鶴屋「キョンくん!!キョンくん!!」
キョン「なんですか鶴屋さん??スモークチーズならあげませんよ」

鶴屋「違うにょろ!!実は私と付き合ってほしいにょろ」

キョン「どうしたんですか急に??」

鶴屋「だめにょろか??」

キョン「(鶴屋さん、そんな目で見られたらどんな男でもイチコロですよ)もちr
ガラガラ
朝比奈「鶴屋さんやっぱりさっきのドッキリの話はキョンくんがかわいそうです!!」 
キョン「どういうことですか鶴屋さん!!」

朝比奈「私はやめてって言ったんですけど鶴屋さんが‥‥グスン」

キョン「朝比奈さんは悪くないですよ‥‥鶴屋さんあなたという人を見損ないました!!朝比奈さん行きましょう」

鶴屋「まっt
朝比奈「キョンくんは私のものですから今度手をだしたら‥‥クス」

キョン「朝比奈さん早く行きましょう」

朝比奈「はい‥‥」
ガラガラピシャ

鶴屋「なんでこんなことになったのさ‥‥」


長門「・・・」
キョン「・・・」
みくる「・・・・・・・」
キョン「・・・・・・・・・・・・・・・・・?」
みくる「・・・・・」
キョン「・・・・・・・・・・・」
鶴屋「・・・・・・・・・・」
黒みくる「・・・・・・・・・・・・・・・」

鶴屋「どうしてこうなっちゃったのさ・・・」



キョン「朝比奈さん俺と付き合ってください!!」

朝比奈「キョンくん‥‥」

キョン「無理しなくてもいいんですよ??」

(いまにょろ)
ガラガラ
鶴屋「おやみっくる、キョンくんは嫌いじゃなかったのかなぁ??(これでキョンくんは私のものなのっさ!!)」

キョン「朝
朝比奈「キョンくんは私のこと信じてくれますよね‥‥グスン」

キョン「鶴屋さん冗談にしては笑えませんよ‥‥朝比奈さん俺は信じてますよ」

朝比奈「キョンくん‥‥」

キョン「鶴屋さん二度と俺たちに関わらないでください・・・・朝比奈さん行きましょう」 
朝比奈「まだまだ甘いですね☆」
ガラガラピシャ

鶴屋「あれ??」


???「だ~れだ?」

キョン「へ?え~と(こんな可愛いイタズラをするのは朝比奈さんに違いない、だがここは教室。学年が違うから鶴屋さんでもないはずだ。ならば、ハルヒはありえない。長門はもっとありえない。残ったのは、朝倉か阪中かどっちかだ)」 
???「分からない?」

キョン「もしかして朝倉か?」

岡部「残念だな!お前ももっと鍛えたほうがいいぞ!!ハンドボールとかな!」

キョン「あ、はあ」

岡部「じゃあ早速入部を【キョン】「いえ入りませんから」

岡部「・・・・・・・」ショボーン



長門「今日はカレー」

朝倉「カレーがいいの?わかったわいっぱい作ろうか?」

長門「うん、いっぱい食べるから」

朝倉「そう、ふふふ」

長門「カレーができたら出て行って」

朝倉「え?」

長門「彼と二人で食べたいからでてって」

朝倉「そう・・・・・・」ショボーン



朝比奈「鶴屋煙草買ってきて!」

鶴屋「いきなりなんなのっさ‥‥そもそもみ
朝比奈(鬼)「がたがたぬかすと殺しますよ☆」

鶴屋「!!!わかったにょろ‥‥」

10分後

鶴屋「みくる買ってきたよ‥」

朝比奈「悪いね~‥‥誰がエコー買ってこいって言った??」

鶴屋「ご・・ごめんなさい!!でもお金がなかったから‥‥」
ガラガラ
キョン「朝比奈さんいますか??って朝比奈さんその手に持っているのは‥‥た
朝比奈「キョンくーん!!いきなり鶴屋さんがこれを吸えって‥‥吸わなきゃ明日からいじめるって‥‥グスン」

