朝倉「上の人たちはみんな頭がかたくて…」

キョン「朝倉~~、まさかおまえが俺のことを好きだったなんて。俺も愛してるぜぇ」

朝倉「あ、あの私の話きいて…」

キョン「涼子っ、初デートどこにする?あと、朝いっしょに登校しようぜ!」

朝倉「……もういいわ。付き合いましょう」

キョン「今日は帰りに手をつなごうな」



ピンポーン
朝倉「長門さ~ん!」
長門「……はい」
朝倉「夕飯の残り持ってきたの、入れてくれない?」長門「えっ、………今は…ちょっと」
朝倉「誰かいるの?私の知ってる人?」
長門「…そう、でも…」
朝倉「ならいいじゃない入れてよ」
長門「待ってて」

朝倉「え、キョン君?///なんでここに…」
キョン「ちょっとな…」
長門「……夕飯の準備」

キョン「じゃあ、俺は帰るよ…」
朝倉「ま、待って!…その、いっしょに食べょ///」 
キョン「――と思ったが、喰う。うん」
朝倉「今日は長門さんの大好きなカレーなんだから」長門「…おいしい」
キョン「やれやれ」



「朝倉、お姉ちゃん見なかった?」
「え、あなた誰ですか?」
「は? 何ふざけた事言ってんのよ、とうとう狂った?」
「……消去しようかしら」
「鍋でも食べて頭をすっきりさせなさい」




「――鶴屋さん、なにやってるんですか」     



朝倉「じゃあ、死んで」・・・ズゴッ・ドスン&カラン・・

キョン「いってえな!!」ってあれ?体が動く・・・・あれ?俺倒れてる?朝倉が上に?
朝倉「いたた・・・・・・・キャッ/////」

俺は把握した。どうやら朝倉は俺の少し手前で転んだようだ、そして俺の上に倒れて・・・俺の顔の上に平均より少し大きいだろうか?
胸があった

キョン「なにして・・・・・・るんだ?」
朝倉「ああああのその」そう言いながら朝倉はまるで獲物を見つけたチーター並の速さで起き上がった。
意味がわからない、朝倉が俺を殺そうとして俺の上に乗る?なんのために?
朝倉「その・・・・なんだか・・・冷めちゃったね」
キョン「なんだったんだ?」
俺の質問に朝倉は考え込むような顔をして
朝倉「・・・・・・・ドッキリ」

はい?

朝倉「これはドッキリなの!キョン君の驚いた顔が見れて良かった!」
はあ、そうですか

朝倉「じゃあ帰るね、バイバイ」

さよならといい、しばらくいろいろ考えていると天井が振ってきた
キョン「なんだこりゃ!!」

長門「・・・・・・・・・遅れた、しかし貴方はここにいる・・・・・幽霊?」
キョン「いやいや、俺は生きてるから。後、朝倉がドッキリしかけてきたが?それよりどうやって天井壊した?」

