どうやら俺は呪われてしまったらしい。
朝比奈「どうしたんですか、元気ないですよ?」
キョン「いやー、どうも俺呪われたらしくて」
朝比奈「ふぇっ、呪いですか」
キョン「そうなんですよ。呪いを解く方法とかないですかね」

朝比奈「ググれ」

その声は、朝比奈さんの声ではなかった。
きっと呪いのせいで聞こえたに違いない。
俺は静かにパソコンの電源を入れた。頬を、涙がつたっていた。

結局、呪いを解く方法は見つからなかった。
もう俺は助からないのか……そんな絶望感を味わいながら俺は部室を後にした。

その夜のことである。

「……なかなか寝付けないな……トイレにでも行くk……ん?」
ふと、違和感を感じた。
なんだろう……
数瞬後、俺は気づいた。自分以外誰もいないはずの部屋に、人影が……って
「長門じゃないか……」
「……レ……」
なんだろう、今長門は何かを呟いた気がする。
「ググレ……」
ひっ!?な……なんだこいつは!?
聞こえた声は長門のものではない!!
思わず後ずさるとそこには
「うわ!?朝比奈さん!?ハルヒ!?古泉、朝倉、谷口、国木田、妹、鶴屋さん、新川さん、森さん、喜緑さん、ミヨキチまで!?」

「ググレ」「ググレ」「ググレ」「ググレ」「ググレ」「ググレ」「ググレ」「ググレ」「ググレ」「ググレ」「ググレ」「ググレ」「ググレ」「ググレ」

うわああああああああああああああ!!


キョン「はっドリームか」
しかし、部屋には無数の足跡が……

「ググレ……ググレ……ググレ……ググレ……」
今日もその声で目を覚ました。このところ毎晩だ。
「グーグル先生の呪いかよ」
俺は、そう言おうとしてハッとした。
「ググレ……ググレ……ググレ……ググレ……」
その声は、俺の口から発せられていたのだ。
「ググレカ……ググレカ……ググレカ……ググレカ……」
「ググレカレー……ググレカレー……ククレカレー……」

次の日、長門を叱った。



キョン「ちくしょう、なんとな一矢むくいたいな」
キョン「ハルヒ、お前の後ろに」

ハルヒ「この方角だと、ポートアイランドかしら?」



キョン「読まれている」
ハルヒ「100年早い!」

ハルヒ「それより、他のレスの方が出来がいいわよ」

キョン「傷口に塩を塗るようなまねは勘弁してくれ」

長門「へたれ」
朝比奈「だいじょうぶですかぁ 顔色わるいですよぉ」
古泉(せっかく後ろにまわったのに・・・・・・)



キョン「長門、まじなとこ、本当に霊なんているのか」
長門「しりたい?」
キョン「いや、やめとく、忘れてくれ」
長門「そう」



キョン「朝比奈さん、まじなとこ、本当に霊なんていると思います?」
朝比奈「ググれ」

キョン「……」

キョン「最近、朝比奈さんが俺の話を聞いてくれないんですよ」
鶴屋「ググるにょろ」

キョン「……」



古泉「ググレ」

キョン「ん、こうか」
( * )ググッと


ハルヒ「この人痴漢です!」



長門「眼鏡属性って何?」

キョン「ググれ」

長門「そう・・・」




朝倉(ちくしょう キョンの奴雰囲気ぶち壊しやがって!)



最近みんなが冷たい。俺がなにを言っても『ググれ』としか言わない。

キョン「長門、お前に質問がある。みなが俺にググれといるのはなんなんだ?」
長門「あなたがクドいから」
キョン「……」
キョン「確かに少しクドいかもしれん。
    だが、俺が無口だったらだれがハルヒにツッコミを入れるというのだ?
    そんなやつはこの銀河近辺を捜してもいそうにない。
    いや、いない。いるなら呼んで来て変わって欲しいものだ」

長門「いってもいい?」
キョン「いや……いいわ」
長門「そう」
シャミセン「ググれ」
長門「今のは腹話術」

キョン「……」



キョン「またこの坂道を毎日のように登るのか、」
キョン「長門、めずらしいな、朝会うなんて」
長門「そう」
キョン「かったりーな」
長門「そうでもない」
キョン「そうか?」
長門「こうしてあなたに会える」
キョン「そ そうか」
長門「そう」