キョン「鶴屋さんあなたが何をしてようが関係ありませんが朝比奈さんを巻き込むのはやめてください‥‥今のあなたは腐った林檎ですよ」

朝比奈「もう‥‥いいんです‥‥行きましょう‥」

キョン「わかりました‥‥行きましょう」

鶴屋「まっ
朝比奈「指定した奴を買ってこない罰ですよ☆」
ガラガラピシャ

鶴屋「みっくる‥‥指定なんてしていなかったじゃないのかい」



ハルヒ「サッカー大会に出るわよ!」

サントス「!俺の出番か!?」
キョン「メンバーが足りません」

古泉「ヘディングするとアルシンドになっちゃうよ」

サントス「俺の出番か!?」

ハルヒ「メンバーを発表するわ!FW、ヤナギザーワ、タカハーラ、オグーロ、タマーダ、、マキ!」

一同「オォッー!!!」

サントス「俺の出番か!?」

一同「うるせぇ」

サントス「(´・ω・`)」



ハルヒ「M-1に出るわよ!」
キョン「(゚д゚)」
キョン「すまん、何だって?」
ハルヒ「M-1よ!M-1!優勝賞金一千万に全国放送よ!SOS団の名を全国に知らしめるチャンスだわ!」

キョン「‥そうか、で、誰が出るんだ?」

ハルヒ「あたし達に決まってるでしょ!大丈夫!コンビ名ならもう決めてあるわ!」

キョン そういう問題じゃないだろ‥「‥どんなコンビ名だ?」

ハルヒ「ふふん、まずは‥あたしとキョンでハルキョン!大阪一次予選に参戦よ!」キョン「…」
ハルヒ「そんで古泉くんと有希!二人は南海ランディーズとして東海一次予選よ!」
みくる「あの~わたしは?」
ハルヒ「みくるちゃんはスポンサーと一晩寝れば司会になれるように交渉しといたわ!喜びなさい!」

サントス「俺の出番は!?」

一同「うるせぇ」



朝比奈「暇だ‥そうだ♪」

鶴屋「(なんかいやな予感が‥‥)みっくるわたし
朝比奈「ストレス発散に殴らせて♪」

鶴屋「‥‥もう好きにしていいにょろ‥‥」

朝比奈「ありがと!!じゃあ早速♪」

ボコ!!ドス!!

ガラガラ

キョン「朝比奈さんいますか‥‥って何やってるんですか??」

朝比奈「キョンく~ん‥‥じつは

キョン「また鶴屋さんが変な趣味を持ち出したんですか!?朝比奈さん‥‥殴る価値もありませんよ‥‥行きましょう」

朝比奈「解りました‥」

鶴屋「まっt
キョン「殴って欲しいんですか??目障りですよ」

ボコ!!

朝比奈「よかったですね♪」
ガラガラピシャ
鶴屋「ちょっと気持ちイイにょろ////」



鶴屋さん「え~と、3人だよね、じゃあ全部で500円でいいや、大サービス!」
キョン「・・・俺達三人で来てるのに3で割り切れない金額にするなんて、嫌がらせですか?」
鶴屋さん「えっ、いやそんなつもりじゃないにょろ・・・」
谷口「あー、もうどうでもよくなっちまった。他行こうぜ他」
国木田「鶴屋さんって見てくれはいいのにサラッと酷い事するよね」
スタスタスタ・・・

鶴屋「にょろーん・・・」



サントス「アナタはカミをシンジマスか?」
ハルヒ「あたしが神よ!」

サントス「アナタはカミをシンジマスか?」
キョン「結構です」

サントス「アナタはカミをシンジマスか?」
みくる「ふぇ!?ご、ごめんなさいです、、、」

サントス「アナタはカミをシンジマスか?」
古泉「興味はありますが、遠慮させていただきます(^_^)後が怖そうだ」

サントス「アナタはカミをシンジマスか?」
長門「絶対神など存在しえない。神は神を創れない」
サントス「うう…(T_T)もういやだ、、国へ帰ろう…」

この国の夜空は明るすぎる…眠れぬ夜、、揺らめくネオン…消えゆく希望‥‥。残された退路‥


サントス 夢 半 ば に て 無 念 の 帰 国



ハルヒ「平和ね」

キョン「そうだな」

鶴屋「にょろにょろ♪」

ハルヒ「キャッ! ちょっと、部室に蛇いるわよキョン!」

キョン「げ……どっから入ってきたんだ!? ハルヒほうきよこせ!」

鶴屋「キョン君や、なにするっさ!」

キョン「あ、なんだ鶴屋さんか……びっくりさせないでくださいよ!」

鶴屋「そうにょろよ?♪」

キョン「やっぱ蛇だこいつ! ハルヒほうき!」

バシバシ

鶴屋「にょろ~~~!!」



みくる「先生~、お凸がまぶしくて授業に集中できないです~」
先生「なに~、鶴屋ぁ!廊下に立ってろ!」
鶴屋「にょろ!?」
みくる「クスクス」



鶴屋「もうダメ………。あたしこれ以上いじめられたら、学校に来れないにょろ………」
古泉「じゃあ転校しろ」
鶴屋「にょろ!?」
ハルヒ「そうね、そうしたら?」
長門「消えろ」
鶴屋「にょろ………」

