~朝比奈宅・夜~
 
prrrprrr ピッ
 
みくる「はい、あさひn」
 
鶴屋「みっくる~!!」
 
みくる「ひゃっ!つ、鶴屋さんですかぁ?」
 
鶴屋「そうさ!鶴屋ちゃんさ!」
 
みくる「聞こえてますから、あんまり大きな声出さないで下さいよぉ」
 
鶴屋「ん?そうだね、ごめんよ」
 
みくる「もう、驚いちゃいましたよ?」
 
鶴屋「あはは」
 
みくる「それで何のようですかぁ?」
 
鶴屋「可愛いみくるが暇してないかなぁ、と思ったんだよ」
 
みくる「ふふ、なんですかそれ?」
 
鶴屋「それとも男でも連れ込んでる最中だったかい?」
 
みくる「お、お、お、男の子なんていませんよぉ~!」
 
鶴屋「冗談だよ冗談!全くみくるはいいリアクションしてくれて助かるよ~」
 
みくる「ひどいですよぉ」
 
鶴屋「ところで何やってたんだい?」
 
みくる「いまさっきお風呂からあがったんで、髪を梳かしているとこですよ」
 
鶴屋「おや、奇遇だね?あたしもさ」
 
みくる「そうだったんですかぁ」
 
鶴屋「もしかしてみくるは、もうおねむの時間だったりするのかな?」
 
みくる「まだ大丈夫ですよ」
 
鶴屋「ならいいっさ!たまには長電話でもしようよ!」
 
みくる「いいですよぉ」
 
鶴屋「じゃあ何話そっか?」
 
みくる「う~ん、毎日会ってると話題も減ってきちゃいますね」
 
鶴屋「……そうか。みくるはあたしとなんて話すことなんてないんだね」
 
みくる「な、なんでそうなるんですかぁ」
 
鶴屋「まぁいいや。あたし今TV見てるんだけどさ」
 
みくる「TVですかぁ?」
 
鶴屋「そっ。○チャン点けて?」
 
みくる「○チャンですかぁ?」
 
鶴屋「うん」
 
みくる「点けましたよ……って、もう鶴屋さん!!」
 
鶴屋「ん~?何々?何やってたの~?」
 
みくる「お、男の人と女の人がその……」
 
鶴屋「その?」
 
みくる「……鶴屋さん、い、言えませんよぉ~」
 
鶴屋「えー。でもいいや。今みくるがどんな顔をしてるか、想像できるし」
 
みくる「もう」
 
鶴屋「実はまだ見てたりして」
 
みくる「もう消しました!」
 
鶴屋「あはは」
 
みくる「あっ、鶴屋さんは今日の数学の宿題終りましたか?」
 
鶴屋「そんなのとっくに学校で済ませてるよ!」
 
みくる「そうだったんですかぁ、早いですねぇ」
 
鶴屋「だって簡単だったし」
 
みくる「そ、そうでしたっけ」
 
鶴屋「さてはみくる……全然終ってないなぁ?」
 
みくる「ぎくっ」
 
鶴屋「擬音でごまかさな~い」
 
みくる「だ、だって~」
 
鶴屋「あはは、明日の朝学校で教えたげるよ」
 
みくる「いいんですかぁ?」
 
鶴屋「それが目的で聞いたんだろ?」
 
みくる「え、えへへへ」
 
鶴屋「やれやれ」
 
みくる「あっ、それってキョンくんの真似ですかぁ?」
 
鶴屋「おっ!よくわかったね!ちゃんとポーズも真似てるよ」
 
みくる「ふふふ」
 
鶴屋「!あ、ゴメン。キャッチが入ったから少し待っててよ」
 
みくる「はぁい、わかりました」
 
みくる(誰だろ?ご両親かな?)
 
