ハルヒ 「じゃ、隠れるわよ!」
キョン  「なんでこんなことを…」
古泉  「シッ!来ましたよ…」
キョン  「顔近!わかったから離れろよ!」

 

ガチャ

 

長門  「…」

 

みくる  「何事もなく本を読み始めましたよ…」
ハルヒ 「そのうち不安になるわよ♪」

 

長門  「…スー…」
みくる  「ね、寝ちゃいましたよぉ!?」
ハルヒ 「…つまんなぁい。折角、不安げな顔の有希が見れると思ったのに…」
古泉  「ん~、じゃ、起こして部活を始めましょうか?」
ハルヒ 「待って!もう少し観察してみましょう!」

 

 

ハルヒ 「飽きたわ。」
キョン  「∑身も蓋もないことを言い始めた!」
ハルヒ 「じゃ、キョンが隠れて見張っててよ。」
キョン  「なぬ!?」
ハルヒ 「明日、ちゃんと何があったか報告するのよ!」
キョン  「あ、ちょ!」
古泉  「すいませんね、では!」
みくる  「がんばってくださいね~♪」
キョン  「あ、朝比奈さんまで…ちょ、マジ!?」

 

キョン  「ったく、無責任な奴らだ…」

 

...

 

長門  「…」
キョン  「(対象は目を覚ました模様。って俺、何真面目にやってんだよ…)」
長門  「…(キョロ)」
キョン  「(お、長門が辺りを…ハルヒの奴、見れなくて残念だったなぁ。眼福眼福w)」
長門  「…」

 

とてとてとて

 

キョン  「(あれ?そこは俺の席…って何探してるんだ?)」
長門  「…(かさかさ)」
キョン  「……」
長門  「…(がさがさ)」
キョン  「…な、長門おおおお!ごめんなさい!休部の置手紙入ってないから!ただの悪戯だからあああ!」
長門  「…」
キョン  「あ、その…なんだ、えっと…」
長門  「…良かった。」
キョン  「へ?」
長門  「…あなたは、居てくれて。」
キョン  「長門…」
長門  「…静かな場所は仕事がしやすいけれど…みんなが…あなたが居ないと、異質な雰囲気。」
キョン  「…ごめんな、長門。」
長門  「問題、ない。」

 


 

みくる「ほら、つべこべ言わずさっさと脱ぎなさい!!」
ハルヒ「ひぇ~、やめて下さい~…」
長門「ありゃっ面白そうなことしてるねっ。手伝っていいにょろ?」
みくる「いい所に来たわ!逃がさないように退路を塞いでちょうだい!!」
鶴屋「……………」(パラッ)
キョン「おや、鶴屋先輩ミステリ読んでるのですか?後でお薦めの本教えて下さいね。僕ミステリに目がないんですよ」
みくる「有希、両腕を押さえて!!」
古泉(やれやれ、騒がしいやつだな…じっとしてればなかなか可愛いのにもったいないな…)
シャミセン「キョンくん、でんわ~」

 


 

ハルヒ「…。」
キョン「…。」
朝比奈「…。」
長門「…。」
古泉「………。」
ハルヒ「…。(ぺら)」
キョン「…。(ぺら)」
朝比奈「…。(ぺら)」
長門「…。(ぺら)」
古泉「……マッガーレ…。」
ハルヒ「静かにする。」
古泉「…はい。」

 


 

キョン『どうしたハルヒ?すごい寒そうだが』
ハルヒ『そんなん、ここの暖房がつかないからに決まってるでしょ。よく平気ねあんたは』
キョン『まぁ体の作りが違うからな…』
ハルヒ『………(ブルブル)』
キョン『……しょうがないな………ほれ』
ハルヒ『なによこれ』
キョン『見れば分かるだろ。俺のカーディガン。寒いんだったら風邪ひく前に着とけ』
ハルヒ『キョン……ま、まぁこれぐらい団員として当然よね!!しょうがないから着てあげるわ!!』
キョン『そうかい』
ハルヒ『(パサ)………あったかい………キョンの匂いだ…』
キョン『///』
ハルヒ『食べ物で言うと』
キョン『?』
ハルヒ『カッパえびせん』
キョン『……………』
ハルヒ『…………』
長門『………ユニーク』
キョン『……………』
古泉『……………(///)』

