いつも通りまったりとした時間が過ぎていく放課後の部室。しかし、
 「はいっ、みんな注目っ!」
 この穏やかなる時間をぶち壊すのは、いつも通り涼宮ハルヒである。
 「今日はみんなのSOS団に対する忠誠心をテストするわっ!」
 「…どうやってだ」
 誰も質問をしようとしないので俺が質問する。
 「催眠術よ。これでみんなの本音を聞きだすのよ!」
 「アホかお前は」
 「あ、何よその言い方。それじゃ、まずはあんたが実験体ね!後で後悔しても遅いんだから!」
 そう言いつつハルヒはどこから用意してきたのだろうか、占いで使いそうな振り子を俺の目の前にぶら下げて、
 「いい?この振り子をよく見てなさいよ?…あんたはあたしの命令に逆らえなくなーる、逆らえなくなーる…」
 などと言いながら振り子の先を左右に動かす。そんなのでは3歳児すら引っかからないと思うのだが。

 

 「…よし、まあこんなもんね。キョン、まずはあんたの名前と生年月日を言いなさい」
 一応正直に答えてやった。別にこんなこと隠す必要もないしな。
 「うん、合ってるわね。それじゃキョン、あんたエロ本は何処に隠しているの?正直に言うのよ」
 おい、なんで俺がそんなこと言わにゃならんのだ、と思っていたのだが…
 「ベッドの下だ」
 …ちょっと待てっ!なぜに白状してるんだ俺!
 「有希、そうなの?」
 「そう」
 長門は本に目を落としたまま答えた。なぜ長門に聞くんだハルヒよ。
 そして長門、なんでおまえがそんなことを知ってるんだ?
 朝比奈さん、お願いですからそんな目で見ないで下さい。俺だって一般的な高校生男子なんですから。
 …それにしてもあんなヘッポコな動作で暗示にかかるとは思わなかった。これもハルヒパワーの賜物か?


 「ふふーん、どうやら本当に催眠術にかかっているみたいね。
 さあ、これからが本題よ。キョン、あんたのSOS団への忠誠心を見せてもらうわ」
 実に嬉しそうな顔で喋るハルヒ。
 「うーん…そうね、まずは団長であるあたしのことをどう思っているの?洗いざらいぶちまけちゃいなさい」
 …すぐに思いついたのは迷惑女とか暴走女とかそんなネガティブな回答だ。
 そんなことを言おうものなら団長様の機嫌が急降下するのはまず間違いあるまい。
 古泉のバイトがまた1回増えそうだが、まあ古泉だし別にいいか。

 

 


 「…わかった、じゃあ言うぞ?ハルヒ、俺はおまえのことが…好きだ」

 

 

 

 部室内の時間が数秒ほど停止した。


 俺の突然の告白に全員の沈黙が続く。…この雰囲気をどうしたらいいのだろうか?誰か教えてくれ。
 重苦しい空気の中、最初に言葉を発したのはハルヒだった。
 「な、何バカなことを言ってるのよ、キョン。どうせあたしを騙そうと…」
 「冗談なんかじゃない。本気でお前が好きなんだ」
 …そりゃまあハルヒのことは嫌いじゃない。だが別に好きというわけではない…はずだ。
 しかしそんな言い訳を脳内で考える俺を無視するかのように俺の台詞は止まらない。
 顔を赤くしている朝比奈さんと興味を惹かれたのか交互に俺とハルヒの顔を見比べている長門、
 相変わらずニヤケ面の古泉が目の端に映る。
 「実を言うとあの自己紹介のときから気になっていた。…ほとんど一目惚れみたいなもんだな。
 あ、勘違いするなよ?言っとくが俺はお前の外見だけが好きなわけじゃない。
 実際、ハルヒと話すようになってからますますお前に惹かれていったんだから」
 「な、ななな…」
 「お前の思いつきはいつも俺を疲れさせるし、正直SOS団を辞めてやろうかと思った時もあった。
 でもハルヒの輝くような笑顔を見ていると、そんな下らん考えなんざ吹っ飛んじまうんだよな」
 「あ、う、うあ……」
 「俺が入院したとき、お前はずっとそばについていてくれたんだってな。
 その時は意識不明で覚えてはいないんだが…あの時はありがとう、ハルヒ」
 …と、止まれ俺!頼むから止まってくれーっ!
 だがそんな俺の理性による制止も全く効果がなく、さらにハルヒへの愛の告白は続く。
 「…他の奴らはお前のことを『黙っていれば可愛い』なんて言うが、俺はそうは思わん。
 俺はな、いつでも元気一杯で無限の行動力を持っていて、誰よりも負けず嫌いで、
 でも本当は誰よりも優しくて周りを元気にする笑顔をいつも振りまいている、そんなハルヒが好きなんだ」