みくる(今のうちにホットミルクをレンジで暖めておこっと)
 
みくる「……」
 
みくる「……」ズズ
 
みくる(あったか~い)ズズ
 
鶴屋「待たせたっさ!」
 
みくる「いぃえ」
 
鶴屋「今日の夕飯はなんだったの?」
 
みくる「今日はお豆腐のサラダを作りましたよ」
 
鶴屋「随分ヘルシーだね。そんだけ?」
 
みくる「はい。鶴屋さんはなんだっだんですかぁ?」
 
鶴屋「今夜は家にあたしだけでね、メンドイからカップ麺さ」
 
みくる「体に良くないですよ?」
 
鶴屋「たまにだからね、心配無用っさ!」
 
みくる「鶴屋さんってお料理したりするんですかぁ?」
 
鶴屋「得意だよ!って胸張れるわけじゃないけど、人並みには出来るかな~?」
 
みくる「そうですかぁ。何が得意なんですか?」
 
鶴屋「肉じゃがだよ」
 
みくる「へぇ~」
 
鶴屋「ちゃんと食べれるもの作れるから問題ないはずだよ」
 
みくる「じゃあ、今度二人で何かお料理しませんか?」
 
鶴屋「いいね!どうせならクラスの子たちも呼んで、ホームパーティーみたいにしようよ?」
 
みくる「いいですね、賛成です」
 
鶴屋「場所はみくるんちでもいいかい?」
 
みくる「わたしの家はちょっと~」
 
鶴屋「そっか……みくるは片付けられない女だったんだね……」
 
みくる「違います!」
 
鶴屋「冗談だよ~みくる~。場所はまたみんなで決めよっか?」
 
みくる「分かりましたぁ」
 
みくる「今日の体育の鶴屋さん、カッコよかったですねぇ」
 
鶴屋「あぁ、バスケかい?」
 
みくる「はい。ドリブルしてみんなをこう、ズバババッッと抜いて」
 
鶴屋「あっはっはっはっは!なんだいその効果音!」
 
みくる「えぇ~変ですかぁ?」
 
鶴屋「いんや、面白い」
 
みくる「変ってことじゃないですかぁ」
 
鶴屋「もっとこう、スッとかさ、サッとかさ」
 
みくる「う~ん」
 
鶴屋「まっ、可愛かったからいいや」
 
みくる「またそうやってからかうんですからぁ」
 
鶴屋「あははは」
 
みくる「あっ、こないだ鶴屋さんから借りた本とっても面白かったですよぉ」
 
???「……」
 
みくる「鶴屋さん?」
 
???「……」
 
みくる「あれ?どうしたんですか?」
 
???「……」
 
みくる「寝ちゃったのかなぁ」
 
???「……」
 
みくる「寝てるんだったら切りますよぉ~?」
 
???「……」
 
みくる「……寝ちゃったんですね」
 
鶴屋「なにを一人でしゃべってんの?」
 
みくる「ふわっ!起きてたんですかぁ!」
 
鶴屋「ちょっと飲み物取り入ってたんっさ」
 
みくる「もう!一言言ってくださいよぉ」
 
鶴屋「言ってなかったけ?」
 
みくる「言ってません」
 
鶴屋「そうだっけ?ゴメンゴメン」
 
みくる「まったくもぉ~」
 
鶴屋「そうそう、こないだの学校帰りに、みくるが見つけたワンピースがあったろ?」
 
みくる「あぁ、あの薄い青色のですかぁ?」
 
鶴屋「そっさ。あれが今日三十パーオフで売ってたよ」
 
みくる「ほんとですか~!早速明日行ってみますね」
 
鶴屋「そうするといいよ」
 
みくる「鶴屋さんも一緒にどうですかぁ?」
 
鶴屋「行くよ!ちょっと可愛いなぁ、と思った帽子も値引きされてたっさ!」
 
みくる「じゃあ明日の部活の後に行きましょうよ~」
 
鶴屋「そうだね。なら明日の部活にお邪魔させてもらうよ!」
 
