※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ちょっとキョン!あたしのプリン食べたでしょ!?」
 
 今日はクリスマスイブ。
 ってわけで今年も去年と同様、盛大なクリパが行われていたのだが。
 なんだ? 俺が食ったのは、今日お前が買ってきたクリスマスケーキだけだぞ?
 
「違うわよ! ケーキの上に小さなプリンが乗ってたでしょうが!
 その部分を食べたでしょって言ってんの!!」
 
 まだ半分以上残っているケーキを指差しつつ、さっきより声を荒げるハルヒ。
 フォークに刺していたケーキの欠片が床に落ちてしまったことにも気づかず、
 朝比奈さんは困ったような顔をして、俺達を交互に見ている。
 
 ああ、あれか、確かに食ったな。うまかったぞ。
 
「うまかったぞ、じゃないわよっ! あれはあたしが最後に食べようと
 楽しみに取っておいたのに!」
 そうだったのか、それは悪い事をしたな。
 だがまだ残ってるじゃないか、それを食べればいいだろ?
 
「何言ってんの! あたしはあのプリンの部分が食べたかったのよっ!」
 あ~もうっ! どうしてくれんのよ!」
 
 頭を掻き毟りながら俺をにらみつけてきた。
 どうでもいいが、そうやっている間にも、長門がどんどん残りのケーキを平らげていっているぞ。
「わかったわかった、どうすればいい?」
 
 ハルヒは考えるそぶりも見せず、即答してきた。
「食べに行くわよ」
 
 ……これから、か?
「当たり前じゃない! あんたのせいなんだからね!?
 これを買った店まで行くわよ! もちろんあんたのオゴリでねっ!」
 
 やれやれ……
 
 座っていた席を立ち、俺は外に出る準備をしながら、
「わかったわかった、それじゃあさっさと行くぞ」
 
 そう言うとハルヒは一応納得したのか、
「それじゃあ、みんな行くわよっ! 支度しn……」
「ちょっと待て。ケーキが食べたくて困ってるのはお前だけだろ?
 だったら俺とお前だけで行ってくればいいだけの話だろうが。第一、俺の財布がもたん」
 
 そう言い放ち、さっさと部屋を出る俺。
「ちょっとキョン! 待ちなさいよ! 団長を置いていくなんて団則違反なんだからねっ!」
 
 そんな声が聞こえたが、聞こえないふりをする。
 そうやって階段のところまで進んだあたりで、後ろから大きな足音がしてきて、俺に追いついてきた。
 
「聞こえなかったのあんた!? 耳遠いんじゃないの!?帰ったらちゃんと耳掃除しなさいよね」
  
 けっこうひどいことを言いながら俺と歩を合わせるハルヒ。
 よく考えたら俺はハルヒが買ってきたケーキ屋の場所を知らないわけで。
 道案内よろしくな。
 
「わかってるわよ! ちゃんとついてきなさい、バカキョンッ!」
 肩を並べて夜の通学路を歩く俺とハルヒ。
 
 そろそろ付き合いも短くない、お前がプリン好きなのは、実はお見通しだ。
 
 ……ちょっと強引だったが、まぁいいだろ?
  
 作戦、成功!ってやつだ。
 
 
 
 おしまい。
 
|