長門「ぬぽーるぬぽぽる」
喜緑「ぽぬーるぽるぽぽるぬぽるぬぽ」
朝倉「ぬるぽって言ってそうで言ってない…あ!」
ガッ!



みくる「(*^^)鶴屋たん、そちのキャラソン『ドン引き』とか『椰子の実飲んで出した』とかなんて歌詞でちゅか、モイキーwww」
鶴屋さん「みくるちんこそ、『すりぃ、つぅ、わん、はい♪』とか『みっみっみやくゆ』とか鰤過ぎでござりますです、モイキーwww(^^+)」

みくる・鶴屋さん「(*^^)………(^^+)」


みくる・鶴屋さん「\(*^^*)『ふたりはモイキュア』!(+^^+)/」



ウホ泉「僕の出番がないウホ!」ウホーン……
カーマ「お前だけだと思うなよッ!」キィーッ
神人「おちついてカーマちゃんっ><;(ウホ泉くんだっけ、この子なんで服着ないのかな…)」



ハルヒ「ちょっと鶴屋さん!私のおっぱいプリン食べたでしょ!?」
鶴屋さん「まっ青春だしっいいじゃないかっ♪」
ハルヒ「なっスィン!良くなどなっスィン!」



キョン「ちょっと鶴屋さん!俺の妹食べたでしょ!?」
鶴屋さん「まっ青春だしっいいじゃないかっ♪」
キョン「良くなどなっスィン!くっそう俺が奪おうとしてたのに…」



キョン「ちょっと鶴屋さん!俺の妹が『鶴屋さんに魅了されちゃった~♪』とか抜かしてンですけど!?」
鶴屋さん「まっ青春だしっいいじゃないかっ♪」
キョン「良くなどなっスィン!俺色に染める計画が…!」
キョン妹「あっ鶴屋さんだ!またお願ぁ~い♪」
鶴屋さん「やる~気その~気大~好き♪」

キョン「My sister!co~~me ba~~~ck!!」
阪中「混ぜてなのね~~~///」ハアハア
キョン「腹いせに混ぜてやるよー!」
阪中「違うミキサーでじゃな(ry『ギュィィィィィィン!』



谷口「>>1乙!にしても新スレ早々保守オンリーとは何だよ!俺は登校するぜ!」

谷口「………!」

谷口「…………!」

谷口「………インフルエンザで学級閉鎖?聞いてないぜ………」






岡部「谷口ざまあwww名簿から消してもばれてねえwww」



ハルヒ「次回予告なんて下らないわ!私の歌を聞きなさい!」
バサラ「そのとおりだー俺の歌も聞けー!!」
ウェスト「特別ただであーる!我輩の歌も聞いていきやがれーであーる!」



長門「アニマスピリチアァ!」
キョン「長門がしぼんでいく!?」



ちゅるや「むむむ・・・」

―――数日後

ちゅるや「キョン君キョン君」
キョン「?」
ちゅるや「幼女になってみたよ!どうにょろ?」
キョン「何で金髪バンパイアなの?」
ちゅるや「えう゛ぁーん」



「(オナニーのし過ぎでちんこいてぇ……)」
「おにいちゃん前屈みになって何してるの?」
「は!はるひ!」
「ねぇなんで?」
「なんでだろうなぁ~。きっと何もないよ。そう、何にもないんだよ!」
「うそっぽ~い!」


「(なんであの子があのポジションなのよ!あそこはわたしの巨乳がものをいうんだろ!)」



キョン「クリスマス講座、次は七面鳥(たーきー)だ~~~!」カーッ!
長門「イエス・メリクリ!」
キョン「“クリスマスには鳥を喰らう”!これも聖夜には欠かせぬ儀なのだ!」
長門「鳥を狩るならこいつです!『援者召喚(サモン・オブ・バックアップ)』“朝倉涼子(アサクラ・リョウコ)”!」
ぼうん
朝倉「恥ずかしい事すんあ><!オコチャマ丸出しやんかぁ///」フツーニヨベルデショ

キョン「この際七面鳥以外でも構わん!さあ鳥を狩れえ~~~い!」カッカーッ!
長門「イエス・メリクリ!むむっカラスを発見!喰らえ、長門式小太刀二刀流「陰陽撥止」!」どすっクァー
朝倉「ああ恥ずかしい><まんまコドモやんかぁ///」
キョン「その調子で仕留めまくるのだ~~~!」カーッ!
長門「おっあそこの小屋に鶏が!」
朝倉「ちょお、それ小学校の鶏小屋で(ry」
長門「いくぞォ!長門式小太刀二刀流「回転剣舞」!『こけけけけけ』ヒャッ!ホーウゥゥ!」
朝倉「ああもう、知らんえ……おや、あれは」

