「私には正しさが必要なのよ」


 朝倉涼子は、たびたびその言葉を口にしていた。

 

 「それはあやふやであり、感情的であり、我々には不要なもの」

 

 そのたびに長門有希はそう返答した。朝倉は長門の顔を恨めしそうに見つめたあとで

 

 「長門さんには分からないことなのよ」

 

 そう、恨み言のように呟く。
 それは彼女たちの間で幾度となく繰り返された、儀式のようなやりとりだった。
 その短いやり取りを繰り返すことが、二人が二人であることを忘れずに有り続けるために
 絶対に欠かしてはならない、おまじないのようなものだったのだ。

 朝倉涼子は、毎日決まった時間に買い物に行き、毎日決まった時間に台所に立ち
 毎日決まった時間に、長門有希を食卓に呼んだ。
 それは世界が二人を必要とした

 

 「私にはこれが必要なことなのよ」

 

 長門には朝倉の言う『必要』であるということが、どういったものなのか、長い間理解することが出来なかった。

 

 「そうね、あなたには必要のないものかもしれないわね」
 「何故?」
 「あなたと私には、与えられたものが違うからよ」

 

 はるか情報統合思念体が長門に与えなかった何かを、朝倉涼子は所持している。

 

 「そうよ。だから私は、こんな無駄なことをしてしまうの」
 「あなたはそれを必要なことだと言ったはず」
 「でも、それはあなたにとっては無駄なことなのでしょう?」
 「無駄であるとも、必要であるとも言っていない」
 「そうね」

 

 長門は用事もなく部屋を出ることはなかった。閉ざされた部屋の中で、長門はただ時間が過ぎるのを眺めていた。
 朝倉は決まった時間に食事の用意をし、時間が来ると、自分の部屋へと戻って行った。

 

 

 


 二人はただただ、その決まりきった日常を繰り返し続けた。
 あるいは、それが二人にとって、朝倉の示すところの『正しさ』だったのかもしれない。

 

 

 

 


     ◆

 

 

 

 


 「あの扉の向こうには、きっと、長門さんにとっての正しさがあるのね」

 

 

 朝倉は時折、閉ざされたままの引き戸に視線を送り、そんな事を呟くことがあった。
 長門は、その扉の向こうに誰が居るのかを知っている。
 朝倉涼子がこの世に生まれるより前。長門の住むこの部屋をたずねてきた少年と少女が
 止まった時間の塊とともに、眠り続けているのだ。

 

 「私が彼らを起こしたら」

 

 朝倉は言った。

 

 「長門さんは怒るかしら?」
 「望ましいことではない。それに、あなたでは不可能」
 「そうね」

 

 朝倉は無感情の現れであるかのような、冷め切った声色で、呟いた。

 

 「私は劣っているもの。長門さんよりもずっと」

 

 劣る。それが単純な機能面においてのみの意味合いでないことが、長門にはなんとなくわかった。

 

 

 

 朝倉涼子は、長門にはかけているものを持っている。
 それだというのに、朝倉涼子は長門よりも劣る存在である。
 それが長門にとっては不思議なことだった。

 

 

 

 


     ◆

 

 

 

 

 

 朝倉は『正しさ』を手にできるはずがなかったのだ。と、長門は思った。
 それを感じたのがいつであったかは分からない。長門にとって、時間とは、そこにあるようでないものなのだ。
 長門と朝倉は、この世界が犯してしまったのかもしれない『過ち』に干渉するために生まれた。
 二人が『正しさ』にたどり着く事があるとしたら、それは同時に
 二人の存在が、一切の価値を失うということなのだ。

 

 「長門さん。私、たまに思うのよ。世界にとっての過ちとは、私たちのほうなのかもしれないわ」
 「理解できない」
 「だって、世界は私たちのものじゃあないもの」

 

 時々、朝倉は涙を流した。
 朝倉や長門こそが、この世の過ち。
 それが正しいのか、間違いなのか。長門には分からなかった。

 