 


 

ハルヒ「うわっゴキブリ!!そっちへ行ったわ!キョン、早く殺虫スプレーかけて!!」
キョン「中途半端にかけると家具の隙間に入るから駄目だ。小泉、スリッパで潰せ」
バシッバツンッ!!
小泉「なかなかすばしっこいですね…すみません、逃がしました」
長門「Ωドライブを展開。目標を時空断層に転送する」
阪中「ルソーにひどいことしないで欲しいのね」

 

キョン「俺も誰かをいじめてみたいと思ったんだが」
古泉「ほほう。それはまたどうして?」
キョン「いや、衝動的な感情だ。多分。」
古泉「ならば私g」
長門「ばっちこーい」

 

ガチャ

 

ハルヒ「やぁーってあれ、空気重たくない?」

 

みくる「ふえぇん、ここどこですかぁー???」

 


 

『涼宮ハルヒの虐待』

 

私は先日まで子猫を虐待していた
親に見放されるような汚らわしいソイツは両目が目ヤニで塞がりフラフラしてやがった
虐待の限りを尽くすべく捕獲し連れ帰る
早速江戸っ子が入ったら悲鳴を上げるであろう38度のぬるま湯に小汚いソイツをぶち込み、ボロボロでクタクタになったタオルで手早く擦る
ふん!誰が長湯などさせるか、たわけ!
鷲掴みでぬるま湯から取り出しクタクタタオルで簀巻きにして精製水で濡らしただけの脱脂綿で目のあたりを摩擦してやった
ふん!生意気にも炎症起こしてやがる!
貴様には薄めまくった低刺激目薬で充分だ
脱脂綿にその薄めた目薬をつけて摩擦
ふふ…さぞ痒いだろうからわざと柔らかく擦ってやった、ザマァミロ
そして休む暇も与えず熱風攻撃
もどかしい程の弱い風を満遍なく吹き付けてやって乾燥させた
さて、次は無理矢理仰向けにさせて恥辱プレイといくか
ふん…雄か…
ならばまだ発達していない粗末な精器をお湯で濡らした脱脂綿で刺激してやろう
ふふふ…興奮して失禁しやがった
馬鹿な奴だ、見ら
れながら放尿するとはな
もっと恥ずかしい思いをさせるべくまた性器を拭いてやる
さて…次はどうするか、とりあえず粗末なタオルを何段もダンボールに敷き放置しよう。
人間様が飲む牛乳なんて飲ませてやるもんか、取り急ぎ買いに行った猫用の不気味な白い粉をお湯で溶いてからわざとぬるく冷やしてやる。
うふふ…そして屈辱の赤ちゃんプレイだ!哺入瓶の偽物乳頭を喰らえ!あんな不味そうな物を嬉しそうに飲むなんて馬鹿にも程があるな!!
さて、また恥辱の放尿プレイだ!恥ずかしい姿を晒すがいい!むむ?こいつ…目なんか細めやがって…
腹が立ったから段ボールの中に放り込んでやる!熱責めしながら放置プレイしてやる!ゆっくり失神しやがれ!!

 

そんなこんなで一週間、丸々としたお腹で足に縋ってくる子猫に最後の虐待だ。私を女王と崇め奉る子猫を虐待好きな奴にゆずってやった!
段ボールから縋るように見ても無駄だ、バカ…
あんたなんかマンションなんかじゃないボロ家で私より虐待が得意なその人に虐待され続けるのがお似合いなのよ!
ふん…ザマァミロ…連れてかれちまえ……

 


 

古泉「最近、貴方は長門さんに肩入れし過ぎではないのですか?
キョン「そんなの俺の勝手だろ
古泉「信頼するのは良い事です。しかし、それが情報統合思念体の計画のうちだとしたら…
キョン「つまりなにか?今まで俺を助けてくれたのは全て信頼させる為の計画の内だとでも言う気か?
古泉「何もそこまで言う気はありません。ですが…
キョン「お前とでは話にならん。じゃあな

 

