「キョン、そこ間違ってる。」
「何処だ?」
「ここよ、ここ。」
「ああ、そこか。」
 
俺は今、自宅の自分の部屋でハルヒの監視の下、数学の小テストの勉強を
させられている。もちろんハルヒの命令である。因みに何故場所が俺の家
なのかというと、ハルヒが前回同様ホームルーム終了後に教室でやろうとしたのを、
クラスのやつらの視線が痛いからそれだけは勘弁してくれと説得したら、
「しかたないわね、だったら団活終了後あんたの家ね。」
とハルヒが言い出しやがったからであり、間違っても俺が勉強を口実に
ハルヒを家に呼んだわけではない。断じて。
 
「そろそろ終わった?」
「ああ…。よし、終わり。」
「どれどれっ…。」
ハルヒは俺から自作の予想問題を取り上げると採点に移った。
 
「――まる、まる、まるっと。まあ、こんなもんね。今日はここまでにしましょ。
いい、出来れば次の中間までこのことを覚えてること。復習も忘れずにね。」
その話は前にも聞いたぞ。
「はいはい。」
「『はい』は一回でいいの。」
俺は子供か。
「4月―日って何の日だっけ。」
4月―日って言えば去年の始業式の日だな。じゃなくて、
「いきなり何だよ。」
こいつが言い出すことがいきなりじゃなかった事のほうが少ないが。
 
 
「なっ、別になんでもないわよ。なんとなくよ、なんとなく。
いいから答えなさい。」
ハルヒは目を合わせずにそう言った。お~い、どこ見てんだ。
「さあな、別にただの平日だろ。そんなに気になるならネットで
調べて見ればいい。」
「そうじゃなくて、あんたにとって何の日なのかを聞いてるの。」
「なんだよそれ。」
「い、い、か、ら、早く言いなさい!」
「わかった、わかった。だからいきなりこっちを睨むな。」
まったく何だってんだ?その日はお前にとってそんなに気になることなのか?
でも、まあ思いつく事が無いわけじゃないし、仕方が無い答えてやるか。
「確かその日は去年の始業式の日だろ。」
「そうだっけ?」
何だよ、その瓢箪から駒が出てくるのを目撃したような顔は。
 
俺達の間を沈黙が支配すること約10秒やっとハルヒが口を開いた。
「何であんた去年の始業式の日覚えてんのよ。」
「さあな。多分あの日のお前の自己紹介があまりにもインパクトが
あったからじゃないのか。」
まあ、それだけが理由でもないが。
「ふーん。」
ところで、だからお前はいったい何を見てんだ?
そこで俺はあることを思い出し、同時にものすごい嫌な予感に襲われた。
慌てて振り返りハルヒの視線の先に顔を向けるとそこにあったものは…、
「あたし知らなかったわ、あんたが始業式にそんなに思い入れがあったなんて。」
それ以上は言うな。
「カレンダーに丸を付けるほどに。」
 
 
そう、さっきからハルヒが見ていて、さっき俺が思い出したものとは、
俺の後方にある去年の始業式のあった4月の某日に丸を付けてあるカレンダーだった。
「もっと面白いことかと思ったけど期待はずれね。まあ、キョンの記念日だし
そんなものかしら。」
「悪かったな。」
とか言いつつ。実のところ俺は心の中で安堵していた。
どうやらハルヒには何でその日に丸を付けたのかまでは興味が無いらしい。
実は始業式の日だからではなくハルヒに始めてあった日だからその日に
丸を付けたなんて事が他人特にハルヒに知れたらなんて考えるだけでも恐ろしい。
 