ザッ
喜緑「見付けたッ!私に刻まれた“魔痕(まこん)”が疼くと思ったら…復活していたのね涼子!」ウッ、ズキン!
朝倉「えっそんなの知ら(ry」
キョン「魔痕だと!?“真紅の魔サンタ”の使いの者かッ!」カッカーッ!
長門「私の鳥狩りを邪魔するなァァァァァ!長門式小太刀二刀流奥義「回転剣舞六連」!!!」キキキキキン
朝倉「厨二病祭りは嫌や~~~~><見てるこっちが恥ずいやんかぁ///」ビエーン
山根「お前らだけで楽しむなよ、僕も混ぜ(ry『ザシュウ!』



長門「鶴屋さん、私のBL本取った?」
鶴屋さん「まっ青春だしっいいじゃないかっ♪」

長門「ん?良くないよ?もしかして舐めてる?ねえ?どうなの(´゚ρ゚)?」
鶴屋さん「やる~気その~気大~好き♪」
長門「やる気って?この喧嘩腰?そりゃなるよ盗られたらね?何なの貴女?なあ?舐めてるでしょ?   
(#´゚ρ゚)何とか言え、この椰子の実女!!!」



新米芸人「インターフェース有希&涼子」

朝倉「私のキャラソンが出ました!いやあアニメじゃ出番少な目だったのにこんなねえ」
長門「小指をぎゅっとね!」
朝倉「欧米か!」
長門「帯か!」
朝倉「帯帯、携帯電話!」
長門「初期型は黒くてゴツかったそうで」
朝倉「へえ、ダイヤルをクルクル回して」
長門「ピザ職人並だあ!」
朝倉「ずわいがにー!」
長門「たらばがにー!」
朝倉「もっつぁれーら!」
長門「割り箸使った一発芸しまーす」
朝倉「ハイ皆さんちゅーもーく!」
長門「そーです!わだすが変なナガモンです!」ヘンーナナーガモンタラヘンーナナガモン

朝倉「あっUFOだ、お祈りしなきゃ!」
朝倉・長門「THE・人類平和」パンパン


朝倉・長門「どうよ江美里っち?」
喜緑「ん~~オチはもう少し分かりやすい方がいいんじゃないかなぁ?」



朝倉「………('A`)」

山根「(´●。●`)クンカクンカ」

岡部「山根、廊下に立ってろ」



新米芸人『いんたふぇス(複数形のつもり)』

朝倉「こにちはーコンビ名変えたヨ」
長門「任天堂のWii買いましたよWii」
朝倉「スタンハンセンだっけ?それ」
長門「スタンガン千!?数億ボルトっすか!」
朝倉「それだけあったら工場の部品組立にも貢献するね!」
長門「そうそう、ネジみたいなのにクルクルと回して」
朝倉「ドライバーか!」
長門「運転手か!」
朝倉「それって気を使いそうだよね~」
長門「敵を使うとは強かな」
朝倉「使い方によっては和平の使者に!」
長門「っあ♪ナ~ガモンっとはっさみ~♪はつっかい~よう♪」モンモン
朝倉「キョン君の妹か!」
長門「つがいます!わだすは変なナガモンです!」ッア、ヘンーナナーガモンターラヘンーナナーガモン

朝倉「涼子の後ろ向き一人反省会……」
朝倉「相方がパクリばっかりで……鬱だ……」
朝倉「まった ら~いしゅ~♪」



八ルヒ「暇ね」
キョン「ああ」
八ルヒ「暇ね」
キョン「ああ」
八ルヒ「暇ね」
キョン「ああ」
八ルヒ「暇ね」
キョン「ああ」
八ルヒ「暇ね」
キョン「ああ」
八ルヒ「暇ね」
キョン「ああ」
八ルヒ「暇ね」
キョン「ああ」
八ルヒ「暇ね」
Σ
コイツよく見たら「ハルヒ」じゃない「ハチルヒ」だ!!