古泉「…やれやれ、鈍いお方だ

 


 

ハルヒ「みんな! サッカーやるわよ! サッカー!
   そしてワールドカップに出て世界を取るの!」
キョン「今度はサッカーか……」
ハルヒ「あたしロベカルね! みくるちゃんは川口!」
キョン「お前それ適当に言ってるだろ」
ハルヒ「有希はどうする?」
長門「……ジーコ」
キョン「体よくさぼろうとしてんじゃねえよ」

 


 

鶴屋「にょ~ろにょろにょろにょろにょろ!」
ハルヒ「おのれ現れたわね鶴屋星人! みんな、変身よ!」

 

ハルヒ「普通の日常なんてナンセンス! ハルヒレッド!」
みくる「コスプレ大好き! みくるピンク!」
長門「最近の801はすごい。 長門ブルー」
古泉「後ろの穴、大好きです! ローズ古泉!」
キョン「もう死にたい…… ノンケキョン!」
ハルヒ「さあ覚悟なさい! SOSビーム発射じ準備!」

 

説明しよう! SOS団は全員の力をあわせることでSOSビームを放つことができるのだ!

 

みくる「レッド! ローズがノンケを掘っていてそれどころじゃありません!」
古泉「正直たまらん!」
長門「……(ホームビデオ録画中)」
ハルヒ「ダメじゃん!」

 

キョン「死にたい……」

 


 

キョン「おい!何するんだハルヒ!学校だぞここは!」
ハルヒ「いいじゃない別に!あたしたち付き合ってるんだし」
キョン「知るか、やめろ」
ハルヒ「団長命令よ!黙ってじっとしてなさい!今脱がせてあげるから…って…あれ?」
キョン「………」
ハルヒ「………」
長門「……包k」
古泉「しっ、いけませんよ長門さん。それは本人にはキツすぎる一言ですから」

 


 

キョン「今日もハルヒがウザイ件」
長門「それがデフォ」
古泉「いい加減不思議探索飽きたんだが」
古泉「スマソageてた」
ハルヒ「不思議マダー?」
キョン「巣に帰れ」
長門「なんだ不思議厨か」
朝比奈「おまいらもちつけwwwつ旦」
キョン「旦⊂サンクスコ」
古泉「今度のオフ会どこでやる?」
長門「キョンの家キボンヌ」
朝比奈「禿同」
キョン「ちょwwwww部屋キタナスwwwww」
古泉「おK今度はキョン宅でケテーイ」
キョン「俺拒否権ナサスwwwwwうぇwwwうぇwwwww」
ハルヒ「不思議age」
長門「不思議厨UZeeeeeee!!」
朝比奈「空気嫁」
谷口「ガイドラインからきますた」

 


 

ハルヒ「>900なら裸うp」
キョン「ちょwwwww>900キタ―(゚∀゚)―――!!」
長門「>900wktk!!」
古泉「>900うp!うp!」
朝比奈「オッパイ!!オッパイ!!」
ハルヒ「うpしたお( ^ω^)パスはvip」
キョン「うはwwwww裸体ktkrwww」
長門「500000回保存した」
古泉「後ろの奴誰だwwwww」
朝比奈「見事なオッパイだ」
谷口「オッパイ星人乙」
国木田「ここはエロスなインターネッツですね」

 


 

50年後   全員の言葉を年寄りにして読んでください

 

ハルヒ「行きますよー、はやくついてきてくだされ」

 

古泉「さすが・・涼宮さん・・・早い・・」

 

キョン「ちょっと息切れてるよ、古泉」

 

みくる「おっぱいがじゃまですねー、なんでこんなものを」

 

長門「・・・・・おじいちゃん、何してるの?」(すでにボケてる)

 

平和だ

 


 

みくる「ふぇぇぇん、涼宮さん。な・なに持ってるんですか」

 

ハルヒ「黙りなさい!古泉君手を押さえてて!」

 

古泉「まことによい提案かと…」

 

長門「…ユニーク」

 

キョン「むぐぅぅぅくぁwせdrftgyふじこlp;・・・・」

 

ハルヒ「じゃまなキョンは縛り上げて置いたし、そろそろ逝くわよ」

 