みくる「あっ!買い物といえば。鶴屋さん?」
 
鶴屋「なんだい?」
 
みくる「この間言ってた本は見つかったんですか?」
 
鶴屋「うん、ネットで注文したよ」
 
みくる「あったんですか。良かったですねぇ」
 
鶴屋「う~ん、良かったんだけど、どうせなら自分の足で探したかったね」
 
みくる「そうなんですか?」
 
鶴屋「そうっさ!いまどきネットなら何でも手に入るだろ?それをわざわざ自分で探し回るのって楽しくない?」
 
みくる「あぁ、それは少し分かりますぅ」
 
鶴屋「あの、欲しいものを見つけたときの、やった!、っていう嬉しさったらないよね!」
 
みくる「そうですよねぇ。そういえば古泉君も言ってました」
 
鶴屋「何をだい?」
 
みくる「古泉君って洋楽が趣味みたいで、休みの日に小さい中古のお店とか、周るの好きみたいなんですよぉ」
 
鶴屋「うんうん」
 
みくる「そういうお店には掘り出し物があるみたいで、ついつい嬉しくてたくさん買っちゃうって」
 
鶴屋「へぇ~。たくさんってどれくらいだろ?」
 
みくる「えっと~、毎月新古合わせて、二十枚前後は買ってるって言ってたかなぁ?」
 
鶴屋「……古泉君もとんだ好きモノなんだね」
 
みくる「わたしも驚きましたよぉ」
 
鶴屋「それは驚きだよねぇ。あたしでもすこし引いちゃうし」
 
みくる「ふふ。でも音楽の話をしてるときの古泉君って、目がキラキラしてるんですよぉ?」
 
鶴屋「あはは」
 
みくる「それでこの間、古泉君からCDを借りたんですけど、わたしでも聞きやすくって好きになっちゃいましたぁ」
 
鶴屋「古泉君を?」
 
みくる「ち、違いますよぉ~音楽です!」
 
鶴屋「あはははは、それでなんてやつ?パソコンで調べてみるよ」
 
みくる「はい、えっと……Fountai○s Of WayneとTah○ti 80です」
 
鶴屋「困った。電話だとスペルが分かんないっさ」
 
みくる「カタカナでもいいんじゃないんですかぁ?」
 
鶴屋「でかした!みくる!」
 
みくる「出来ました?」
 
鶴屋「ちょい待ち!……ふぁうんていんず、っと。出たよみくる」
 
みくる「はぁい」
 
鶴屋「なんて曲?」
 
みくる「わたしの好きなのは、Survi○al Car、っていう曲です」
 
鶴屋「サバイバルだね?」
 
みくる「はい」
 
鶴屋「あったあった、ポチッとな♪」
 
みくる「わたしもかけよぉ」ピッ
 
鶴屋「~~♪」
 
みくる「~~♪」
 
鶴屋「なっるほどねぇ♪古泉君がオススメなのも分かるよ!あたしでも好きっさ」
 
みくる「いいですよねぇ♪古泉君が好きになる気持ちも分かりますよぉ」
 
鶴屋「毎月二桁買うのは異常だけどね」
 
みくる「ふふふ」
 
鶴屋「そうだ!みくるは来週の土日どっちか空いてるかい?」
 
みくる「団活がなければ」
 
鶴屋「じゃあさ、見たい映画がやるんだよ。見に行かない?」
 
みくる「映画ですかぁ?」
 
鶴屋「そうだよ!コメディ映画なんだけど、キャストがあたしのツボなんだよ」
 
みくる「分かりました、いいですよぉ」
 
鶴屋「んじゃ、決まりっさ~」
 
鶴屋「みくるは最近悩み事とかないのかい?」
 
みくる「悩み事ですかぁ?」
 
鶴屋「そう!電話だから言えることとかって、あるんじゃないかな?」
 
みくる「う~んと、え~と……」
 
