失われた最終回幻の15話

 

涼宮ハルヒ「今日はキョンの誕生日だからみんなで祝いましょう」
キョン「なあ、ハルヒ。誕生日位、本名で呼んでくれないか」
一同「…。」
キョン「全宇宙が停止したかと思われた、ていうのは嘘ぴょんで
本名を覚えてもらってない俺が落ち込んでるだけなんだけどな」
「もしかして、覚えてないのか?」
ハルヒ「そそんなことはないわよね、みくるちゃん」
みくる「え、えっと、こ古泉君」
古泉「じゃあ、僕はバイトがあるので
キョン「ごまかすな、俺の名前覚えてないだけだろ、
長門、お前は」
長門「記憶にない」
キョン「なんですとぉ、あ朝倉お前は、ってなんで朝倉がいるんだ
まあいい、俺の名前をおぼえてるよな」
朝倉「所詮、私はバックアップそんなこと分かるわけないじゃない」
キョン「かんけいねぇだろ、谷口、国木田お前らは知ってるな」
谷口「わわわ忘れ物」
国木田「えっと覚えてないな」
キョン「っていうかなんで、誰もしらねぇんだよ。」
キョン「いいか、よく聞け俺の名は
キョン妹「ここで一旦CMだよ」
キョン「空気読めってこの曲はハレ晴れユカイ EDかよ
谷川覚えてろよ」

 

ハルヒ「SOS団、全体ミーティングをはじめるわ
今日のテーマは夏休みについて」
キョン「ちょっとまったハルヒ、今日こそははっきりさせて
もらうぞ」
ハルヒ「何よキョン私がしゃべってるんだから黙ってて」
キョン「今日こそは俺の名前を答えてもらうぞ」
ハルヒ「キョンじゃないのキョンはキョンでしょ」
キョン「ちっがーうキョンじゃなくて本名の方だ」
ハルヒ「なんだ、そういうこと…。みくるちゃん答えなさい」
みくる「ひっ、嫌です。えっと禁則事項です」
キョン「な、なんでですか、俺の本名ですよ」
みくる「ご、ごめんなさい、今の私にはいえないですぅ~」 
キョン「ななんで、古泉お前は覚えてるよな」
古泉「今日はいい天気ですね。閉鎖空間日和です」
キョン「な何を言ってるんだお前、な長門」
長門「@:「」@」
みくる「長門さん呪文を唱えてるようです」
ハルヒ「ちょっと閉鎖空間とか、呪文って何よ、まあいいわ、今日
ミーティングする気分じゃないの、そのままの格好でいいから
久しぶりにビラ配りよ」
みくる「い、いやです」
キョン「鶴屋さん、俺の名は」
鶴屋「めがっさな名前にょろ」
キョン「…。どういうことなんだ。」
キョン「古泉、本当に俺の名前について覚えてないのか」
古泉「どうやら涼宮さんはあなたの本名をデリートしてしまったようです」
その理由は…
キョン「…。」
古泉「本名で呼ぶのがめんどくさいからのようです」
キョン「めんどくさいからって何だ古泉ちゃんと説明しろ。」
古泉「世界が滅びるよりマシかと思いますが」
キョン「俺の名前はどうなってもいいっていうのかよ古泉、長門なんとかしてくれ」
長門「ユニーク」
キョン「ユニークじゃねぇ、おっ朝倉ってなんでまた朝倉さん」
長門「面白そうだったから、バックアップを復元した、行動にはプロテクト
がかかっている、問題はない」
キョン「面白そうってあのな、朝倉俺の名前は…。」
朝倉「名前ってそんなに大事かなキョン君」
キョン「ってあなたまでそんな事を言うですか朝倉さん」
長門「読者はあなたの名前を重視しない、だから名前がついていない」
キョン「そそんな、そうだ作者に聞けば、いい谷川先生、俺の名前は」
谷川「面白いからキョンでいけば最終回まで」
キョン「そ、そんなってこれは冒険でしょでしょ」
古泉「これで涼宮ハルヒの憂鬱第一期は終了です、2期をお楽しみに」
キョン「ゆ、夢か、そういえば俺の名前は、ぎゃ~~~~~~~」
「お、おちつけあした学校で聞けばいいのさ」
fin                        
ハルヒ「だってキョンの方が面白いじゃない」