長門「そう・・・・・・・・・・ならよかった」

キョン「答えろよ」


終わり



朝倉「ちょっとなに見てるの?キョン君」

キョン「いや、今日はポニーテールなんだなって思って」

朝倉「ふふっ、うれしい♪気付いてくれたんだ」

キョン「できれば毎日その髪型にしてくれないか?」 
朝倉「えっ、どうして?」 
キョン「そっちのほうが可愛いからさ」

朝倉「じゃあ普段は可愛くないっていいたいの?」

キョン「いや、そういうわけじゃなくて…」

朝倉「もう!知らない!」 
キョン「………」

谷口「アホ」

キョン「おまえがな、チャック開いてるぞ」

谷口「くそ!いつになったらこのキャラ卒業できるんだ!!!」



コンピ部長「やあ、長門さん。よく来てくれたね」

長門「…いい」

コンピ部長「そ、そうか。ハハッ…えー…じゃあ、早速やってもらいたいことがあるんだ」

長門「…何」

コンピ部長「実はね…ちょっとばかし、ここを荒らしてほしいんだ」

そう言ってコンピ部長はパソコン画面を指さした

長門「…ニュー速…VIP…?」

今の空気だとこんな感じに仕上がると思う

コンピ部長「やあ、長門さん。よく来てくれたね」

長門「…いい」

コンピ部長「そ、そうか。ハハッ…えー…じゃあ、早速やってもらいたいことがあるんだ」

長門「…何」
コンピ部長「実はね…ちょっとばかし、ここの設定を変えて欲しいんだ」

そう言ってコンピ部長はパソコン画面を指さした

長門「…ニュー速…強制コテ?…書き込み300s制限…?」

コンピ部長「そうなんだ、どこぞやの管理人の横暴により壊滅的な被害を受けているんだ…」

長門「分かった、とりあえず書き込み制限は解除しておく」

コンピ部長「本当かいぃ?君は僕らの救世主だ~」

長門「必要なら管理者権限もこちらに帰属させる……どうする?」

「いあ、そこまでは…でも、その特権も捨てがたい…」

究極の選択-完-?



谷口チャック
○月×日△時□分
女子にチャックが開いてると指摘され急ぎ閉めたはずみにナニを挟んでしまい
出血多量で死亡



長門「何故私に膣、子宮が付いてるのだろう…必要ないのに」

情報総合思念体「読者サービスだよ」

長門「……理解不能」

情報総合思念体「読者の妄想の必需品なのだよ。我々は読者の妄想からも情報爆発が観測されると予測しているのだ」

長門「理解した。しかし、それでは何故胸は無いのか」

情報総合思念体「それは一種の萌え要素である」

長門「この無口な性格も」

情報総合思念体「Σd(-∀・)」



その日はバレンタインデー

ハルヒ「ちょっとキョン!私のチョコ食べたでしょ!?」

キョン「貴様の食料など恐ろしくて手をつけられん」

ハルヒ「とぼけないでよ!机の上に置いておいたチョコが無くなってるのよ!
    私の席に近づいてくるのなんてアンタくらいじゃない!正直に言いなさい。」

キョン「だから食ってねえって」

ハルヒ「今回は怒らないから白状しちゃいなさいよ。で、おいしかった?」

谷口「本当に怒らないのか? 悪い悪い、俺が食っちまった。おいしかったぜ涼宮。」

次の日谷口の存在は消えていた
キョンの記憶からも



渡辺「ねえねえ会長君」
会長「なんだ渡辺?どうかしたか?」
渡辺「1年生に佐藤さんにそっくりな人がいるんだよ」
会長「ああ・・長門のことか?」
渡辺「ふぇぇ?何で知ってるの?」
会長「一応会長だからな。名前は知ってるよ。特にあのSOS団だし・・」
渡辺「佐藤さんに言ったら気のせいって言っていたけどやっぱり似てるよね」
会長「顔はあんま似てないけど、やっぱり無口なところとかなぁ」
会長「でもやっぱ一番似てないのは長門は、胸がぺちゃだから俺はどちらかと言うと長門派・・・・」
渡辺「あれ佐藤さんいつからそこにいた」
佐藤「さっきから・・・・渡辺さん校門で待ってて」
渡辺「うん(すたすたすたすたすた)・・」
会長「・・ごめんなさい」
佐藤「・・・・・・・ロリコン」




キョン「おい校舎のほうの窓が血だらけになってるぞ。ハルヒお前か?」
ハルヒ「なんで私なのよ!」
キョン「いくらのお前でも、さすがにそれはないか・・」
長門「・・・・・・・・・・・」



みっみっみらくる♪みっくるんるん♪

実は私、この時代よりももっと未来の時間平面上からきたんです。
でも、これは禁則事項で誰にも話すことが許されないんです。
私にもきっと何か出来ることがあるだろうと、意気込んできたんですが、思ったよりも過去の世界はかってが違って困っています。  
入学してから、初めて私に話し掛けてきてくれたのは、もうクラスの中心にいた。髪がとっても綺麗で長い女性でした。