鶴屋「………あ、キ、キョ………」
キョン「だ、だめですよ朝比奈さん………。こんなところで………」
みくる「ふふっ、大丈夫ですよ。ほら、目を閉じて………」
キョン「ん………、朝比奈さん」
鶴屋「………」


そうしてあたしは転校することとなった
新しく生まれ変わるため
××県鹿骨市雛見沢村に………

ちゅるやのお凸がひかる頃に



どうか嘆かないで。
世界があなたを許さなくても、私はあなたを許します。

どうか嘆かないで。
あなたが世界を許さなくても、私はあなたを許します。

だから教えてください。
あなたはどうしたら、私を許してくれますか?

鶴屋





みくる「キメェ」
ハルヒ「キモいわね」



『ごめんなさいごめんなさいごめんなさい』

………誰かがずっと謝ってる気がしたっさ
女の人の声さ
さっきからめがっさしつこいにょろ………

『ごめんなさい』

謝られる方だって
これだけ謝っているのだから許してやればいいのに

『ごめんなさい』

どんな過ちだって許されないことはないはずさ
取り返せないミスなんてないから

『ごめんなさい』

取り返せないミスならば尚の事許してやるべきさ
今更謝ったってどうにもならないんだから
もういい加減許してやるにょろ………




鶴屋「………自分の寝言だったにょろ」



鶴屋さん「みくるっ、昨日はなんで学校休んだにょろか?」

みくる「すいません、私はみちるです」

鶴屋さん「え!?ああごめん、間違えたっさ。じゃあみちる、みくる知らないかい?」

みくる「知らないです、それじゃあ用事があるのでこれで」

鶴屋さん「あっ、じゃ、じゃあね。みくるどこ行ったんだろ?」

みくる(最近ウザくなってきたな、あいつ)



雛見沢転校初日―

鶴屋「あたしから入ってもいいかにょろ?」
ちえる「えぇ、どうぞ」
鶴屋(ここがあたしがこれから通う学校………。ここであたしは生まれ変わるにょろ!)
鶴屋「いざ!」
ガラガラ

沙都子トラップ発動!
ベジータ「ギャリック砲ーーー!!!」

鶴屋は星になった



古泉「そういえば最近あの人見ませんね」
キョン「あの人?」
古泉「ほら、一つ上の先輩で朝比奈さんのクラスメイトの………」
みくる「あ~、そんな人もいましたね」
ハルヒ「名前なんだっけ?」
古泉「え~っとですね………」
みくる「う~ん………」
ハルヒ「え~っと………」
キョン「あれ?なんだっけ?」
ハルヒ・キョン・みくる・古泉「う~ん………………」



長門「………凸?」
キョン「それだ」



鶴屋さん「あーおいしいにょろ~どうしてこのチーズはこんなに美味しいんだろうねっ(チラ)」

長門「・・・」

鶴屋さん「これほどのチーズは生まれて初めて食べるよっ。誰かにもこの味を楽しんでもらいにょろ(チラ)」

長門「・・・」

鶴屋さん「(中々振り向かないにょろ。でも有希っ子は食いしん坊だからすぐ根をあげるはずさっ)」

キョン「(ガチャ)おい長門、売店でチーズ入りソーセージパン買ってきたけど食うか?」

長門「食べる」

鶴屋さん「つ、鶴にゃんも!」



転校初日―

ちえる「では今から転校生を紹介します」

ざわざわ

ちえる「はーい、静かに!………じゃあ自己紹介して」
鶴屋「は、はい!(緊張するにょろ………)」
鶴屋「ぅん………、あ、あ~………」
鶴屋「き、昨日から雛見沢にきました。ち、ちゅるやです、よろしくお願いします!」
全員(噛んだ………)
鶴屋「ち、違うにょろ!前の学校でちゅるやって呼ばれてたさ!ホントにょろ!」
魅音「おじさん達まだ何も言ってないけどね」
沙都子「不様ですわ」
鶴屋「グスッ………違うもん………」



魅音「くけけ!ちょっとイジメ過ぎたみたいだね!あたしは魅音!よろしくね!」
レナ「レナだよ!よろしく!」
沙都子「沙都子ですわ!」
梨花「ボクは梨花といいますです」
圭一「Kだ!」

鶴屋(あ、みんないい人そうでよかったにょろ)

ドクロ「わーい!あの娘お凸広いね!桜くん!」
桜「ドクロちゃん!失礼でしょ!」

鶴屋(あ、変な子いるにょろ………)

悟空「オス!オラ悟空!いっちょやってみっか!」

鶴屋(なんか戦闘民族がいるにょろ………)

シンジ「逃げちゃダメだ!逃げちゃ(ry」


鶴屋(………来る学校間違えた?)