 


 

ハルヒ「あ~あ、最近、キョンが本名、本名うるさいわね。
そうだ、あたらしい名前を付けてあげる」
翌日の放課後
ハルヒ「キョン、新しい名前を付けてあげるからもう本名なんて聞かないでね」
新しい、名前は鳴海孝之」
キョン「ちょ、ちょっとまった。俺はヘタレじゃないぞ」
ハルヒ「そう、じゃあ伊藤…。」
キョン「もういい孝之でいいです。なんで作者は名前もかんがねぇんだよ
作者のバカヤロー」

 


 

ハルヒ「ねーキョン、今度うちにこない?」こないと殺す

 

みくる「それより私の家に来てください」こないと殺す

 

長門「あなたはうちに来るべき」こないと情報連結解除

 

朝倉「それより私の家に来て」来ないと刺す

 

古泉「私の家に来ませんか?」こないとマッガーレ

 

阪中「あの来て欲しいのね」こないとルソーに噛ませる


 

キョン「わかったわかった、じゃあ1時間2千円な」

 

一同「こいつ一番黒い!!!」

 


 

ハルヒ「皆!」
みくる「おはようございます!」
古泉「そして…」
キョン「明日に向かって」
一同「イヤッホォォォォォォォォォイッ!」

 

長門「…ユニィィィィィィィィィィィィィクッ!」

 

図書館の人(女)「静かにしろ! ガミガミガミガミ…」
ハルヒ「はい…」(聞き流そうか、やってらんないねぇ)
キョン「調子乗りすぎました」(あー、今日は何しようかな…)
みくる「ふぇ~すみませぇん」(この女、殺したくなったぜ)
古泉「…ちっ」(この人、ムカツクなぁ…マッガーレしようか)
長門「……」(誰がマシンガン持って来い、持って来い、持って来い…)

 


 

ハルヒ「今日も元気に不思議探索よ」
キョン「おっ、小学生ハケーン!!俺の妹にならないか」
古泉「ダメですよ、キョンたん浮気は許しません。僕だけを見て」
キョン「うっせー、死ね!君カワイイね背中流しっこしようよハァハァ」
古泉「僕というモノがありながら…クヤシイ…あの夜の事忘れたんですね」
みくる「クソジャリが餓鬼の分際でキョン君誘惑してんじゃねぇ
ヤギに売り渡すぞクソがっぁぁ!!散れ散れっ!!」
鶴屋「みくるさん、キョンさんが見てるにょろ」
みくる「……ごめんなさい、鶴屋さんに脅されて」
鶴屋「みくるさんっ!それはあんまりにょろ」
キョン「あっ、あっちにも小学生ハケーン!!」
みくる「うまく誤魔化せたな、にしてもテメェは黙って罪被れよ」
鶴屋「す…すみませんにょろ」
みくる「次やったら、キモ男に逆ナンの刑な。おら、たばこ買ってこい」
鶴屋「はいにょろ、ハルにゃん一緒に来て」
ハルヒ「……えっ、ええ。あまりの展開に呆然としてたわ…」
鶴屋「タバコに自販機はこっちにょろ」
ハルヒ「こんな人気の無い所に?あれ話し声が…」
国木田「ほら、ここが良いんだろ」
谷口「ヒャ…いや…ダメ……ら、らめぇ…」
国木田「全くいつもチャック開けて誘ってるくせに」
ハルヒ「こっ、これは…」
鶴屋「フフ、ここはそういう場所にょろ…じゃあ、めがっさいくにょろ」
ハルヒ「いやぁ、メガッサだけはメガッサだけは」

