問題になりそうなネタもありますが、そこはスルーしていただけると嬉しいです。
 

キョン(俺の番か…)ドキドキ
 
キョン「えー…はじめまして。好きなことはSS書くことです。好きなジャンルは喜緑×会長です。よろしくお願いしまーす。」 

「「パチパチパチ」」
 
キョン(ふぅ…緊張したな…) 

ハルヒ「東中出身涼宮ハルヒ。ただの住人には興味ありません」
ハルヒ「このなかに作品叩き厨、カップリング厨、夏厨、微笑厨がいたら雑談室まで来なさい。以上」 

「「シーン……」」 

キョン「これ、笑うとこ?」 


来ないことを祈るよ保守。 



キョン「なあ」 
キョン「しょっぱなの自己紹介のアレ、どのへんまで本気だったんだ?」 

ハルヒ「自己紹介のアレって何」 
キョン「だから微笑厨がどうとか」 

ハルヒ「あんた、微笑厨なの?」 
キョン「……違うけどさ(言うならば俺は悪辣厨だ)」 

ハルヒ「違うけどなんなの」 
キョン「いや……お前はどんなのが好きなのかな。と思って」 

ハルヒ「私は…ボソボソ…よ」 
キョン「なんだって?すまんもう一回言ってくれ」 

ハルヒ「…ボソボソ×ボソボソ川よ」 
キョン「…え?」 

ハルヒ「だーかーらー!!私は森×新川が好きだって言ってんの!!!!!」 

クラス一同「「……」」 

キョン「あー……良いよな…、それも…」 

はるにゃんはマニアックだよ保守 



長門「うまく言語化出来ない。情報の伝達に齟齬が発生するかもしれない。でも、聞いて」 

キョン「…」 

長門「このスレを統括する○ちゃ○ねるによって造られた対スレ落ち、支援、保守用ヒューマノイド・インターフェース。それが、わたし」 

キョン「……」 

長門「私の仕事はプリンスレを観察して、投下の際に支援をし、過疎状態が続く場合に保守をすること。」 

キョン「………たまには自分でSS書いてみるのも良いんじゃないか?」 

長門「…」 


長門さんはロム専門だよ保守 



キョン「長門。」 

長門「…」 

キョン「最近の雑談室の荒れ具合をどう思う?」 
長門「……ユニーク」 

キョン「…そうかい、そうだ長門よ、また図書館にでもいくか?」 
長門「いい。…それよりもあなたは本スレの保守に行くべき。」 

キョン「……そうだな」 

……… 
…… 
… 
キョン「保守。と」 



長門「書く…」 

カタカタ… 
カタカタカタ… 
…カタ……カタカタカタ 

長門「……ユニーク」 

カタカタ…カタ 
カタ…カタカタ 

長門「出来た…」 
……… 
…… 
… 
長門「…投下する前にあなたに見てもらおうと思う」 
キョン「どれどれ…」 

長門「……」ソワソワ 
キョン「これは…」 

長門「…?」 
キョン「長門よ…これは万人受けするとは思えないが、絶対これを見て喜んでくれる奴を俺は知っている…。」 

長門「………?」 
……… 
…… 
… 
ハルヒ「ぶぇっきし!!(あー…なんなのよ、誰か私の噂でもしてるのかしら…)」 

実は長門もマニアックだよ保守

|