「やっ、おっはよー!君かっわいーね~、名前は何ていうのっかな~?」
えっ、あ、あささ朝比奈みみくるでしゅっ。 
「ぶわっははははははは!そっそう、みくるっよろしくね。ははははは」

その人は鶴屋さんといって、とにかくよく笑う人でした。というか笑いすぎです///かなり恥ずかしかった…

私の任務は涼宮ハルヒの観測と時間軸の調整ですから、それまでの一年は特に大変な命令は来ず。楽しく過ごせた気がします。

命令は来ないといえども、この時代に溶け込むことは大切です。なので、仲良くなった鶴屋さんに教えてもらうことにしました。

「みくるっ、おっはよーぅ!」
おはようございますぅ、あっ、あのぅ教えてもらいたいことがあるんですが
「なになに?あたしが知ってることならなんでも教えるにょろよ?」
あの、鉛筆ってのを買ったんですが、どうすれば字が書けるんですかぁ?
「あっはっはっは、小学校で習わなかったのかな?それは先端を削らないと書けないにょろよ」
はぅ、そうなんですか///、じゃ、じゃあどうやって削るんですか?ヤスリですか?
「ばっははは!腹痛いっ、みっみくるっ、めがっさおもしろいっ」

また笑われました…。こんな調子でとりあえず学校生活のことは、教えてもらいました。

さあて、次は日常生活ですが、それは本やテレビで学習しました。いんたーねっと?とかいうもので情報を集めればよかったんですが、機械は苦手で…。
今は携帯電話を使えるように努力しているところです。

それにしても、鶴屋さんはいい人です。
体育祭では、

ひゃうぅっ、い、痛いですぅ。
「大丈夫かい?まったく平地で転ぶなんてみくるはドジだなぁ」

文化祭では、

きゃああああ!怖いっ、はぁうっ、きゃっ、ひょええええ!
「あっはは、ほら掴まんなよ、たかがおばけ屋敷で腰をぬかすなんて。みくる可愛すぎっ」

しつこい人に絡まれたときも、

あっあの、すいませんっ、わ私は誰とも付き合うわけには…。
「いいじゃん!俺と付き合ったほうが絶対に得するよ!」
そ、それでも――。
「おいっ、ちょいとオイタがすぎるなぁ、いい加減にしないとただじゃおかないよ!」

ってホントにかっこいーんですっ。

でも、いつか別れないといけない。これは、規定事項です。だから……

これからもよろしくお願いしますね、鶴屋さん。
「ふふっ、どうしたんだい。いきなり、当たり前じゃないかっ!だってみくるは親友だもんっ」

そしていつか言いたいな…、『ありがとう』って・・・。



朝比奈「おい、鶴屋、金かしてくれや」

鶴屋さん「ぷははっ!何そのキャラ!全然似合ってないよっ!」

朝比奈「わ、笑ってんじゃねぇ!黙って金かせばいいんだよ!」

鶴屋さん「似合ってないけどみくるは何しても可愛いなぁっ。ナデナデ」

朝比奈「ふぇ~ん」



鶴屋さん「ひぇぇぇん…! そんなのわかんないですぅ!」

朝比奈「つ、鶴屋さ~ん、何ゆってるんですかぁ?」

鶴屋さん「みくるちゃんこそ、何ゆってるのか分かんないですぅ~」

朝比奈「ま、真似しないで下さいよぉ~!」

鶴屋さん「そっちこそ真似しないで下さいよぉ~!」

朝比奈「ひぇぇぇぇん…!」

鶴屋さん「あっはっはっは」



ハカセくん

緑色の車が向かってくる。
父の車よりよほど大きく、今まで見たこともないぐらいに速い。
ドラマの中の事故のようにブレーキの音は聞こえるわけはなく、
ただ、近づくにつれて速くなっていることだけがわかる。
ぼくは逃げることも思い浮かばず、ただ立ち尽くしていて――