鶴屋「……みくるは悩みなんかないんだねぇ。うらやましいっさ」
 
みくる「な、悩み事くらいありますよ、ただ……」
 
鶴屋「?」
 
みくる「どうしても人には言えない悩みだって……ありますから」
 
鶴屋「あたしでも?」
 
みくる「ごめんなさい」
 
鶴屋「みくるが謝ることじゃないっさ。立ち入ったこと聞いてごめんよ?」
 
みくる「いぃえ、鶴屋さんが悪いわけじゃないですから」
 
鶴屋「しんみり話は置いといて次いくよ!次!」
 
みくる「ふふふ。はい」
 
鶴屋「それなら……最近一番嬉しかったことって何かな?」
 
みくる「嬉しかったことですかぁ?」
 
鶴屋「そう!楽しかった、じゃないよ?嬉しかった限定さ」
 
みくる「それって違うんですかぁ?」
 
鶴屋「違う違う!さぁ思い出すんだみくる!」
 
みくる「もう鶴屋さん、声大きいですってばぁ」
 
鶴屋「おっと、これは失敬」
 
みくる「嬉しかったことかぁ」
 
鶴屋「何かあるかい?」
 
みくる「あっ、ありました」
 
鶴屋「なんだい?」
 
みくる「今さっき体重計乗ったら五百グラム落ちてました♪」
 
鶴屋「何!?それは嬉しいね」
 
みくる「そうなんです!最近お菓子を我慢してたかいがありました♪」
 
鶴屋「それは良かったね、みくる!でも欲しかった答えではないんだよねぇ~」
 
みくる「でも、でも、最近一番嬉しかったことってこれくらいですよ~?」
 
鶴屋「……とりあえず、みくるが寂しい日々を送ってるのは、よーく分かったよ」
 
みくる「えぇ~!ひどいですよぉ」
 
鶴屋「あはは」
 
みくる「もぉ~、じゃあ鶴屋さんはなにかあったんですかぁ?」
 
鶴屋「ふふふ」
 
みくる「?」
 
鶴屋「みっくるぅ、聞いて驚くんだよぉ?」
 
みくる「え?なんですか?」
 
鶴屋「絶対、ぜぇぇぇったい驚くよ!?」
 
みくる「そんなにもったいぶらないでくださいよぉ」
 
鶴屋「では、発表します」
 
みくる「はい」
 
鶴屋「なんと」
 
みくる「……」ゴク
 
鶴屋「あたしに彼氏が出来ましたぁ~!ぶいっ!」
 
みくる「……。ええぇぇぇぇっ!」
 
鶴屋「どうだい?めがっさ驚いただろ?」
 
みくる「お、お、お、驚きましたよぉ~」
 
鶴屋「しかも相手はなんと……」
 
みくる「ふぇ?わたしの知ってる人なんですかぁ?」
 
鶴屋「ふふふ、古泉くんっさ!」
 
みくる「!びっくりですよぉ~」
 
鶴屋「くくく」
 
みくる「だって、だって、さっきの話でもそんな感じしてなかったですよぉ?」
 
鶴屋「えへへ、こないだあたしが、土曜の団活に遊びに行っただろぅ?」
 
みくる「はい」
 
鶴屋「あの帰り道で、古泉君に呼び止められてね」
 
みくる「ふわぁ~、そうだったんですかぁ」
 
鶴屋「そうだったんですよぉ~」
 
みくる「へぇ~、お二人が、へぇ~」
 
鶴屋「……く」
 
みくる「もう、デートとかしたんですかぁ?」
 
鶴屋「……くく」
 
みくる「鶴屋さん?」
 
鶴屋「……くくく、あははははは」
 
みくる「え?え?え?」
 
鶴屋「もうダメ!もうダメにょろ!あっはっはっはっはっはっは!」
 
みくる「つ、鶴屋さん?」
 
鶴屋「あっはっはっは!ふふふふふ、め、めがっさお腹痛いよ、あっはっはっはっは!」
 
みくる「と、突然どうしたんですかぁ~?」
 
鶴屋「ウソ、ウソだよみくる?あっはっはっはっはっは!ぜ~んぶウーソー」
 
