~その後~


 俺たちSOS団は、夏休みにもかかわらず部室に集まっていた。
 気が触れたのだろうか、谷口と国木田、さらには朝倉までが部室にいる。だが、俺を含めて誰もそれを咎めない。
 窓に目をやる。陽は、もうすぐ一番高いところに到達しようとしている。
 そこから放たれる光は、部室を際限なく熱している。汗が止まらない。
 黒板に視線を移すと、誰が書いたのだろうか、右端には八月十五日とわざわざ記してある。
 再び、俺は壁の時計を視界の中心に入れる。
 俺を含む全員が、壁掛けの丸い時計に注目している。
 細い針は、忙しなくカクカクと動き続けている。毎日ご苦労なこった。
 そして、三本の針が次第に距離を縮め……、静かに重なった。
 その瞬間、俺たちは同時に立ち上がり、一斉に目を瞑り、静かに黙祷を捧げた。
 窓から吹く風が俺たちを優しく撫でて、どこかへと去っていった。

 

  了


|