目が覚めた。夢だ。私は自分の手のひらを見て、存在を確認す
る。生きている。だから、これは子供の頃の記憶を、夢に見ただ
けだ。
私はふっと息を吐くと、天井を見上げる。かわり映えのないラ
ボの白い天井が見えた。私は、ようやく現実に戻ってきた心持ち
になり、汗で張り付いた寝巻きを着替えることにした。 



谷口「WAWAWA忘れ物~♪」

国木田「あれ、谷口?どうしたの?忘れ物したのかい?」

谷口「あぁ、…その…一緒に帰るって、約束したろ?」

国木田「………うん(///)」


ハルヒ「次回、涼宮ハルヒの憂鬱第1009話」
キョン「ちっがう涼宮ハルヒの憂鬱、第168話谷川流の憂鬱」
谷口「wawawa
キョン「ちっがうちっがぁう、来週は作者がすごいんだって
朝比奈さん」
みくる「TVの前にみんな集合してください1,2,3禁則事項です」
キョン「特盛っ」
ハルヒ「ちょっとキョン、私を無視するなんてどういうこと、まちなさ~い」
古泉「おっと、閉鎖空間がかつてない勢いで増大しています。これは死亡フラグのようですね」
長門「マガーレ」
キョン「って誰も次回の説明しねぇのかよ」



阪中「ねぇ、ハゲの人って許せるのね?」
ハルヒ「え―――?
まあ、相手がホントに好きなら毛なしなんて気にしないんじゃない?」
谷口「そのと――りだ!」

谷口「毛なんて邪道だぜ!!
パイパン最k(ドスッ



コンピ部長「じゃあ今日のターゲットはここだ」
長門「ニュー速…VIP…」
コンピ部長「そう。やってくれるよな?」
長門「可能」
コンピ部長「じゃあまずは…」
長門「待って」
コンピ部長「な、なんだ?」
長門「私のスレッドがある」
コンピ部長「あ…ああ、そうだな」
長門「私のことをナンタラカンタラインターフェースと書いてある」
コンピ部長「そ、そうだな」
長門「こいつらは消去しなければならない。少し行ってくる」

日本人が消えた日



谷口「雑誌モデルってかっこいいよなー」
阪中「おはしで米粒を立てられると背伸びするらしいのね」
キョン「そりゃ迷信だろ」

ハルヒ「ホラホラ、気持ちいい?
ここが感じるんでしょ?
早くたちなさいよ」
キョン「[立つ○ 勃つ×]コレを目に焼きつけろ!!」



長門「大丈夫。情報操作は得意」
スタスタスタスタ…
長門「谷口君…」
谷口「な、長門さん!?どっどうs…ぐはっ…何するんだ…」
長門「さっき見てしまった事は忘れろ。いいな?もし口にしたら、この倍は痛い目にあうからな…」
スタスタスタスタ…
谷口「な、なんだったんだ……」
ヘナヘナ…




キョン「長門…」
長門「谷口の記憶を操作してきた。もう大丈夫」
キョン「そうか」



朝倉「な~が~とさんっ」 
長門「……なに?」

朝倉「そろそろキョン君殺していい?」

長門「…誰?」

朝倉「ほら、あの涼宮さんといっしょにいるマヌケ面よ」

長門「…勝手にすれば」

朝倉「そうする♪」



ハルヒ「ねぇ、キョン!あたし気が付いた!」

キョン「何にだ?」

ハルヒ「どうやったらキョンが赤点とらなくてすむかよ!カンニングペーパーをつくr…」
朝倉「涼宮さんうるさいです。一回注意します」

キョン「まあ、落ち着けハルヒ。授業中だ。でも、ありがとな、俺のために」

ハルヒ「いいのよ、キョン」

朝倉「授業中にイチャイチャしないでください、虫酸がはしります」


谷口「うーん…うーん…」
国木田「あ、谷口が魘されてるよ」
キョン「お、ホントだ」
ハルヒ「何の夢見てるのかな」
谷口「ハッ!」
キョン「あ、起きた」
谷口「ド…」
ハルヒ「ド?」
谷口「ド…」
国木田「谷口、大丈夫?」
谷口「ドリィィィィィィィィィィィィィィィィィィィムゥゥゥゥゥゥ!…」
国木田「あ、「ドリーム」と言って死んだ」
ハルヒ「仕方ないわね、瓶と花を用意して、机の上に置くわ」
キョン「俺も手伝おう」