「そんなことより下におりようぜ。そろそろ晩飯も出来るだろう。」
そう言いながら立ち上がろうとしたころ、ハルヒのやつが実にいい
笑顔を作りやがった。こんな時はろくな事が無いんだよな。
「ちょっと待ちなさい、キョン。」
「なんだ。」
所で、何故にじわじわとこっちによって来てるんだ。
「どうもおかしいのよね。勉強嫌いのあんたが、始業式を自分の記念日にするなんて。
まだあたしに隠してることがあるんじゃない?」
そう言いながらもハルヒは笑顔でこっちにじわじわ寄ってくる。
「何のことだ?」
俺は防衛本能に従いゆっくりゆっくりハルヒから離れることを試みる。
「さぁて、何のことでしょうね。」
もちろん俺の狭い部屋で、そんな駆け引きが長く続く訳も無く、俺はあっさり
追い詰められて無様にもベッドに引っかかりそのままそのうえに倒れこむ形に
なっちまった。無論ハルヒがそれを見逃すはずも無くあっという間に俺は
マウントポジションを取られる事に。これって絶体絶命!?
 
「ふふふ。追い詰めたわよキョン。さあ、さっさと始業式の日のあんたの
記念的出来事とやらを白状なさい。」
「お前のかんぐり過ぎだって。」
「あくまで白を切るつもり?だったらこっちにも考えが…」
今のハルヒの笑顔からは嫌な予感しかしない。
俺は何とかこの状況を打開しようとひたすらもがいた。
「ちょっ、往生際がわるっ、きゃ。」
バタッ
俺達の間を再び沈黙が支配した。
俺が変にもがいたせいで、ハルヒが俺に覆いかぶさる形になっちまった。
ハルヒの顔は真っ赤だ。おそらく俺もそうだろう。顔が熱い。
 
先に正気に戻ったのはハルヒで、小悪魔的な笑みで俺に囁いてきやがった。
「いい加減何の記念日なのか教えなさいよ。」
文章じゃあ伝わらないだろうが、この時のハルヒの声は今まで聞いたことが無い
やたら色っぽい声だった。どうやら俺の反応を見て攻め方を色仕掛けに切り替え
ることにしたようだ。このままでは色々な意味で不味い。
 
ドクン 
「キョン。」
ドクン
俺の精神的HPもう限界寸前だ。
ドクン 
これは諦めてさっさと白状したほうがいい気がしてきた。
ドクン 
「あのな…、ハルヒ。」
ドクン
「何?キョン」
ドクン 
「4月―日は…、」
ドクン
「4月―日は?」
ドクン 
「4月―日は、お…」
 
だっだっだっだっだっだっだっ
 
バタンッ
 
「キョンく~ん、ハルにゃ~ん。ご~は~ん~だ~よ~♪」
「妹ちゃん呼びにきてくれたのね。ありがとっ。」
「へへ~。うんっ?ねえ~キョンくんどうしたの?顔赤いけど熱でもあるの?」
「なっ、何でもない!」
「ふ~ん。まあいいや。キョンくん、早く着替えておりてきてね。
ハルにゃん行こっ!」
 
バタンッ
 
だっ だっ だっ だっ だっ
 
「ふ~。」
どうやら助かったらしい。いやー危なかった。もう少しで全部ゲロッちまう
ところだった。今回ばかりは妹に感謝すべきだろう。あいつのおかげで、
ハルヒは俺から離れてくれたからな。
もしあのままの雰囲気で、記念日ってのが実はハルヒと初めて出会った記念日だ
何て言ってみろ、あいつに何言われるかわかったもんじゃない。
しかし何故だろう。どういうわけか俺は少し―本当に少しだぞ―だけ"惜しかったな"
なんて思ってるらしい。何が惜しいのかはわからんが。
「さてと。着替え終わったし、おりるか。」
そのとき、部屋にメールの受信音が響いた。
「誰からだ?」
 
 001    4/28 7:33
  涼宮ハルヒ
  (non title)
 
「おいおい。」
下にいるんだから言いたいことがあるんだったら言いに来ればいいだろ。
「たくっ、何なんだよいったい…。」
と言いつつも何となくメールの内容に予想が付いていた。出来れば外れてて欲しいがね。
 
俺はそんなことを思いつつ、ハルヒからのメールを開いた
Fin


|