 「………」


 ハルヒは顔を真っ赤にして俯いている。そんなハルヒも結構かわ…
 「なに照れてるんだよ、お前らしくない。でもな、そんなお前も可愛いぜ?」
 な、何今思ったことを正直に言ってるんだ俺のアホ!大体そんな台詞は俺のキャラじゃないだろうが!
 「…つーか、お前は可愛すぎるんだよ!何度ハルヒのことを抱きしめようと思ったか、
 あまりに多すぎてとてもじゃないが数えられないね!」
 待て待て待て待て、何突然暴走しているんだよ!お、落ち着け俺、冷静になるんだ!
 横目で他の団員の様子を見てみる。…朝比奈さんは首まで赤くして耳を塞いでいる。
 長門はもう付き合ってられないといった感じでこちらから完全に顔を背けてさっきまで読んでいた小説の世界に戻っている。
 口をあんぐりと開けて呆然としている古泉なんて初めて見た。
 「ハルヒ、ずっと俺のそばにいてくれ!むしろ今すぐ結こn」
 「ス、ストップ!ストーップ!!いいいいい加減にしなさいよこのエロキョン!」
 さらに顔を赤く染めたハルヒが大声で俺の言葉を遮った。
 「そう思うんだったらさっさと催眠術を解いてくれ!言ってる俺だって滅茶苦茶恥ずかしいんだから」
 これは本心からの言葉だ。頼むから俺を止めてくれ。
 ハルヒは催眠術師が暗示を解くかのようにパチンと指を鳴らす。


 …あまり変化が感じられないが、どうやら俺にかかっていた恐怖の呪いが解けたようだ。
 「も、もう!今日は解散!!あ、キョンは残りなさい。あたし自ら厳罰を下すから!」
 顔を真っ赤にしたままハルヒはそう叫んだ。

 「…キョン、あんたは団員の前で団長たるあたしを不当に辱めたの。覚悟はいい?」

 


 3人が帰った後でハルヒは俺にこう尋ねた。
 …もとはといえば遊び半分で催眠術なんぞかけたお前が悪いんだろうけども、
 今回に限ってはみんなの前で暴走した俺が悪いな。…仕方あるまい、どんな厳罰でも受け入れてやる。
 「いい、キョン?あんなこと言ったからには…せ、責任とってあたしと付き合いなさい!
 それから、あんな恥ずかしい台詞を人前で言うのは今後絶対禁止だからね!」
 「ああ、わかったよ。…ところでハルヒ、お前の返事を俺はまだ聞いていないぞ。
 ちゃんと正直に答えてくれよ?…俺のことをどう思っている?」
 「え?あたしはその、い、言わなくてもわかるでしょ!?まあ、キョンがどうしてもって言うんなら…
 あたしも、キョンのことが…大好きよ。…こ、これでいいでしょ!?ほらもう帰るわよっ!」

 

 その後は2人で下校した。

下校の途中、俺はふと気になったことをハルヒに訊いてみた。
 「なあ、恥ずかしい台詞をさっき人前では言うなっていってたけど、じゃあ2人きりのときならいいのか?」
 「……!……う、うん///」
 …時々リクエストに応えてやることにしよう。今度は暴走しないように気をつけないとな。

 

 

 

 

 

 


|