谷口、ドリームショックで死亡



朝倉「あなたを殺して涼宮ハルヒの出方をみる」

   (中略)

キョン「体が動かない。反則だ!」

朝倉「じゃっ死んで♪」

キョン「待ってくれ!1つだけ・・・」

朝倉「なぁに?」

キョン「あ、あのだな。お、俺まだその、ど、童貞なんだ。
   だから死ぬ前にいい一回だけ・・・」

朝倉「うん。それ無理♪」



朝倉「あなたを殺して涼宮ハルヒの出方をみる」

   (中略)

キョン「体が動かない。反則だ!」

朝倉「じゃっ死んで♪」

キョン「待ってくれ!1つだけ・・・」

朝倉「なぁに?」

キョン「あ、あのだな。お、俺まだその、ど、童貞なんだ。
   だから死ぬ前にいい一回だけ・・・」

朝倉「うん。それ【古泉】わかったよキョンたん僕にまかせて!」

キョン「アナルだけは!って童貞なのはかわらいじゃん!」



朝倉「あなたを殺して涼宮ハルヒの出方をみる」

   (中略)

キョン「体が動かない。反則だ!」

朝倉「じゃっ死んで♪」

キョン「待ってくれ!1つだけ・・・」

朝倉「なぁに?」

キョン「あ、あのだな。お、俺まだその、ど、童貞なんだ。
   だから死ぬ前にいい一回だけ・・・」

朝倉「うん。それm・・・・・・・・本当?」

キョン「いやごめん、俺は始めては長門とすると決めている、お前となんぞやらん!」

朝倉「う、うそつき!!!」グサッ

うすれいく意識の中でキョンは見ました、朝倉は泣いていたのです。
来世では・・・もっと女の子にやさしくしよう・・・・



朝倉「あなたを殺して涼宮ハルヒの出方をみる」

   (中略)

キョン「体が動かない。反則だ!」

朝倉「じゃっ死んで♪」

キョン「待ってくれ!1つだけ・・・」

朝倉「なぁに?」

キョン「あ、あのだな。お、俺まだその、ど、童貞なんだ。
   だから死ぬ前にいい一回だけ・・・」

朝倉「うん。それm・・・・・・・・本当?」

キョン「いやごめん、いやなら良いんだ・・どうせ死ぬ身だし」

朝倉「・・・・べ、別にあんたが良いって言うんなら私もしてあげない事も無いわ」




朝倉「きょ、今日はこの位にしておいてあげるわ!お、覚えてなさい!!!」



キョン「・・・・意外と可愛いもんだな」



‐美術‐
ハルヒ「あら、色が足りないわ」
谷口「どうした」
ハルヒ「あ、谷口、白くんない?」
谷口「しょうがねぇなぁ」

じーっ(チャック音)





谷口「け、蹴られ……た………」
キョン「そりゃ蹴るだろうさ」



ハルヒ「阪中さんは何処がいい?」
阪中「うーん、やっぱお腹なのね」
ハルヒ「私は太もものあたりねー
あとお尻も気になるし」
谷口「おいおいお前ら昼間っから何エロい話してんだよ」
ハルヒ「は?」

谷口「射精ポイントの話だろ?」
ハルヒ「アンタ訴えるわよ」
阪中「ダイエットの話なのね…」



テレビ『感じます…、この家には地縛霊がいますね…』
谷口「なぁ、こーゆーのってなんで地縛霊って言うんだ?」
キョン「その場所に縛りつけられてるからじゃねーの?」
谷口(地縛……






   …………縛りプレイ?)
谷口「くぅ―――!あってみてぇ!」
キョン「Σ」



|