 

 

 


     ◆

 

 

 

 

 

 「長門さん、私をしっかりと見ていてね」

 

 朝倉涼子が長門有希によって、情報連結を解除される前の晩。朝倉は長門にそう告げた。

 

 「私はもう、私ではなくなってしまったの。いうなれば、私はあなたと同じになってしまったの。 私は正しさを求めることさえ出来なくなってしまったわ」

 

 朝倉は涙を流すことはなかった。
 けれど、朝倉が言葉を放つたび、声を上げるたびに
 長門は朝倉の全身から滲み出てくる『過ち』を感じていた。
 それは長門には与えられず、かつて朝倉が持っていたもの。

 

 「長門さん。あなたが私のことを、好きだと思ってくれた事が、一度でもあってくれたのなら、きっと私はとても喜んだと思うわ」
 「そう」

 

 

 

 

 翌日の夕暮れ、朝倉は長門の手によって、情報連結を解除された。

 

 「キョン君のこと好きなんでしょ? 分かってるって」

 

 今わの際に、朝倉は長門にそう告げた。
 そうかもしれない。
 長門は、それを否定するだけの材料も持っていなかった。
 長門はその夜、朝倉と出会ってから初めての、夕食を摂らずに過ごす夜を迎えた。

 

 

 

 

 


     ◆

 

 

 

 


 「何を歌ってるんだ?」
 「古い歌」
 「それは分かるさ」
 「貴方も歌って」
 「少ししか歌詞を知らん」
 「一言だけが分かればいい。あとは、私が歌うから」

 

 

 

 


     ◆

 

 

 

 


 もしも朝倉涼子が、長門有希とまったく同じものしか所持していなかったとしたら。
 朝倉は、長門の前から消えずに済んだのだろうか

 

 

 「それは意味がないわよ」

 

 長門の中で、朝倉が笑う。

 

 「そんな私じゃあ、長門さんと一緒にいたいと思わなかったもの」

 

 長門は朝倉とともにありながら、朝倉が食事を用意してはくれない日常を思い浮かべてみた
 しかし、長門の胸に芽生えたその不思議な空白が、一体何であるのか。長門には分からなかった。
 長門には欠けているものが多すぎたのだ。

 

 

 

 


     ◆

 

 

 

 


 「夢がある」
 「どんな夢だ?」
 「涙を流してみたい」
 「そうすると、どうなるんだ?」
 「私にも、理解できるかもしれない」
 「何をだ?」
 「彼女が私とともに居てくれた理由を。」
 「そうか」

 

 

 

 

 


     ◆

 

 

 

 


 長門には求めるものがあった。
 それが一体何なのか、長門には分からなかった。
 けれど、だからこそ長門は

 

 

 

 


     ◆

 

 

 

 


 「あなたは私に、好きといわれたい?」
 「当たり前よ」

 


 朝倉は言った。

 

 「私は長門さんが好きなの。必要としてるの」
 「私が存在しない場合、あなたが存在する意味はない」
 「そうね」

 

 朝倉はすこしさびしそうに眉を顰め

 

 「たったそれだけのことなのかもね」

 

 そういって、笑ったあとで、長門に触れられながら、わずかに涙を流した。

 

 「あなたに会えてよかったわ」
 「それは、あなたが存在する理由以上の理由で?」
 「わからないわ。でも、うれしいの」

 

 朝倉は笑った。
 長門には、朝倉涼子が、過ちで生まれたものであるようには、どうしても思えなかった。

 

 

 

 


     ◆

 

 

 

 

 

 長門はこれから先、自分が引き起こすであろう過ちのことを思った。
 それは果たして、過ちなのだろうか。

 

 「私には、正しさが必要なのよ」

 

 長門は正しさを求めているのだろうか。

 

  

 

 


     ◆

 

 

 

 



 「長門さん、好きよ」
 「あなたに会えて、よかった」

 

 

 

 

 

 

 


|