 

長門「不思議発見…ユニーク」

 


 

みくる「キョンく~ん、ちょっとちょっと~」
キョン「なんです?朝比奈さん?」
みくる「ちょっとこれを…ってなんでバナナの皮がぁ~~」
キョン「うわわっ!?朝比奈さんっ!?」
ガッシャァァン!
みくる「ふ…ふえ~、きょ・キョン大丈夫ですかぁ?」
むにむに
キョン「いや、全然大丈夫です、むしろ顔に~が当たって嬉しいとなんとか…ハハハハハッ」
古泉「物凄く幸せそうな顔してますね」
長門「………」

 

長門「キョン…」
キョン「ん…?なんだ長門?」
長門「トテトテ…うおっ バナナの皮っ…」
キョン「わ!?長門!?」
ガッシャァァン!
長門「…大丈夫?」
ぺたぺた
キョン「お前こそ大丈夫か?ったく…なんでバナナの皮がこんなにあるんだよ…」
古泉「さっき涼宮さんが貪り食っていましたよ」
長門「…………」
長門「…大は小をかねるのか、貧乳は巨乳に勝てないのか、いやいやそんな事はない。速さを一点な集中させて突破すればどんな分厚い塊であろうと超越できるッ!!」
みくる「ど…どおしちゃったんですかぁ?」
長門「トウッ!ハッハッハッハッハー!ドラマチーック!エセティーック!ファンタスティーク&ランディーング!!」
キョン「な…長門ぉ!?むがッ…胸が!胸が!幼いぷっくりが当たってる!!」
みくる「テメェェェェェェェ!!キョンくんから離れろォォォォ!!」
ガチャ
ハルヒ「面白い事思いついって何やってんだお前らぁぁぁぁぁ!!」
古泉「僕も混ざるべきでしょうか」
谷口「チィーッス…wawawa忘れ物…ってうおっ修羅場っ!?」

 


 

ハルヒ「ちょっと、キョンなんで私が風呂に入ってるうちにスレが落ちてるの」
キョン「新スレがたったからいいじゃないか」
ハルヒ「ふざけないでよ、神聖たるSOS団団長である私の名前が
付いてるスレを山田だか亀井静香だか良く分からないボクサーのせいで
落とされるなんてゆゆしき事態だわ、ちょっとキョン、あんたがちゃんと
保守しないから悪いのよ」

 

キョン「俺だって、ちゃんと保守してたんだよ、でも朝比奈さんに呼び出されて…
ハルヒ「何よ、みくるちゃんの方が大事だってわけ」
古泉「まずいです。ここままでは閉鎖空間が拡大してしまいます。」
長門「どうにかしないと、今度こそ手の施しようのない事になる」
みくる「えいえいお~321で~す」
な有希「ファイトだよ」

 

キョン「まいスィ~トエンジェルの朝比奈さんがそういってくれるのであれば
ちょ、ちょまった京アニさんがなんか、いや突っ込まないことにしよう。もう自棄だ」
キョン「俺、ポニーテール、萌えなんだハルヒ、一生に盛り上げていこう」
ハルヒ「えっ、ベ別にあんたのために盛り上げるんじゃないんだからね」

 

鶴屋さん「と言う訳で、新しいプリンスレをめがっさ盛り上げていくにょろ~」

 


 

ハルヒ「ちょっとキョン!あたしのプリン食べたでしょ!?」

 

キョン「そんな事より乱交だ!乱交パーティーだ!」

 

ハルヒ「イヤッフー!キョンのアナル1番乗りー!」

 

みくる「すざけんな!私が先だ!!」

 

長門「ダメだよダメだよキョンたんは私のもの☆」

 

古泉「マッガーレ!」

 

谷口「ごゆっくり!」

 

国木田「キョンは昔から僕のものだよね」

 

