※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「突然だけど王様ゲームをするわっ!」
ハルヒが高らかに宣言した。

「いい?王様の命令は絶対なんだからねっ」
「いくわよ?せーのでみんな引きなさいっ」

みんな「せーのっ」

みんな「王様だーれだ?」

「はい」

手を上げたのは小柄な文芸部員、つまり長門だ

長門がどんな命令をするのかwktkしてした俺だったか
いつもは無口の長門の言葉に正に俺も言葉を失うわけだが。

「王様と2番が接吻をする」

ハ「ちょっと!誰が2番なのっ?」
そう、2番は俺の手中にあるわけで・・・(殺されるな)
隠しとおせるはずもなく、消去法で俺が2番だとバレてしまった。

「そ、そそそそs、そうなの!さっさとしちゃいなさいよっ!」
とハルヒ

「べ、別にゲームだし、本気でするわけじゃないですしぃ・・・長門さんもしなくていいですよね?
しないほうがいいんじゃないかなぁ・・・」
と朝比奈さんあいかわらず黒い、露骨に黒かった。

「僕のキョンたんに何をしようとしてるのですか(怒)?」
「事の次第如何では生きて返しませんよ?たとえそれが長門さんだとしても」

・・・
・・

「あれあれ?僕を無視しないでくださいよ」
そういえばコイツにはクジさえ配られてなかったな。可哀想に。
・・・
・・


「命令は絶対」
沈黙は破ったのは事の元凶だった

おい長門、空気嫁。はじめはもっとこうライトなやつをな。

「私はしたいことを言っただけ」
「これはそういうゲームだと認識している」

OK、今なんて言った?
みんな今の聞いたかっておいっ!なんで誰もいないんだよ!
「ゲームの進行に重大な欠陥になると判断した」
「席を外して貰っている」

長門がユラユラとこちらに近づいてくる。
「あなたも早急に命令を実行すべき」

ちょっと待て長門こっちにも心の準備というものが・・・
「許さない」

刹那、唇に柔らかな感触────

「こんな手段は私も望まない。でもあなたには涼宮ハルヒしか見えていない」
「私にはそれが辛かった。でもこれで最後」
ん?最後?

「ターゲット:キョン(仮名)の記憶を消去する」
俺は長門を抱きしめた。体が無意識に動いた。

「次の王様はあたしねっ!3番誰?」
「私・・・」
「有希ねっ。ちょっと耳貸しなさい・・・・・・」
「わかった」

「あなたがトゥキだから」

「違うわ有紀っ!こうよっ!!」

「あなたがぁ・・・トゥキだからぁ」
「ちょっとキョンもやりなさいよねっ!あたしだけじゃ恥ずかしいじゃないの」

お前が言い始めたんだろ。

結局はモノマネ大会になってしまった。

ん?今長門が笑ったような気がしたが・・・
長門、どうかしたか?

「何も」

俺の気のせいか

「・・・」

長門は俺の瞳を見つめると読書に戻っていった。
|