ハルヒ「鍋クリパ開催ーーーッ!皆が持ってきた材料はっ!?」
長門「豆腐」
キョン「鮭だ!」
長門「豆腐」
古泉「牛肉だ!」
長門「豆腐」
みくる「ジャガイモでちゅ!」
長門「豆腐」

鶴屋さん「さあさあ皆、椰子の実ベースのスープが出来たよっ!」
ハルヒ「ちょーい何やってんの!」
鶴屋さん「何ってスープ作りっさ」
キョン「そうじゃなくて、なんで鍋に椰子の実なんです?」
鶴屋さん「椰子の実美味しいから」
古泉「美味しくても鍋物には合わないでしょう…常識的に考えて…」
鶴屋さん「でも椰子の実美味しいよ」
みくる「ちゅるやさん、日本語分かりまちゅか?」
鶴屋さん「人違いだよ、あとみっくるには言われたくないなあそれ」
長門「でも鍋には豆腐のが合うよ」



長門「涼子!」

朝倉「なあに?長門さん」
長門「五円玉催眠術を食らえ~~」アナタハダンダンネムクナ~ル

朝倉「小~指でぎゅぅぅぅぅぅぅぅ♪」
長門「小指で五円玉曲げたー!?」ゾォ~~~~~

長門「怖いよ~」ビエーン
朝倉「五円玉儲け♪」



朝倉戦後(漫画版)

キョン「長門大丈夫か!?」
長門「畜生ォ…持って行かれた………!!」
キョン「もしもし長門さーん(こんなキャラだった?)」
長門「畜生が…返せよ。バックアップなんだよ………。」
キョン「え?俺に何を書いてるんだよ!触るな!」
長門「腕だろうが!足だろうが!…胸だってくれてやる」
キョン「最後ダウトー!」
長門「だから!!返せよ!!たった一人のバックアップなんだよ!!」
キョン「え?嘘!…キモチイ」
朝倉「ただいま~」
長門「おかえり~」
朝倉「今日はカレーだって」
長門「わーい\(^o^)/」



生徒会長「喜緑君、この書類全部よろしく」
喜緑「それ会長の仕事じゃないですか」
会長「面倒だからイヤ!喜緑君がやって!」
喜緑「はいはい」

喜緑「会長、会議ですって」
会長「喜緑君、君が私の代わりに出たまえ」つ会長変身セット
喜緑「そんなので騙せるかい!」
会長「人前に出ると緊張するの!」
喜緑「はいはい」



喜緑「言う事を聞いてばっかじゃねえぞォォォォォォ!!!!!」ドグワッシャァァァァァ
会長「痛い!」



キョン妹「ねえねえキョン君私携帯買ってもらったんだあ」
キョン「おう良かったじゃないか」
キョン妹「あとでメールするからね」
キョン「(携帯買って貰ってよっぽど嬉しいんだな)」



キョン「お・妹からメールだ」どれどれ

From 妹
件名 お兄ちゃんへ
本文 私と結婚して下さい

キョン「落ち着け俺・・・って冗談だよな やれやれ」

To 妹
件名 Re:お兄ちゃんへ
本文 ふざけたメールは送るんじゃありません



キョン「返信来たみたいだな」

From 妹
件名 本気だよ
本文 今日一緒に寝よう

キョン「あいつ本気なのか?まさか・・・でも一緒はまずいよな」ブツブツ

To 妹
件名 Re:本気だよ
本文 一緒に寝るのはいいがただ寝るだけだからな
まあこんなもんだろ流石に兄姉じゃあ・・・まずいよな


キョン「さてなんてくるか」
From 妹
件名 Re:Re:本気だよ
本文 ksk
・・・。安価メールかよorz



   ('A`)ハラヘッター…

~"  ('A`*)ォ、ムシハケーン

ムシャムシャ('H`*)コリャウメェwww




神人「はっ!?……ドリームかあ…」



キョン「すまん朝倉ついでにこれ買ってきてくれ」
朝倉「あ、………」

喜緑「涼子ちゃんちょっとこれ買ってきて」
喜緑「涼子ちゃん肩揉んで」
喜緑「涼子ちゃん洗濯物いれて」
喜緑「涼子!高いのじゃなくて安いので良いって言ったじゃない!」
喜緑「涼子!」
喜緑「涼子!」


