『OP』~夢想歌~

 

 

『初体験』

 

 

国木田「皆で初体験の年齢を言い合おうよ♪まだの奴は最近食べたポテチでも言っとけば?(笑)」

 

 

キョン「17。ハルヒと学校の屋上で」

古泉「14、ですね。森さんに奪われました」

国木田「僕は17だよ。阪中さんの自宅だね」

会長「喜緑君とつい最近、生徒会室でな」

 

谷口「ピザポテト」

 

 

 

 

 

『Dの脅威』

 

 

それはある曇り日の事だった

俺はその日もナンパに失敗しまくって、「その顔でナンパwww」とか言われたりもした

だが何事も無かったようにWAWAWAと自分独特の歌を口ずさみながら帰っていた

 

そんな時、奴は現れたんだ…

 

谷口「WAWAWA忘れ物~君の忘れ物~」

D「ドナルドです」

谷口「うおっ!?」

D「ドナルドは今、男子に夢中なんだ」

谷口(これはヤバい…幾度無くナンパをやってきた俺の細胞が気付いている…こいつは間違いなく、ヤバい…ここは逃げるしかないな)「すまん…ごゆっくりぃ~!!」

D「自然に体が動いちゃうんだ!」

谷口「うおっ!NANANAなんだ?あいつ物凄いスピードで追いかけてきやがる!!」

D「らんらんるー!!!」

谷口「い、いやああああああああああああああああああああああ」

あべさん「ふっ…まあそう逃げるなよ」

谷口「正体は貴様か!!貴様だったのか!!」

あべさん「 や ら な い か ? 」

 

 

 

『リバース・オブ・アナザー』

 

 

みくる「キョンくん、二人で買い物行きましょう」

キョン「ええ良いですよ」

みくる「じゃあ今度の日曜なんかどうかしら?」

キョン「市内探索も無いですし、俺もその日が良いと思います」

 

 

===日曜日===

 

 

キョン「それで何処に行きましょうか?とりあえずはデパートですか?」

みくる「あの…」

キョン「なんですか朝比奈さん?」

みくる「涼宮さんの力も消失して、世界は安定を迎えました」

キョン「そうですね。これでアイツに振り回される事も少なくなった訳ですし、良かったですよ」

みくる「よくありません!!」

キョン「い、いきなりどうしたんですか?」

みくる「私は…任務が終わったら帰らなきゃいけないの…だから…もう」

キョン「!」

みくる「お願いですキョン君!私に…思い出を下さい」

キョン「…わかりました」

 

 

人のいない公園

夕日が噴水を照らし、過去が終わりを告げる瞬間。

それは時の流れを描写しているかのようにすら思える

 

二人はキスをした

永い永いキスを

 

未来から現れた少女の、このトキで生きた証。

 

 

それは三年分の思い出が詰まった口付けだった

 

 

 

 

 

『ポケモン』

 

ハルヒ「やっぱり至高の作品は金銀よね!」

キョン「いや、初代レッド・グリーン・ブルーだろう」

古泉「僕個人の意見としては、やはりルビー、サファイヤに一票投じさせて頂きたい次第ですが…」

長門「貴方達は何も解っていない…神作はピカチュウ版…ぴかちゅう可愛い><」

みくる「ダイヤモンドパールでしゅ」

 

ハルヒ「まさか全員別れるなんてね・・・」

 

谷口「WAWAWA忘れ物~おしっこパンツすまんごゆっくりぃ~♪」

 

キョン「まいったな…お、谷口。いいところに通りかかったな」

谷口「あ、怪しい集団じゃねえか。どうしたキョン?」

キョン「怪しいは余計だ。聞きたい事があるんだが良いか?」

谷口「な、なんだよ改まって…」

キョン「お前…」

谷口「ごくっ・・」

キョン「ポケモンシリーズの中で何が一番好きだ?」

 

谷口「そりゃ勿論おまえ…ってああ、ポケモンの話か。俺はクリスタルが好きだな」

 

ハルヒ「!」

キョン「!」

古泉「!」

長門「!」

みくる「!」

 

 

国木田「和式トイレ~♪」

 

 

キョン「お、国木田」

ハルヒ「いいとこに来たわね。アンタはポケモンシリーズの中でどれが一番好き?」

 

国木田「僕はそうだなあ…エメラルドが一番かな」

 

ハルヒ「!!」

キョン「!!」

古泉「!!」

長門「!!」

みくる「!!」

 

 

会長「トイレで出来たら…」

喜緑「パンツマン!!」

 

 

古泉「あの、お忙しいところ申し訳御座いません…質問させて頂いても構いませんでしょうか?」

会長「なんだ古泉か。いいぞ言ってみろ」

古泉「ポケモンシリーズの中でどれが一番好きですか?」

 

 

ハルヒ「もうポケモンシリーズは被らないでしょ。会長の答えで決着がつくわよ!」

キョン「まあ俺の勝ちだろうけどな」

長門「私が正しい…」

みくる「あたしでしゅ」

 

 

会長「決まっているだろう。ポケットピカチュウだ」

 

  

一同「!!!」

 

キョン「なん…だと…?」

ハルヒ「予想GAYです」

古泉「まさかのポケット」

長門「空気嫁」

みくる「くしくし」

 

 

会長「和式べ~んじょ~♪」

喜緑「パンパンパンツマンだ!!」

 

 

 

 

『リバース・オブ・ホスティリティ』

 

ハルヒ「むっかつくわあ…」

古泉「どうかされましたか涼宮さん?」

みくる「あそこ見てみ」

古泉「ふむ…?」

 

 

キョン「やめろって長門!ほら危ないから!」

長門「貴方は30分前にシュークリームを食べた。故に頬に付着したクリームを私は自分の舌で拭いとらなければならない。これは仕方ないこと」

キョン「せめてオシボリとかで拭いてくれ!舌は色々な意味でダメだ!」

長門「情報操作は得意…まかせて」

キョン「い、いや。既に見られてるんですけど!ハルヒとかハルヒとかハルヒにバレバレなんですけど!!」

長門「恋愛における積極性では涼宮ハルヒに負けない…大丈夫。朝比奈みくるは眼中にすらない」

 

 

 

古泉「…成程」

ハルヒ「きぃーー!!」

みくる「あのビッチが…」

古泉「貴方はスイーツ(笑)でしょう?」

みくる「!・・・・せっかくだから私はこの青の扉を選びますね」

 

 

DIO『ザ・ワールド!!時よ止まれ!!』

DIO『そして時は動き出す』

 

 

キョン「ふぅ…」

長門「…もう二度と、離れない」

 

 

 

 

 

 

『ED』~ガチホモ☆スペクタクル~

 


|