも悪くないとおもいます。」
「古泉・・・」
「私も」
「長門・・・」
全員同じ考えだ。そうだろう。なんったって、さらわれなさい!、ですもんね。
「とりあえず、今は___」
僕は最後まで喋ることができなかった。それは、
「閉鎖空間、ですか・・・」
テーブルの上に置いてある僕の携帯が鳴ったからだ。
嫌だからとはいえ、無視はできない。
「ちょっと失礼。・・はい、古泉です。ええ・・・はい・・いえ、今回ばかりは
彼女が・・・ええ。はい、了解しました。」
やはり驚いているな。森さん。悪いのは彼女だということに。
「すみません。アルバイトが入りましたので帰りますね。」
朝比奈さんがうつむいている。あなたは悪くないのに。
「__朝比奈さん。」
「はっはい!?」
僕は笑顔で言う。
「お茶、おいしかったですよ。また入れてくださいね。」
朝比奈さんは笑顔になり
「あ、ありがとうございます!ア、アルバイト頑張ってくださいね!」
「____はい」
僕は部室を出ようとする。が___
「_古泉!」
彼が僕を呼びとめる。なんでしょう?
「____死ぬなよ」
!・・・まさか彼が僕にこんな事を言うとは
「はい、心がけます。」
「・・・おう。」
僕は決して口には出さなかったというのに、
さすがは、彼、といいますか。
長門さんはとっくに分かってるみたいですね。
彼も気づいたのだろう、いや、気づいて「しまった」んだろう。
僕の__表情__で。
これでも自信があったんですけどね。
ポーカーフェイスには。
何の事を言ってるかですって?それは、

___これまでに無い規模の閉鎖空間が出来た事___に。


_閉鎖空間での怪我_
僕は急いで階段をを降り、走って靴箱へ向かう。
靴を履くのさえもどかしい。
僕は玄関から飛び出る。
そこにはいつもの黒いタクシーがある。
やはり中には__
「お待ちしておりました。」
「早く乗りなさい。一樹」
新川さんと森さんがいた。
「一樹」
森さんが僕の名を呼ぶ。
「はい。なんでしょう?」
「今回は彼女が悪いとはどういう事?」
やはりその事ですか。
僕はさきほど起きたばかりの事を話す。
「・・・なるほど。確かにそうね」
森さんも納得してくれたようだ。
と、車が止まる。
「着きました。」
ここは・・・彼を閉鎖空間に連れて言ったあの横断歩道だ。
「一樹、何をしているの。早く行くわよ」
「はい」
僕たちは横断歩道の真ん中へと移動する。
そして、力を使って閉鎖空間の中へと入る。

ドゴオオオオオオオ!

入るなり、凄い轟音が響く。
「これは・・・」
「一体何匹いるの・・・!」
凄い数の神人が建物を破壊している。
「・・・一樹」
「はい」
「私たちはは見ていることしか出来ない」
「・・はい」
「でも、何かあったらすぐ助けに行くことは出来るわ」
「・・はい」
「・・・だから、何かあったらすぐに私たちを呼びなさい」
「分かりました」
「さあ、行きなさい」
僕は赤く輝く球になる。
今日も僕は戦う。
世界のために、そして
__彼らのために

神人の元に行く。
まずは、腕を切り落とす。次は頭。最後に胴体。
・・ふぅ。まずは一匹終了。
僕が次の神人に取り掛かろうとした時、
「きゃあああ!」
悲鳴が聞こえる。これは・・・!宮沢さんの!
宮沢さんが神人に吹き飛ばされた・・・?
・・・くっ!
「宮沢さん!」
僕は考えるより体が動いていた。
僕は宮沢さんの体を包み込む。
そして、二人してビルへ突っ込む。

ドゴオオオオ!

「っ・・・・!」
やはり、痛い。背中や左腕が。
やばい・・・死ぬ・・・・?
「一樹君!一樹君!」
僕の名を呼ぶ宮沢さんの声が聞こえる。
足音が聞こえる。
「一樹!しっかりしなさい!」
この声は森さん、かな・・・
「・・・っ!・・・はあ・・」
「やばいわ・・・新川!」
「はっ!」
「機関の病院に搬送するわ・・・手配を!」
「了解」
「一樹・・死ぬんじゃないわよ・・」
・・・・そうだ・・・僕は死ねない・・・
彼にも言われたんだ。死ぬな、と。
だから・・僕は・・・死ねない・・・!
だが、思っている事とは裏腹に意識が遠のく・・・
「一樹君・・死んじゃやだよう・・・・!」
「一樹!?」
ごめんなさい・・・少しばかり眠らさせていただきます・・・

 

 


|