朝倉「いやぁぁぁぁああああああああ」
キョン「なにテコ入れしてんだよ」
朝倉「だめだったかぁ」



みくる「すぅ・・・すぅ・・・・」
●「・・・・・・・」
はるひ「・・・・・・・・」
きょん「・・・・・・・・」

みくる「う、ううん・・・・」
●「ビクッ」
はるひ「・・・・・・・」
きょん「・・・・・・・」

ゆき「・・・・・・・・・浣腸っ」
みくる「・・・・ひゃぁああああんっ」
●「ビクビクッ」



会長「さて、今年も我が高の文化祭の時期が来たわけだが」
喜緑「私に仕事押し付けて楽しんじゃえー♪なんて駄目ですよ」
会長「そんな事は出来んよ、仮にも私は会長なのだからね」
喜緑「ああ良かった」フウ

会長「代わりに生徒会も出し物しようじゃないか」
喜緑「駄目ーーー!忙しいんだからそんな暇はナッシングですよ!」
会長「やだやだ!平民ばっかり楽しんでずーるーいー」バタバタ
喜緑「生徒って言え!時間が無いから無理ですってば!」

会長「だからさ、その辺の暇そうなのを捕まえてこれを使えば」
つ生徒会メンバー変身セット
喜緑「そんなもん役に立つか!」パシーン

会長「焼きそばを焼こう!喜緑君がメイドさんになってだな」
喜緑「人の話を聞け!しかもパクリじゃないですか!」
会長「だってだって、焼きそば美味しそうなんだもん…」
喜緑「よそはよそ!うちはうちです!」



会長「さて、今日から我が高は夏休みだな」
喜緑「休みだからって生徒会の仕事はあるんですからね」
会長「いや問題は無いよ、私の実力があれば多少後回しにした程度で
    間に合わなくなる事は無いからな」
喜緑「そんな事言って!その辺の人呼んで代わりにやらせるつもりでしょう!」

会長「いいじゃんいいじゃん、夏休みくらいエンジョイさせてよ~」ジタバタ
喜緑「い・け・ま・せ・ん!ていうかまともに仕事した事のが少ないくせに!」
会長「海に行~き~た~い~!ナンパナンパナンパーーーッ!!」
喜緑「アンタそれが目的か!」

会長「はい水着」
喜緑「サイズがピッタリじゃないですか!このストーカー野郎!」ドッギャーン
会長「痛い!」



喜緑「もっと早く解決してくれても良かったのに…何億回アレを繰り返したと…(#・ω・)ビキビキ」
長門「ぶははははははwwwww」



―ご実家はとても大きいと聞いていますが。

「あ、はい……おじいさんの時代まではそこそこな家だったそうだけどお父さんが不動産で失敗して……。
 今は外面だけで借金が……」

―……。SOS団の皆さんとはとても仲が良いそうですね。

「みくるは良く残飯をくれるんだ。キョン君は気持ち良い事してくれる上にお金までくれる、みんな良い人たちだから大切にしたいよ」

―…………。髪が、お綺麗ですね。

「学校だと引っ張られる事が多いけど、お店だと良く褒められるんだっ」

―お店……と言いますと?

「両親の稼ぎだけだと借金が返せないからあたしもバイトしてるのさっ、お酒が苦手だから辛いけど中々楽しいよ」

―え、えー……。

「じゃあそろそろバイトに遅れるから帰るっさ」

―はい、ありがとうございました……。



―キョンさんを本気で殺そうと思っていたんですか?

「とんでもありませんよ。私に人を殺す度胸なんてないです……彼には本当に申し訳ないと思っています」

―この間鶴屋さんと同時にニューシングルをリリースされて好評のようですね。

「はい、買ってくださったファンの方々には感謝しても感謝しきれないくらいです。
 あと……鶴屋さんのCDも無事に出せて本当に良かったです。
 実は彼女が出す予定は無かったんです、でも生活が辛いみたいだからここで仕事が無かったら彼女本当に辛そうだし……っていう事で私が各方面に頼んで出してもらえるようにしたんです」

―それは初耳ですね。

「なんだか危ない仕事もしているって噂を聞いて……。それでいてもたってられなくてここで私が頑張らなきゃって……(涙)」

―友達想いなんですね。

「はいっ! 鶴屋さんも長門さんもみんな大切なお友達だからこれからも大切にしていきたいと思います。
 私は暫く出番が無さそうなので彼女たちのために精一杯バックアップしていきたいと考えてます」

―今日はお疲れ様でした。

「こちらこそありがとうございました」



|