みくる「……」
 
鶴屋「ひぃーひぃー、笑いすぎて苦しいよ~」
 
みくる「ひどいですよ!鶴屋さん!」
 
鶴屋「ふぅーふぅー、ご、ごめんよ。みくるの反応があまりに可愛くって。あっはっはっはっは!」
 
みくる「もぉ、鶴屋さんなんて知りません!」
 
鶴屋「え?知らないの?初めまして、鶴屋といいます」
 
みくる「違いますよぉ」
 
鶴屋「あっはっはっはっは!分かってるってば」
 
みくる「この間ちょうど古泉君が、彼女がいる、って言ってたから信じちゃいましたよ」
 
鶴屋「お!それは初耳だね」
 
みくる「キョンくんも知らないみたいでした」
 
鶴屋「でも古泉君はモテそうだし、いても不思議じゃないよね~」
 
みくる「そうですねぇ~」
 
鶴屋「そういえば最近のSOS団はどうだい?」
 
みくる「う~ん、少しぎこちなさがありますけど、良好ですよ」
 
鶴屋「ぎこちなさ?あぁ、ハルにゃんとキョンくんか」
 
みくる「えぇ」
 
鶴屋「まさかキョンくんが彼女を、しかも他校のコだろ?」
 
みくる「そうなんでよぉ。驚きましたぁ」
 
鶴屋「キョンくんも罪作りな男だね~。ハルにゃんの気持ちだって知ってただろうに」
 
みくる「……」
 
鶴屋「ん?どうしたの?」
 
みくる「実は……キョンくん、その、全く気付いてなかったみたいなんですよ」
 
鶴屋「ほ、ほんとかい!?」
 
みくる「はい」
 
鶴屋「鈍感だとは思ってたけどねぇ~」
 
みくる「そうですよねぇ。少しは意識してるんだと思いました」
 
鶴屋「まぁ、ハルにゃんがいっつもツンツンしすぎなせいもあるんだけどね」
 
みくる「素直になるのは難しいですから……」
 
鶴屋「確かにね」
 
みくる「はい」
 
鶴屋「とはいえ」
 
みくる「?」
 
鶴屋「どうやらキョンくんにはなにかしらの制裁が必要だね」
 
みくる「だ、ダメですよぉ~鶴屋さん」
 
鶴屋「だってハルにゃんが可哀そうじゃんかぁ」
 
みくる「それはそうですけどぉ……」
 
鶴屋「で、当のハルにゃんは?」
 
みくる「涼宮さんは……スゴイです」
 
鶴屋「スゴイ?」
 
みくる「なんていうか、その、心が強いんだなぁって。わたしなら顔を合わすのだって辛いですから」
 
鶴屋「そうだね。ハルにゃんはえらいなぁ」
 
みくる「えぇ」
 
鶴屋「そうにょろ!今度傷心のハルにゃん連れてどっか遊び行こうよ!」
 
みくる「傷心はひどいですよぉ」
 
鶴屋「失言失言。で、どうかなぁ?長門ちゃんも連れてさ?」
 
みくる「いいですね。きっと二人とも喜んでくれますよぉ」
 
鶴屋「今度四人で集まって行き先決めるっさ!」
 
みくる「わかりました」
 
鶴屋「長門ちゃんといえば、最近ハルにゃんとべったりだよねぇ~。なんかあったの?」
 
みくる「どっちかっていうと、涼宮さんが長門さんと一緒にいたがってる感じですよぉ」
 
鶴屋「ふ~ん……はっ!ま、まさかハルにゃん」
 
みくる「?」
 
鶴屋「……失恋のショックで、同性愛に目覚めたんじゃ……長門ちゃんがおとなしいのをいいことに」
 
みくる「鶴屋さん!悪ふざけが過ぎますよぉ!」
 
鶴屋「怒んないでよ、みくる。冗談だって冗談」
 
みくる「まったくぅ」
 
鶴屋「もしかしたら長門ちゃんがいるから、ハルにゃんも立ち直れたのかもね」
 
みくる「かもしれないですねぇ」
 