鶴屋「めがっさだけは!めがっさだけは!」

 


 

レイボーブリッジラブストリー最終回
キョン「長門、あれがレインボーブリッジだよ」

 

谷口「ミジンコ並みに普通だぜ」

 

長門「私のセリフをとらないで」

 

キョン「そうだな・・・・・あそこで二人だけで居たいな」

 

長門「谷口の情報結合を解除する」

 

キョン「お、おう頼んだ」

 

20分後

 

谷口「俺と長門、付き合うことにしたから」

 

長門「そう」

 

キョン「な、なんですと」

 

長門「嘘ではない」

 

キョン「まさか、冗談だろ」

 

ハルヒ「ちょっと、キョン」

 

キョン「め、めっかった」

 

ハルヒ「最近、うちに来ないと思ったらこんなことしてたのね、さあ
帰りましょう」

 

キョン「た、助けて、助けて、助けてえ~りん」

 

古泉「これでうまいこと涼宮さんとキョン君をくっつけられましたね
朝比奈さん」
みくる「ひぁ~い、そうでしゅね。でも古泉君えーりんって何ですか」
古泉「…スレ違いです。●マガーレ」

 


 

古泉「僕は、実は…キョンたんが好きですよ」

 

キョン「はぁ?」
ハルヒ「はぁ?」
長門「はぁ?」
鶴屋「はぁ?」
朝倉「はぁ?」
キョン妹「はぁ?」
国木田「はぁ?」
阪中「はぁ?」
岡部「はぁ?」
コンピ研部長「はぁ?」
喜緑「はぁ?」
新川「はぁ?」
森「はぁ?」
多丸兄弟「はぁ?」
シャミセン「にゃあ?(こいつ、ホモなのか)」

 

谷口「俺…古泉の事が好きだ!付き合ってくれ!」
古泉「谷口たん…結婚しよう!」
谷口「あぁ、しよう!」

 

一同「はあぁいぃぃっ!?」

 


 

ハルヒ「夏だわっ!」
長門「夏…。」
みくる「んっ…ふぁ…ぁ……。」
鶴屋「夏だねっ!!」
きょん「夏…か。」
古泉「夏ですねぇ…。」
国木田「夏だねー。」
妹「夏っ!夏っ!!」
朝倉「夏ね。」

 


 

ハルヒ「キョン・・・・・・」
長門「・・・・・・キョン」
みくる「キョン君・・・・・・」
鶴屋「キョン君・・・・・・」
妹「キョンくん・・・・・・」
ミヨキチ「キョン君・・・・・・」
朝倉「キョン君・・・・・・」
坂中「キョン君・・・・・・」
黄緑「キョンさん・・・・・・」
森「キョン様・・・・・・」

 

サントス「ト、イウコトダ。モテモテダナ」
キョン「そうなのか・・・・みんな俺のことが・・・・
おいみんな!俺は君達全員を一生愛する!!!」
谷口「流石キョン!俺達に出来ないことを平然とやってのける!」
国木田「そこにシビれる!憧れるゥ!」




 

サントス「ハッ!ドリームカ・・・・・・」

 


 

ハルヒ「ち」
みくる「ょ」
長門「っ」
朝倉「キ」
喜緑「ョ」
鶴屋「ン」
森「!」
坂中「ア」
妹「ナ」
ミヨキチ「ル」

 

古泉「やはり、一番いいのはキョンタンの穴だった」

 

キョン「い、いやああああああああああ」

 


 

キョン「俺はみんなの事が同じくらいに好きだ!でもこの日本はそれを許してくれない。
そこで俺は皆を連れてアフリカに行くことに決めた!!」

 

ハルヒ「!」
みくる「!」
長門「!」
朝倉「!」
喜緑「!」
鶴屋「!」
森「!」
坂中「!」
妹「!」
ミヨキチ「!」

 


 