ハルヒ「さっきは悪かったわね。あんたがあんなに怖がるとは思ってなかったから」
キョン「まったくだ。オレが死んだら責任とれよ」

ハルヒ「ところでキョン、あんた死んだ人に会いたいと思わない?」
キョン「また唐突だなオイ・・・今度はどういうネタなんだ?」
ハルヒ「ttp://www.vector.co.jp/soft/win95/amuse/se145487.htmlを使えば
     死んだ人の霊が呼び出せるのよ」

キョン「・・・はぁ、ウソに決まってんだろこんなもの」
ハルヒ「それを今から実験して確かめるのよ」
キョン「一人でやってくれ」
ハルヒ「ノリ悪いわねーこのバカキョン」

・・・・・・・・・・・・・・・・

ハルヒ「・・・で、ここに名前を打ち込むのよ。生年月日わかる?」
長門「ちょっと待って・・・朝倉涼子、と」
キョン「うおい!」



~三年前の七夕~
ハルヒ「ふんだ!私がこんなに頑張ってるのになんで宇宙人も未来人も超能力者も現れなのよ!やっぱりいないのかなぁ、宇宙人・・・」

ジョン・スミス「あの、お嬢さん」
ハルヒ「な、なによあんた!?いきなり声かけないでよ!びっくりするじゃない!!」
ジョン・スミス「すいません」
ハルヒ「で、何の用?変なことしようとしたら大声だすからねっ!」
ジョン・スミス「いえ、お嬢さんが落し物をしたものですら」
ハルヒ「へ?何も落してないわよ?」
ジョン・スミス「いえ、落ちていましたよ。お嬢さんのすぐ後ろに?「夢」という落し物が・・・」
ハルヒ「え」
ジョン・スミス「たとえお嬢の夢が叶わなかったとしても・・・
叶えようとしたお嬢さんの心を、忘れないでくださいね」


その後ハルヒがSOS談(世界を大いに盛り上げるための素敵な美談)を創ったのはまた別のお話



ハルヒ「あんた、あたしと会ったことある?ずっと前に?」
キョン「それって口説き文句っすか?」
ハルヒ「いやー、違うのよーでも会ったっていうより町で見かけたのかな?ほら顔が目立つから」
キョン「またまたー、そんなことないっすよ」



ハルヒ「あんた、あたしと会ったことある?ずっと前に?」
キョン「それって口説き文句っすか?」
ハルヒ「いやー、違うのよーでも会ったっていうより町で見かけたのかな?ほら顔が目立つから」
キョン「やっぱり口説き文句っすかwwww」
ハルヒ「違うって言ってんじゃない!」
キョン「自分彼女いるんで、あ、長門帰ろうぜ」
長門「…彼女は?」
キョン「ナンパされてた」
長門「」……浮気はだめ」
ハルヒ「だからち(ry」
キョン「大丈夫だよ。じゃ、自分帰りますんでサーセンwwww」
トコトコトコトコ

ハルヒ「…なんなの、この敗北感は…」



長門「…保守」
ハルヒ「ん、有希何か言った?」
長門「…言った」
ハルヒ「なんて言ったの?」
長門「…特に重要な意味を持たない言葉。聞かなくていい。」



古泉「今日から本格的に二学期が始まりましたね」
長門「……違う」
古泉「何が違うんですか?」
長門「今日は夏休み中の登校日……そう、今日は登校日……」
古泉「…………長門さん、現実から目を反らさないで下さいよ」



長門「カレーはマロヤカ甘口がいい・・・」


長門「それだけがっ」 シュバッ


長門「私だけのっ」 シュババババ


長門「ジャスティス!!(辛口も好きだけどねっ!)」 シャキーン

キョン「(´ー`)」

長門「(ハッ!?)いつからそこに?」

キョン「最初から(´ー`)」

長門「そう(なんか和まれてる!?)///」



ピンポーン
長門「……」
キョン「すまん長門、俺だ」
長門「……」
キョン「またちょっと問題が起こったんだ。もちろんハルヒ絡みで……」
長門「……」
キョン「迷惑なことは承知している。すまない……でも、それでもお前の力が必要なんだ……」
長門「……」
キョン「頼む……力を貸してくれないか」
長門「……テヤ……」ブツブツ
キョン「?」
長門「入って」

