ベジータ「超ベジータだ!」
長門「そう」
ベジータ「くらえ!ビックバンアターック!」
長門「ビックバンアターックって、何」
ベジータ「ただの妄言だ」


谷口「ヨガインフェルノー」


サントス「ヨウ長門。」
長門「・・・・?」
サントス「オマエッテイツモホンヨンダリシテルケド、スキナヤツノヒトリグライイナイノカ?」
長門「・・・・あなた。」
サントス「ダメダソレハ、オレノコイビトハサッカーボールダケダゼ」
長門「・・・・・。」



サントス「長門サン」
長門「・・・・・?」
サントス「アナタハイツモホンバカリヨンデマスケド、キニナルヒトトカイナインデスカ?」
長門「・・・柳沢。」
サントス「・・・・。」
キョン「・・・・。」
ジーコ「・・・・。」



サントス「柳沢サン」
柳沢「・・・・・?」
サントス「アナタハイツモホンバカリヨンデマスケド、キニナルヒトトカイナインデスカ?」
柳沢「・・・ジーコ。」
サントス「・・・・。」
ジーコ「・・・・。」



キョン「な、長門を!?」
古泉「えぇ・・・まぁ、長門さんを消そうとするなんて決して容易なことではありません・・・しかしですね、考えよう様によっては・・・」
キョン「もういい!・・・わかった」
古泉「・・・」
キョン「それで・・・俺はどうすればいい」
古泉「簡単なことです・・・長門さんとの接触は控えてください」
キョン「・・・いやだ、と言ったら?」
古泉「そうなると・・・あまり言いたくありませんが、あなたの身まで危険が及ぶことになります」
キョン「・・・そうなるだろうな」
古泉「・・・しかし、ごくたまには彼女と会ってください」
キョン「古泉・・・」
古泉「僕にとって・・・「情報統合思念体が、一人の人間に好意を持っている可能性がある」・・・という事はとても興味深いものですからね」
キョン「・・・好意?」
カヲル「好きってことさ」



キョン「文化祭の歌、なんのつもりだ?」
ハルヒ「メンバーの二人が出られなくなったから臨時で出たのよ、それより何?文句あるの?」
キョン「いや、あの歌すごかったなって思って」
カヲル「歌はいいよね、心を癒してくれる」



ハルヒ「Hになればなるほど固くなるものな~んだ?」
キョン「…(何言い出すんだよいきなり)」
長門「………(わからない…回答を求む)」


急「チンコだろ?」
穏「チンコですね。」
主「有希たんチンコ!チンコだよ有希たん!」

長門「(///)……ちn」
古泉「鉛筆ですか?」
ハルヒ「古泉くん正解!有希はなんて言おうとしてたのかなぁ?」


急「古泉空気嫁」
穏「死ね。氏ねじゃなく死ね!」
主「古泉の情報連結を解除」



熊男A 「はーいっげんきかなーっ?」
長門 「…」
熊男B 「ここはげんきの国だよーっ」
長門 「…」

熊男AB「あれれー?無口っ娘がいるよょーっっ」(微妙にハモってる)
長門 「…」

熊男A 「場違いだねーっ?」
熊男B 「場違いだぷーっ!!!!」
長門 「…」

熊男AB「ソイヤッソイヤッソイヤッ!!!ハイッハイッハイッハイッ!!!!!!」(周囲を回りつつ踊る)

長門 「…お願い。帰って」



谷口「WAWAWA忘れ物~・・・!!、ごゆっくり!!」

キョン「ちょっと待て、谷口!!!」

谷口「い、いや俺は邪魔したくねえ」

キョン「チャック開いてる」

谷口( ゚д゚ )

キョン( ゚д゚ )

長門 ( ゚д゚ )

サントス ( ゚д゚ )