鶴屋さん「おっはよっ、みくる」

みくる「昨日、お茶変えてみたらみんな喜んでくれました」

喜緑さん「そうですか、よかった。やっぱいいお茶は高価ですよね」

みくる「そうそう」

鶴屋さん「みっくる~、おはよう」

みくる「今日もお弁当つくってきたので、一緒に食べませんか?」

喜緑さん「いいですよ」




鶴屋さん「…………みくる」



転校初日―

魅音「ヘイ!恒例の質問タイムだい!発言は挙手してからね!」
圭一「はいはーい!鶴屋さんの今日の下着の色は?」
レナ「氏ね!(メコッ)」
圭一「ぎゃああーー!!顔メコッていった!」
沙都子「私のにーにーを殴らないでくださいまし!」
圭一「沙都子………」
沙都子「にーにー………」
梨花「キメェw」

がやがや

鶴屋(うぅ………。急に不安になってきたにょろ………。今頃向こうではあたしの心配とかしてくれてるのかな………)




キョン「サイフどこ行った?」
古泉「転校しましたよ」
キョン「そうだったな」



キョン「暑いですね……すいませんけど、誰か飲み物買ってきてくれませんか?」
みくる「鶴屋さん行ってきてくださいよ」
鶴屋さん「あ、うん…。分かったよ」
長門「待って、私も手伝う…」
キョン「いいんだよ長門、一人で大丈夫ですよね?」
鶴屋さん「うん、大丈夫っさ。悪いね長門っち」
みくる「やっと涼しくなりますよ。おでこが眩しくてつらかった」
キョン「あははははは!!!」

長門「…………」



長門「大丈夫?」

鶴屋さん「うん、もう慣れてきたにょろ」

長門「……ごめんなさい」

鶴屋さん「な、なんで長門っちがあやまるのさっ」

長門「あなたの力になれなくて―――」

鶴屋さん「いいにょろよ。これは私の問題だから…」

喜緑さん「長門さん、何やってるの?帰りましょう」

長門「……じゃあ」

鶴屋さん「うん、バイバイッ……………うっ、グスッ」



鶴屋さん「あはは、やっとお昼だねっ」

みくる「………喜緑さん、学食いこ?」

喜緑さん「ええ、いいわよ」






鶴屋さん「お弁当いっしょに食べたいのにな…」



朝倉「キョンくん、携帯の番号とアドレス教えてよ」

キョン「嫌だね」

朝倉「な、なんで?」

キョン「おまえみたいなやつの名前を電話帳に入れたくないからだ」

朝倉「………」グスン

ハルヒ「朝倉、あたしでよかったら―――」

朝倉「えっ?こんなあたしでもいいの?」

ハルヒ「当たり前じゃない」

朝倉「ありがとう。涼宮さん」           
ハルヒ「よしよし(ちょろいな)」



教師「じゃあ、鶴屋。この問題解いてみろ」

鶴屋さん「え~と、politician?」
クラス一同『ぷっ、クスクス』

教師「ナメてんのか?昨日やっただろうが!じゃあ、朝比奈」

みくる「はい、politicalです」

教師「よし、正解だ」

みくる「フッ、脳の中もミミズなんですね」
クラス一同『あはははははは!!』

鶴屋さん「っ…………」



古泉「はははっ」

鶴屋さん「やめてよ、古泉君。それはだめ」

古泉「うるさいですよ、マッガーレ」

キョン・みくる「「すごっ!!」」

鶴屋さん「…ぅえ……ふぇん……ひどいよ…」

みくる「形見だかなんだか知らないけどこんなもん学校に持ってきてるのが悪いんじゃないですか?ふふふ」

鶴屋さん「…………」グスッ

長門「…大丈夫………はい」

鶴屋さん「えっ、これって…」

長門「再構成した」

鶴屋さん「なんだか分からないけど、…ありがとうっさ、長門っち」



鶴屋さん「私もSOS団に入るにょろ!」

ハルヒ「じゃあ、鶴屋さんは変な口調、照明、財布担当ね」

鶴屋さん「やっぱやめようかな……」



鶴屋さん「有希のこ~のこ元気のこ♪」

長門「……ネタが古い。これだから年増のおばさんは――――」

鶴屋さん「………」ショボーン

みくる「鶴屋さん、気にしないで!私も同い年だよ」

鶴屋さん「うぅ、みくるぅ~」



|