鶴屋「でもあの無口な長門ちゃんと活発なハルにゃんだろ?どんな会話すんだろね?」
 
みくる「さぁ、部室では普段どおり長門さんは無口ですよぉ?」
 
鶴屋「きっとハルにゃんはああ見えて寂しがりやなんだよ」
 
みくる「涼宮さんがですか?」
 
鶴屋「そうだよきっと。勘だけどね」
 
みくる「勘……」
 
鶴屋「で、長門ちゃんと二人のときは、誰も見たことのない弱いハルにゃんが現れると見たね」
 
みくる「弱い部分ですかぁ?」
 
鶴屋「多分ね?」
 
鶴屋「もしあたしが失恋したり、なんか辛いことがあったら、みくるは慰めてくれるかい?」
 
みくる「当たり前じゃないですかぁ」
 
鶴屋「ありがとっさ!」
 
みくる「もしかして近々そんな予定があるんですかぁ?」
 
鶴屋「ないない。でも人生何があるからわっかんないかんねぇ」
 
みくる「そうですねぇ」
 
鶴屋「それこそ年中告白されてるみくるは余計に、ね?」
 
みくる「う~ん……」
 
鶴屋「みくるは彼氏作んないのかい?」
 
みくる「今はちょっと……」
 
鶴屋「なんで?」
 
みくる「……こっちではそういうのは出来ないんです」
 
鶴屋「こっち?あっそうか、みくるはこの辺の人じゃなかったね」
 
みくる「……はい」
 
鶴屋「ま、まさか、地元に将来を約束している人がいるんじゃないんだろうね?」
 
みくる「う~ん、そういうことにしておきます」
 
鶴屋「あたしに隠し事とはいい度胸っさね」
 
みくる「そ、そんな大げさなものじゃないですよぉ~」
 
鶴屋「わかってるってぇ~」
 
みくる「そういう鶴屋さんは彼氏はいらないんですかぁ?」
 
鶴屋「欲しいっちゃ欲しいけど、みくるたちと遊んでる方が楽しいからべっつにいいかなぁ?」
 
みくる「ふふふ、鶴屋さんらしぃ」
 
鶴屋「そうかい?みくるほどじゃないけど、これでもあたしも少しはモテるんだよ~?」
 
みくる「知ってますよぉ」
 
鶴屋「ふ~ん……自分がモテるっていうのは否定しないんだね?」
 
みくる「そ、そういうわけじゃないですよぉ」
 
鶴屋「まっ、別にいいんだけどね~」
 
みくる「つ、鶴屋さ~ん」
 
鶴屋「ん~?」
 
みくる「鶴屋さんは魅力的な女の子だって意味ですからねぇ?」
 
鶴屋「あんがとね、みくる」
 
みくる「いぃえ」
 
鶴屋「はぁ~、もう一時半だよ」
 
みくる「えぇ~、じゃあもう二時間くらい話してたんですかぁ?」
 
鶴屋「時間がたつのは早いっさ」
 
みくる「そうですねぇ」
 
鶴屋「……」
 
みくる「鶴屋さん?」
 
鶴屋「……ミッミッミラクル♪」
 
みくる「!!!」
 
鶴屋「みっくるんるん♪」
 
みくる「や、やめてくださいよぉ~~!」
 
鶴屋「あははははは!この歌作ったハルにゃんは天才だよ」
 
みくる「せっかく忘れてたのにぃ~」
 
鶴屋「突然思い出したっさ~。みっくるんるん♪」
 
みくる「もう電話切ります!」
 
鶴屋「ご、ごめんよみくる。あぁ~お腹痛い」クスクス
 
みくる「今日の鶴屋さんちょっといじわるですよぉ」
 
鶴屋「そうかい?」
 
みくる「そうですよぉ」
 
鶴屋「それじゃあそろそろ寝よっか?」
 
みくる「そうですねぇ。これじゃ明日遅刻しちゃいますからね」
 
鶴屋「だね。そんじゃみくる、また明日ね。オヤスミにょろ~」
 
みくる「はぁい、おやすみなさぁい」
 
ピッ
 
 
~Fin~
 
 
 


|