ジダン「なぁ、ハルヒ。いいだろ俺とつきあってくれよ」

ジダン「いやよ。誰がアンタとなんか。」

ジダン「じゃあ、実力行使だな。」

ジダン「いや、やめてよ。触らないで!誰か!誰か助けて!」

マテラッツィ「なぁジダン。お前そんなことしてて楽しいか?」

ズコッ


キョン「というのが真相らしい。」

ハルヒ「ばかばっか」



キョン「おい!何するんだシャミセン!学校だぞここは!」
シャミ「にゃー」
キョン「知るか、やめろ」
シャミ「にゃー・・・にゃ?」
キョン「………」
ハルヒ「………」
妹「……包k」
シャミ「にゃー」



コンピ研部長「キョンたんのコラはまだ出来んのか!」

部員A「マッガーレ」
部員B「マッガーレ」
部員C「マッガーレ」
部員D「マッガーレ」



キョン「実は俺はキョンではなく・・・・・・」
マテラッツィ「マテラッツィだ!」
古泉「何!」
マテラッツィ「俺のバナナ食べてる姿で興奮しやがって!
お仕置きだ!」
古泉「ふふふ、実は俺は・・・・・・」



シャミセン「ふふふ…そろそろいいだろう?君のサーモンピンクなところがいいにおいを出しているよ」???「恥ずかしいよう…」
シャミセン「いれるぞ!うらっ!」
???「うあああああ!いくいくぅ!」

キョン「シャミセンとシャミツーは仲いいなー」



「放課後、1年5組で」

こんな単調な手紙を受け、俺はどうせ谷口か誰かの罠だろうと思いながら放課後、の教室のドアを開けた 。
だが、やはり事実ってのはうまく予想できないものなんだな。そこに居た人物を目にして俺はかなり意表をつかれた

朝倉「遅いよ」

キョン「お前か」

朝倉「そ、以外でしょ?」

キョン「なんのようだ?」

朝倉「ようが有るのはたしかなんだけどね、よく人はやらなくて後悔するより
やって後悔するほうがいいってゆうよねこれはどう思う?」

キョン「??言葉通りの意味だろうよ」

朝倉「そ、そうよね・・・・だから言おうと思うの」

キョン「何をだよ」

朝倉「保守上げ」



国木田「僕は海賊王になる男だ」

谷口「(゚Д゚)~」

こうして、俺たちは出会ってしまった。偶然だと信じたい。



朝比奈「みっみっみくるんるん・・・・・・」



朝比奈「アナルだけは!アナルだけは!・・・・・・」



朝比奈「かかったな小物め!・・・・・・」


朝比奈「WAWAWA忘れ物~・・・・・・」




サントス「オイソコノタソガレレディ、
サッカーシヨウゼ」
朝比奈「死ね」



ハルヒ「今日は新しい団員を連れてきたわよ!
彼はサントス!
なんでもサッカーの稽古で一ヵ月くらい入団したいそうよ、仲良くね!
で、あれは団員1と2と3と4よ!」

キョン「サッカーの稽古?
野球の次はサッカーなのかハルヒ」

サントス「ア、イエ、涼宮サンカラ強引ナドリブルヤキーパー狙イノ弾丸シュートナドノプレーヲ教ワロウト思イマシテ」


キョン「(゚д゚)」
長門「(゚д゚)」
古泉「(゚д゚)」
朝比奈「(゚д゚)」

ハルヒ「波を突き抜けるようにシュートを打つのよ!」



ハルヒ「キョン、プールに行くわよ!」
キョン「またかよ、何回目だ?」
ハルヒ「うるさいわね、行くって言ったら行くの!」
キョン「そんなにプールばっかり行って何が楽しい?」
ハルヒ「夏と言えばプールでしょ? 楽しいに決まってるじゃない!」
ストライダム「時速20キロデ流レル、殺人プールガカ・・・・・・?」
キョン「誰だよお前」



古泉「お前、キョンタンのこと何も知らないくせにっ!」
谷口「これから知るんです!
俺よりもずっと近いところにいるのに、何もしないズルい古泉君には負けません!」
古泉「ズルくなんかない!」
谷口「いーえ、ズルいんです!」
古泉「うるちゃいうるちゃいうるちゃい!」