阪中「ひひひひひひひひひひ」
谷口「ひいいい阪中が狂ったあああああ」
古泉「それ慢性的なガンですね」
国木田「いくらなんでも古泉君を食べたりはしないでしょ」
鶴屋さん「あっはっは、それいえる」
阪中「ひひひひぐっ・・・ゲフンゲフン・・・ひひひひひ」
朝倉「阪中さんってロマンチストね」
阪中「ふごっげふっ・・エラー発生エラー発生」
喜緑「エラーは再起動すればいいのよ」
キョン「再起動のスイッチってどこにある?」
ハルヒ「靴下の裏じゃない?」
みくる「いえ鼻の奥だったと思います」
長門「ちがう、人間にはスイッチなど存在しない」
阪中「エラーは消えました。」
朝倉「よかったー。坂中さんって詩人よね」
妹「ありがとう」
サントス「オマエジャナイ」

 


 

キョン「気にくわない」
ハルヒ「なんか生意気」
みくる「ぶりっこって感じですね」
古泉「機関の力を以て消せたらどんなにいいか」
長門「情報連結解除してもいい?」
谷口「毎日同じ空気吸ってるかと思うと……」
国木田「僕好みに調教してあげるよ」


 

阪中「え……なんで私が……」

 


 

ガチャ
キョン「(何だ、誰もいないのか……)」
キョン「……」
キョン「yo!チェキラッチョ!俺は童tei!さらに包kei!」
長門「……」
キョン「……」
長門「……」
キョン「……いつからいた?」
長門「最初から」
キョン「……見るか?」
長門「貧相なポークビッツに興味はない」
キョン「そう……言わずにさ……ハァハァ……」

 

長・古・ハ・み・鶴・谷・国・妹・森・新・朝・喜「流石にそれは引くわ」
キョン「!?」

 


 

長門「ググれ」
みくる「ググれ」
ハルヒ「ググれ」
古泉「尻出せ」
鶴屋「ググれ」
喜緑「ググれ」
朝倉「ググれ」
阪中「ググれ」
谷口「ググれ」
国木田「ググれ」

 


 

谷「wawawa」
キ「忘れ物~♪」
長「は何ですか 見つけにくいものですか カバンの中も 机の中も探したけれど見つからないのに」
朝「忘れ物・・・それは夢」
シャミセン「くっせ~」

 

キ「あぁっ ハルヒが痙攣してる」
ハ「はばばぼばもむあばばばあ」
キ「なに?揉めって?」
ハ「ひばばばばば」
キ「仕方ない揉んでやろう 体の隅々をな!!」

 

朝「みくる百烈拳!!」
谷「ひでぶっ」

 

朝倉「人はやらないで後悔するよりやって後悔した方がいいって聞く」
キ「や ら な い か」

 

朝倉「あぁん キョンくん・・・キョンくん ぁあ 熱い・・・」



 

国木田「はっドリームか」

 


 

ハルヒ「そろそろこのSSスレも著作権の限界に挑戦するわよ!」

 

何をいきなり言ってるんだこの団長様は
というか著作権など今更のような気もするのだが
ていうかそれは自治か?さすが厨並の思考でいらっしゃる
ウザイから適当に諭してやるとするか

 

キョン「ハルヒ、著作権なんかあってないようなものだろう
こと二次創作に関しては」
ハルヒ「…それもそうね…何かつまんない」
古泉「甘いですねお二人とも、それでも書いていいことと悪いことがあるのですよ」

 

何なんだそれは、言ってみろ

 

古泉「例えば、東京でぃずに――――」
新川「危ない!ふんもっふ」
古泉「アッー!も、もっと突いてええええぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!」


 

長門「内容が無い、オチも無い、面白くも無い
どうみてもただの保守目的」
みくる「ですよねー」
国木田「本当にありがとうございました」


 

谷口「wawawaぼっくらーのクラスのリーダーはアッー」

 



|