ガチャ

ひゃっほーう!!とうとうこの日がきたわ!!
生み出されてから三年間、私はこの瞬間のために生きてきたようなものよ!!
そう、遂に今日、私は長い月日をかけて育ててきたこのカレーを食べるの!!
ああ……愛しい愛しいあなた……じっくり味わってあげるわ……
この一時、誰にも邪魔させないわ。
さて、興奮するのはここまで。ここからは冷静かつ情熱的にいかなくては……

ルパンダーイブ
それでは、いっただっきまーs

ピンポーン

……やってくれたな。誰かは知らないが……とりあえずでてみよう。
「……」
「すまん長門、おr(ry」

この……下等生物が……。
その瞬間、私の中で何かが切れた。
彼が何か言っているが、耳には入らない。
許さない許さない許さない許さない許さない許さない許さない絶対許さない。

「殺してやる……」

彼は聞き取れなかったのか、怪訝そうな顔をしている。だが構わない……
「入って」
私は彼を招き入れた……

BAD END



長門「…………」
古泉「考え事ですか?」
長門「そう。何故“秋休み”が無いのかを考えていた」
古泉「ああ、そう言われればそうですね。まあ『何故“秋休み”が無いのか』ある程度の予想は付きますが」
長門「…………何故?」
古泉「おそらく授業数との兼ね合いでしょうね」
長門「……そう…………なら、大丈夫」
古泉「大丈夫、とは?」
長門「情報操作は得意。授業数をそのままにしつつ、今日から秋休みを開始させる」
古泉「…………だから、現実から目を反らさないで下さいよ」



長門「無い……」
古泉「おや、長門さん、どうしました?」
長門「私が大事にとっておいた『華麗なる食卓』のレトルトカレーが無い……っ!!」
古泉「そういえば、先ほど朝比奈さんがカレー食べていましたっけ、レトルトの」
長門「!!あのクソビッチ!!情報連結解除すんぞッ!!!」
古泉「おおお落ち着いてて下さささささささいななななな長門さん」(こえぇぇぇぇ!!!)
長門「冗談」
古泉「( ゚д゚)」



「遅くなっちまったな」
「ん、長門、どうした?」
「ああ、これか、鈴虫だ、この辺は多いな」
「長門のとこはマンションだから、そうでもないだろうけど」
「まあ、少々うるさいかもしれんが、これはやつらのラブソングらしいぜ」
「そう」
「気になるか?」
「うらやましい」
「へ?」
「なんでもない」
「そうか でも長門 顔赤いぞ」



部室へいったら誰も居なかった
いつものように、椅子に座り、本の続きを読む
ずっとこうしてきた
いままでと同じ
これからも

でも扉の方が気になってしまう
いつからだろう
こんな気持ちになったのは
だれのせいだろう
こんな気持ちになったのは



「長門、めずらしいな、PCなんかいじって、気になるニュースでもあったか?」
「人類の探査機が太陽系の外辺に到達したと聞いた」
「ボイジャーか」
「そう」
「長門の親玉のとこまでいくには、まだ大分かかるんだろうな」
「たぶん無理、でもわたしという固体はがんばって欲しいと思っている」
「まあ、無事到着したら送り返してくれって頼んどいてくれ」
「そうする」