みくる「な・・なんですか・その動く細長い棒は、ひゃんっ!」

 


 

キョン「俺を越える者など無い!」
ハルヒ「くっ…」
キョン「絶望するかいい!」
古泉「させはしません!」
キョン「何っ!?」
みくる「涼宮さんは私が守ります!」
キョン「……」
長門「……倒す」
キョン「ふっふっふっふっ…はーっはっはっはっ…」
ハルヒ「な…何がおかしい!?」
キョン「ふん!貴様等なんぞ負けるものか!勝利は俺の手にある!」
ハルヒ「!?…キョォォォォォォォォォンッ!」
キョン「ハァァァァァァァルヒィィィィッ!」
古泉「援護しますよ!涼宮ハルヒさん!」 みくる「私も!」 長門「……」

 

状況が分からん人いるだろうけど…プリン奪い合いをしてるSOS団であった…

 

勝利?勝利はハルヒですが…何か?

 


 

キョン「あ、そうだ…ハルヒーこれの事だけど…」
谷口(ハルヒコス「はぁーい?」
キョン「!?」( д )   ゚ ゚
谷口(ハルヒコス「…何?キョン?)
キョン「……チラッ」
ハルヒ「ムーッ!ムーッ!ムゥゥゥッ!(訳:ちょっと!谷口!縄を解け!」
キョン「……何やってんだ?谷口?」
谷口(ハルヒコス「ギクゥッ!」

 

カラス「カァーッ、カァーッ」

 

ハルヒ「全く!谷口の馬鹿!」
キョン「…谷口…お前は超馬鹿だよ…」

 

鶴屋「やっほーvキョンいるかぃ!…ややっ!?」
谷口「……(白目」
鶴屋「あーはははは…おーぃ、生きてっかぃ?おーぃ、あーはははははwwww」

 

さようなら谷口

 


 

キョン「古泉…ここで決着付けてやる…」
古泉「な…何!?」
キョン「天光を満つる所に我あり…」
古泉「何ですか!それは!」
長門「黄泉の門開く所に汝あり」
古泉「ま、まさか!?」
みくる「いてよ、神の雷!」
古泉「そ、そんな…そんなバカな!」
ハルヒ「これで最後よ!」
古泉「や…やめてください!」
キョン「古泉…あんたはホモだって知らなかったぜ…俺からいなくなれ!」
古泉「!?」
キョン・ハルヒ・みくる・長門「インディグネイション!」
古泉「う…うわぁぁぁぁぁ…」
キョン「これで…ホモは消えた…」
ハルヒ「良かったわね、キョン」
みくる「これで…平和戻りましたね…」
長門「…ユニーク」

 

古泉、死亡確認

 


 

不確定連載もしもシリ~ズ
~もしもSOS団が一つ屋根の下で暮らしていたら~

 

ハルヒ「キョン!お腹すいたわよ!ご飯まだなの!?」
キョン「今作ってるよ」
ハルヒ「遅いんじゃない?そんなんじゃ皆お腹と背中がくっつくわよ!?」
キョン「表現が古いぞハルヒ」
ハルヒ「そんなわけないじゃない、ねえ、古泉君?」
アナル「まったくそのとおりかと^^」
キョン「いちいち肯定するな」
みくる「手伝いましょうか、キョン君」
キョン「ああ、ありがとうございます、朝比奈さん」
ハルヒ「だめよ、みくるちゃん!そんなことしたらキョンがつけあがるわ!」
キョン「どういう意味だよ」
ハルヒ「そのままの意味よ!」

 

長門「………今日もいたって平穏」

 


 

不確定連載もしもシリ~ズ
~もしも長門が大事なところでかむような人だったら~

 

ケ~ス1
キョン「何読んでんだ?」
長門「…」
キョン「おもしろい?」
長門「…ユニーク」
キョン「どういうとこが?」
長門「……全部」
キョン「本が、好きなんだな」
長門「………わりちょ」
キョン「…………」
長門「…………(プルプル)」

 

