ハルヒが雨を降らせた2時間目の後も、奇妙な出来事は続いた。
何故かチョークが虹色になったり、校庭に突然小規模な竜巻が出現したり、何も無いとこで谷口がコケたり。
その度にクラスメイトが驚いたり笑ったりしていたが、ハルヒだけはただ静かに笑っているだけだった。
そして俺の疑念は、確信へと変わっていく。

 

ハルヒは完全に、自分の能力を自覚してやがる。

 

昼休み、俺はいつも一緒に飯を食う谷口と国木田に断りを入れた後、部室へとダッシュした。
こんな状況で頼れるのは、やっぱアイツだからな。

 

息をきらせながらドアを開けると、やはり居た。寡黙な宇宙人、長門有希。
しかし今日は長門だけでは無かった。古泉もいる。
その古泉はいつものニヤケ面を封印して、シリアスな顔つきで居た。
これだけでも、ただごとじゃないと理解できる。

 

「古泉、お前も来てたのか。」
「ええ。その様子を見るとあなたも既に気付いているでしょう。
 はっきり申し上げます。緊急事態です。」
「……涼宮ハルヒが自分の能力を自覚した。」

 

やはりか……

 

「恐らくトリガーは、彼女自身の能力によるもの。」
「ハルヒの能力?」
「ええ。恐らく涼宮さんは、僕達が隠し事をしていることを前々から感付いていたのでしょう。」

 

マジでか………まあ前々から勘は鋭いヤツだったからな。

 

「そして彼女は願ってしまった。『全てを知りたい』とね。
 その瞬間能力によって、彼女は自らの能力を自覚した。」
「それだけではない。恐らく彼女は情報統合思念体のことも、古泉一樹が所属している機関のことも、
 朝比奈みくるが未来人であることも全て理解している。」

 

おいおい、本当に『全て』じゃねぇか。
俺でさえ理解するのに数日かかったというのに、あいつは一晩でそれを全部受けとめたのか。

 

「昨日の深夜、大規模な閉鎖空間が発生しました。
 当然と言えるでしょう。突然大量の情報が彼女の脳に降りそそいだ。
 涼宮さんで無くてもパニックになるはずです。
 あまりも膨大な閉鎖空間で我々も苦戦を強いられました。ですが、その閉鎖空間は突然自然消滅したのです。
 きっと彼女は、閉鎖空間も自由にコントロールできるようになったのでしょう。」
「能力を自覚した今、涼宮ハルヒに出来ないことは何一つ無い。」

 

そうだ。今のハルヒに不可能という文字は無い。なんだって出来る。
さっきの雨程度で済むなら問題無いが、もっと大きな願いを叶えようとしたら?
街中に宇宙人を光臨させるとか、動物園に不思議生物を入れるとか、メチャクチャな世界を望んだら?
ハルヒに限ってそんなことはしないと思うが、その気になれば一国を滅ぼすことすら出来てしまう。
……まったく、ほんとにとんでもねぇ能力だ。自覚したとあっては、尚更だ。

 

「だ、だがハルヒはあれでも常識的な部分はある。
 孤島の時にも言ったが、不思議のために人が死ぬことを望むようなヤツじゃないはずだ。」
「ええ。僕もそう信じていますよ。しかし、彼女の願いが今のイタズラ程度で収まるとも考えにくい。
 そのうち、僕等に関わる大きな願いをしてしまうでしょう。例えば……」

 

古泉が例を挙げようとしたその時だった。
部室のドアが控えめに開かれ、入ってきたのは朝比奈さん。
だがいつものエンジェルスマイルは影を潜め、暗くうつむいている。

 

「朝比奈さん?どうかしたんですか?」

 

俺が声をかけると、彼女の目に涙がたまっていく。

 

「ふぇぇ、キョンく~ん……」

 

そして朝比奈さんは、俺の胸に飛び込んで泣き始める。あ、朝比奈さん!?

 

「ど、どうしたんですか朝比奈さん!」
「未来が……未来が消えちゃったんですぅ!」

なんだって……未来が!?

「どういうことですか朝比奈さん。説明していただけますか?
「はい……」

 

彼女は涙をぬぐい、口を開いた。

 

「未来との通信が一切出来なくなったんです。時間移動もしようとしたけど出来ませんでした。
 未来が完全に書き換わっちゃったんです。だから私が元々居た世界はもう存在しません。
 お父さんもお母さんも……ふぇぇぇ……」

 

朝比奈さんはまた泣き出して座りこんでしまった。
これも、ハルヒの仕業か……おいハルヒ。これはシャレの限度を超えているぞ。
お前は間接的に、だが確実に、朝比奈さんの世界を滅ぼしたんだ。

 

「あら、みんな集まって何してるの?楽しそうね。」

 

その声にハッとして顔をあげると、そこにはハルヒが居た。

 

「お前にはこれが楽しそうに見えるのか?」
「ええ、とっても。」

 

俺は怒りをこめた返事をした。だがハルヒは、静かな笑みを崩すことは無い。

 

「あたしも、混ぜてよ。」

 

続く


|