キョン「俺は恋をしてしまった・・・意志の強さが輝く瞳に、愛らしくつき出た唇に、小さな体からは想像もできない生命力に、常に前に向かっていく強い心に!!」
ハルヒ「キョン…」
キョン「君が好きなんだ、愛してるよ、ガリィ」
ハルヒ「銃夢かよ」

ガリィ「タコクチタコクチ」



谷口「っは~~‥ くそぅ、眠くてたまんねぇぜ」

キョン「谷口、眠いのは分かったが少し口抑えるとかしてくれ。
   かなり間抜け顔─って、上下共に全開じゃねぇか!間抜け過ぎだろ!!」

国木田「まったく…開けるのはチャックだけにしなよね。」

キョン「チャックは良いみたいに言うな!」



谷口「‥ぐー…」



ガラ
キョン「よう谷口、チャック開いてるぞ」
谷口は聞き終わらないうちにどっか行った
キョン「なんだ?」

国木田「たしか昨日病院行ったんだって、それで「チャック」と聞くと耳を閉鎖するようにしてもらったらしいよ」

キョン「そこまでするか??」



谷口「wawawa忘れ物(ry

キョン「…どうすっかなー」
長門「まかせて情報操作は得意。転校したことにする。」

翌日
岡部「あー、急なことだと先生も思う。
谷口が転校する事になった」
谷口「えぇっ!?俺ならいますよ!!」
岡部「ん?お前だれだ?このクラスじゃないだろう、もうチャイムなってるぞ」
谷口「いやいや!何いってるんすか!俺が谷口ですよ!」
岡部「馬鹿なこと言ってないで早く教室に戻りなさい
それにチャック開いてるぞ」
谷口「……」


ー谷口の消失ー



谷口「おいキョン、ジュース買ってこいよ」

キョン「あ?お前俺の右手に潰されたいか?」

谷口「おおいいぜ、やろうじゃねえか」

キョン「くっ・・・・右手が・・・・ここで暴れてはだめだ・・・被害が大きすぎる」

谷口「行くぜ、邪気眼!!」

キョン「右手は使えない・・・・ならばテドドン!!」
…………
………
……


国木田「ふう、この漫画で新人章とるぞ!」



谷口「うおっ、トイレトイレ」
今、全力でトイレに向かってる俺はごく普通の一般的な男子高校生。
強いて違うところを上げるとすれば男に目覚めたってことだな。名前は谷口○○
ふと見るとベンチにキョンが座ってた。ウホッ!いいキョン。
すると突然キョンはおもむろに制服のチャックを下ろした。
谷口「チャックネタは俺のだろうが!」
キョン「何を言っている、やらないか?」
谷口「おことわりするね、俺のタイプは引っ込み思案な男だ。お前なんかじゃねえよ」



キョン「・・・・・・・・・」



コンピ研達「僕達も」
多丸兄「参加」
多丸弟「させて」
新川さん「頂きますよ」
雷電「楽しみ」
柳沢「で」
ジーコ「す」
ジダン「な」
マテラッツィ「wktk」
サントス「早クヤラセロ!」
キョン古泉谷口国木田コンピ研多丸兄弟新川さん雷電柳沢ジーコジーコマテラッツィハルヒ朝比奈長門鶴屋朝倉森妹「おまえは帰れ」
サントス「(´・ω・`)」



阪中「ねぇ、涼宮さんとキョンくんって付き合ってるの?」
ハルヒ「な、なに言ってるのよ!あたしがあのバカキョンなんかと付き合うわけないでしょ!」
阪中「そおなんだぁ。結構お似合いだと思うけどな。キョンくんもなんだか涼宮さんのこと意識してるような気がするし…」
ハルヒ「バ、バカ!わたしはね、恋愛なんて精神病の一種だと思ってるの!それにね、いまはSOS団の仕事で手一杯なのよ!!」
阪中「うふっ、そうかもね。さ、部活行かなくちゃ」
…………………………………………

ハルヒ「……………………………………ハァ…………………」
ガラッ
キョン「ん?どうしたハルヒ?元気ないな」
ハルヒ「うるさいうるさいうるさいうるさい!」



|