「佐々木さん、ちょっと相談に乗ってほしいのです……」

 

橘さんから相談を受けた。また神だとかそういう話かい?

 

「違うんです!この前会った涼宮さんの傍に居た彼のことなんですが、彼の好きなものってわかります?」
「え?キョンの好きなもの?」
「はい、私彼に嫌われてるらしくって……なんとか彼との関係を修復したいんです。」
「う~んそうだね……彼はあまり物欲が無いからなあ……
 ああ、そう言えば彼は芥川龍之介のファンだと言っていたな、彼も。」
「それです!ありがとうございます!」

 

彼女は喜びの表情を浮かべて走り去った。
いろいろ変なことを言うけれど、こうして見ると普通の女の子だなあ……

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

今日は土曜日。不思議探索の日だ。
最近はこの活動も悪くは無いと思い始めてる自分がいる。なんだかんだで楽しいしな。

だが、この組み合わせの場合話は別だ。

 

「おや、そんなに嫌ですか?」
「当たり前だ。なんでよりにもよってお前と二人きりなんだ。」
「僕としては嬉しいですけどね。1番気がね無く話せるのはあなたですし。」
「気持ち悪いことを言うな。顔が近い。」

 

古泉との気乗りしないトークを繰り広げていると、前方に一人の少女が現れた。
あのツインテールは……!

 

「おや、橘さんでは無いですか。」
「お久しぶりです、古泉さん。それに……キョンさん。」
「お前にあだ名で呼ばれる筋合いは無い。」

 

俺は冷たく言い放った。当然だ。コイツは朝比奈さんを誘拐した憎き女だ。
まあ外見は悪くは無いとは思うが……目下俺の嫌いなヤツランキングではダントツの1位だ。
今度はどんな悪巧みをするつもりなんだ?忌々しい。

 

「い、いえ、今日はただあなたに渡したいものがあって……ど、どうぞ。」

 

おずおずと差し出されたものは、芥川龍之介の本だ。俺が1番好きな著者だな。

 

「これを俺に?」
「はい。あなたに……」
「なんで俺の1番好きな著者を、お前が知っているんだ。」
「それは佐々……」
「お前の組織で、俺のことを調べ上げたんだろう。ご苦労なこったな。」
「ち、違……」
「そんでこれを渡して、俺に媚びを売ってお前らの軍団に引き抜こうって作戦か。
 悪いが俺はそんな物で釣られる人間じゃないんでね。……こんなものでな!」

 

俺は橘から貰った本を地面に投げ捨てた。
忌々しい。やることがいちいち薄汚いんだよ、お前は。

 

「あ……あ……」

 

地面に落ちた本を呆然と見る橘。
橘の目に涙がたまっていく。そしてそれは決壊して……

 

「うわぁぁぁぁん!!」

 

泣きながら走り去ってしまった。そんなに作戦が失敗したのが悔しいのかねえ。
まったくやれやれだ。なあ古泉?と俺はとなりのニヤケ面に……

あれ?ニヤケていない……

 

「今のは、あんまりだったんじゃないでしょうか?」

 

その声はいくぶんか怒りの要素が入っているように聞こえる。

 

「なんだよ、お前だってあいつとは敵対関係だろ。どうせ今の行動だって下心が……」
「……見てください。さっきの本に、何か紙が挟まっていますよ。」

 

古泉が指差したのは地面に落ちた本。そこから確かに、紙が挟まれている。
俺は本を手に取りその紙を抜き取った。これは……手紙?

 

『あの事件はごめんなさい。あなたの仲間を傷つけたこと、深くお詫びいたします。
 私があなたに嫌われているのは知っています。許してもらえないかもしれない。
 でも、私はあなたと良好な関係になりたいと願っていることだけは

 知っていてほしいのです。

 これは組織も佐々木さんも涼宮さんも関係ない、私個人の願いです
                                 橘京子 』


これは……

 

「彼女は純粋に、あなたと仲良くなりたかったと思いますよ?……追いかけた方がよろしいのでは?」
「言われなくてもそうするさ!」

 

俺はかすかに見える橘の後ろ姿に向かって、全力で走り出した。……もちろん、本と手紙も持ってな。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

私は公園のブランコに一人座っていました。
派手に泣いたので目が真っ赤です。恥ずかしいなあ……
彼の私に対する憎しみは予想以上だったようです。
そしてきっと今回の件で溝は更に深まった。もう会ってもくれないかも……

 

「おい。」

 

……!!
後ろを振り向くと、彼がそこに居ました。……まだ恨み言が言い足りなかったのでしょうか……

ところが彼は私と目が会うと思いっきり頭を下げました。

 

「すまん!!!」

 

え……?

 

「手紙、読んだよ。お前は純粋な気持ちでこの本をくれたんだな……
 それなのに俺……最低だったな。
 お前の気持ちは分かったし、本も有難く貰う。
 そんで……お前も、キョンって呼んで構わないから。」

 

彼は少し照れながら話しました。……気持ちが伝わったみたいで、嬉しいです。
また私の目に涙が浮かんできました。でもこれは、嬉し涙……

 

「で、でも、悪いがお前の気持ちに答えることは……」

 

え?

 

「俺には一応ハルヒっていう彼女がいるわけで……
 いやもうお前のことを嫌ってるというワケではないんだが、それとこれとは話が別で……」

 

もしかして……彼は……
彼の勘違いに気付いた時、私はプッと吹き出してしまいました

 

「な、なんだよ。」
「すいません、でも私はあなたと仲直りしたいと思っただけで、
 別に付き合ってほしいとかそういうわけではないんですよ。」
「へ?」
「涼宮さんからあなたを取るなんて、そんな恐れ多いこと出来るわけないじゃないですか。」
「は、はは、俺は恥ずかしいな……はははは!」
「……あははは!!」

 

私は彼と二人で大笑いしました。
あーおかしい……さっきまでの憂鬱な気分がウソのようです。

 

二人とも落ちついてきたところで、私は彼に尋ねました。

 

「ところで、ずっとここに居ちゃマズイんじゃないですか?涼宮さんが……」
「え?あ、正午過ぎてる!急がなきゃやべえ!!」

 

彼は慌てて立ちあがり、走りだそうとしました
……が、止まって私に向き合いました。

 

「あーなんだ、これからもいろいろあるとは思うが…これからもよろしくな、橘。」

 

彼が改めて挨拶をしてくれました。
私はそれに、まだ泣き跡が残ってる顔で、笑顔を作って答えます

 

「……はい!こちらこそ!」

 

終わり

 


|