キョン「なあ、長門」

長門「黙って」
キョン「え?ああ、ごめん」

長門「私は今反抗期。触れる者全てを傷つける鋭いナイフのような存在」

キョン「本当だ…良く見ると眉毛がちょっと釣り上がってる…」

長門「………」
キョン「あ、下がった」

長門「………」

キョン「あ、また上がった」

長門「ムー」

キョン「あ、また下がった……長門、それじゃ反抗期じゃなくて天邪鬼だ」



長門「カタツムリは-120℃でも死なない」

長門「ダンゴムシはエラ呼吸」

長門「コウガイヒルはこまぎれにされても死なない」

長門「憧れる?」

キョン「憧れないから俺を改造しようとするのはやめろ!」



長門「………」
カチ、カチ
長門「………新スレ」
カタカタ
長門「チェーンジゲッター2……スイッチオン…。」
カチ―――カチ
長門「……2ゲット」

キョン「よーす長門だけか?」
長門「………(コク)」
キョン「そうか………ゲッターは毛嫌いされるぞ?」
長門「!?」



長門「…………」 スッ

長門「胸パッドイン」 スチャッ

長門「インインインイン」 スチャスチャスチャスチャッ

キョン「………(何してんだこいつ)」

長門「…………」 ボインボイン

長門「ああーんTシャツの柄が伸びちゃうー」 ボインボイン

キョン「………(あ、朝比奈さんのま、ままま真似しだした!い、いいいか笑っちゃいかん!)」 プルプルプル

長門「肩凝ったですー」 ボインボイン

キョン「………プッ」

長門「!!!」

キョン「お……おす」

長門「い、いつから見ていた!いつから見ていた!」 ボカボカ

キョン「ご、ごめん謝るからぶつなっ、泣くなっ」

長門「んー!」 ゲシゲシ



長門「えっびマヨマヨえびマヨー!」

長門「えっびマヨマヨえびマヨー!」

長門「えっび――」



キョン「和むだろー?(´ー`)」
みくる「本当ですねー(´ー`)」
古泉「いやー(´ー`)」
ハルヒ「ククク…覗かれてるとも知らずに…(´ー`)」


長門「――マヨマヨえびマヨー!」



些細なことで長門を怒らせてしまった

長門「あなたは私を怒らせた」

長門「かつて私はみんなに言われていた」

長門「私を怒らしたら、壊れた民宿だと」

キョン「・・・どういう意味だ」

長門「誰も泊められない・・・誰も止められない」

キョン「・・・長門にしては上手い事言うな」

長門「・・・そう」

キョン「・・・」

長門「・・・」

こうして長門の怒りはおさまった



また些細なことで長門を怒らせてしまった

長門「あなたは私を怒らせた」

長門「かつて私はみんなに言われていた」

長門「今日はスキヤキだから肉屋さん行って来てとお母さんにお使いを頼まれたような奴だと」

キョン「・・・どういう意味だ」

長門「ハム買ってはいけない・・・刃向かってはいけない」

キョン「・・・長門にしては上手い事言うな」

長門「・・・そう」

キョン「・・・」

長門「・・・」

こうして長門の怒りはおさまった



また些細なことで長門を怒らせてしまった

長門「あなたは私を怒らせた」

長門「かつて私はみんなに言われていた」

長門「私を怒らせたら終わりだと。この就職難のご時世に大学もちゃんと出てない女が一流企業に入ろうとしているようなものだと」

キョン「・・・どういう意味だ」

長門「内定も無理・・・泣いても無理」

キョン「・・・それなりに上手い事言うな」

長門「・・・そう」

キョン「・・・」

長門「・・・」

こうして長門の怒りはおさまった



また些細なことで長門を怒らせてしまった

長門「あなたは私を怒らせた」

長門「かつて私はみんなに言われていた」

長門「私を怒らしたら、海水浴ではしゃいで沖の方まで言ってかなり沖の方で足つったような奴だと」

キョン「・・・どういう意味だ」

長門「ものすごい怖い・・・不安になる」

キョン「・・・上手くとも何とも無いな」

長門「・・・そう」

キョン「・・・」

長門「・・・」

次の日長門は学校を休んだ



キョン「………」
長門「………」
キョン「………」
長門「………」
キョン「…暇だな」
長門「………」
キョン「みんな遅ぇなぁ…」
長門「………」
キョン「………」
長門「ピーガーピーガガガガガガ…」
キョン「ど、どうした長門!?」
長門「ピーガーニーハオガーピーガガシャンハイガガガピーシルブプレーガーピー…」
キョン「長門!おい長門!」
長門「ピーガーピー…心ピー配ない。ちょっとガガガガ混線したガーピーだけザー」
キョン「そうか、なら仕方ないな」 ホッ
長門「なピーーピーテポドンガーピーいガガピーハッシャニダガガガガガザー」



|