「はぁ…」

こんにちは、朝比奈みくるです。

最近めっきり寒くなって来たのでSOS団の部室にも暖房が設置されました。

「みくる!今日も部活かいっ?」

あ、鶴屋さん。

「寒くなってきたから風邪を引かないように気をつけるんだよ!んじゃあね!」
「はい、また明日」

鶴屋さん、マフラー付けてて暖かそうでした。
部室は暖かいとはいえ、外は寒いですし、そろそろ手袋とマフラーが欲しいなぁ。

といっても既に手元にはあるんですが、別の色のも少しだけ興味がありますし。

「うん、編んでみようかな」

手編みのマフラー。
久しぶりにやってみたかったんです。
あ、前にやったのがいつかは禁則事項ですよ?

そうと決まれば早速部室で編もうっと。

「こんにちはぁ」
「………」

長門さんだけですか。
相変わらず早いですね。

よし、メイド服に着替えて、長門さんにお茶を淹れて、と。

「はい、どうぞ」
「…ありがとう」
「あれ?暖房付けてなかったんですか?」

寒かったらいつでも付けて良いんですよ?

「…私には寒いという概念がない。体温管理は自在にできる」
「そうなんですかぁ…」

そう言ったきり、長門さんは黙々と本を読み続ける。
…私もマフラーを編み始めることにしましょう。

毛糸どこにやったかなぁ…あ、あった。
色は…水色にしてみよっと。

暖房を付けてその前に椅子を置いて、静かに編み始める。ひたすらな単純作業なんですが、楽しいんですよね、こういうのって。

「…と、かけまちがえちゃった」

どうやって直すんでしたっけ…
少しずつ戻して…あ、ほどけちゃった。
うーん、やり直しですね。

「………」
「あれ?どうかしましたか長門さん」

本から顔をあげてじっ…とこっちを見てます。
私の顔に何か付いてるんでしょうか…

「…それは何?」
「へ?」

長門さんがほどけて一本に戻ってしまった糸に指をさしている。

「えと…毛糸ですけど」
「…そうでは無い、毛糸を使ってあなたは何を作ろうとしていたかを聞いた」
「あぁ、マフラーを編んでたんです」

ほら、と言って私が既に持っていた真っ白なマフラーを取り出す。
「…マフラー」

…マフラー知りませんか?

「…知らない」
「えと、こうやって使うんですよ」

自分の首に巻いてみせる。

「…何故?」
「何故って…首が冷たい時とかに暖める為にですよ」
「…そう」

そのまま本の続きに入ろうとしたようですが、チラチラ白いマフラーを見てますね。

「長門さんも巻いてみますか?」
「…いいの?」
「いいですよ。はい」

ち、ちょっと、振り回して遊ばないでください!

「じっとしてくださいよ。こうやって付けるんです…うん、できました」
「…フカフカ」

「暖かいでしょう?」
「…私には暖かいという概念が無い」

…そうですか。

「…ただ、私という個体は落ち着く、と感じている」
「ふふっ、良かったらそれ、あげますよ」
「…ありがとう」

無表情のままですけど、気に入ってくれてるのかなぁ?

「…フカフカ」

…でも、少なくとも嬉しそうです。

おわり

|