ケ~ス2
キョン「う、ちゅうじん?」
長門「私の仕事は涼宮ハルヒを観察して、入手した情報をちょうごうしねんたいに送ること」
キョン「え?」
長門「生み出されてから三年間、私はずっとそうやってしゅごしてきた」
長門「この三年間は特別な不確定要素もなきゅ、いたって平穏」
長門「でも、最近になっちぇ無視できないイレギュラー因子が涼宮ハルヒのみゃわりに現れた」
キョン「長門…」
長門「何?」
キョン「もうちょっとゆっくりでいいぞ?舌も痛いだろ」
長門「……コクン」(ちょっと涙目)

 


 

不確定連載もしもシリ~ズ
~もしも長門のかたつむりが全滅してしまったら~

 

キョン「……」
長門「不覚」
キョン「どうしたんだ?」
長門「ケースの中に入れた土壌にマイマイカブリの卵が混入していた」
キョン「それが孵ってああなったのか」
長門「そう」
キョン「…」
長門「…」
キョン「…長門」
長門「何?」
キョン「ペットが死んだりしたら、ないてもいいんだぞ?」
長門「ごめんなさい」

 


 

不確定連載もしもシリ~ズ
~もしもSOS団が一つ屋根の下で暮らしていたら2~

 

ハルヒ「あぁ!キョン!それ私の歯ブラシ」
キョン「へ?…あ!ああ、スマン!色が似てたから間違えた」
ハルヒ「キョン、責任とって新しいの買ってきなさい!」
キョン「んな!洗えばいいだろうそれぐらい!」
ハルヒ「ヤなもんはヤなの!」
みくる「どーしたんですかー?」
ハルヒ「キョンの奴!人の歯ブラシうばt」(ガシィ)
キョン「奪ったんじゃない、間違えたんだ」
ハルヒ「ほんなひこほよ!(おんなじことよ!)ふはっへをははへ!(つか、手を離せ!)」
キョン「わかったから、買ってくるから」
ハルヒ「ぷはっ、色は前のと同じね」
キョン「色が近いから間違えたのに、またその色か?」
ハルヒ「いーじゃない!それぐらい!」
キョン「はいはい、いってきます」
みくる「気をつけてくださいねー」

 


 

不確定連載もしもシリ~ズ
~もしも鶴屋さんがキョンの姉だったら~

 

鶴屋「おーい、キョンくんっ!いつまで寝てんだい!起きるさ!」
キョン「あと10分だけぇ……」
鶴屋「ふーん、起きる気はないんだねぇ」
キョン「……?」
鶴屋「今起きないとキョンが小学生の時に私と風呂に入ってたことをみくるn」
キョン「うおわぁ!起きる!起きるから!」
鶴屋「めがっさ変わり身早いね、いいことさっ」
キョン「姉さん勘弁してくれよ」
鶴屋「ほらっ!さっさと着替えるさ!」
妹「キョンくん起きたー?」
鶴屋「起きたよーっ、キミは一人で起きれて偉いねぇ」
妹「キョンくんおはよー!」
キョン(朝っぱらからハイテンションな二人だ)

 


 

古泉「長門 有紀とは誰でしょうか?」
長門「…あのアニメの人」
キョン「あぁ、綾●レ●の事か」
ハルヒ「あー、そういえば…昔、そんなキャラいたわね」
みくる「あの鬱アニメですか?」

 


 

ハルヒ「ただいま…さてアイス食べよっと」

 

ハルヒ「あれ?ない…キョン!あんたあたしのアイス食べたでしょ!?」
キョン「知らねえな…」
ハルヒ「あんたしかあたしのアイス食べそうなのはいないのよ」
キョン「言いがかりだろ…」
ハルヒ「へえ…じゃあこの口の周りについてるクリームは何なのよ」
キョン「…!?何のことだ?」
ハルヒ「とぼけるのもいい加減にしなさいよ」
キョン「だから知らねえって…ですよね?朝比奈さん」
みくる「はいさっきから彼はわたしと一緒にいましたが食べてはいませんでしたよ」
キョン「ほらみろ…でもこのクリームはなんだ?白くてネバネバするぞ」

 

古泉ハアハア
長門ペロペロ
古泉・長門ニヤニヤ

 



|