ここは部室の中。いつもと変わらない平和な日常が送れると思っていた。この日がくるまでは…。
 
この日は、長門と古泉は用事があるということで、SOS団には来なかった。
朝比奈さんは遅れてやってくると言っていた。
部室には、ハルヒと俺しかいなかった。
「ねぇ、キョン」
「何だ?ハルヒ」
「私たちの身近なところに音ってあるじゃない?」
「……そうだな」
「例えば、足音、ピアノとかギターとかの音もそうだし、本のページをめくる音、テーブルを叩く音、パソコンのキーボードを打つときの音、そして、今あたし達がしゃべる言葉などなど、世の中にはいろいろな音があるのよ!?
すごいと思わない!?」
「そりゃ、音は、空気の振動で起こる現象だからな」
 
 
 
 
「あ、そうそう、話が変わるんだけどキョンにお願いがあるの」
ハルヒが急に話を変えて、俺に何か頼む。
「言ってみろ」
 
すると、ハルヒの口から恐ろしく予想外な言葉が―――――!!
 
「私ね、ナイフで人を刺す音が聞きたいの
だから、死んで」
“ザクッ”という音と同時に、わき腹から激痛が走る
いきなり俺の体にナイフを刺したのだ。
「ぐ……あっ!!……」
“ズボッ”とナイフが体から離れた瞬間、俺は倒れた。
「フフフ、いい音…」
赤い液体が床一面に広がる。俺がつけてる服も赤く染まっていく。
薄れゆく意識の中、途切れ途切れにハルヒに問いただす。
「何故……だ………、な……ぜ……な…んだ………ハルヒ、何故………俺…を……襲う…ん……だ…」
すると、ハルヒが笑いながらこう言った。
「フフ…フフフフフフ……、残念だけど、涼宮ハルヒじゃないわ。私は…………」
といいながら、ハルヒは自分の顔の皮を剥ぎ始めた。すると、またあいつがやってきたのだ―――――!!
 
再びあの時の恐怖がよみがえる。
 
「朝倉涼子よ。戻ってきちゃった。地獄から」
「ど、どうやって、……戻って…来たん…だ!?」
「それは、ひ・み・つ」
「なぜ、……俺を・・・・襲…う!?」
「簡単なことよ。あなたに死んでほしい。ただそれだけ」
俺は思った。朝倉がハルヒの変装で来たということは、まさか、ハルヒの身に何かが起こったというのか!?
俺は意識が朦朧としている中力の限り朝倉に叫んだ
「おい朝倉、ハルヒはどうした!?」
「………涼宮さん?
フフフフフフ……アッハッハッハッハッハッハッハ!!」
「何がおかしい!?」
「私が殺したわ。真夜中に。ロープで首を絞めて。彼女の家で。
幸いにも、親御さん、出張だかなんだか知らないけど、いなかったみたいで、
しかも、玄関の鍵を閉め忘れていたみたいで、簡単に彼女の家に入れたわ。
ちゃんと防犯対策ぐらいしなさいよね。おかしいったらありゃしない!!アッハッハッハッハッハッハッハ!!
それでね、こっそり彼女の部屋に向かったの。たぶん私が中に入るまで寝ていたと思うんだけど、
扉をあける”ガチャッ”っていう音に反応しちゃって目が覚めたのか、起き上がって、
『誰!?誰なの!?』って。おそらく、彼女は、寝起きと、部屋が夜中で暗かったせいか、
私の顔が見えなかったみたいで、好都合だったわ。私の顔もしられないまま、そのまま首を絞めて殺すことができた。
殺(や)った後は、朝までずっと彼女のそばにいて、朝になったら彼女に変装して学校に登校して、
みんなと授業に参加して、今ここにいるっていうわけ。
あの長門さんにまでこの変装は見破られなかったなんて、私の変装テクニックってすごいわね。アッハッハッハッハッ!!」
「き、……貴様ぁ!!!」
 
「あっ、言い忘れてたけど、首を絞めていたとき、涼宮さん、
無駄だとわかっていながらあなたに助けを呼んでいたわね。『助けて、キョン』って。いい気味」
 
「てめぇ、よくもハルヒを!!」
許さねぇ!!、絶対許さねぇ!!こみ上げる憎しみを強くさせ、
俺は精一杯の力を振り絞って立ち上がり傷口を押さえながら、
朝倉のほうに向かい1発殴ろうとした。
 
が、
“ザクッ”
再びナイフが体に突き刺さる。今度は左胸に刺さっていた。
「がはっ!…」
 
“ドサッ”
俺はあまりの痛みに耐え切れなくなり再び倒れた。
ナイフは俺の体に刺さったままだ。
目がかすむ。
 
朝倉は俺のほうに立ち寄り、つぶやくように言った。
「涼宮さんとあの世でお幸せに。」”ズボッ”
次の瞬間、朝倉は俺の胸に刺さったナイフを抜き、再び、俺の左胸に刺した。
“ザクッ”
「ぐっ……ああぁっ!」
 
そのあと、腹、背中、足、腕、胸をメッタ刺しし、
あちこちに血が飛び散った。
 
俺の息の根はなくなった。
 
朝倉は抜け殻になった俺の前にひざをおろし、呟いた。
「いい音を聞かせてくれてありがとう、キョンくん。そして、さようなら。」
そういうと、朝倉は立ち上がりナイフをカバンにいれて、帰ろうとしたが、
偶然、朝比奈さんがドアを開け、中に入ってきた。
異様な光景に驚いた様子で魂のない俺の体にすがりつく。
「そんな、キョン君!?ねぇ、しっかりして!!キョン君、キョン君!!!」
俺の体を触ると、ぬくもりがないことも、心臓の音もないことを気付いたとき、彼女は泣き始めた。
 
「うっ、……うわああああぁぁぁぁっ!!、キョン君―――!!」
泣いてる朝比奈さんを尻目に、朝倉はとんでもないことを言い放った。
「見られたからには、あなたにも消えてもらう」
「やだぁっ!!…、来ないでぇ!!」
朝比奈さんは、カバンからナイフを取り出し、
それで刺そうとする朝倉を突き飛ばし、部室から逃げようと、
ドアをあけたとき、バリア状態になっていて、逃げる事はできなかった。
朝倉は恐怖でおびえている彼女に近づき、ナイフを振った。
「さようなら」
やめて! 強く心のなかで祈るもむなしく、
ナイフは朝比奈さんの胸を突き刺す。
“ザクッ”
「あっ、あぁっ…」
 
胸のほうから激しい痛みが彼女を襲う。
つけてる制服も血まみれになる。
少しずつ、血の雫が1滴ずつナイフを伝ってポタッ、ポタッ、と落ちていく。
 
「い、……痛い、…痛い………よ…………」
“ズボッ”とナイフを抜いたと同時に、朝比奈さんは倒れた。”ドサッ”
鮮血があふれ出て吐血して、手で押さえても血が止まらず、
床は血溜まり状態になり、
呼吸も乱れ、瞳孔も見開いた状態になった。
「痛い………よ……あぁ…………あ……ぁ…」
やがて、朝比奈さんも静かに目を閉じた。
絶命した。
 
 
「フフフ、終わった」
そういうと、朝倉はナイフをカバンにいれて、”バタン”とドアを閉め、この場から
立ち去った。
その時、夜になっていて月があたりを照らしていた
 
イメージソング 「Freeze my love」GLAY
 

 


|